rtx3070ti画像引用元:https://jp.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX 3070 Tiの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。ゲーム用のグラフィックボードとして人気が高いGeForce RTX 3070のアップグレードモデルです。RTX 3070の発売から8ヶ月経って新モデルが登場した形になります。CUDAコアの増量だけではなくメモリ周りの強化も図られています。

ゲーミング性能において、期待されていたRTX 3080寄りにはならずRTX 3070寄りです。RTX 3070に対して$100のプレミアムを支払う価値があるかどうかと尋ねられると疑問が残ります。価格が下がらなければそれほど人気が出ることはないでしょう。

(+) RTX 3080とRTX 3070の性能差を埋める存在
(+) グラフィックボード不足の救世主になるか
(-) RTX 3070との性能差は小さくコスパが悪い
(-) メモリのアップグレードで消費電力アップ

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GeForce RTX 3070 Tiの総合性能

rtx3070tibenchmark

GeForce RTX 3070 Tiは、オリジナルであるRTX 3070よりも5%-10%高い性能を持っています。RTX 3070と比べるとそれほど性能差が大きいわけではありませんが、競合であるRadeon RX 6800 XTをしっかりと超えました。多くのユーザーが期待していたRTX 3080寄りという性能には届きませんでした。

RTX 3070 TiがターゲットとするのはRTX 3070と同じWQHD環境あるいはFULL HD環境×高リフレッシュレートです。4K解像度にも対応できないわけではありませんが、本格的にゲームを楽しみたいならRTX 3080やRTX 3080 Tiを選ぶべきです。レイトレーシングやDLSS性能でも同じです。

GeForce RTX 3070 Tiの性能スペック紹介

NVIDIA製グラフィックボードと比較

 RTX 3070 TiRTX 3080RTX 3070
コードネームAmpereAmpereAmpere
GPUGA102GA102GA102
プロセス8nm8nm8nm
ダイサイズ392 mm²628.4m㎡392 mm²
トランジスタ数174億283億174億
CUDAコア6,1448,7045,888
RTコア486846
Tensorコア192272184
ベースクロック1575 MHz1440 MHz1500 MHz
ブーストクロック1770 MHz1710MHz1725MHz
メモリ容量8GB10GB 8GB
メモリ規格GDDR6XGDDR6XGDDR6
メモリ帯域幅608.3 GB/s760 GB/s448.0 GB/s
TDP290W320W220W
公式価格$599$699$499
発売日2021/06/102020/09/172020/10/29
RTX 3070 Tiは、Ampere世代のグラフィックボードで8nmプロセスを採用しています。GPUは、RTX 3070やRTX 3080と同じGA102です。ダイサイズはRTX 3070と同じ392 m㎡でトランジスタ数は174億です。RTX 3080との差は大きいですね。ダイサイズで60%程度の違いがあります。その分トランジスタ数が多くなっています。ここまで見てもRTX 3070寄りのグラフィックボードだということがわかります。

CUDAコアはRTX 3070寄りも5%アップの6,144となっています。RTX 3080との差は40%弱と大きいですね。RTコアはSMsに依存しますので、RTX 3070 Tiでは48基とRTX 3070よりも2基多くなっています。Tensorコアも5%多い192基です。RTX 3080と比べると40%多い68基となります。Tensorコアも272基と差が大きいです。

ベースクロックではRTX 3070よりも5%高く、ブーストクロックは3%高いです。RTX 3080と比べるとそれぞれ9%・3%高いです。CUDAコアが多い分クロック周波数は抑えられています。クロック周波数の違いについてはそれほどハイライトはありません。

RTX 3070と大きく異なる点はメモリ周りです。GDDR6からRTX 3080と同じGDDR6Xへと強化されています。メモリ帯域幅が448.0 GB/sから608.3 GB/sへと36%広いです。CUDAコアのアップとメモリ周りの強化がハイライトです。GPUメモリ容量は8GBと共通です。

