ryzen55500画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5500の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Ryzen 5 3500の後継モデルということになります。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応となり性能の底上げが行われています。価格帯的には同時期にリリースされたRyzen 5 4500が近いですが、アーキテクチャが古く完全な後継モデルとは言いづらいです。

その点Ryzen 5 5500は、最新のZen 3アーキテクチャを採用していて高いパフォーマンスを期待できます。Ryzen 5 4500との価格差も小さくコストパフォーマンスに優れています。弱点としては、Core i3-12100Fと比べてゲーム性能が低いこととPCI-E 3.0サポートと少し古いことが挙げられます。もちろん価格が抑えられたモデルであることを考えると及第点でしょう。

(+) Zen 3アーキテクチャ採用の高コスパモデル
(+) 6コア12スレッドとスペックが高い
(-) Core i3-12100Fにゲーム性能で劣る
(-) PCI-E 3.0対応と少し古い

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Ryzen 5 5500の基本スペック

世代第3世代
アーキテクチャZen 3
コア/スレッド数6 / 12
定格クロック3.70 GHz
最大クロック4.20 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
L3キャッシュ16MB
TDP
65W
価格$159
発売日2022/04/04

Ryzen 5 5500のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
yzen 5 5500はミドルクラスのモデルとしてまずまずの適応力を持つCPUです。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレ・Skype・ビジネスなどの用途では余裕があります。ややオーバースペック気味になります。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・ゲームプレイ・WEBデザインなどの用途にも対応できますが、これらの用途をメインに考えている方はRyzen 5 5600以上、できればRyzen 7 5700X以上を選択する方が満足度が高いと思います。たまに使用する程度でそれほど本格的な作業を考えていないならRyzen 5 5500でも十分でしょう。ゲーム実況や3D CADは苦手な分野となります。8コア以上のモデルが好ましく6コア12スレッドでは物足りないですね。

Ryzen 5 5500のスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 5500Ryzen 5 5600Ryzen 5 3500
コードネームZen 3(Cezanne)Zen 3(Vermeer)Zen 2
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数107億41.5億-
ダイサイズ180 mm²81 mm²-
I/Oプロセス-12nm-
I/Oダイサイズ-124 mm²-
コア666
スレッド数12126
定格クロック3.7 GHz3.5 GHz3.6 GHz
最大クロック4.2 GHz4.4 GHz4.1 GHz
オーバークロック
L3キャッシュ16MB32MB16MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載非搭載非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラーWraith StealthWraith StealthWraith Stealth
PCI-EGen 3Gen 4Gen 4
TDP65W65W65W
価格
(実売価格)
$159
(19,980円)
$199
(28,800円)
$129
(-)
発売日2022年04月04日2022年04月20日2022年02月22日
Ryzen 5 5500は、Zen 3アーキテクチャを採用したモデルですが上位モデルであるRyzen 5 5600とは内部的に少し異なります。Ryzen 5 5500は、Ryzen 5 5600GなどのAPUのCPU内蔵グラフィックスを無効化したCPUとなっています。そのため、トランジスタ数及びダイサイズがRyzen 5 5600よりも大きくなっているのです。トランジスタ数はRyzen 5 5600よりも2.5倍以上です。Ryzen 5 5600は、CPUダイとI/Oダイが分離されています。2つのダイを合わせると205m㎡とRyzen 5 5500よりも一回り大きいです。

コア/スレッドは上位モデルのRyzen 5 5600と同等です。定格クロックはRyzen 5 5500の方が6%高く、最大クロックはRyzen 5 5600の方が5%高いです。いずれのモデルもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュに大きな違いがありRyzen 5 5500は16MBとRyzen 5 5600の半分に留まります。CPU内蔵グラフィックスはどちらも非搭載です。対応メモリはDDR4-3200となっています。

CPUクーラーはWraith Stealthが標準同梱です。PCI-Eは、Gen 3をサポートしていてRyzen 5 5600よりも一世代古いです。TDPは65Wと共通です。価格差は$40で、国内での実売価格では8,820円とやや大きいです。価格差が大きいためRyzen 5 5500の方がコストパフォーマンスが優れていると言えます。

従来モデルのRyzen 5 3500と比較していきます。Zen 2アーキテクチャを採用していてプロセスは7nmです。コア/スレッドは6コア6スレッドとハイパースレッディングには対応していません。定格クロックはRyzen 5 5500の方が3%高く、最大クロックもRyzen 5 5500の方が3%高いです。いずれもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュも16MBと共通です。

対応メモリもDDR4-3200で変わっていません。CPUクーラーもWraith Stealthが標準同梱となっています。PCI-Eについては実はRyzen 5 3500では4.0に対応していて強みになります。TDPは65Wと共通です。価格差は$30でRyzen 5 5500の方が少し高いです。なお、Ryzen 5 3500の販売は終了していて中古でしか入手できません。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 5500Core i5-12400F
コードネームZen 3(Cezanne)Alder Lake
プロセス7nm10nm
トランジスタ数107億-
ダイサイズ180 mm²163 mm²
コア66
スレッド数1212
定格クロック3.7 GHz2.5 GHz
最大クロック4.2 GHz4.4 GHz
オーバークロック×
L3キャッシュ16MB18MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR5-4800
DDR4-3200
CPUクーラーWraith Stealth
PCI-EGen 3Gen 5
TDP65W65W
価格
(実売価格)
$159
(19,980円)
$174
(22,880円)
発売日2022年04月04日2022年01月04日
Intelの高コスパモデルであるCore i5-12400Fと比較していきます。Core i5-12400Fは、Alder Lake世代のモデルでプロセスは10nmです。Ryzen 5 5500は7nmプロセスなのでより微細化されていると言えます。ダイサイズはRyzen 5 5500の方が10%程度大きいです。これはAPUを流用しているためです。コア/スレッドはどちらも6コア12スレッドとなっています。

定格クロックはRyzen 5 5500の方が48%高く、最大クロックはCore i5-12400Fの方が5%高いです。Core i5-12400Fはオーバークロックに非対応です。L3キャッシュはCore i5-12400Fの方が13%多く18MBとなります。いずれもCPU内蔵グラフィックスは非搭載ですが、Core i5-12400($192)を選択すればUHD Graphics 730が搭載されています。動画編集やゲームプレイなどでグラフィックボードが必要な方は価格の安いCore i5-12400Fの方が良いと思います。

Core i5-12400Fでは上位規格であるDDR5-4800に対応しています。もっともこの価格帯のモデルだと価格の高いDDR5-4800を選択される方は少ないでしょう。CPUクーラーは同梱です。PCI-EはGen 5をサポートしていて最新モデルらしさがあります。Ryzen 5 5500のGen 3の二世代新しいモデルということです。価格差は$15でCore i5-12400Fの方が高いです。実売価格でも2,900円の差があります。

Ryzen 5 5500ってどんなCPUなの?

Zen 3採用の高コスパモデル

 アーキテクチャ価格発売日コア/スレッド
Ryzen 5 5600XZen 3$299(28,480円)2020/11/056/12
Ryzen 5 5600GZen 3$259(23,741円)2021/04/136/12
Ryzen 5 5600Zen 3$199(28,800円)2022/04/046/12
Ryzen 5 5500Zen 3$159(19,980円)2022/04/046/12
Ryzen 5 4500Zen 2$129(17,200円)2022/04/046/12
Ryzen 3 4100Zen 2$99(14,199円)2022/04/044/8
Ryzen 5 5500は、Zen 3アーキテクチャを採用した高コスパモデルとなっています。これまでZen 3アーキテクチャを採用したモデルの最安値モデルはRyzen 5 5600Gでした。ただし、あくまでもAPUで少し価格が高めです。Ryzen 5 5600Xになると3万円近い価格になります。Ryzen 5 5500は、Zen 3アーキテクチャ採用モデルの最安値クラスのCPUです。

Ryzen 5 5600やRyzen 5 4500などの廉価モデルがようやく発売されました。Intel第十二世代Core iシリーズの登場で出さざるを得なかったのでしょう。下位モデルのRyzen 5 4500は一世代前のZen 2アーキテクチャを採用していますので、スペックは同等での性能差はしっかりと現れています。上位モデルの価格を見る限り、もう少し価格が下がる余地がありますね。

用途によってはCore i3-12100に劣る

Ryzen 5 5500は、ミドルクラスのCPUですが用途によってはエントリークラスのCore i3-12100に劣ることがあります。例えば、画像編集やゲームプレイなどの用途ではCore i3-12100の方が高いパフォーマンスを発揮します。それはベンチマークを見れば明らかです。4コア8スレッドのモデルに劣ってしまうのは残念ですね。

Core i3-12100(F)は、15,000円前後で購入できるためRyzen 5 5500よりも5,000円程度安価です。Intel第十二世代Core iシリーズは非常に強力です。この世代のシリーズの登場でAMDは窮地に陥っています。AMD製CPUにこだわりがないのであればIntel製CPUも候補に入れると良いと思います。

搭載BTOパソコンはTSUKUMOでのみ取り扱いがある

Ryzen 5 5500を搭載したBTOパソコンのラインナップはそれほど多くありません。今のところTSUKUMOから少しだけ販売されているだけです。サイコムやセブンなどカスタマイズの自由度の高いショップでは取り扱いはないようです。Ryzen 5 3500の後継モデルであることを考えるともう少しラインナップが増えてもいいのではないかと思います。

より安価なRyzen 5 4500やより性能の高いRyzen 5 5600のラインナップがやや多いことを考えると中途半端な立ち位置になっているのかもしれません。そうは言ってもRyzen 5 5600との価格差も大きく、Ryzen 5 5500を搭載したモデルが増えれば人気モデルが多く輩出されることになるでしょう。

Ryzen 5 5500の総合性能

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen55500-cinebenchr23

Ryzen 5 3600よりもマルチスレッド性能が11%高く、シングルスレッド性能が12%高いです。同じ6コア12スレッドというスペックでこれだけの差が生まれているのはさすがです。Zen 3アーキテクチャの凄さがここにありますね。Ryzen 5 4500と比べても10%以上上回っています。上位モデルであるRyzen 5 5600になるとマルチスレッド性能が4%程度高く、シングルスレッド性能は6%高いです。Core i5-12400よりもマルチスレッド性能は12%低く、シングルスレッド性能も19%低いです。4コア8スレッドのCore i3-12100との差はマルチスレッド性能は22%上回り、シングルスレッド性能は14%下回ります。Core i3-12100はシングルスレッド性能が高いCPUとなっています。

Adobe Photoshop

cameraryzen55500-photoshop

Photoshopでのパフォーマンスを見ていきます。Ryzen 5 3600よりも5%程度パフォーマンスが高く、下位モデルであるRyzen 5 4500よりも12%パフォーマンスが高いです。一方で、Core i5-12100よりも3%程度低く、Core i5-12400よりも16%パフォーマンスで劣ります。上位モデルのRyzen 5 5600でもCore i5-12400には及びません。画像編集作業を考えている方は参考になるデータだと思います。

Premiere Pro CC

dougahensyuuryzen55500-premierepro

動画編集におけるパフォーマンスを見ていきましょう。6コア12スレッドとスペックが高めなこともあってCore i3-12100よりも4%程度パフォーマンスが高いです。動画編集を考えているならRyzen 5 5500に優位性があります。Ryzen 5 3600よりも7%高くまずまずの結果だと言えます。上位モデルであるRyzen 5 5600との差は8%とやや大きいですね。Core i5-12400になるとさらに13%程度性能が高いです。

Ryzen 5 5500のゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3ryzen55500-borderlands3

Borderlands 3では、Ryzen 5 3600よりも30%も高いフレームレートを計測しています。下位モデルであるRyzen 5 4500との差も同等でかなり大きいです。Zen 3アーキテクチャが有利に働いています。一方で、Intel Core i3-12100よりもわずかに劣るフレームレートは気になるところです。ゲームプレイを目的とするならCore i3-12100は魅力的な候補になります。AMD製CPUにこだわりたいならRyzen 5 5600以上のモデルを選択するのが良いでしょう。L3キャッシュ容量が多くより高いパフォーマンスを発揮する傾向にあります。

Far Cry 5

farcry5ryzen55500-farcry5

Far Cry 5ではRyzen 5 3600との性能差は4%程度とそれほど大きくありません。それでも下位モデルのRyzen 5 4500よりも18%もフレームレートが高くなっています。Ryzen 5 5600との差は8%程度です。Core i3-12100になると16%もフレームレートが高いです。Core i5-12400なら36%と性能差が大きいです。やはりRyzen 5 5500はゲーム適性がやや劣りますね。

Metro Exodus

Metro Exodusryzen55500-metroexodus

Metro ExodusではRyzen 5 3600よりも5%フレームレートが高いです。下位モデルのRyzen 5 4500との差は21%とやや大きいです。上位モデルのRyzen 5 5600との差は2%程度です。Core i3-12100との差は7%程度です。Intel製CPUに完敗です。

Ryzen 5 5500搭載のおすすめBTOパソコン

G-GEAR GA5A-C221/B(TSUKUMO)

G-GEAR価格:171,700円(税込)
CPU:Ryzen 5 5500
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
Ryzen 5 5500×RTX 3060搭載のゲーミングPCです。ミドルクラスのモデルとなっています。FULL HD環境でのゲームプレイに最適です。タイトルによっては高リフレッシュレートを実現できます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は平均的です。電源ユニットは500W BRONZEを採用しています。

G-GEAR GA5A-C221/B(TSUKUMO)

G-GEAR価格:182,700円(税込)
CPU:Ryzen 5 5500
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
グラフィックスにはハイクラスのRTX 3060 Tiを搭載しています。WQHD環境でのゲームプレイに最適です。FULL HD環境で高リフレッシュレートを実現可能です。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は平均的です。電源ユニットは500W BRONZEとなっています。性能的に電源ユニットのカスタマイズは有用です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5500の性能スペック&搭載BTOパソコンについて紹介しました。Zen 3アーキテクチャを採用したモデルの中で最安値のCPUとなっています。これでよりZen 3アーキテクチャが身近な存在となりました。下位モデルのRyzen 5 4500よりもワンランク高いパフォーマンスを得られます。従来モデルのRyzen 5 3600/Ryzen 5 3500を大きく上回るパフォーマンスを発揮します。

搭載BTOパソコンはTSUKUMOから販売されています。コストパフォーマンスの高いモデルで今後もう少しラインナップが増えてくるのではないかと思います。従来モデルのRyzen 5 3600/Ryzen 5 3500はいずれも人気がありましたね。注意点はIntel第十二世代Core iシリーズの存在です。Core i5-12400は少し高いものの性能は大きく向上しますし、Core i3-12100はかなり安く用途によっては高いパフォーマンスを得られます。次世代モデルが登場するまでの繋ぎですが、急いで購入する必要はないかもしれません。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等