rtx4070ti画像引用元:https://jp.msi.com/ *イメージです

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX 4070 Tiの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Ada Lovelace世代の第三弾のグラフィックボードが発売されました。このRTX 4070 Tiは、元々RTX 4080 12GBとして販売される予定だったモデルです。SNSなどで話題になり、RTX 4080 16GBとのスペック差が大きすぎて販売が停止となっていました。

RTX 3070 Tiの後継モデルとなりますが、性能的にも価格的にも純粋な後継モデルと考えない方が良いですね。4K環境にも対応できる高い性能が魅力です。性能的にはRTX 3090と同等以上の性能を持っています。70番台のグラフィックボードで、90番台のモデルを上回るのは圧巻です。もう少し予算を抑えたい方はRTX 4070やRTX 4060が発売されるのを待ちましょう。

(+) RTX 3090を超えるグラフィックス処理性能を誇る
(+) 高いレイトレーシング性能を持っている
(+) 省電力性の高いグラフィックボード
(-) 70番台のグラフィックボードとして価格が高い
(-)搭載モデルの価格はまだ高め

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GeForce RTX 4070 Tiの基本スペック

世代Ada Lovelace
プロセスTSMC 4 nm
CUDAコア7,680
RTコア60
Tensorコア240
ベースクロック2310 MHz
ブーストクロック2610 MHz
GPUメモリ容量GDDR6X 12GB
TDP285 W
価格$799
(146,980円~)
発売日2023年01月05日

GeForce RTX 4070 Tiのスペック比較

GeForce RTX 3070 Tiと比較

RTX 4070 TiRTX 4080RTX 3070 Ti
コードネームAda LovelaceAda LovelaceAmpere
GPUAD104AD103GA104
プロセス4nm4nm8nm
トランジスタ数358億459億174億
ダイサイズ295 mm²379 mm²392 mm²
SMs607648
CUDAコア7,6809,7286,144
RTコア607648
Tensorコア240304192
ベースクロック2310 MHz2205 MHz1575 MHz
ブーストクロック2610 MHz2505 MHz1770 MHz
メモリ規格GDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリ容量12GB16GB8GB
メモリクロック21.0 Gbps22.4 Gbps19.0 Gbps
メモリバス192 bit256 bit256 bit
メモリ帯域幅504.2 GB/s716.8 GB/s608.3 GB/s
L2キャッシュ48 MB64 MB4 MB
TDP285 W320 W290 W
公式価格$799
(146,800円~)
$1,199
(233,716円~)
$599
(86,800円~)
搭載モデル価格298,800円~429,800円~254,980円~
発売日2023/01/052022/11/162021/06/10
GeForce RTX 4070 Tiは、Ampere世代のRTX 3070 Tiの後継モデルとなっています。プロセスが8nmから4nmへと微細化されました。GPUもGA104からAD104へと変更されています。トランジスタ数は2倍以上で358億となっています。一方で、ダイサイズは25%程度小さいです。これはプロセスの微細化による恩恵です。

SM数は25%増えて60となりました。CUDAコア数は7,680(60×128)です。RTコア及びTensorコアもSM数が増えたことに比例して増えています。ベースクロックは46%高く、ブーストクロックも47%も高いです。プロセスが微細化されたことでより高いクロック周波数を実現できています。

メモリ規格はGDDR6Xと共通です。メモリ容量は50%増えて12GBとなりました。メモリクロックは10%速くなりましたが、メモリバスはスペックダウンで192 bitとなります。メモリ帯域幅は17%狭く504.2 GB/sとなります。L2キャッシュが12倍の48MBとなり、メモリ帯域幅も狭さをカバーしています。

TDPは5W低く285Wとなっています。公式価格は$200高く$799です。国内の販売価格は60,000円程度高くなっています。同じ70番台でも全く別物だと考えるべきですね。搭載モデルの価格はCPUやメモリ・ストレージなどの構成で変わるので一つの参考にしてください。

RTX 4080と比較していきましょう。GPUはAD103と、AD104よりも一回り大きいです。トランジスタ数も多くダイサイズも大きいですね。CUDAコアは26%多く9,728となります。RTコア及びTensorコアも多いです。ベースクロックはRTX 4070 Tiの方が4%高く、ブーストクロックもRTX 4070 Tiの方が4%高いです。

RTX 4080の方がGPUメモリ容量が多く16GBとなっています。RTX 4070 Tiは、元々RTX 4080 12GBとしてリリースされる予定でGPUメモリ容量は12GBのまま変更ありません。メモリクロックは、RTX 4080の方が7%速く、メモリバスも256 bitと広いです。メモリ帯域幅もRTX 4080の方が42%広く716.8 GB/sとなります。

L2キャッシュもRTX 4080の方が33%多く64MBです。TDPは320Wとスペックが高い分消費電力も高くなっています。価格差は$400とかなり大きいです。実売価格でも9万円近い差があります。搭載モデルの価格の差も大きいです。スペックを見る限り差が大きすぎてやはりRTX 4070 TiをRTX 4080 12GBとして発売しなくて良かったように思います。

Radeon RX 7900 XTと比較

RTX 4070 TiRX 7900 XT
コードネームAda LovelaceRDNA 3.0
GPUAD104Navi 31
プロセス4nm5nm
トランジスタ数358億577億
ダイサイズ295 mm²300 mm²
MCDプロセス-6nm
MCDサイズ-36.6 mm² x6
SMs8084
CUDAコア
(シェーダーコア)
7,6805376
RTコア8084
Tensorコア240168
ベースクロック2310 MHz1500 MHz
ゲームクロック-2025 MHz
ブーストクロック2610 MHz2394 MHz
メモリ規格GDDR6XGDDR6
メモリ容量12GB20GB
メモリクロック21.0 Gbps20.0 Gbps
メモリバス192 bit320 bit
メモリ帯域幅504.2 GB/s800.0 GB/s
L2キャッシュ48 MB6 MB
Infinity Cache-80 MB
TDP285 W300W
補助電源1x 16-pin2x 8-pin
公式価格$799
(146,800円~)
$899
(158,000円~)
搭載モデル価格298,800円~-
発売日2023/01/052022/12/13
価格帯の近いRadeon RX 7900 XTと比較していきます。当該モデルはRDNA 3.0アーキテクチャを採用した新しいAMD製のグラフィックボードです。国内の販売価格はRTX 4070 Tiが146,800円~に対して、RX 7900 XTは158,000円~と11,000円(約8%)高いです。その価格差通り純粋なグラフィックス処理性能ではRX 7900 XTの方が上です。

Radeon RX 7900 XTはチップレット技術を採用しているのが特徴です。GCD(GPUコアなど)とMCD(Infinity Cacheなど)の二つのダイを組み合わせていて、一つの大きなダイで構成するよりもコスト面で有利です。RTX 4070 Tiは、従来通りの一つのダイで作られています。プロセスが微細化されたことでダイサイズはそれほど大きくないことがわかります。RX 7900 XTのGCDと同等のサイズに収まっています。

CUDAコア(シェーダーコア)はRTX 4070 Tiの方が40%弱多いです。RTコアはRX 7900 XTの方が5%多いですが、Tensorコア(AIコア)はRTX 4070 Tiの方が多いです。RTX 4070 Tiは、グラフィック周波数も高いですね。もちろんアーキテクチャが異なるため数値だけで性能を比較するのは意味がありません。各グラフィックボードの特性を把握するだけに留めておきましょう。

RX 7900 XTはGPUメモリ容量が20GBと大容量です。メモリバスも320 bitと大きく、メモリ帯域幅も800 GB/sとRTX 4070 Tiよりも60%近くも広いです。RTX 4070 TiはL2キャッシュが48MBと多いですが、RX 7900 XTで搭載されているL3キャッシュ(Infinity Cache)は非搭載です。消費電力はRX 7900 XTの方が5%高いです。RX 7900 XTは2×8-pinとなっています。搭載モデルのラインナップはRTX 4070 Tiの方が豊富です。

GeForce RTX 4070 Tiってどんなグラフィックボード?

旧世代のフラグシップモデルのRTX 3090を超える性能を持つ

rtx4070tibenchmark
RTX 4070 Tiは、非常に高い性能を持つグラフィックボードです。Ada Lovelace世代では三番目のグラフィックボードですが、Ampere世代のフラグシップモデルであるRTX 3090と同等以上のパフォーマンスを発揮します。タイトルによってはRTX 3090 Tiに匹敵するほどです。70番台のグラフィックボードが90番台のグラフィックボードを超えるのは驚愕ですね。

FULL HD環境ではRTX 3090にも圧勝ですが、解像度が上がるとRTX 3090との差が縮まってしまうのは悩ましいところです。メモリ周りかL2キャッシュなどがボトルネックになっている可能性があります。メモリバスが192 bitと小さくメモリ帯域幅も504.2 GB/sと狭いのが気になりますね。これも上位モデルであるRTX 4080との差別化だと考えるとしっくり来ます。WQHD環境をメインに考えると良いかもしれません。

レイトレーシング・DLSSを重視するなら競合モデルよりも優勢

GeForce RTX 4070 Tiの魅力は純粋なグラフィックス処理性能だけではなく、レイトレーシング・DLSSといった機能にもあります。純粋なグラフィックス処理ならRTX 4070 Tiよりも+10,000円で購入できるRX 7900 XTも魅力的なモデルとなるでしょう。ただし、搭載BTOパソコンを探す場合はRTX 4070 Tiの方がラインナップも豊富で価格的に割安感があります。Radeonシリーズは割高なことが多いですね。

