raytrekmx公式

管理人管理人

当ページでは、ドスパラの「raytrek MV」のレビューと口コミ情報を紹介しています。ドスパラのクリエイター部門No.2のモデルです。CPUにはCore i7-12700を、グラフィックスにはRTX 3060を搭載しています。ミドルクラスとして魅力的な一台です。

クリエイターモデルとしては珍しくミニタワーケースを採用していて置き場所にも困りません。現在円安の影響もあってパソコンの価格が不安定な状況なので定期的に確認しておくと良いと思います。当サイトの評価も参考にしてくださいね。

(+) ドスパラの売れ筋ランキングNo.2モデル
(+) 高性能なCPU・GPUを搭載した一台
(+) ミニタワーケースを採用
(-) 価格がやや不安定
(-) ケースデザインはややふるさを感じる

raytrek MVのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
raytrek MVは様々な用途に対応できるモデルとなっています。おすすめの用途としては、動画編集・動画投稿(エンコード)・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMなどです。クリエイターモデルなので当然クリエイター作業が中心となるでしょう。グラフィックスにRTX 3060を搭載していて、ゲームプレイやゲーム実況にも対応可能です。デュアル環境構築・動画視聴など「☆」マークの用途についてはオーバースペック気味です。これらの用途に関してはより安価なモデルでも対応できます。

raytrek MVのスペック

メーカーサードウェーブ
型番raytrek MV
価格184,980円(税込)
CPUCore i7-12700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSD500GB NVMe
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードB660
光学ドライブDVDスーパーマルチ
カードリーダー×
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
raytrek MVはサードウェーブ(ドスパラ)が販売するクリエイターPCです。価格は税込184,980円です。送料3,300円を含めるとトータル費用は188,280円です。CPUはIntel第十二世代のCore i7-12700を搭載しています。グラフィックボードはAmpere世代のミドルクラスであるRTX 3060を搭載しています。人気のある組み合わせだと言えます。

メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB NVMeという構成です。電源ユニットは550W BRONZEです。マザーボードのチップセットはB660です。光学ドライブが標準搭載です。カードリーダーは非搭載でカスタマイズでも追加不可です。おすすめ度は★七つです。評価としては平均よりも高いです。

raytrek MVのおすすめカスタマイズ

電源 ★★☆☆☆

raytrek MVdengen

電源ユニットは人気のあるカスタマイズ項目の一つです。+7,000円で850W GOLDへアップグレードできます。raytrek MVの性能を考えるとここまでのスペックの電源は不要ですが、将来的にCPUやグラフィックボードの換装を考えているなら候補に入れても良いかもしれません。raytrek MVでの優先度はそれほど高くありません。

ハードディスク/SSD ★★★☆☆

raytrek MVhdd

ストレージ容量を増やしたいなら2TBのHDDの追加がおすすめです。SSDを追加するよりも価格が抑えられますね。SSD 500GBとHDD 2TBのデュアルストレージなら必要十分だと思います。HDD 1TBのカスタマイズがなくなってしまったのは残念です。

>>raytrek MVを購入<<

raytrek MVの性能

Core i7-12700

i7-12700benchmark

Core i7-12700は、Intel第十二世代の高パフォーマンスモデルです。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く負荷の掛かる作業にも対応可能です。ハイブリッドコアアーキテクチャになって大きく性能が伸びました。従来モデルのCore i7-11700よりも70%近くも処理性能が向上しています。競合モデルであるRyzen 7 5800Xよりも25%以上も性能が高くRyzen 9 5900Xを上回るほどです。動画編集・エンコード・ゲーム実況などの作業を得意としています。ゲーミングCPUとしての評価も高いですね。

GeForce RTX 3060

rtx3060benchmark202211

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードです。性能と価格のバランスが良くもっとも人気の高いモデルと言っても過言ではありません。動画編集や動画のエンコードにぴったりです。FULL HD環境でのゲームプレイを考えている方にも最適です。

従来モデルのRTX 2060よりも9%程度処理性能が高くなっています。その上位モデルであるRTX 2060 Superと同等の性能を持っています。レイトレーシング性能については世代が変わって大きく伸びています。競合モデルであるRX 6600 XTと同等のパフォーマンスを期待できます。

>>raytrek MVを購入<<

raytrek MVを選ぶ3つの理由

ドスパラの売れ筋ランキングNo.2モデルだから

raytrekmvranking
raytrek MVは、ドスパラのクリエイター部門でランキング二位のモデルです。国内大手のドスパラの人気モデルということもあって注目度が高いです。同じドスパラの一位や三位のモデルよりも価格が安く選びやすいです。

どのクリエイターモデルを購入すれば良いのか悩んでしまう方は売れ筋モデルであるこのraytrek MVを基準にしてみると良いでしょう。各BTOメーカーのランキングは参考になる部分が大きいです。コストパフォーマンスに優れたモデルが選ばれることが多いですね。

高性能なCPU・GPUを搭載しているから

raytrek MVを選ぶ理由としては、高性能なCPU及びGPUを搭載していることが挙げられます。CPUのCore i7-12700は、Intel第十二世代CPUの中でも人気の高いモデルでクリエイターPCに適しています。12コア20スレッドと従来モデルのCore i7-11700(8コア16)よりもスペックが大幅に引き上げられています。まさにクリエイターのためのCPUだと言えますね。

Intel製CPUになって第十二世代になって性能が高くなったことで、Core i5シリーズが選択されることが増えて意外とCore i7-12700を搭載したモデルは珍しいです。グラフィックスにもAmpere世代で人気の高いGeForce RTX 3060を搭載しています。60番台のグラフィックボードはオーバースペックになりづらく初心者の方にも扱いやすいです。動画編集・動画エンコード・WEBデザインなどでGPUを活かせます。CPUだけよりも大幅に高いパフォーマンスを発揮します。

ミニタワーケース採用で使い勝手が良いから

raytrek MVはPCケースにミニタワーケースを採用しています。多くのクリエイターモデルがミドルタワーを採用している中で、ミニタワーケース採用は特徴の一つだと言えます。ケースが小さいことでスペースが限られている方や部屋の雰囲気を損ないたくない方にもおすすめしやすいです。

もちろんミニタワーケースとは言っても最低限の排熱性能や拡張性は担保されています。ベイは、5インチベイ×2、3.5インチベイ×2、3.5シャドウベイ×2と必要十分でしょう。ある程度の将来性もあると考えて間違いありません。

raytrek MVの弱み

価格がやや上昇傾向にある

raytrek MVを含めてほとんどのパソコンの価格が上昇傾向にあります。半導体不足と円安の影響を受けているので仕方がないですね。Core i7-12700×RTX 3060搭載モデルで税込184,980円はやや高めと言えるかもしれませんが、現在の市場的には相場より安めです。

年末年始に掛けて価格が下がることを期待したいですね。購入検討中の方は各BTOメーカーの価格をチェックしておくと良いと思います。価格チェックが面倒な方は当サイト「BTOパソコンマガジン」の情報を確認してくださいね。

ケースデザインにクリエイターPCらしさがない

raytrek Mシリーズで採用されているケースデザインはクリエイターPCらしさがあるものではありません。ミドルタワーのraytrek Xシリーズの方がよりデザイン性が高いです。ミニタワーケースは、シンプルなデザインでビジネスモデルと言ってもしっくり来ます。

長らくリニューアルされておらず古さを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。もちろんデザインが性能に影響を与えるわけではありませんが、仕事のモチベーションには影響を与えるかもしれません。

>>raytrek MVを購入<<

他のraytrekシリーズとの比較

製品名raytrek MVraytrek XFraytrek XD
ランキング第二位第一位第三位
画像raytrekmxraytrekraytrek
ケースミニミドルミドル
価格184,980円(税込)259,980円(税込)224,980円(税込)
送料3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)
CPUCore i7-12700Core i7-12700Core i7-12700
GPURTX 3060RTX 3070RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSD500GB NVMe1TB NVMe1TB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載
電源550W BRONZE750W GOLD650W BRONZE
チップセットB660H670H670
光学ドライブDVDスーパーマルチDVDスーパーマルチDVDスーパーマルチ
カードリーダー×
公式公式公式公式
他のraytrekシリーズと比較していきます。raytrek XFはクリエイター部門のNo.1モデルです。価格差は85,000円とかなり大きいですね。ミドルタワーケースを採用しています。グラフィックスがRTX 3070へとツーランク高くなります。メモリ・SSDそれぞれ倍増となります。電源ユニットも750W GOLDと大容量・高規格のものが採用されています。チップセットはH670です。光学ドライブ及びカードリーダーが標準搭載です。

raytrek XDは第三位のモデルです。価格差は40,000円です。こちらもミドルタワーケースを採用しています。CPUはCore i7-12700と共通です。グラフィックスはワンランク上のRTX 3060 Tiが選択されています。メモリ16GB、SSD 1TBという構成です。ストレージ容量が倍増です。電源ユニットは650W BRONZEと容量が増えています。チップセットはH670です。光学ドライブ・カードリーダーが標準搭載です。raytrek MVの魅力はやはり手頃な価格にありますね。上位モデルになると一気に価格が高くなってしまいます。

STYLE-M06M-127-RBXとの比較

ブランドドスパラパソコン工房
画像raytrekmx
製品名raytrek MVSTYLE-M06M-127-RBX
価格184,980円(税込)206,800円(税込)
送料3,300円(税込)2,200円(税込)
CPUCore i7-12700Core i7-12700
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD500GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE700W BRONZE
光学ドライブDVDスーパーマルチDVDスーパーマルチ
カードリーダー××
公式公式公式
同性能帯のクリエイターPCである「STYLE-M06M-127-RBX」と比較していきます。価格差は21,820円でSTYLE-M06M-127-RBXの方が少し高いです。送料の差を含めると価格差は20,820円です。CPU・GPU・メモリ・ストレージは共通です。電源ユニットは700W BRONZEとSTYLE-M06M-127-RBXの方が少し容量が多いです。STYLE-M06M-127-RBXの方がも光学ドライブを搭載しています。基本的には同じモデルでブランドが異なるだけです。これなら単純に価格の安いraytrek MVを選ぶ方が良いでしょう。

raytrek MVのケースレビュー

正面

raytrekmx
オーソドックスなケースデザインです。長らく変更されていませんが、可もなく不可もなくといったところでしょう。I/Oパネルも全面にまとめられています。

前後

raytrek MXzengo
一般的なミニタワーケースだといえます。全面には光学ドライブが搭載されています。中央部分にI/Oパネルがあって、下部に電源ボタンなどが配置されています。本体後部には電源ケーブル接続部分などがあります。

右側面

raytrek MXright
本体右側には何もなくシンプルです。

左側面

raytrek MXleft
本体左側面には吸気口が設けられています。グラフィックボード搭載モデルでも安心です。エアフローも考えられています。

左側面内部

raytrek MXinside
本体な部はすっきりしています。最低限の拡張性は担保されています。初期構成のSSD以外に二つのHDDを搭載できます。

>>raytrek MVを購入<<

raytrek MVの口コミまとめ

Twitter

公式サイト

現在公式サイトの口コミを収集中です。

>>raytrek MVを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

raytrek MVのレビュー&口コミについて紹介しました。サードウェーブのクリエイター部門No.2の人気モデルです。クリエイターPCとしては珍しいミニタワーケースを採用しています。Core i7-12700×RTX 3060の組み合わせでミドルクラスのモデルです。動画編集・動画投稿(エンコード)・WEBデザインなどの用途に適しています。グラフィックボードを搭載しているのでより効率的に作業を行えます。円安の影響を受けていてパソコンの価格が全体的に高くなっています。購入のタイミングが難しい状況ですので、しっかり情報収集をしてくださいね。口コミ数はまだそれほど多くありませんが、内容自体は上々です。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等