TDPがRTX 3070よりも32%も上がって290Wになりました。これはやはりメモリがGDDR6Xにアップグレードされたことによる代償です。RTX 3080の320Wに近づいてしまいました。価格はRTX 3080とRTX 3070のちょうど間の$599となっています。

AMD製グラフィックボードと比較

 RTX 3070 TiRX 6800 XT
コードネームAmpereRDNA 2.0
GPUGA102Navi 21
プロセス8 nm7 nm
ダイサイズ392 mm²520 mm²
トランジスタ数174億268億
CUDAコア6,1444,608
RTコア4872
Tensorコア192-
ベースクロック1575 MHz1825 MHz
ブーストクロック1770 MHz2250 MHz
メモリ容量8GB16GB
メモリ規格GDDR6XGDDR6
メモリ帯域幅608.3 GB/s512.0 GB/s
TDP290W300W
公式価格$599$649
発売日2021/06/102020/11/18
競合となるのはAMDのハイクラスモデルであるRadeon RX 6800 XTです。RDNA 2.0アーキテクチャを採用した注目のモデルです。Big Naviと呼ばれるGPU「Navi 21」を搭載しています。プロセスは7nmとAmpere世代のグラフィックボードよりも一回り小さいです。ダイサイズは520 m㎡とかなり大きいです。トランジスタ数が268億とRTX 3070 Tiよりも54%多くなっています。

CUDAコアはRTX 3070 Tiの方が33%多い6,144です。一方で、RTコアはRX 6800 XTの方が50%多く72基となっています。RX 6800 XTにはTensorコアは搭載されていません。ベースクロックはRX 6800 XTの方が16%高く、ブーストクロックに至っては27%も高いです。

メモリ容量はRX 6800 XTが倍の16GBとなっています。一方で、メモリ規格はGDDR6とRTX 3070 Tiよりも劣ります。メモリ帯域幅はGDDR6Xを採用しているRTX 3070 Tiの方が18%広いです。TDPはRX 6800 XTの方が僅かに高いです。価格差は$50でRX 6800 XTの方が高いです。

GeForce RTX 3070 Tiってどんなグラフィックボード?

価格と性能が見合っておらず評価は高くない

RTX 3070 Tiに対して辛口の意見が多くなっています。当サイトとしても同じ意見を持っています。その理由は単純で価格と性能が見合っていないからです。すでに登場しているRTX 3080が$699で、RTX 3070が$499です。RTX 3070 Tiは、そのちょうど間に収まる$599で販売されています。つまり、性能的にはRTX 3080とRTX 3070の間、できればRTX 3080寄りの性能が欲しいわけです。

実際はすでに見てきたとおり性能はRTX 3070よりも最大10%アップに留まり、RTX 3080との性能差は最大15%とRTX 3070寄りの性能であることがわかります。RTX 3070に対しては20%多く支払ってもその見返りは10%の性能です。RTX 3070 Tiの定価がそのまま価格に反映されるとすればRTX 3070あるいはRTX 3080を選択するべきでしょう。

価格を抑えたいならコスパの高いRTX 3070を、性能を重視したいならRTX 3080を選んだ方が満足度が高いということです。RTX 3070 Tiの価格がもう少し下がらない限り評価が上がることはありません。各サイトの評価は忖度なしで純粋な評価を下しています。あまり辛口になることのないグラフィックボードですが、RTX 3070 Tiに対してはやや厳しいですね。

性能に対して消費電力が大きい

rtx3070ti-watt

RTX 3070 Tiは、RTX 3070と比べると消費電力が一気に高くなっています。最大で40%も高くなっています。性能的には最大10%程度のパフォーマンスアップに留まるのでRTX 3070と比べて省電力性はかなり劣ります。CUDAコアやクロック周波数の引き上げというよりもメモリがGDDR6Xにアップグレードされたことが仇となった形です。消費電力だけを見るとほとんどRTX 3080と肩を並べるほどになっています。Radeon RX 6800 XTよりも高いですが、性能で上回っているためここは問題ないですね。

搭載BTOパソコンの価格は意外と抑えられている

RTX 3070 Ti搭載モデルが続々と登場していますが、価格は意外と抑えられているように思います。RTX 3080よりも安くモデルによってはRTX 3070搭載モデル並となっています。性能的にはRTX 3070寄りなので妥当な水準に落ち着きそうな気配です。

RTX 3070 Tiは、単体のグラフィックボードとしてみると評価はそれほど高くありません。しかし、搭載モデルとしての価格が抑えられているなら性能が高い分だけ有利です。時間が経てばRTX 3070搭載モデルとほとんど変わらない水準まで落ちるかもしれません。そうなればRTX 2070 SUPERやRTX 3070のように人気が爆発すること間違いなしです。

GeForce RTX 3070 Ti搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。RTX 3080 Tiにおける最大の注目ポイントはWQHD解像度でのフレームレートです。FULL HD環境ではCPUがボトルネックとなってしまいスコアが伸びません。4K解像度ではRTX 3080との性能差に注目したいですね。タイトルによってRTX 3070 Tiでも60fps以上を出すことができますが、安定感を考えるとRTX 3080の方が好ましいでしょう。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

AssassinscreedAssasin’s Creed Odysseyrtx3070ti

Assasin’s Creed OdysseyではRTX 3070との性能差が小さいです。3%-5%となっています。これだけの性能差しかないのであれば価格が安いRTX 3070を選ぶ方が良いですね。RTX 3080との性能差は10%-18%と高解像度になるほど差が広がります。やはりRTX 3080との間には大きな壁があります。

Radeon RX 6700 XTと比べると4K解像度では17%フレームレートが高いですが、そもそも快適にゲームをプレイできる水準にはありません。Radeon RX 6700 XTがFULL HD環境において高いフレームレートを出しているのはGPUメモリ容量の大きさにあるのかもしれません。

Far Cry 5

farcry5Far Cry 5-rtx3070ti

Far Cry 5ではFULL HD環境においてボトルネックが発生しています。RTX 3070 TiのメインターゲットとなるWQHD環境でのフレームレートを見ていきましょう。RTX 3070と比べて1%高いです。RTX 3080との性能差は5%とやや開いていますね。4K解像度ではRTX 3070よりも8%高く、RTX 3080よりも14%低いです。RTX 3070寄りの性能を持っているということがわかります。Radeon RX 6800 XTと比べるとFULL HD及びWQHDでは上回っているものの4Kでは20%も劣ってしまっています。AMD製のグラフィックボードとの相性が良さそうです。

Hitman 3

hitman3hitman3-rtx3070ti

FULL HD環境ではRTX 3070よりもフレームレートが低くなっていますが、ボトルネックが発生している可能性が高いので気にしなくても良いですね。WQHD環境ではRTX 3070よりも5%高く、4K解像度では8%高いです。4Kでもある程度快適にゲームプレイを楽しめます。RTX 3080との差は最大18%と大きいです。4Kを中心に考えるならRTX 3080あるいはRTX 3080 Tiを選択しましょう。Hitman 3ではRadeon RX 6800 XTが高いフレームレートを出しています。4KではRTX 3070 Tiよりも25%もスコアが高く90.2となっています。RTX 3080を超えるフレームレートは素晴らしいです。

Borderland 3

Boarderland 3borderlands3-rtx3070ti

Borderland 3でもFULL HD環境ではボトルネックが発生しています。FULL HD環境をメインに考えるならRTX 3060やRadeon RX 6700 XT当たりが良いと思います。RTX 3070 Tiは、4K解像度においてRTX 3070と比べて7%高いです。価格差を考えるとお得感はありませんが、フレームレートが高くなることは間違いないでしょう。メモリ周りの強化はプラスに働いています。

Metro Exodus

Metro Exodusmetroexodus-rtx3070ti

Metro ExodusではRTX 3080との性能差が最大22%と大きいです。RTX 3070との差は最大7%なのでRTX 3070 Tiの価格が高めに感じてしまうことになると思います。Radeon RX 6800 XTと比べても最大14%もフレームレートの差が生じています。タイトルによってはRadeon RX 6800 XTは魅力的な選択肢になりますね。


GeForce RTX 3070 Ti搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA XA7C-R37T H570搭載(ドスパラ)

GALLERIA UA9C-R38価格:229,980円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3070 Ti×i7-10700搭載で税込み22万円台は格安です。旧世代のCore i7-10700を搭載しているからこそ実現しています。最新のCore i7-11700を選ぶと2万円も高くなってしまうのでここはCore i7-10700でも良いのではないかと思います。ゲーミング性能ではそれほど大きく変わることはありません。

GALLERIA XA7C-R37T 第11世代Core搭載(ドスパラ)

GALLERIA UA9C-R38価格:249,980円(税込)
CPU:Core i7-11700
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3070 Ti×Core i7-11700搭載のゲーミングPCです。ドスパラの新しいPCケースはデザイン性が高く人気があります。Intel第11世代CPUを搭載していることで少し価格は高めです。第10世代モデルだと2万円安いので今後価格が下がる可能性がありますね。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイだけではなくクリエイター作業などにも対応しやすいです。メモリ16GB、SSD 1TBと構成は充実しています。

SENSE-F059-117K-UAX(パソコン工房)

SENSE-F049-iX7-QMX価格:249,678円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
パソコン工房のクリエイター向けPCでもRTX 3070 Ti搭載モデルが登場しています。CPUにはクロック周波数の高いCore i7-11700Kを搭載しています。8コア16スレッドと性能が高いCPUです。オーバークロックに対応しているのもポイントです。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も抜群です。動画編集をしたり開発をしたりと負荷が掛かる用途であればメモリの増設を検討しても良いでしょう。

SENSE-F059-119-UAX(パソコン工房)

SENSE-F049-iX7-QMX価格:251,878円(税込)
CPU:Core i9-11900
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
Core i9-11900搭載のクリエイターPCです。Core i7-11700Kよりも高い性能が手に入ります。オーバークロックができない点は理解しておく必要があります。初心者の方でも選びやすいのではないかと思います。もちろんゲーム用途でもおすすめです。メモリ16GB、SSD 500GBとこの性能帯では定番の構成です。

GeForce RTX 3070 Tiはこんな方におすすめ!

管理人管理人

当記事では、RTX 3070 Tiの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。前世代で人気を博したRTX 2070 SUPERや今世代で人気のRTX 3070の後継モデルということで期待の大きいグラフィックボードでした。蓋を開けてみるとRTX 3070よりも性能は高いものの満足できるほどの性能アップとはなりませんでした。はっきりと言えばコスパが悪いということです。

グラフィックボード全体でみるとゲーミング性能は高くメインターゲットはWQHDです。タイトルによっては4K解像度でも60fps以上を安定して出すことが可能です。将来性が高いモデルで価格次第では人気モデルになる素質があります。

搭載BTOパソコンについては比較的お得感があります。登場直後ということもあってRTX 3070搭載モデルよりは高いですが、意外と価格が抑えられています。当然価格がRTX 3070搭載モデルと同等ならば性能が高い分だけRTX 3070 Ti搭載モデルの魅力が増します。セールなどを中心にチェックしておくと良いですね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPURyzen 7 5800X
マザーボードMSI B550-A Pro
メモリ16GB DDR4 Thermaltake TOUGHRAM
SSDCrucial MX500 2 TB SSD
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850 W
冷却システムCorsair iCue H100i RGB Pro XT
ソフトウェアWindows 10 Professional 64-bit
参照サイト:Gigabyte GeForce RTX 3070 Ti Gaming OC Review(TECHPOWERUP)