RX 7900 XTは、メモリ周りも強力でGPUメモリ容量も20GBと大容量です。メモリ帯域幅もかなり広いです。その強力なRX 7900 XTもレイトレーシング・DLSSといった機能ではRTX 4070 Tiには及びません。RTX 4070 Tiのレイトレーシング性能は、RX 7900 XTよりも10%以上高いです。タイトルによってはそれ以上のフレームレートを実現できます。WQHD環境ならレイトレーシングを有効化しても十分対応可能です。

さらに、RTX 4070 Tiを含むRTX 40シリーズからはDLSS3に対応していて高負荷時でもより高いフレームレートを実現できます。今後DLSS3に対応したタイトルが増えて来ればより魅力的なモデルとなりますね。フレーム生成などの機能もありある意味将来への投資的な側面もあります。

ハイエンドGPUとして高い省電力性を誇る

rtx4070ti-watt
RTX 4070 Tiは、ハイエンドクラスのグラフィックボードとして高い省電力性を誇ります。上記のテーブルを見ると旧世代のRTX 3070 Tiよりも消費電力が抑えられていることがわかります。特にゲームプレイ時の消費電力はRTX 3070 Tiよりも9%程度低いです。性能が35%以上伸びていることを考えると驚異的な数値です。温度も低く保たれていて理想的なモデルに仕上がっています。

これはプロセスの微細化とメモリ周りのスペックダウンによって実現しているのだと考えられます。消費電力を抑えつつこれだけ高い性能を維持できるのは評価に値します。同等の性能を持つRTX 3090よりも最大25%も消費電力が抑えられています。RTX 4070 Tiの推奨電源ユニットは750W以上です。RTX 3070 TiやRTX 3080でも750W GOLD以上の電源が採用されることが多かったので特に問題はないでしょう。

GeForce RTX 4070 Ti搭載PC使用時のフレームレート一覧

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Borderlands 3

Boarderland 3rtx4070ti-borderlands3

Borderlands 3はFULL HD及びWQHDではCPUがボトルネックとなっています。そのため4K環境でもフレームレートを見ていきます。従来モデルのRTX 3070 Tiよりも40%近くも向上しています。RTX 3090やRX 7900 XTよりも2%程度低いだけです。70番台のグラフィックボードでもこれだけフレームレートが高いのは驚きですね。上位モデルのRTX 4080になると100fpsを超えていて、ここに70番台と80番台の差があると言えます。

Metro Exodus

Metro Exodusrtx4070ti-metroexodus

Metro ExodusでもRTX 3090よりもフレームレートが高いです。4K環境ではその差は3%程度ですが、解像度を下げてFULL HDになると9%もフレームレートが高くなっています。FULL HD環境ではRTX 3090 Tiに匹敵するフレームレートとなっています。4Kでも100fpsを軽く超えている性能は圧巻です。従来モデルのRTX 3070 Tiよりも45%以上もフレームレートが高いです。Radeon RX 7900 XTとの差は3%-8%となっています。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077rtx4070ti-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077ではRTX 3070 Tiよりも45%-47%程度フレームレートが伸びています。RTX 3090よりも最大13%もフレームレートが高いです。4K環境では2%-3%程度の伸びに留まります。FULL HD環境ではRTX 3090 Tiを上回るフレームレートとなっています。Radeon RX 7900 XTになると16%-18%もフレームレートが高いです。純粋なグラフィックス処理性能を重視するならRadeon RX 7900 XTは魅力的なモデルとなるでしょう。

Elden Ring

Elden Ringrtx4070ti-eldenring

Elden Ringでも高いフレームレートが出ています。従来モデルのRTX 3070 Tiよりも4K環境では31%もフレームレートが高いです。WQHD環境で36%・FULL HDでも43%フレームレートが高くなっています。RTX 3090と同等以上の性能を期待できます。Radeon RX 7900 XTと比べても見劣りしないパフォーマンスです。FULL HD環境では8%程度上回っています。

GeForce RTX 4080のその他ベンチマーク

レイトレーシング-Watch Dogs:Legion

watch dogs legionrtx4070ti-watchdogsrt

Watch Dogs:Legionでレイトレーシングを有効にした時にフレームレートを見ていきます。比較的レイトレーシングを有効にしても負荷が小さいタイトルの一つです。Radeon RX 7900 XTよりも7%-9%程度フレームレートが低いです。本来Radeon RX 7000シリーズを下回ることは考えづらいです。それだけ負荷が低いということになります。RTX 3090よりも最大13%パフォーマンスが高くなっていますね。

レイトレーシング-Cyberpunk 2077

cyberpunk2077rtx4070ti-cyberpunk2077rt

次により負荷の高いCyberpunk 2077でのパフォーマンスを見ていきましょう。RX 7900 XTどころかRX 7900 XTXでさえも上回るパフォーマンスとなっています。RX 7900 XTXよりも最大20%程度フレームレートが高いです。RTX 3090 Tiに近いパフォーマンスを発揮していることがわかります。レイトレーシング性能を考慮するならRX 7000シリーズよりも優位です。従来モデルのRTX 3070 Tiよりも最大70%もパフォーマンスが高くなっています。

レイトレーシング&DLSS-Control

controldlssrtx4070ti-controlrtndlss

DLSSの性能を見ていきましょう。RTX 4070 Tiは、DLSSを有効化すると54%-80%もフレームレートが高くなります。4K環境でも63.5fpsと高いフレームレートが出ていて快適にゲームを楽しめます。RTX 4080でさえも上回るフレームレートは圧巻ですね。もちろんRTX 4080がDLSSを有効化すればRTX 4070 Tiを上回るフレームレートが出ます。レイトレーシング性能自体はRTX 3090と同等であることがわかりますね。

温度

rtx4070ti-temperatures

各グラフィックボードの温度を見ると、RTX 4070 Tiはゲームプレイ時でも68℃と低いことがわかります。上位モデルのRTX 4080よりも5℃も低くくなっています。Ampere世代のRTX 3080 10GBやRTX 3070 Tiとの差が大きいです。これは省電力性が高くなったことが要因の一つと言えます。もちろん環境やベンダーによって変わるため一つの参考として見てください。


GeForce RTX 4070 Ti搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-R7X5-LCR57X-ULX(パソコン工房)

LEVEL-R7X6-LCR59X-DYX
価格:288,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:GeForce RTX 4070 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 4070 Ti搭載モデルの中でも安価な一台となっています。安さの秘密はCPUにあります。高価なRyzen 9シリーズやIntel第十三世代CPUではなく、第四世代のRyzen 7 5700Xを搭載しています。8コア16スレッドというスペックを持ち動画編集や画像編集などの作業にも対応できます。RTX 4070 Tiとのバランスが取れているCPUではありませんが、グラフィックス処理性能を重視したい方におすすめです。ゲームプレイなどで少しでも高いフレームレートを出したいならLEVEL-R7X5-LCR57X-ULXが選択肢に入ります。Ryzen 9 5900X×RTX 3080 TiよりもRyzen 7 5800X×RTX 4070 Tiの方が高いフレームレートを出せます。

GALLERIA XA7C-R47T 第13世代Core搭載(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S
価格:329,980円(税込)
CPU:Core i7-13700F
GPU:GeForce RTX 4070 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

ガレリアブランドからも早速RTX 4070 Tiを搭載したモデルがリリースされています。税込329,980円とやや高めです。キャンペーン中は最大38,248Pを獲得できますので、実質30万円以下で購入できることになります。CPUにはIntel第十三世代のCore i7-13700Fを搭載しています。16コア24スレッドと高いスペックを持ち従来モデルのCore i9-12900Kを上回る性能を発揮します。RTX 4070 Tiとのバランスを考えると無印モデルのCore i7シリーズを最低基準に考えたいですね。メモリ16GB、SSD 1TB NVMeという構成です。電源ユニットは750W GOLDを採用しています。

LEVEL-R779-LC137KF-ULX(パソコン工房)

LEVEL-R7X6-LCR59X-DYX
価格:344,800円(税込)
CPU:Core i7-13700KF
GPU:GeForce RTX 4070 Ti
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載

公式

パソコン工房のミドルタワーモデルです。CPUにはIntel第十三世代の倍率ロックフリーモデルであるCore i7-13700KFを搭載しています。16コア24スレッドとスペックが高く動画編集・画像編集・WEBデザインといったクリエイター作業にも最適です。メモリ32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も抜群です。DDR5-4800メモリを搭載していることやストレージもGen4 NVMe接続で妥協は見られません。こだわりの見られるモデルだと言えますね。電源ユニットは850W GOLDを搭載しています。

GeForce RTX 4070 Tiはこんな方におすすめ!

管理人管理人

当記事では、GeForce RTX 4070 Tiの性能スペック&搭載BTOパソコン紹介について紹介しています。Ada Lovelace世代の第三弾モデルが発売されました。元々RTX 4080 12GBとして発売される予定でしたが、SNSなどで批判されてしまい結果的にNVIDIAはリネームという形を取りました。RTX 4070 Tiは性能が高く従来モデルのRTX 3090を超える処理性能を持っています。

4K環境でのゲームプレイにも対応可能です。WQHDで高リフレッシュレートを実現することも容易です。搭載BTOパソコンについては各BTOメーカーからリリースされています。まだまだ価格は高めですが、もう少し価格が下がってくればRTX 4080などよりもぐっと購入しやすくなるでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等