nvidisartxa4000画像引用元:https://www.elsa-jp.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「NVIDIA RTX A4000の性能スペック&ベンチマーク」を解説しています。Quadro RTX 4000の後継モデルです。Ampere世代になってプロセスが微細化されてより他界パフォーマンスを発揮します。今世代から製品名から”Quadro”の文字は消えてしまいましたが、ターゲット層は同じです。

つまり、VR開発・3D CAD・GPUレンダリングなどの用途を考えている設計者やプロダクトデザイナーの方です。ラインナップ的にはミドルクラス~ミドルエンドクラスに属しています。NVIDIA RTX 5000やNVIDIA RTX 6000になると価格が跳ね上がってしまいますので、比較的手頃なこのNVIDIA A4000は多くのクリエイターの方から支持されています。

(+) Quadro P4000よりも20%処理性能が向上している
(+) シングルスロットで省スペース性に長けている
(+) 省電力性が高い
(-) 税込15万円前後とGeForceに比べると高価

NVIDIA RTX A4000の基本スペック

Quadro RTX 4000と比較

 NVIDIA RTX A4000Quadro RTX4000
コードネームAmpereTuring
GPUGA104TU104
プロセス8nm12nm
トランジスタ数174億136億
ダイサイズ392 mm²545 mm²
SM数4836
CUDAコア61442304
RTコア4836
Tensorコア192288
ベースクロック735 MHz1005 MHz
ブーストクロック1560 MHz1545 MHz
GPUメモリGDDR6 16GBGDDR6 8GB
メモリクロック14 Gbps13 Gbps
メモリバス256 bit256 bit
メモリ帯域幅448.0 GB/s416.0 GB/s
FP3219.2 TFLOPS7.1 TFLOPS
RTコア性能37.4 TFLOPS-
Tensor性能153.4 TFLOPS-
TDP140W160W
公式価格$1,000$900
発売日2021/04/122018/11/13
従来モデルのQuadro RTX 4000とスペックを比較していきます。NVIDIA RTX A4000は、Ampere世代のグラフィックボードです。GPUはGA104となっています。プロセスが12nmから8nmへと微細化されています。パワー効率の向上及び省電力性の向上を見込めます。トランジスタ数が28%増えているにも関わらずダイサイズは28%小さくなりました。より魅力的なアーキテクチャとなったということですね。

SM数は36から48に増えています。CUDAコアは2.6倍以上で6144となります。RTコアは34%増えて、Tensorコアは33%減っています。それでも第二世代・第三世代になったRTコア及びTensorコアはより高みを目指せます。スペック以上の性能差があるという認識で良いでしょう。ベースクロックは26%低く、ブーストクロックは1%高いです。

GPUメモリはGDDR6 16GBとQuadro RTX 4000から倍増です。より頼もしいグラフィックボードになったと言えます。メモリクロックも少し速くなってメモリ帯域幅が448.0 GB/sへと7%アップです。メモリバスは256 bitと共通です。FP32の数値は2.7倍です。これだけスペックが引き上げられていてもTDPはQuadro RTX 4000よりも20%低く140Wとなっています。価格は$100アップです。

RTX 3070 Tiと比較

 NVIDIA RTX A4000GeForce RTX 3070 Ti
コードネームAmpereAmpere
GPUGA104GA104
プロセス8nm8nm
トランジスタ数174億174億
ダイサイズ392 mm²392 mm²
SM数4848
CUDAコア61446144
RTコア4848
Tensorコア192192
ベースクロック735 MHz1575 MHz
ブーストクロック1560 MHz1770 MHz
GPUメモリGDDR6 16GBGDDR6X 8GB
メモリクロック14 Gbps19 Gbps
メモリバス256 bit256 bit
メモリ帯域幅448.0 GB/s608.3 GB/s
FP3219.2 TFLOPS21.75 TFLOPS
TDP140W290W
公式価格$1,000
(138,599円)
$599
(92,800円)
発売日2021/04/122021/06/10
NVIDIA RTX A4000は、GeForce RTX 3070 Tiと同じGA104を搭載したグラフィックボードです。スペックも共通点が多いです。プロセス・トランジスタ数・ダイサイズ・CUDAコア・RTコア・Tensorコアはすべて同じです。一方で、クロック周波数とメモリ周りは異なる点が多いです。ベースクロックはRTX 3070 Tiの方が210%高く、ブーストクロックもRTX 3070 Tiの方が13%高いです。

NVIDIA RTX A4000のGPUメモリはGDDR6ですが、RTX 3070 TiはGDDR6Xを採用しています。メモリ容量についてはNVIDIA RTX A4000の方が多いです。メモリクロックはRTX 3070 Tiの方が36%速く19 Gbpsとなっています。メモリバスはどちらも256 bitです。メモリ帯域幅はRTX 3070 Tiの方が36%も広く608.3 GB/sとなります。容量こそNVIDIA RTX A4000の方が多いですが、メモリ周りのスペックはRTX 3070 Tiが圧倒しています。

FP32はRTX 3070 Tiの方が13%程度高いです。クロック周波数が高いこととメモリ周りが強いことから当然の結果だと思います。TDPはNVIDIA RTX A4000の方が52%低く140Wとなっています。価格差は$401でかなり大きいです。実売価格ではおよそ45,000円の差があります。

NVIDIA RTX A4000ってどんなグラフィックボード?

従来モデルのQuadro RTX 4000よりも20%以上性能が高い

NVIDIARTXA4000benchmark

NVIDIA RTX A4000は、Ampere世代になって順当な進化を果たしています。従来モデルのQuadro RTX 4000よりも23%程度パフォーマンスが向上しています。ミドルエンドクラスのモデルとして納得できる性能だと言えます。GeForce製グラフィックボードで言えば、RTX 3060 Tiに近い処理性能を持っているということです。

もちろんGeForceとNVIDIA RTXシリーズではターゲットが異なりますので、この性能比較はあくまで参考程度に留めておいてください。例えば、NVIDIA RTX A4000はGPUメモリ容量が16GBとRTX 3060 TiやRTX 3070の8GBの倍増です。GPUメモリ容量が重要視される用途に最適ですね。ゲームプレイであればGeForceが圧倒的に有利です。

省電力性・省スペース性に優れたモデル

NVIDIA RTX A4000は省電力性・省スペース性に優れたグラフィックボードとなっています。ゲーム向けのGeForce製グラフィックボードが世代を重ねるごとに消費電力が増えてそして大きくなっていることを考えると強みになります。上位モデルになるとサポートがないとグラフィックボードの重さに耐えられなくなるほどです。性能を高めることの代償ですね。

NVIDIA RTX A4000は、消費電力がかなり抑えられていて電源ユニットも上位モデルを選択する必要がありません。ただし、ファンが1つしかないタイプで負荷が掛かるとファンの音が大きくなる傾向にあります。その点については注意しておきましょう。また、当該モデルは1スロットでコンパクトなのでミニタワーやキューブ型のケースにも容易に搭載可能です。

搭載クリエイターPCは税込30万円台~

搭載クリエイターPCは税込30万円台からと高価です。性能で上回るRTX 3070 Ti搭載モデルが30万円以下で購入できることを考えると割高ですね。ゲーム性能で同等のRTX 3060 Tiなら税込20万円以下で購入できます。もっとも単体のグラフィックボードに価格差があるため妥当な価格設定だと言えます。

システムに投資ができるプロフェッショナル向けですね。NVIDIA RTX Aシリーズが得意としているアプリケーションを使用している方であれば選ぶメリットがあります。しかしながら、ゲームプレイなどをメインに考えているならGeForce RTX 3070 Ti搭載モデルかより安価なRTX 3060 Ti搭載モデルを選択しましょう。

NVIDIA RTX A4000のベンチマーク一覧(3Dアプリ編)

Chaos Group V-Ray

Chaos Group V-Rayrtxa4000-Chaos Group V-Ray

Chaos Group V-Rayは、多くのクリエイターによって使用されているレンダリングソフトです。建築ビジュアライゼーションで有名ですね。GPU RTXではQuadro RTX 4000よりも66%もパフォーマンスが高いです。GPU CUDAでも59%高くしっかりと性能が引き上げられていることがわかります。Quadro P4000にはRTコアがないためGPU RTXは計測できていません。

Enscape

enscapertxa4000-enscape

Enscapeはリアルタイムレンダリングとバーチャルリアリティツールです。主にOpen GLを使ってビューポートでとても質の高いグラフィックスを扱う建築家の方に使用されることが多いです。GPUメモリ容量が多いほうが有利です。従来モデルのQuadro RTX 4000よりも27%もパフォーマンスが向上しています。上位モデルのNVIDIA RTX A5000になるとさらに34%パフォーマンスが高くなります。レイトレーシング性能が重要になるソフトということもあってRTコアのないQuadro P4000は苦戦しています。

Autodesk VRED Professional

Autodesk VRED Professionalnvidiartxa4000-Autodesk VRED Professional

Autodesk VRED Professionalは、3Dビジュアライゼーションソフトです。主にデザイナーの方やエンジニアの方に使用されています。リアルタイムアンチエイリアスを提供しています。自動車のスタイリングにおいて非常に重要になってきます。GPUの処理性能が反映されます。リアルタイムアンチエイリアスを無効化した場合はQuadro RTX 4000よりも65%高いです。一方で、リアルタイムアンチエイリアスを有効化した場合は40%の伸びに留まります。Autodesk VRED Professionalの使用を考えている方はNVIDIA RTX A6000が候補に入ります。NVIDIA RTX A4000ではやや物足りませんね。

Unreal Engine

unrealenginetoprtxa4000-Unreal Engine

Unreal Engineは、リアルタイム3D制作プラットフォームです。ゲーム・VR・建築シミュレーションなど様々な用途で3Dグラフィックスを制作できます。レイトレーシングの無効化時はQuadro RTX 4000よりも50%もパフォーマンスが高いです。レイトレーシングを有効化した場合は53%パフォーマンスが向上しています。Quadro P4000はRTコアがないため測定不能です。

Solidworks 2021

Solidworks 2021rtxa4000-solidworks

Solidworks 2021は、3D CADの設計ソフトウェアです。3D CAD向けソフトウェアの中でもGPU性能が重視される傾向にあります。RealViewではQuadro RTX4000よりも20%パフォーマンスが高く、エッジシェイディング表示では11%パフォーマンスが高いです。NVIDIA RTX A5000との差は14%-18%とそれほど大きいわけではありません。SolidworksならNVIDIA RTX A4000でも十分でしょう。

NVIDIA RTX A4000のベンチマーク一覧(ゲーム編)

Horizon Zero Dawn

horizon zero dawnrtxa4000-horizonzerodawn

Horizon Zero DawnでのフレームレートはRTX 3060 Tiと同等です。WQHD環境では1%上回り、4K環境では3%劣ります。15万円のグラフィックボードと8万円のグラフィックボードの性能が同等ということになります。NVIDIA RTX A4000でもゲームがプレイできないわけではありませんが、コストパフォーマンスは最悪です。RTX 3070との性能差は13%-16%です。ゲームプレイをメインに考えるならRTX 3070は魅力的なモデルだと言えますね。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077rtxa4000-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077ではやや伸び悩んでいます。RTX 3070よりも18%-23%程度フレームレートが低いです。RTX 3060 Tiと比べても10%前後フレームレートが低くなりました。価格を考えるとかなりコストパフォーマンスが悪いですが、ゲームプレイに対応できないことはありません。フルHD環境なら十分通用するモデルだと言えます。

Watch Dogs: Legion

watch dogs legionrtxa4000-watchdogs

Watch Dogs: LegionではRTX 3060 Tiに近いゲーミング性能を持っています。WQHD環境では5%劣りますが、4K環境ではほぼ同等です。RTX 3070よりも15%前後フレームレートが低いです。RTX 3070 Tiになると性能差は25%とかなり大きくなります。ミドルクラスのRTX 3060と比べると高解像度の適性が高いと考えて良いと思います。


NVIDIA RTX A4000搭載のBTOパソコン三選

SENSE-F069-LC127-QNX(パソコン工房)

SENSE-F04A-LCiX9K-XAX
価格:303,980円(税込)
CPU:Core i7-12700
GPU:NVIDIA RTX A4000
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Core i7-12700搭載のクリエイターパソコンです。ミドルタワーケースを採用しています。税込30万円台は最安値クラスとなっています。Core i7-12700は、従来モデルよりも大幅にスペックが向上していて性能の高いグラフィックボードとの相性も良好です。NVIDIA RTX A4000の性能を十分に引き出せるでしょう。メモリ16GB、SSD500GBと構成は平均的です。電源ユニットは700W BRONZEを搭載しています。

DAIV Z9-A4(マウスコンピューター)

daiva5
価格:384,780円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:NVIDIA RTX A4000
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:512GB
HDD:2TB

公式

DAIVブランドでもNVIDIA RTX A4000搭載モデルが販売されています。DAIVではデザイン・機能面に優れたミドルタワーケースを採用しています。I/Oパネルは本体前面の上部にまとめられています。CPUにはIntel第十一世代のCore i7-11700Kを搭載しています。8コア16スレッドというスペックで高いパフォーマンスを発揮します。メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成が充実しています。クリエイターPCらしさが見えますね。

raytrek ZQ-A4000(ドスパラ)

raytrek XV-Tisyoumen価格:399,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:NVIDIA RTX A4000
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載

公式

Core i7-12700K×NVIDIA RTX A4000搭載の高性能クリエイターモデルです。Core i7-12700Kは12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応可能です。水冷CPUクーラーを搭載していて熱対策も行われています。3D CADなどCPU負荷の高い用途にも適しています。メモリ32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も抜群です。チップセットZ690でオーバークロックに対応可能です。オーバークロックを前提とするなら電源ユニットを650W BRONZEから800W GOLD以上にアップグレードしておくと良いと思います。

SENSE-F02B-LCi9XE-QNX(パソコン工房)

SENSE-F04A-LCiX9K-XAX
価格:479,980円(税込)
CPU:Core i9-10980XE
GPU:NVIDIA RTX A4000
メモリ:DDR4-3200 64GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

CPUにはCascade Lake世代のCore i9-10980XEを搭載しています。18コア36スレッドと高スペックです。TDPは165Wと最近のモデルと比べるとやや大きいです。NVIDIA RTX A4000との相性も良好です。高負荷な用途に適しています。メモリ64GB、SSD 500GBと構成も圧倒的です。電源ユニットは800W GOLDを採用しています。

NVIDIA RTX A4000はこんな方におすすめ!

管理人管理人

NVIDIA RTX A4000は、Ampere世代のミドルエンドクラスのグラフィックボードです。8nmプロセス採用で省電力性に優れたモデルとなっています。従来モデルのQuadro RTX 4000よりも20%以上も処理性能が向上しています。レイトレーシング・DLSSについても第二世代・第三世代となってパフォーマンスが引き上げられました。VR・レンダリング・3D CADなど幅広い用途に対応できます。搭載BTOパソコンのラインナップもまずまずでCPU次第では税込30万円台から購入できます。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページベンチマークテスト環境

CPUIntel Core i9-7980XE
マザーボードASUS ROG STRIX X299-E GAMING
メモリ64GB HyperX FURY
SSDKingston KC1000 960GB M.2 SSD
電源ユニットCorsair 80 Plus Gold AX1200
冷却システムNZXT Kraken X62 AIO Liquid Cooler
ソフトウェアWindows 10 Pro
参照サイト:NVIDIA Quadro RTX 4000 Review(TECHGAGE)