geforce gtx1650_top画像引用元:https://www.kuroutoshikou.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GTX1650の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2019年4月にTuring世代最後のグラフィックボードが登場しました!これまではRTX20シリーズなど一般ユーザーにとってはオーバースペックなモデルが先陣を切っていました。当該モデルはそれほど高い性能は必要ないというユーザー向けです。Photoshop、RAW現像などクリエイターの方にもおすすめです。

(+) Turing世代のエントリークラスが登場
(+) GTX 1050 Tiよりも高いパフォーマンスを発揮
(-) RX 570と比べるとややコスパが悪い

GeForce GTX1650の総合性能

GeForce GTX1650

GTX 1650は、型番的にはGTX 1050の後継グラフィックボードということになります。そこから見ると50%以上性能がアップして確実にその地位を築いていると言えます。GTX 1050 Tiよりも性能が高いのは驚きです。上位にあるのはAMD Radeon RX 570、GTX 1060 6GB、GTX 1660となり順当ですね。

RX 570よりもコスパが悪い(中上級者向け)

msitwinfrozrrx570
AMD製のグラフィックボードも選択肢に入る方は競合のRX 570も合わせて検討しましょう。GTX 1650はまだ登場したてということもありまだまだ高いです。

Amazonやパーツショップなどで見るとGTX 1650の方が5,000円ほど高く設定されています。性能面を見てもRX 570には及ばないため弱いです。コスパで選ぶならRX 570の方が良いと思います。

*AMDのグラフィックボードを搭載したBTOパソコン自体が少ないです。また、搭載モデルもパーツ単体よりも割安感はありません。そのため自作を考えている中上級者の方を対象にしています。

GeForce GTX 1650の性能スペック紹介

 GTX 1650GTX1660GTX 1050 Ti
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm212nm214nm2
ダイサイズ200m㎡284m㎡135m㎡
トランジスタ数47億66億33億
CUDAコア896基1408基768基
ベースクロック1485MHz1530MHz1290MHz
ブーストクロック1665MHz1785MHz1392MHz
VRAM4GB GDDR56GB GDDR54GB GGDR5
メモリ帯域幅128GB/s192 GB/s112 GB/s
TDP75W120W75W
公式価格$150$220$139
発売日2019/04/2019/03/2016/10/
GTX 1650のスペックを比較していきましょう。性能的にPascal世代のGTX1050よりもGTX1050Tiの方が近いためこちらを比較対象としています。Pascal世代と比べるとプロセスが14nm→12nmへと縮小化されています。一方で、ダイサイズは135mm→200mmへと約50%増えました。これによって多くのトランジスタを搭載することができ性能向上につながっています。

CUDAコア数は768基→896基へと約15%アップ。ベースクロックは約15%、ブーストクロックも約20%向上しています。これだけ基本的な部分で数値がアップしていたら性能が上回っていることも不思議ではありません。ただし、メモリ規格や容量はそのまま継続となっています。何よりすごいのがこれだけスペックが上がっているのに消費電力が75Wに抑えられていることです。補助電源を必要としない省電力性が魅力だと言えます。

同じTuring世代の上位モデルであるGTX 1660と比べてみます。ダイサイズ及びトランジスタ数が約40%上がっています。GTX 1050 Ti→GTX 1650でも伸びていた中でさらに向上していることがわかります。CUDAコア数が55%以上アップ、メモリ容量も4GB→6GBへと増えています。メモリ規格が変わるのはRTX20シリーズからです。

GeForce GTX 1650ってどんなグラフィックボード?

Turing世代の低価格帯グラフィックボード

Turing世代のグラフィックボードが揃いました。これまではミドルクラス~ハイエンドクラスのグラフィックボードが中心でした。低価格のエントリークラスのモデルを待ちわびていた方も多いと思います。価格が高くなかなか手を出せないとか、それほど高性能なグラフィックボードは必要じゃないよというユーザーもいるはずです。

2018年9月27日にRTX2080Tiがリリースされその後RTXシリーズがまずは揃った形です。その後2019年3月15日、レイトレーシングが搭載されていないGTX16シリーズが発売され、4月30日にこのGTX 1650をユーザーが手に入れられるようになりました。これでTuring世代が上から下まで一通り揃ったということになります。

GTX1050Tiよりも30%性能が高い

Turing世代におけるエントリークラスのグラフィックボードとは言ってもこれまでのエントリークラスとはわけが違います。Pascal世代のGTX 1050よりも50%以上性能が高く、GTX 1050Tiよりも30%高いパフォーマンスを持っています。つまり、過去のローエンドあるいはミドルクラスに匹敵する性能を持っているということです。

もちろんゲーミングPCとしても通用するモデルです。設定を調整すればFULL HD環境で快適にゲームプレイを行えます。また、3Dグラフィックスを取り扱うクリエイターの方にもおすすめです。2019年のクリエイター向けPCの主流になると思います。

搭載BTOパソコンのラインナップは僅少

まだまだGTX1650搭載のBTOパソコンのラインナップはほとんどありません。現時点であればGTX1050Ti搭載モデルを選択するのも悪くないと思います。価格も下がってきています。

GTX1650自体登場してまだ1週間経過していないことゴールデンウィーク中ということもあり5月中旬から増えてくると思います。この点に関しては今後改善していくものだと思います。

GTX 1650搭載モデル使用時のフレームレート一覧

各ゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境でのゲームプレイが前提となります。タイトルによっては最高設定でも十分プレイすることができます。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Battlefield 5(DirectX 12)

battlefield5battlefieldgtx1650

Battlefiedlなら最高設定でも59.5fpsとそれなりのフレームレートが出ます。これなら少し設定を調整すれば十分対応可能です。GTX1050Tiよりも40%高いです。上位モデルとの差がやや大きいですね。GTX1650からGTX1660で大きく快適性は変わります。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5farcry5gtx1650

Far Cryは、上記のBattlefieldとほぼ同じ傾向となっています。GTX1050Tiよりも30%程度高いです。RX 570になると60fpsを超えるのが注目点です。単体のグラフィックボードで考えるならしばらくはRX 570の方が強いです。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050ticiv6gtx1650

GTX 1050 Tiよりも約30%スコアが伸びています。当然GTX1050と比べると50%以上伸びていることになります。RX 570との差は10%程度です。やはりRX 570のコスパの高さが光ります。GTX1650の価格が落ち着くまでは買い替えは待った方が良いと思います。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tigta5gtx1650

GTA5では74.0fpsとFULL HDでも十分プレイすることができます。GTX1050Tiと比べると20%程度の差があります。他のタイトルに比べると伸びは小さいですが、元々が高かったことを考えると問題ないと思います。

Hitman 2(DirectX 12)

hitmangtx1050tihitmangtx1650

Hitmanではやはりスコアが伸びにくいです。これは上位のグラフィックボードでも同様です。最適化がされてくればもう少し改善されると思います。現時点であれば設定を落としてのプレイが前提となります。唯一RX 570に上回ったタイトルでもあります。

GeForce GTX 1650の消費電力&発熱

消費電力

gtx1650watt

消費電力はさすがに抑えられています。それでもGTX1050Tiよりは30%弱増えています。カタログ上では同じなのですが仕方ないですね。RX 570の唯一の弱点は消費電力の高さかもしれません。それに比べるとやはりGTX 1650の省電力性は圧巻です。

温度

gtx1650temp

温度に関しては環境による影響も大きいため参考に程度に考えてください。基本的には消費電力に比例します。その他クーラーやケースなどによって変わります。


GeForce GTX 1650搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-M0B6-i5F-RFS(LEVEL∞)

level-r
価格:89,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載



GTX1650搭載モデルとしては理想的な一台となっています。CPUをCore i5-9400Fにすることで価格を抑えています。送料・税込みで10万円弱と素晴らしい価格設定です。今後キャンペーンが始まると価格がもう少し安くなるかHDDが搭載される可能性もあります。今の時点でも十分選択肢に入ると思います。

LEVEL-M0B6-i7-RFS(LEVEL∞)

level-r
価格:104,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載



LEVEL-M0B6-i7-RFSのCPUをCore i7-8700にアップグレードしたモデルです。低価格という枠組みから外れてしまうためそれほど魅力的な構成ではありません。やはりGTX1650搭載モデルでは価格を追求したいところですね。

GeForce GTX 1650はこんな方におすすめ!

管理人管理人

GTX 1650は、ライトゲーマーあるいはクリエイターの方におすすめのグラフィックボードです。Pascal世代のGTX1050Tiよりも高い性能を持っています。普段はパソコンでゲームをすることはないけどたまにすることがある方であれば十分過ぎる性能だと言えます。

Photoshopを使用したり、3D CADを使用したりとクリエイターの方にもおすすめです。Quadro製グラフィックボードよりも価格が安いため入門モデルとしてぴったりです。搭載パソコンも価格が安く税抜き8万円台から購入できるのは嬉しいですね。単体価格はまだ割高のため競合のRadeon RX 570と比較検討するのが良いと思います。もう少しラインナップが増えてくればコスパが上がるでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:Zotac GeForce GTX 1660 Twin Fan 6 GB Review(TECHPOWERUP)