epsontop

管理人管理人

当ページでは、BTOメーカーであるEPSON(エプソン)の評判を解説しています。エプソンはコピー機やプリンターを販売している電子機器メーカーという印象が強いかもしれません。しかし、実は昔からBTOパソコンの販売もしている老舗のブランドです。法人・個人事業主の方から支持されている面もあります。カスタマイズの自由度が高く、CPU・グラフィックボード・メモリ・ストレージと豊富な選択肢があります。価格は高めですがこだわりのラインナップとなっていますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

EPSON(エプソン)ってどんな会社?

epsonkigyou画像引用元:https://www.shushoku.yamagata.jp/

EPSON(エプソン)の正式名称は、セイコーエプソン株式会社です。パソコンやプリンターなどのパソコン関連の製造以外にも腕時計なども取り扱っています。日本の大手メーカーとしてBTOパソコンを取り扱う貴重な会社だと言えます。パソコン事業から撤退しているメーカーも多いので国産にこだわりのある方は必見です。

セイコーと聞くと時計メーカーのセイコーが頭に浮かびますよね。実はエプソンの創業者は、服部時計店(セイコーホールディングス)で働いていた山崎久夫氏です。このような背景と会社名からエプソンがセイコーホールディングスの子会社と誤解されがちですが、これは事実ではなく別の独立した法人です。

EPSON(エプソン)を選ぶ三つの理由

管理人管理人

数あるBTOメーカーの中で、多くのユーザーはどうしてEPSONのパソコンを選ぶのかその理由についてまとめています。どのメーカーで購入しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

日本品質&国内生産で信頼性が高い

エプソンのパソコンは全て国内生産(TN21Eを除く)で日本品質となっています。当然CPUやグラフィックボードなどのパーツは海外製となるものの、生産を国内で行っているということで品質の担保が行われていると言えます。その点において質の高いパソコンを提供することができるというわけです。

具体的には、堅牢性を担保するために振動試験や落下試験を行っていたり、パソコンのクーリングシステムにこだわり発熱のコントロールが万全だったりと徹底された管理が行われています。パソコンの梱包にもこだわっていてダンボールの形状や発泡スチロールなども厳選しています。歴史も古く長く使用できるパソコンを購入したいという方必見です。

豊富なラインナップでクリエイター向けのパソコンも充実

パソコンのラインナップが豊富で用途に合わせて選択することができます。例えば、デスクトップパソコンでは、ハイエンドミドルタワー・ミニタワー・省スペースデスクトップ・ウルトラコンパクトモデルと4種類から選べます。

ノートパソコンについては、15.6型のハイエンドノート&スタンダートノート、13.3型モバイルノートから選ぶことが可能です。それぞれのモデルについてカスタマイズができますので、自分好みのモデルに仕上げられます。CPUやグラフィックボードのカスタマイズができるのは魅力的ですね。

クリエイター向けパソコンが充実しているのも特徴です。Autodesk maya、AutoCAD、SOLIDWORKSなどのCAD向けモデルから、3DCG制作、イラスト・マンガ制作、RAW現像・レタッチ推奨モデルが揃っています。グラフィックボードもGeForceだけではなくQuadroもラインナップにあるのはさすがです。

サポートが手厚く初心者の方でも安心

サポートの手厚さはさすが国内メーカーだと言えます。最長6年の保守サービスを選択できたり、1日修理(最短翌日納品)に対応していたりと他のメーカーにはないサポートを提供。ほとんどのメーカーが3年までの保証となっている中、最長6年間と非常に長い保証期間が設定されています。一つの製品を長く使用する方が業務効率も良くなりますし、個人の方にとっても買い替えの手間を省けたりとメリットがあります。

1日修理では土日も対応していて万が一の時でもブランクができるだけ小さくなる工夫がされています。また、テクニカルサポートについても土日対応となっています。サポートがあってもなかなか電話が繋がらないということもほとんどなく安心して使用できると思います。特に仕事でパソコンを使っている方にとってはパソコンが使えない期間が多くなると損失も大きいですよね。

>>EPSON(エプソン)の公式HP<<

EPSON(エプソン)のマイナス面

管理人管理人

次の項目でまとめているデメリット(マイナス面)と合わせて読んでいただけるとより良い選択ができると思います。極端な話、メリットだけであれば公式サイトを見ればだいたい把握することができますね。

BTOメーカーとしてはかなり価格が高い

BTOパソコンのメリットとして価格が安いことが第一に挙げられるでしょう。ただ、エプソンのパソコンに関してはこれは当てはまらず非常に割高な印象を受けます。他のメーカーなら10万円以下で購入できるパソコンでも普通に15万円ぐらいの設定がされていることもあります。何に対してそのようなプレミアムが付与されているのかを考えてみました。それは国内生産であることとサポート面にコストが掛かっているからと言えます。

たしかに国際生産でサポートも充実しているということは強みになりますが、BTOパソコンとしてのメリットが消されてしまっては本末転倒だと思います。そもそも他のBTOメーカーでも品質は高いですので、そこは理解しておきましょう。絶対に国産のものじゃないと嫌だとかサポートを重視するという方以外にはおすすめできません。

最新パーツ導入までやや時間が掛かる

CPUやグラフィックボードなどについて新しいパーツが出ても搭載モデルが出るまでに時間が掛かってしまうデメリットがあります。今だと第九世代CPUやRTX20シリーズが登場していますが、一世代前のパーツが採用されています。

第八世代CPUおよびGTX10シリーズが主流です。当然新しいパーツの方が高性能なので、できるだけ新しいパーツが採用されたモデルを選択したいですね。もし待てるのであれば新モデルが出るのを待つか他のメーカーから購入しましょう。

EPSON(エプソン)のラインナップ

デスクトップPC

epsondesklineup

  • Pro9100
  • Pro9050a
  • MR8400
  • MR5000
  • AT997-2
  • SG100E
  • ST200E
  • AT20
  • ST50

豊富な種類を持っていて用途に合わせて選択できます。右に行けば行くほど本体が大きく拡張性が高くなります。

ノートPC

epsonnotelineup

  • NJ7500E
  • NJ4400E-2
  • NL1000E
  • NA521E-2
  • NA710E

ノートパソコンは全部で五種類あります。持ち運びがメインなら左の二機種がおすすめです。右側は15.6インチでオフィス内での作業に適しています。もちろんサイズ的には持ち運びにも対応できます。

EPSON(エプソン)のおすすめPC

EPSONのBTOパソコンはカスタマイズの幅が広くなっています。例えば、次に紹介している「Endeavor MR8400」の場合CPUだけではなく、グラフィックス・電源・メモリ・ストレージ(6基)・光学ドライブ・マルチカードリーダー・無線LAN機能・電源コード・拡張インターフェースなどかなり細かく変更できます。Endeavor ST50では電源ボタンの延長が行えるなどユーザーのニーズにしっかりと応えています。エプソンに言わせると4億通りのBTOが実現しているということです。

Endeavor SG100E

Endeavor SG100E価格:135,300円(送料・税込)
CPU:Core i3-10100T
GPU:UHDグラフィックス630
メモリ:DDR4-3200 8GB
ストレージ:HDD 1TB

公式
超コンパクトなPCケースを採用したモデルです。CPUにはIntel第十世代のCore i3-10100Tを搭載しています。省電力性に長けたCPUです。コンパクトなケースでは発熱が問題となりますのでTシリーズの搭載は理にかなっています。メモリ8GB、HDD 1TBという構成です。2基目のストレージを追加することもできます。カスタマイズの自由度は高いです。

Endeavor MR8400

Endeavor MR8300価格:130,900円(送料・税込)
CPU:Core i3-12100
GPU:UHDグラフィックス730
メモリ:DDR4-3200 8GB
ストレージ:HDD 1TB

