minitower

当記事では、おすすめのミニタワーパソコンを紹介しています。非常に人気の高いケースなので、チェックしているユーザーも多いと思います。

管理人管理人

ミニタワーは、各BTOメーカーの売れ筋上位にラインナップを連ねる人気ケースです。なんといっても手頃な価格と省スペース性が売りのケースだと言えます。ミドルタワーに匹敵する人気を誇ります。

マウスコンピューターでは一般モデルではミドルタワーを取り扱っていませんので実質フラグシップモデルということになります。そう考えるとやはり一般モデルではミニタワーの方が人気が高いということですね。なお、ゲーミングPCやクリエイター向けPCの場合はミドルタワーの人気が高いです。

おすすめのミニタワーパソコン三選

Magnate IM(ドスパラ)

Magnate IM価格:58,980円 54,980円
CPU:Core i5-8400
GPU:UHDグラフィックス630
メモリ:8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB



ドスパラの売れ筋パソコンです。キャンペーン対象にもなりやすくお得な1台です。CPUにはコスパの良いi5-8400を搭載しています。RAW現像、文書作成など幅広い用途に活用することができます。SSDが非搭載となっていますので、カスタマイズで追加するのも良いでしょう。快適性が格段に上がります。

LUV MACHINES iH700X3N-SH2(マウスコンピューター)

LUV MACHINES iH800SN-SH2価格:104,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:UHDグラフィックス630
メモリ:16GB
SSD:240GB
HDD:1TB



Magnate IMよりワンランク上の性能を持っています。CPUには8コアを持つi7-9700を搭載しています。動画編集や大規模なRAW現像をしたいのであれば選択するメリットがあります。負荷の高い作業を行う方向けのCPUだと言えます。また、メモリも16GBと大容量でかつSSDとHDDのダブルストレージも魅力的ですね。

Magnate MS(ドスパラ)

Magnate IM価格:74,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX1050
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



グラフィックボードを搭載したモデルとなっています。定価も17,000円ダウンとなりより購入しやすくなりました。10万円以下のグラフィックボード搭載モデルを探している方におすすめです。GTX1050はコスパが高く人気のあるグラフィックボードです。3D CAD、Photoshop、RAW現像などで力を発揮します。もちろん設定を調整すればゲームプレイにも十分対応できます。

ミニタワーとミドルタワーの比較

 Magnate IMMonarch IM
画像Monarch GEMonarch GE
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
ミニタワー
(190mm×420mm×360mm)
ミドルタワー
(190mm×475mm×415mm)
価格58,980円64,980円
CPUCore i5-8400Core i5-8400
グラフィックスUHD630UHD630
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSD非搭載非搭載
HDD1TB1TB
マザーボードH310H370
ドスパラの人気モデルを例にミニタワーとミドルタワーの比較をしています。ミニタワーの方が6,000円安く購入することができます。また、ミニタワーモデルはキャンペーン対象になりやすいためミドルタワーよりもお得になることがあります。

構成はマザーボード以外は同じです。マザーボードについてはH370の方が拡張性が高く性能が上だと言えます。これはミドルタワーPC内部のスペースが多いことによる恩恵です。サイズは一回りミニタワーの方がコンパクトです。数値以上に実際に手元に来ると小さく感じると思います。

ミニタワーの特徴

ミドルタワーより一回り小さく扱いやすい

ミニタワーを選ぶ理由の一つはその小ささにあります。ミドルタワーになると存在感が増して設置場所を選びます。一人暮らしでスペースが余裕がないのであればミニタワーが選択肢に入ります。

価格が安い

ミドルタワーに比べて価格が安いのもメリットとなります。ドスパラのモデルを比較しても15,000円ほどミニタワーの方が安く設定されています。マザーボードのチップセットに違いはあれば価格差以上の差はないと考えて良いですね。価格重視で選びたい方にもミニタワーはおすすめです。

最低限の拡張性・排熱性能が担保されている

コンパクトでありながら最低限の拡張性及び排熱性能は確保されています。3.5インチシャドウベイ×2基と最低限の容量があります。もちろんSSDとHDDのダブルストレージを実装することも可能です。排熱性能についてもしっかりと担保されています。

ミニタワーとミドルタワーのどちらを選ぶべきか!?

ミニタワーとミドルタワーのどちらを選ぶかは悩ましい問題だと思います。ただ、当サイトではゲーミング用途あるいは3D CADでの使用を想定していない場合はミニタワーの方が良いと考えます。高性能なグラフィックボードを搭載しないのであれば排熱もそれほど神経質になる必要はありませんし、拡張性についても大量のデータを取り扱わない限り問題とはならないでしょう。

場合によっては外付けのHDDやクラウドで対応できると思います。それよりも価格が安いことは大きなメリットだと言えるからです。ネットサーフィン、動画視聴、資料作成、写真編集ぐらいであればミニタワーがおすすめというのが結論です。ぜひ参考にしてくださいね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、おすすめのミニタワーの紹介しました。ミニタワーは各BTOメーカーの売れ筋となっていて一般ユーザー向けのモデルとして人気があります。ミドルタワーと比べて価格が安く、一回り小さいというのが特徴です。また、最低限の拡張性及び排熱性能は担保されていますので使い勝手が良いと言えます。

ネットや動画視聴、資料作成などライトな使用を想定しているのであればドスパラの「Magnate IM」がおすすめです。価格も安くキャンペーン対象にもなりやすいためコスパが高いです。もう少し性能を高くしたいというのであればマウスコンピューターの「LUV MACHINES iH700X3N-SH2」が選択肢に入ります。Core i7-8700を搭載し動画編集やRAW現像もお手の物です。最後にグラフィックボード搭載モデルを探している方は、ドスパラの「Magnate MS」がおすすめです。ドスパラの売上げランキング第二位の人気モデルです。3D CADからゲームプレイまでこなすことができるオールラウンダーです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume