ryzen54500

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 5700Xの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。第三世代RyzenシリーズのRyzen 7 3700Xの後継モデルが登場となりました。Ryzen 7 5800Xの下位モデルということになります。およそ1年半という月日が流れてようやく発売されました。第五世代Ryzenシリーズのリリースも控えていてこのタイミングでZen 3アーキテクチャ採用モデルが登場は驚きます。

AMDはもともとこのRyzen 7 5700Xをリリースする予定がなかったのではないかと思います。競合であるIntel第十二世代Core iシリーズの躍進によりリリースせざるを得なかったのでしょう。Ryzen 5 5600・Ryzen 5 5500などの発売も同様に理由だと考えられます。ただし、立場的に苦しいことは変わりありません。ハイブリッドコアアーキテクチャは強力です。

(+) Ryzen 7 5800Xと同等のパフォーマンスを得られる
(+) 搭載BTOパソコンのラインナップが多い
(-) Core i5-12600Kと比べるとパフォーマンスは劣る
(-) コストパフォーマンスが低い

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Ryzen 7 5700Xの基本スペック

世代第3世代
アーキテクチャZen 3
コア/スレッド数8 / 16
定格クロック3.40 GHz
最大クロック4.60 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
L3キャッシュ32MB
TDP
65W
価格$299
発売日2022/04/04

Ryzen 7 5700Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 7 5700Xは、8コア16スレッドというスペックでマルチスレッド性能が高く幅広い用途に通用するCPUです。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・ゲームプレイ・デイトレ・ゲーム実況・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどの用途への適性が高いです。デュアル環境構築・動画視聴・Skypeなどの用途では余裕があります。3D CADに関してはRyzen 9 5900XやCore i7-12700などの上位モデルが好ましいです。基本的にはCPU処理性能がもっとも要求される用途だと言えます。

Ryzen 7 5700Xのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 5700XRyzen 7 5800XRyzen 7 3700X
コードネームZen 3(Vermeer)Zen 3(Vermeer)Zen 2(Matisse)
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数41.5億41.5億38.0億
ダイサイズ81 mm²81 mm²74 mm²
コア888
スレッド数161616
定格クロック3.4 GHz3.8 GHz3.6 GHz
最大クロック4.6 GHz4.7 GHz4.4 GHz
オーバークロック
L3キャッシュ32MB32MB32MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載非搭載非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー非同梱非同梱非同梱
TDP65W105W65W
価格
(実売価格)
$299
(43,800円)
$449
(40,480円)
$329
(-)
発売日2022年04月04日2020年11月05日2019年07月07日
Ryzen 7 5700Xのスペックについて見ていきます。まずは、上位モデルであるRyzen 7 5800Xと比較していきます。どちらもZen 3アーキテクチャを採用しています。プロセスは7nmです。トランジスタ数・ダイサイズは共通です。8コア16スレッドというスペックも変わりません。定格クロックはRyzen 7 5800Xの方が12%高く、最大クロックもRyzen 7 5800Xの方が3%高いです。オーバークロックに対応しているのも共通です。

L3キャッシュ・メモリタイプなども変わりません。TDPはRyzen 7 5700Xの方が40%程度低く65Wとなります。定価での価格差は$150となっていますが、実売価格では逆転していてRyzen 7 5700Xの方が3,320円高いです。まだ発売されたばかりということもあって価格が高めになっていますが、もう少し時間が経てばRyzen 7 5700Xの方が安く購入できるようになるでしょう。

従来モデルのRyzen 7 3700XはZen 2アーキテクチャを採用したモデルです。プロセスは7nmです。トランジスタ数は38.0億とRyzen 7 5700Xよりも8%程度少なく38.0億となります。ダイサイズはRyzen 7 3700Xの方が8%小さく74m㎡です。コア/スレッドは8コア16スレッドと共通です。定格クロックはRyzen 7 3700Xの方が6%高く、最大クロックはRyzen 7 5700Xの方が5%高いです。

Ryzen 7 3700Xもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュ容量は32MBとなります。メモリタイプやTDPも同じですね。定価は$30だけRyzen 7 3700Xの方が高価でした。AMDはZen 3アーキテクチャになってプレミアム価格が設定されるようになっていますね。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 5700XCore i5-12600K
コードネームZen 3(Vermeer)Alder Lake
プロセス7nm10nm
トランジスタ数41.5億-
ダイサイズ81 mm²+124 m㎡215 mm²
コア810
(Pコア6+Pコア4)
スレッド数1616
定格クロック(P)3.4 GHz3.7 GHz
最大クロック(P)4.6 GHz4.9 GHz
定格クロック(E)-2.8 GHz
最大クロック(E)-3.6 GHz
オーバークロック
L3キャッシュ32MB20MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載UHD Graphics 770
メモリタイプDDR4-3200DDR5-4800
DDR4-3200
CPUクーラー非同梱非同梱
TDP65W125W
価格
(実売価格)
$299
(43,800円)
$289
(36,250円)
発売日2022年04月04日2021年11月04日
Intel第12世代Core iシリーズと比較していきましょう。定価の近いCore i5-12600Kをピックアップしています。実売価格ではRyzen 7 5700Xより15%程度安いものの性能的にはCore i5-12600Kの方が15%以上上回っています。Core i5-12600Kは、Alder Lake世代のCPUで10nmプロセスを採用しています。Ryzen 7 5700Xは7nmプロセスを採用していますので、プロセスはRyzen 7 5700Xの方が進化していますね。ダイサイズは同等です。Ryzenシリーズの場合CPUダイとI/Oダイがそれぞれ分けてパッケージされています。2つのダイを合わせるとCore i5-12600Kと同等のサイズになります。

Core i5-12600Kのハイライトはハイブリッドコアアーキテクチャを採用していることです。つまり、6つのPコアと4つのEコアを搭載していてトータルコアは10となります。Pコアのみハイパースレッディングに対応しているためトータルスレッド数は16です。Ryzen 7 5700Xよりも物理コアが25%多く、スレッド数は同等です。定格クロックはCore i5-12600Kの方が9%高く、最大クロックもCore i5-12600Kの方が7%高いです。Core i5-12600KではEコアが搭載されていて定格クロックは2.8GHz、最大クロックは3.6GHzとPコアに比べて抑えられています。いずれのモデルもオーバークロックに対応しています。

L3キャッシュはRyzen 7 5700Xの方が60%多く32MBとなっています。Core i5-12600KではCPU内蔵グラフィックスが搭載されています。UHD Graphics 770は最上位のモデルです。内蔵グラフィックス非搭載のCore i5-12600KFになると1,000円程度安く購入できます。Core i5-12600Kでは上位規格のDDR5-4800に対応しています。CPUクーラーはどちらも非同梱です。TDPはCore i5-12600Kの方が85%高く125Wとなっています。

Ryzen 7 5700XってどんなCPUなの?

Ryzen 7 5800Xと同等のパフォーマンスを持つ

Ryzen 7 5700Xは、上位モデルであるRyzen 7 5800Xと同等の性能を持つCPUです。2022年6月時点ではまだ発売されて間もないということもあってRyzen 7 5800Xよりも実売価格が高くなっていますが、もう少し時間が経てばRyzen 7 5800Xよりも安く購入できるでしょう。そうなればRyzen 7 5800Xと同等の性能を持ちながらもより安く購入できるということになります。コストパフォーマンスの観点からは優秀ですね。

ただし、Intel第十二世代のCore i5-12600Kよりもコストパフォーマンスに劣ります。Ryzen 7 5700Xの競合はRyzen 7 5800XではなくCore i5-12600Kとなります。10コア16スレッドとスペックが高く高い性能を持っています。ハイブリッドコアアーキテクチャの採用で第四世代Ryzenシリーズと凌駕しています。搭載BTOパソコンについてはCore i7-12700やCore i5-12400搭載モデルが競合となりますね。

搭載BTOパソコンのラインナップが増えている

Ryzen 7 5700X搭載BTOパソコンのラインナップは比較的豊富です。パソコン工房・TSUKUMO・ドスパラなどの大手BTOメーカーからすでに搭載モデルが発売されています。Ryzen 7 3700X自体が人気のあるモデルだったこともあり、その後継モデルということで期待が持てます。Ryzen 7 5800X搭載モデルと切り替わっていく可能性があります。

搭載BTOパソコンの価格を見るとCore i7-12700搭載モデルよりも高くコストパフォーマンスは低いです。Core i5-12600Kよりもスペック・性能が高くクリエイター作業からゲームプレイまで幅広く対応できます。Ryzen 7 5700X搭載モデルの購入を検討中の方はCore i7-12700搭載モデルもチェックしておくと良いですね。

Ryzen 7 5700Xの総合性能

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen75700x-cinebenchr23

Cinebench R23でCPUの性能を計測していきます。マルチスレッド性能・シングルスレッド性能共に上位モデルであるRyzen 7 5800Xと同等のスコアが出ています。3%-4%程度の差に留まります。10コア20スレッドのCore i5-12600Kになるとマルチスレッド性能が17%高く、シングルスレッド性能も10%程度高いです。

Adobe Photoshop

cameraryzen75700x-photoshop

Photoshopの処理速度でもRyzen 7 5800Xと同等です。パフォーあmンスの差は1%程度です。一方で、Core i5-12600Kとの差は9%程度とやや大きい。Alder Lake世代のモデルの性能の高さは圧倒的です。AMDにとってはやや苦しい状況にあるといえます。

Premiere Pro CC

dougahensyuuryzen75700x-premiereprocc

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。Ryzen 7 5800Xと比べて3%程度劣る結果となったもののおおよそ同等のパフォーマンスを発揮します。Core i5-12600Kよりも17%程度パフォーマンスが低いです。Ryzen 5 5600Xよりも低いのが気になるところです。残念ながらその理由はわかりません。

動画エンコード

dougahaisinryzen75700x-encode

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。H.264・H.265共にRyzen 75800Xに近いパフォーマンスとなっています。その差は1%-3%と近似値が出ていると言えますね。Core i5-12600KよりもH.264では5%低く、H.265でも8%低いです。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用したIntel第12世代Core iシリーズは強力です。価格で勝負するしかない状況です。

Ryzen 7 5700Xのゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3ryzen75700x-borderlands3

Borderlands 3ではほとんどRyzen 7 5800Xと同等のフレームレートが出ています。下位モデルのRyzen 5 5600XよりもWQHD環境では2%上回り、4K環境でも2%高いです。Core i5-12600Kとの差はWQHD環境で13%・4K環境で17%とかなり大きくなっています。

Far Cry 5

farcry5ryzen75700x-farcry5

Far Cry 5でもRyzen 7 5800Xと同等のフレームレートを計測しています。WQHD環境ではCore i5-12600Kよりも12%程度フレームレートが低いです。Intel製CPUとの差は大きいですね。ただし、4K環境ではグラフィックボードがボトルネックとなりほとんどフレームレートが変わりません。

Metro Exodus

Metro Exodusryzen75700x-metroexodus

Metro ExodusでもRyzen 7 5800Xとほとんど同じフレームレートを出しています。Core i5-12600Kよりも5%程度フレームレートが低いです。4K環境ではその差が2%程度劣ります。

Ryzen 7 5700X搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-M0P5-R57X-DUX-U(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-TX価格:214,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:Radeon RX 6700 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
Ryzen 7 5700X×Radeon RX 6700 XT搭載のゲーミングPCです。ミニタワーケースを採用しています。税込21万円台で購入できます。Radeon RX 6700 XTは、ハイクラスのグラフィックボードでWQHD環境でのゲームプレイに最適です。FULL HD環境ならより高いフレームレートを実現できます。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実しています。電源ユニットは700W BRONZEを採用しています。

G-GEAR GA5A-D221/B(TSUKUMO)

G-GEAR価格:219,600円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
TSUKUMOのミドルタワーモデルです。グラフィックスにはAmpere世代のGeForce RTX 3070を搭載しています。性能的にはRadeon RX 6700Xと近くWQHD環境でのゲームプレイに最適です。もちろんFULL HD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイも実現しやすいです。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実していますね。電源ユニットは750W GOLDを採用していて必要十分です。

GALLERIA XA7R-R36T 5700X搭載(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S価格:249,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3060 Ti搭載モデルです。税込24万円台となっています。Core i7-12700搭載モデルよりも高いのが厳しいですね。ゲーミング性能自体は高く高解像度でのゲームプレイにも対応可能です。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も必要十分です。電源ユニットは、650W BRONZEを採用しています。電源ユニットはカスタマイズの余地がありますね。

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 7 5700Xの性能スペック&搭載BTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 7 5700Xは、Ryzen 7 5800Xから遅れること1年半が経ちようやく低価格帯のモデルがリリースされました。Intel第十二世代の脅威に対応するために急遽のリリースとなっています。8コア16スレッドというスペックでRyzen 7 5800Xに近い性能を持ちコストパフォーマンスの高さに期待ができます。発売されたばかりの今はRyzen 7 5800Xよりも価格が高くなっていますが、今後価格が落ち着けばもう少し購入しやすくなるはずです。搭載BTOパソコンのラインナップは比較的充実しています。パソコン工房・TSUKUMO・ドスパラなどの大手BTOメーカーから搭載モデルが発売されています。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等