公式
特徴的なデザインが魅力です。HDDフロントアクセス対応モデルを選択すればストレージ交換が簡単に行なえます。業務で使うなどストレージを交換する機会がある方におすすめです。基本構成はCore i3-12100、メモリ8GB、HDD 1TBとなっています。用途に合わせて細かくカスタマイズができます。CPUのアップグレードやグラフィックボードの搭載も可能です。SSDを搭載すればパソコンの起動やアプリケーションの動作が快適になります。DVD-ROMドライブ標準搭載です。

Endeavor NA521E-2

endeavor価格:158,400円(送料・税込)
CPU:Core i3-1115G4
GPU:UHDグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 4GB
ストレージ:SSD 128GB

公式
13.3インチの高性能ノートパソコンです。CPUにはIntel第十一世代のCore i3-1115G4を採用しています。ネットサーフィン・動画視聴・オフィス使用に適しています。動画編集をしたり、負荷の高いアプリケーションを使う予定のある方はCore i5-1135G7以上のCPUを選択すると良いですね。Core i5-1135G7なら+6,000円とカスタマイズ費用も安いと思います。Core i7になると+15,000円です。

メモリ4GB、SSD 128GBと最低限必要な構成となっています。メモリのカスタマイズは必須でしょう。4GBではやや物足りないと思います。WEBブラウジングでもメモリの消費は激しく最低でも8GBは必要です。約1.1kgの軽量ボディに約10時間のバッテリー駆動で持ち運びにも適していると言えます。サポート面など総合的に判断すれば選択するメリットはあると言えます。

>>EPSON(エプソン)の公式HP<<

EPSON(エプソン)の口コミ

良い口コミ

管理人管理人

簡単にメモリやドライブの交換ができるのはメリットですね。ただし、パーツを交換すると保証の対象外となってしまうこともあるのでそこを理解した上で実施しましょう。ユーザーからの要望を取り入れてそれをパソコン本体にどんどん取り入れる姿勢は評価できますね。

イマイチな口コミ

管理人管理人

当サイトを見られている方でもエプソンがBTOパソコンを販売しているということを知らないでしょう。プリンターやコピー機メーカーとしての知名度が高すぎますね。腕時計などの製造も行っていてこれはすでに書いた通り創業者がセイコーの元従業員だったということも関係しています。

各種情報まとめ

支払い方法

支払い方法は、代金引換、銀行振り込み、コンビニ振り込み、クレジットカード、ショッピングクレジットです。代金引換は手数料が無料となっています。ただし、30万円を超える場合は代金引換及びコンビニ払いができません。

おすすめの支払い方法はやはりクレジットカードですね。VISA/AMEX/JCBと主要な国際ブランドに対応しています。高額な買い物なので貯まるポイントも多くなります。還元率の高いカードを持っている方は積極的に活用したいですね。また、ショッピングクレジットも分割払いで購入できるのでおすすめです。手元から一気に現金をなくしたくないという方必見です。

保証

保証制度はBTOメーカートップクラスの内容となっています。基本保証は1年間で、修理代金・配送料(1年間無償お引取りサービス)・部品代が無償となります。土曜日・日曜日を含めて最短1日修理に対応していますので、修理完了から納品までがスポーディーです。パソコンを使えない期間が短いというのもエプソンならではのメリットです。なお、部品代に関しては3年間まで無償です。(修理代金+配送料は必要)

定額保守サービス(延長保証)

定額保守サービスを選択すれば最長6年間まで保証を受けられます。パソコンの償却期間が6年間と定められていることを考えると合理的です。訪問修理を選択すれば自宅まで技術者が来てその場で修理をしてくれます。

安心プラス保証

水漏れや落下などによる物理的破損も修理の対象となります。最長6年まで加入することができますので、長く使い続けることができますね。費用も800円~(デスクトップ)、2,000円(ノートパソコン)とリーズナブルです。

>>EPSON(エプソン)の公式HP<<

セイコーエプソン株式会社の企業・店舗情報

ショップ名EPSON(エプソン)
企業名セイコーエプソン株式会社
設立1942年05月
資本金532億400万円

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等