mousetop

管理人管理人

当ページでは、「マウスコンピューター」の評判を解説しています。マウスコンピューターでパソコンの購入を考えている方やマウスコンピューターについて詳しく知りたいという方向けのコンテンツです。BTOパソコンとのコラボモデルも販売中です。お得なモデルを探している方はぜひチェックしてくださいね。

ビジネスパーソンからゲーマーまで幅広い方から支持されている信頼性の高いショップの一つです。上場企業のMCJグループの一員ということで信頼性も高いです。乃木坂のCMはマーケティングとして成功したのではないと思います!かなりお金を掛けていますが十分ペイできるのではないでしょうか。決算書を見ると販管費は伸びていますが、その分売上も伸びています。今までマウスを知らなかった人まで広く認知させることに成功したと言えるでしょう。

目次

マウスコンピューターってどんなお店?

mousetenpo

企業店舗数人気コスパセールラインナップカスタマイズ返品
株式会社MCJ8店舗×
マウスコンピューターは、大手BTOショップの一つです。MCJグループの一つとなっています。パソコン工房も同じMCJグループです。資本金39億円を超えるMCJ企業出資の企業である安心感、コラボモデルなどコスパの良い格安モデルがあることなどから多くのユーザーに支持されています。

東証スタンダードに上場していて最近株式を分割したことで盛り上がっていました。2022年3月期の売上は540.7億円で2021年3月期の売上562.2億円よりも3.8%減(株式会社MCJ, 2022)となりました。引きこもり需要が小さくなったことが要因でしょう。数値的には業界でもトップクラスです。参考までにパソコン工房は499.5億円、サードウェーブ(ドスパラ)は646億円です。

通常ラインナップのコストパフォーマンスは低いため、コストパフォーマンスに優れたコラボモデルやセール対象モデルから選択しましょう。また、ラインナップ数も多くノートパソコンも豊富です。ビジネス向け、動画編集、WEBデザイン、ゲーミングと幅広い用途のパソコンを探すことができます。

マウスコンピューターは乃木坂46をCMに起用しここに来て知名度がグッと上がってきています。これまでマウスコンピューターを知らなかった方やパソコン自体に興味のなかった方も知るほどになっています。「マウスコンピューターのCMに出ている女の子は誰?」と話題にもなりました。アイドルの効果は大きいですね。

ちなみにCMに出ているのは、白石麻衣さん、生田絵梨花さん、西野七瀬さん、齋藤飛鳥さん、生駒里奈さん、堀未央奈さん(6月にマウスバンド加入)、大園桃子さん、久保史緒里さん、山下美月さん、与田祐希さんです。人気メンバーを集めていますね!私は堀未央奈さん推しです笑会いたいです!なお、2021年からはマツコデラックスさんがメインキャラクターに変わりました。

ドスパラ・パソコン工房・フロンティアが競合となる

競合メーカーはドスパラパソコン工房フロンティアなどが該当します。マウスコンピューターの通常ラインナップのモデルはどのメーカーにもコスパで劣ります。コストパフォーマンスの観点からはフロンティアが優れています。パソコン工房はセール対象モデルやおすすめコスパパソコンのコストパフォーマンスが高いです。

ドスパラもキャンペーン対象モデルなど一部のモデルについてはコスパが高くなっています。ドスパラの場合ビジネスモデルのMagnate/Lightning、ゲーミングブランドのGALLERIA、クリエイターブランドのraytrekと認知度が高いです。人気ではやはりドスパラが圧倒的ですね。マウスコンピューターのクリエイターブランドであるDAIVブランドは認知度が高く、raytrekシリーズと同等以上だと言えます。

お得なコラボモデル販売中

colloborationBTOパソコンマガジンとマウスコンピューターのコラボモデルを販売しています。通常ラインナップのモデルよりもお得に購入することができます。デスクトップパソコン2台とノートパソコン1台を用意しています。マウスコンピューターでのパソコン購入検討中の方はぜひチェックしてくださいね。ご質問などあればお問い合わせフォームかコメント欄よりご連絡いただければと思います。

>>>>>コラボモデル詳細を見る

マウスコンピューターを選ぶ三つの理由

管理人管理人

ここではマウスコンピューターの強み・他ショップとの違いを紹介しています。どうして多くのユーザーに支持されているのかその理由がわかります。

大手MCJ100%出資のショップ

マウスコンピューターは、大手企業株式会社MCJグループの完全子会社です。親企業の株式会社MCJグループは従業員数1,000人以上、資本金は39億円と大企業であることがわかります。マウスコンピューターのオフィスも一等地にあります。

同じBTOショップであるパソコン工房も同じMCJグループに属しています。グループ全体でパーツの仕入れ・調達からパソコン・モニターの開発製造・販売までトータルで行っています。そこに価格競争の強さの秘訣があります。一つ一つの企業及びショップが密接に関わっているので、相乗効果を見込めます。

これまでBTOパソコンを購入したことがない方にこそおすすめしたいです。大手企業ということもあってサポートも充実しています。24時間365日サポートを受けられるというのは強みです。

ラインナップが多く選びがいがある

マウスコンピューターでは主に3つのブランドが展開されています。ユーザーの用途に合わせて最適なパソコンを選択できるのが特徴です。一般向けモデルの「mouse」、ゲーミングモデルの「G-Tune」、クリエイターモデルの「DAIV」と分かれています。ここまで同じメーカーでブランドがしっかり分類されていてかつブランド力があるBTOメーカーは他にありません。特にDAIVブランドは後発ながら多くのクリエイターから支持されています。DAIVブランドはクリエイターブランドとして確かな地位を築いているように思えます。マウスコンピューターがイベントに積極的に参加するなどの活動が実を結んだ形です。

まずは、どのブランドが適切かを考えると良いですね。どのブランドが良いかわからないという方は基本となるmouseブランドを選択しましょう。デスクトップ・ノートパソコン・ハイエンド・エントリークラスと幅広いラインナップから選ぶことができます。ゲーミングモデルやクリエイターモデルは用途がはっきりしているので選びやすいと思います。

コラボモデルのコスパは最強クラス!

マウスコンピューター最大の特徴としてコラボモデルのコストパフォーマスが高いことが挙げられます。当サイト「BTOパソコンマガジン」とマウスコンピューターのコラボレーションモデルはかなりオトクな価格設定となっています。他のショップに比べてギリギリまで価格を下げている印象を受けます。

これはグループで一貫してBTOパソコンを世に出しているという企業努力の結果だと思います。もちろん安いからといって品質が悪いわけではありません。完全国内製造を徹底しています。高いレベルのBTOパソコンを購入することができます。マウスコンピューターの製造に関する動画がありますので、時間のある時に視聴してみてください。

通常ラインナップについてはやや割高感があります。特にゲーミングPCはかなり高いです。あくまでもコラボモデルに対する評価だと考えてください。マウスコンピューターは長らくセールを行っていませんでしたが、2019年秋頃からセールが開催されるようになりました。これは他のBTOメーカーがセールを実施していることからやはり経営上不利になるとの判断でしょう。

セールの訴求効果は大きいですね。通常ラインナップでもセール/キャンペーン対象となればまずまずのコストパフォーマンスとなります。基本的にはコラボモデルが最上位で次点でセールモデルという認識で問題ありません。しっかりと吟味して選ぶことが大切です。

>>>マウスコンピューター公式HP<<<

マウスコンピューターのマイナス面

管理人管理人

ここではマウスコンピューターの弱みについて紹介しています。悪いところも理解した上で買い物をすれば購入後後悔してしまうことはないと思います。強みも大切ですが、必ず弱みも確認しておきましょう。現在はデメリットの多くが解消されています。

最新モデルの導入がワンテンポ遅れる

マウスコンピューターの弱点の一つは、最新のCPUやグラフィックボードが発売されても搭載BTOパソコンのリリースまでラグがあることです。最新モデルをいち早く手に入れたい方にとってはデメリットになります。結果的に旧世代のモデルを長く販売することになってしまいます。

この点についてマウスコンピューターの担当者の方に確認したところ、動作確認などに時間を掛けているためどうしても時間が必要だということです。そういった理由があれば仕方がないのかもしれませんね。上場企業のグループ企業ということもあって慎重な取り扱いになっているのでしょう。

納期が長くなることがある

現在マウスコンピューターの納期が大幅に伸びています。受注量が極端に増えてしまったことが要因です。通常5営業日前後での発送となっていましたが、今は15日前後掛かってしまうモデルもあります。かつてはオプションで翌営業日発送にも対応していました。

この翌営業日発送のオプションも消滅しています。売れているメーカーゆえのジレンマと言えます。やはり納期は早いに越したことはないと思いますので、デメリットと考えるべきでしょう。繁忙期が過ぎれば納期が短縮されることになります。購入のタイミングを図ってくださいね。

リアル店舗の数が少ない

マウスコンピューターの店舗数は全国で8店舗とそれほど数がありません。競合他社であるドスパラだと20店舗以上あるので大きく差を付けられています。また、店舗も関東や近畿に集中しています。地方在住の方は実機を見るのが難しい環境にあります。

どうしても実機を見てから購入したいという方にはデメリットになります。ただし、一部のビックカメラの店舗で販売されていることもあります。BTOパソコンの返品には多額の手数料が掛かりますので慎重に決めてくださいね。当サイトのレビューなども参考にしていただければと思います。

マウスコンピューターのおすすめPC

マウスコンピューターのおすすめモデルについてブランドごとにピックアップしています。用途に合わせてブランドを選択すると良いでしょう。もちろんゲーミングPCだからといってゲームだけに特化しているわけではなく、動画編集などのクリエイター作業を行えます。横断的に考えるとより選択肢が広がると思います。

マウスブランド

mouse DT8 (プレミアムモデル) – デスクトップ

mousedt7価格:124,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700G
GPU:Radeon Graphics
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式
Radeon 7 5700Gを搭載した一台です。Zen 3アーキテクチャを採用したモデルで高いパフォーマンスを持っています。定価が25,000円も下がりより購入しやすくなりました。同じZen 3アーキテクチャ採用で上位モデルのRyzen 7 5800Xとの差は10%程度です。Radeon GraphicsはCPU内蔵グラフィックスの中でも高い性能を誇ります。簡単な3D処理なら難なくこなせます。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。電源ユニットは350W BRONZEを搭載しています。省電力性の高いZen 3アーキテクチャ採用のCPUということで電源ユニットの容量は控え目ですね。

mouse DT7-MGZN(プレミアムモデル) – デスクトップ

mousedt7価格:149,800円(税込)
CPU:Core i7-12700F
GPU:GeForce GTX 1650 GDDR6
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB

公式詳細
当サイトとのコラボレーションモデルの一つです。CPUにはIntel第十二世代のハイクラスモデルであるCore i7-12700Fを、グラフィックスにはTuring世代のエントリークラスであるGTX 1650 GDDR6を搭載しています。Core i7-12700Fは12コア20スレッドとスペックが高く動画編集や画像編集などのクリエイター作業も得意としています。第四世代Ryzenシリーズの上位モデルであるRyzen 9 5900Xよりも高い性能を持っています。エントリークラスながらグラフィックボードを搭載していることでゲームプレイやWEBデザインなどの3Dグラフィックス処理にも対応可能です。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBと構成も充実しています。デュアルストレージ採用は珍しいですね。

mouse K5-MGZN – ノートパソコン

mousek5spec価格:99,980円(税込)
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce MX350
メモリ:DDR4-2666 8GB
ストレージ:SSD 256GB

公式詳細
こちらもBTOパソコンマガジンとのコラボモデルで通常モデルよりもお得に購入できます。15.6インチフルHDノングレアで持ち運びにも最適です。SSD 512GB搭載で起動もスムーズです。CPUには、Core i7-10750Hを採用しています。6コア12スレッドとノート向けモデルとしては高パフォーマンスです。動画や画像編集で使えるパソコンを探している方やネット閲覧や動画視聴が快適に行えるパソコンを探している方必見です。グラフィックスにはGeForce MX350を搭載しています。WEBデザインなどのクリエイター作業に対応しやすいです。

DAIVブランド

DAIV Z3-A380-MGZN – デスクトップ

daiv価格:139,800円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:Intel Arc A380
メモリ:DDDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式詳細
グラフィックスにIntel Arc A380を搭載したクリエイターパソコンです。GTX 1650と同等の性能を持つエントリークラスのグラフィックボードとなっています。現在パソコンの価格は上昇傾向にあり、Intel Arc A380搭載モデルが139,800円なら十分です。また、AV1エンコードに対応しているなど強みがあります。CPUにはIntel第十二世代のCore i5-12400を搭載しています。6コア12スレッドというスペックながら従来モデルのCore i7シリーズに匹敵する高い性能を持つCPUです。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成は平均的です。電源ユニットは500W BRONZEを採用しています。

DAIV Z7 – デスクトップ

DAIV-A5価格:289,800円(税込)
CPU:Core i7-12700
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDDR4-3200 32GB
ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB

公式詳細
RTX 3060×Core i7-12700搭載のクリエイターPCです。Core i7-11700からCore i7-12700に換装されたものの価格は維持されていて評価が高いです。当該モデルでは人気の高いミドルクラスのRTX 3060を搭載していてWEBデザインや動画編集などで活かすことができます。もちろんゲームプレイにも対応可能です。CPUにはIntel第十二世代のCore i7-12700を搭載しています。12コア20スレッドとマルチスレッド性能の高さが特徴です。メモリ32GB、SSD 512GB+HDD 2TBと構成も充実しています。クリエイターモデルらしくダブルストレージを採用しているのは評価できます。

DAIV 4P – ノートパソコン

daiv4p価格:199,800円(税込)
CPU:Core i7-1260P
GPU:Intel Xe Graphics
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式詳細
最新のIntel第十ニ世代のCore i7-1260Pを搭載しているのが強みです。12コア16スレッドと省電力モデルとして高いパフォーマンスを発揮します。Intel Xe GraphicsもCPU内蔵グラフィックスとしては処理性能が高いです。WEBデザインなどで3Dグラフィックスを取り扱うクリエイターの方におすすめです。メモリ16GB、SSD 512GBという構成も評価できます。本体重量が約997gとこのクラスでは最軽量クラスです。持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめできます。

G-Tuneブランド

G-Tune HM-B [ Windows 11 ]- デスクトップ

G-Tune PM-A-1050Ti価格:199,800円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式
RTX 3060搭載のミドルクラスのゲーミングPCです。価格的にも性能的にも人気の高いモデルとなっています。FULL HD環境でのゲームプレイに最適です。高リフレッシュレートを実現できます。CPUには高コスパなCore i5-12400を搭載しています。6コア12スレッドと平均以上のスペックを持っています。RTX 3060とのバランスも良いです。メモリ16GB、SSD 512GBと平均的なスペックです。

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZN- デスクトップ

G-TunePL-B-1050Ti価格:204,800円(税込)
CPU:Core i7-12700F
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式詳細
当サイトとのコラボレーションモデルの一つです。Core i7-12700×RTX 3060 Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCです。最近注目度の高いグラフィックボードです。RTX 3070寄りのゲーミング性能を持ち60番台でもWQHD環境への適性が高いです。RTX 3060と比べてもワンランク高い性能を得られます。CPUにはIntel第十二世代のCore i7-12700Fを搭載しています。12コア20スレッドと従来モデルよりも格段にスペックが向上しています。従来モデルのCore i9-11900Kを上回るほどです。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は平均的です。ストレージ容量についてはカスタマイズの余地があります。

G-Tune P5-RT – ノートパソコン

G-Tune P5-RT価格:209,900円(税込)
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式
Core i7-12700H×RTX 3050 Ti搭載のゲーミングノートPCです。15.6インチ60Hz対応ディスプレイを搭載しています。本体重量は約2.04kgと平均的です。Core i7-12700Hは、14コア20スレッドとスペックが高くCore i9-11980HKよりも高い性能を持っています。グラフィックスにはローエンドクラスのRTX 3050 Tiを搭載しています。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は必要十分です。

>>>マウスコンピューター公式HP<<<

マウスコンピューターの口コミ

マウスコンピューターの口コミについてまとめています。Twitter、2ch、知恵袋から生の声を紹介しています。是非参考にしてくださいね。

良い口コミ

管理人管理人

マウスコンピューターはアフターサポートに力を入れているショップの一つです。72時間以内での修理を目標として動いています。このユーザーの方の場合火曜日に送ったら金曜日に出荷されたということですね。非常にスピーディーな対応は信頼性の向上に繋がりますね。

管理人管理人

箱が届いたらモチベーションが上がりますね。DAIVブランドのクリエイターノートパソコンは価格が高めですが、本体が軽いなど魅力的なモデルです。性能が高く動画編集に最適だと思います。

管理人管理人

マウスコンピューターのサポート体制は秀逸です。24時間電話でサポートを受けられるのは安心感がありますね。大手企業だからこそできるサービスだと思います。それでいてコスパの高いモデルが揃っているので文句なしです。

管理人管理人

UUUMのYoutuberさんですね!クリエイター=Appleということはありません。9万円だと思ったら90万円でした。。さすがです゚( ゚д゚)最高峰のパソコンだと言えますね。

管理人管理人

毎年マウスコンピューターは福袋など初売りに力を入れています。気になるモデルがあればパソコンの前で待機しておいた方がよいかもしれません。セール情報もチェックしておきましょう。

管理人管理人

パソコンには直接は関係ないですが私も欲しいです!黄色と今治タオルとの相性が素晴らしいですね(^o^)ぜひ大切に使って下さい!

管理人管理人

上位のゲーミングPCを購入された方のツイートです。一緒に乃木坂の西野七瀬さんの画像付きで紹介しています。乃木坂46のCMがかわいいと話題になっています。これは企業のプロモーションとしては成功かもしれませんね!

管理人管理人

山手線にも広告を出しているんですね!お金本当に掛けていそうです。。このようにファンの方にも知ってもらえるのは大きいですね。ちゃんとマウスコンピューターと記載されているので、認知度は確実に上がっていると思います。

管理人管理人

ゲーミングPCの知名度も大幅に向上しているように思います。数年前まではBTOメーカー=G-Tuneとはなっていませんでしたが、最近ではツイッターの口コミでもよく見かけるようになっています。

管理人管理人

あれもこれもとカスタマイズをすると驚く金額になることがありますね!これはマウスコンピューターだけというわけではありませんが、それも含めて楽しめると思います。ネット上で色々シミュレーションができるのが醍醐味ですね。

悪い口コミ

管理人管理人

これ自体マウスコンピューターだけということではなくノートパソコン全体の課題だと言えるかもしれません。ファンの音と合わせて熱が気になるモデルもありますね。各パーツの省電力性が高くなったとは言っても本体が小さくなっているのでエアフローが問題となっているのでしょう。

管理人管理人

コスパはいいけど、デザインがイマイチだというツイートです。これはある意味真実かもしれません。初心者向けのBTOショップではケースのデザインの選択肢がほとんどありませんので、好みに合わないケースでも妥協して受け入れるしかありません。ケースを受け入れることができないのであれば他のショップでの購入を検討しても良いかもしれません。

管理人管理人

これは誤解している方が多いと思います。私もよくわからなかったのでマウスコンピューターに確認をしました!この方の言う通りパーツは海外のものも使っていて、組み立てが国内ということです。紛らわしい言い方は悪意があるように思えます。ただし、海外製自体に問題はありません。BTOパソコンでは一般的ですし、品質も良いです。

各種情報まとめ

支払い方法

決済種類概要
代金引換1個口当たり2,160円の手数料が別途必要
クレジットカードVISA
MasterCard
JCB
American Express
コンビニセブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
サークルK
サンクス
ミニストップ
セイコーマート
銀行振込振込先は確認メールに記載
ショッピングローンジャックス
最大84回払いまで対応
代金引換では一つ当たり2,160円の手数料が掛かります。少しでもコストを抑えるためにも、クレジットカード払いや銀行振込がおすすめです。クレジットカードならポイントも貯まりますしオトクですね。

保証

BTOパソコンについては基本1年間の保証が付いています。保守料金を追加することで最大3年間の保証を受けることができます。長期保証で安心してパソコンを使うことができます。

延長保証

entyouhosyou
追加費用を支払えば延長保証を受けられます。修理品の回収方法も選択することができます。これは他のショップにはない特徴だと言えます。わざわざ送るのがめんどくさいという方はオンサイト修理を選択すると良いでしょう。

センドバック修理は、片道送料を負担する必要があります。ピックアップ修理とは、運送業者が自宅まで取りに来てもらえます。送料を負担する必要はありません。オンサイト修理は、技術者が直接自宅まで来て不具合のある部品を交換してくれます。

保証料及び対応状況がデスクトップ・ノートパソコンで異なります。購入後に追加することはできませんので、購入までに加入するかどうか決めておく必要があります。

デスクトップ
サポート内容保証期間金額
センドバック修理1年間基本保証
3年間7,560円
ピックアップ修理1年間設定なし
3年間10,800円
オンサイト修理1年間設定なし
3年間16,200円
ノートパソコン
サポート内容保証期間金額
センドバック修理1年間基本保証
3年間9,720円
ピックアップ修理1年間3,240円
3年間12,960円
オンサイト修理1年間設定なし
3年間設定なし

mousecomputer

採用情報

mousesaiyou

職種雇用形態勤務地
プロダクトマーケティング正社員
東京本社
Webデザイナー正社員東京本社
ラウンディング業務正社員大阪営業所
営業職(量販店)正社員東京本社
営業職(法人)正社員東京本社
店舗販売アルバイト大阪
修理スタッフアルバイト埼玉
PC製造スタッフアルバイト長野
正社員採用の方が多いですね。アルバイトは大阪、埼玉、長野と一部だけです。店舗販売だと大阪だけで秋葉原では募集をしていません。

マウスコンピューターの企業・店舗情報

ショップ名マウスコンピューター
企業名
(親企業)
株式会社マウスコンピューター
(株式会社MCJ)
資本金1億円
店舗数8店舗

参考資料

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等