rx6800top画像引用元:https://www.asrock.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 6800の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Radeon RX 6000シリーズ(Big Navi)の中で最も安価なモデルです。上位のRX 6800 XTよりも10%安く購入することができます。共通のNavi 21を採用しているということもあってパフォーマンスは気になりますね。注目のレイトレーシングの性能についても合わせて見ていきましょう。

(+) 4K解像度に対応できる性能を持っている
(+) RTX 2080 Ti/RTX 3070よりも性能が高い
(-) RTX 3070よりも価格が15%程度高い
(-) レイトレーシング性能はNVIDIAに劣る
(-) BTOパソコンのラインナップは僅少

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 6800の総合性能

rx6800seinou

Radeon RX 6800は、これまでのRX 5700 XTとは全く異なるグラフィックボードです。Big Naviと呼ばれるだけあってゲーム性能は圧巻です。RX 6800 XTよりも15%程度劣る程度です。NVIDIAのフラグシップモデルだったRTX 2080 Tiよりも5%高く、現行のRTX 3070も同じぐらい高いです。4K解像度やWQHD環境など高解像度のゲームプレイを考えている方向けです。

これまでのAMD製グラフィックボードがすべて買い替え対象となります。ついにAMD製のグラフィックボードもここまで来たかというのが正直なところです。このBig Naviが登場するまでは明らかにNVIDIA製グラフィックボードに押されていましたからね。

Radeon RX 6800の性能スペック紹介

RX 5700 XTと比較

 RX 6800RX 6800 XTRX 5700 XT
コードネームRDNA 2.0RDNA 2.0RDNA 1.0
GPUNavi 21Navi 21Navi 10
プロセス7 nm7 nm7 nm
ダイサイズ520 mm²520 mm²251 mm²
トランジスタ数268億268億103億
CUDAコア384046082560
RTコア6072-
Tensorコア---
ベースクロック1700 MHz1825 MHz1605 MHz
ブーストクロック1815 MHz2015 MHz1905 MHz
メモリ速度16Gbps16Gbps14Gbps
メモリ容量16 GB16 GB8GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ帯域幅512.0 GB/s512.0 GB/s448.0 GB/s
Infinity Cache128MB128MB×
TDP250W300W225W
公式価格$579$649$399
発売日2020/10/282020/11/182019/07/07
Radeon RX 6800は、RDNA 2.0アーキテクチャを採用したグラフィックボードです。GPUもNavi 10からNavi 20へとリニューアルされています。プロセスは7nmと共通です。Big Naviと呼ばれているだけあってトランジスタ数268億でダイサイズは520m㎡とかなり大きいです。Radeon RX 5700 XTのずばり2倍です。

Navi 21には80個のコンピュータユニットがあります。Radeon RX 6800ではその内10個が無効化されていて60個が有効となります。CUDAコアは3840基です。RX 5700 XTよりも50%多く性能に期待ができます。今回のRX 6000シリーズからRTコアが搭載されています。コンピュータユニット1基につきRTコア1基となりますので、RX 6800には60のRTコアが搭載されています。上位のRX 6800 XTになるとコンピュータユニットが12個増えて72個でCUDAコアは4608基と20%アップとなります。

RX 5700 XTよりもベースクロックが6%高く、ターボクロックは5%低いです。CUDAコアが大幅に増えているのでターボクロックが落ちていることはパフォーマンス低下にはなりません。むしろここでクロック周波数を上げてしまうと熱の問題が生じてしまいます。

ワットパフォーマンスが大幅に向上しているのがRX 6000シリーズの強みです。これはRDNAアーキテクチャになったことで実現しています。シリコンの最適化だけに留まりません。Infinity Cacheの採用が最大のポイントとなります。これによって256 bitの枠内に収めつつメモリ帯域幅のボトルネックを軽減することに繋がりました。コスト節約の要因でもあります。このInifity Cacheがダイの20%程度を占めています。

GPUメモリ容量は16GBと大容量です。RX 5700 XTの2倍となっています。高解像度でのゲームプレイを考えているなら安心感がありますね。これだけスペックが高くなっていても消費電力が250Wに抑えられているのは見事です。RX 5700 XTよりもCUDAコアが大幅に増えてかつRTコアも搭載されているにも関わらず10%程度消費電力がアップしただけに抑えられています。

RTX 3070と比較

 RX 6800RTX 3070
コードネームRDNA 2.0Ampere
GPUNavi 21GA104
プロセス7 nm8 nm
ダイサイズ520 mm²392 mm²
トランジスタ数268億174億
CUDAコア38405888
RTコア6046
Tensorコア-184
ベースクロック1700 MHz1500 MHz
ブーストクロック1815 MHz1725 MHz
メモリ速度16Gbps14Gbps
メモリ容量16 GB8 GB
メモリ規格GDDR6GDDR6
メモリ帯域幅512.0 GB/s448.0 GB/s
Infinity Cache128MB-
TDP250W220 W
公式価格$579$499
発売日2020/11/182020/09/01
競合となるGeForce RTX 3070と比較していきます。価格差は$80とRX 6800の方が少し高いです。上位のRX 6800 XTがRTX 3080の競合で$50安いことを考えると少しだけマーケティング方法が異なるようです。RTX 3070は、Ampere世代でハイクラスのグラフィックボードです。GPUにはGA104を搭載しています。プロセスは8nmでRX 6800の7nmよりも少しだけ大きいです。

ダイサイズはRX 6800の方が大きく520m㎡と、RTX 3070よりも33%程度大きいです。その分トランジスタ数が268億とRTX 3070よりも53%多いです。CUDAコアについてはRTX 3070の方が50%以上多いです。RTコアはRX 6800が60に対してRTX 3070では46と23%少ないです。TensorコアはRTX 3070でのみ採用されています。

クロック周波数は、ベースクロックもブーストクロックもRX 6800の方がそれぞれ13%・5%高いです。RX 6000シリーズのパフォーマンスには期待が持てる。メモリ速度はRX 6800の方が早く、メモリ容量も倍の16GBとなっています。高解像度でのゲームプレイをターゲットにしていてそれに見合う容量だと言えます。Infinity CacheはL3キャッシュのような役割を持ちメモリ帯域幅をカバーすることができます。

消費電力は250WとこれまでのRadeonシリーズを考えると省電力性が高くなっていることがわかります。RTX 3070は、220Wと14%程度省電力です。性能差を考えるとどちらも妥当な水準だと思います。

Radeon RX 6800ってどんなグラフィックボード?

絶妙な価格設定で競合を圧倒する

RTX 3070よりも$80高い価格となっているのは興味深いですね。RTX 3070と比較した際に多少価格が高くても性能の高いRX 6800を選択したいと思うゲーマーの方も多いかもしれません。ハイエンドモデルは少しの差が大きな差を生み出すことになるからです。

RX 6800 XTやRTX 3080よりも価格を抑えた上で4K解像度でのゲーム適性が高くなります。最大10%程度のパフォーマンス向上を見込むことができます。$1当たりのパフォーマンスではRTX 3070の方が有利ですが、純粋な性能ではRX 6800が上回ります。

レイトレーシング性能は競合よりワンランク落ちる

通常のゲーミング性能はRX 6800の方が高いことはすでに見てきたとおりです。一方で、レイトレーシングなど最新の機能を考慮するとRTX 3070の方が優れています。RTX 20シリーズから第2世代に突入したNVIDIAのレイトレーシングはより洗練されている印象です。

今後レイトレーシングに対応したタイトルが増えてくるでしょう。そうなると性能だけを見るのは好ましくないかもしれません。また、DLSSといったディープラーニングなどの最新機能も利用できません。これらの機能の搭載が遅れたことで結果的に少し劣ってしまう形になってしまいました。

搭載BTOパソコンのラインナップがほとんどない

RX 6800は性能の高いグラフィックボードで注目度が高いです。しかしながら、BTOメーカーではそれほど取り扱いが多いわけではありません。パソコン工房・フロンティア・TSUKUMOぐらいで種類は少ないです。RTX 3070搭載モデルが各BTOメーカーから販売されていることを考えると不利な状況です。

対象的にRTX 3070は各メーカーが力を入れていて種類も豊富です。ユーザーからすると選びやすく、しかも競合が多いため価格が抑えられているというメリットがあります。現時点でRX 6800搭載モデルは価格も高くコストパフォーマンスは高くありません。

Radeon RX 6800搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境、WQHD環境、4K環境の3つのパターンでのfpsをまとめています。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

Assassinscreedrx6800-Assasin’s Creed Odyssey

FULL HD環境ではRadeon RX 6800が、RX 6800 XTを超えるスコアを出しています。WQHD環境以上では13%-15%程度RX 6800 XTの方がフレームレートが高いです。RTX 3070との差は3%-13となっています。価格差を考えると少し物足りないかもしれませんが、十分ゲーミング性能が上回っています。RX 5700 XTと比べると最大50%程度パフォーマンスが向上していてBig Naviにふさわしい結果だと思います。

Far Cry 5

farcry5rx6800-Far Cry 5

FULL HD環境及びWQHD環境ではRTX 3070よりも14%程度劣っています。4K解像度になると、RX 6800の方が18%フレームレートが高いです。高解像度をターゲットにしているグラフィックボードなので魅力的ですね。FULL HD環境ではスコアが低くなっているのは上位のRX 6800 XTでも同様でやや最適化が進んでいないのかもしれません。

Hitman 2

hitmangtx1050tirx6800-hitman2

Hitman 2ではRX 6800 XTがトップで、RX 6800は三番目となっています。RTX 3070との差は比較的大きく12%-16%フレームレートが高いです。4K解像度でも71.2fpsと快適にゲームを楽しめる数値だと言えます。RTX 3070よりも優位性が高いです。RX 5700 XTよりも65%程度フレームレートが高く待った甲斐がありますね。

Borderland 3

Boarderland 3rx6800-Borderland 3

Boarderland 3ではNVIDIA製のグラフィックボードが上位を占めています。RX 6800は、RTX 3070よりも4%-14%低いです。4K解像度では僅差となっています。FULL HD環境ではRadenⅦやRX 5700 XTと同程度ですが、高解像度になると差が大きくなります。

Metro Exodus

Metro Exodusrx6800-Metro Exodus

Metro ExodusではレイトレーシングをONにしたときとOFFにしたときのフレームレートをまとめています。通常時はRX 6800が、RTX 3070を上回っています。3%-9%程度です。レイトレーシングをオンにするとFULL HD環境以外ではRTX 3070を大きく下回ります。RTX 3070と比べて最大18%の差があります。4K解像度においては、50%近くパフォーマンスが低下してしまっています。

Radeon RX 6800の消費電力&発熱

消費電力

rx6800-watt

消費電力は今回のRX 6800の注目すべきポイントの一つです。RadeonⅦより大幅に省電力性が高くなっていて、Radeon RX 5700 XTと同水準です。RTX 3070と比べても見劣りしませんね。これはInfinity Cache搭載によってメモリ周りで消費電力を抑えられることとコンピュータユニット単位でワットパフォーマンスが向上したことによるものです。

温度

rx 6800-temp

RX 6800はしっかりと温度が抑えられていることがわかります。アイドル時は38℃とかなり低い水準です。高負荷時でも79℃と性能を考えると納得できると思います。RX 5700 XTであh最大91℃となっていますので、はっきりとした差がありますね。


Radeon RX 6800搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-R049-iX7K-DWXH(パソコン工房)

level-r価格:187,980円
CPU:Core i7-10700K
GPU:Radeon RX 6800
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB



RX 6800×i7-10700K搭載のゲーミングPCです。4K解像度でのゲーム適性が高いです。CPUには8コア16スレッドのCore i7-10700Kを搭載しています。性能が高いCPUでRX 6800との相性が良いですね。動画編集や画像編集などでも通用するモデルだと言えます。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと構成も充実しています。ダブルストレージ採用も魅力的です。

FRGAB550/68/NTK(フロンティア)

FRGAH370FM7価格:199,800円
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:Radeon RX 6800
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:1TB



RX 6800×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCです。AMD製パーツで揃えたモデルとなっています。Ryzen 5 5600Xは、第4世代RyzenシリーズのCPUでゲーム適性が大きく向上しています。クロック周波数も高く幅広い用途に対応することができます。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 1TBと構成も充実しています。在庫僅少のため売り切れ前にチェックしておきたいですね。

G-GEAR GA7A-W204/XT2(TSUKUMO)

G-GEAR GA5J-C201T価格:206,980円
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:Radeon RX 6800
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載



CPUにRyzen 7 5800Xを搭載しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイに十分対応できます。RX 6800に合わせるCPUとしてふさわしいです。4K解像度やWQHD環境でのゲームプレイを考えている方におすすめです。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も十分でしょう。必要に応じてHDDを追加すると良いと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Radeon RX 6800の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。RX 6800は、ゲーム性能の高いグラフィックボードで4K解像度にも対応できるポテンシャルを持っています。NVIDIA製のRTX 3070よりも価格は高いですが、ゲーム性能も引き上げられています。RX 5000シリーズからの買い替えもメリットがあります。レイトレーシング性能を追求するならNVIDIA製モデルに比べて劣ってしまいます。

搭載BTOパソコンはそれほど多くなく選択肢は限られています。同等の性能を持つRTX 3070搭載モデルのラインナップが豊富なことを考えると残念ですね。各BTOメーカーとしてはRTX 3070よりも価格が高いということもあって扱いづらいのかもしれません。今後ラインナップが増えてくるとゲーマーの方にとっても好ましい状況となりますね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume