vaiotop

管理人管理人

当ページでは、VAIO(バイオ)の評判&口コミを解説しています。VAIOは、2014年までSONYが販売していたPCブランドです。それ以降はVAIO株式会社に移管され独自のブランドとして販売しています。VAIOは私も思い入れのあるブランドです。40代や50代の方にとっては懐かしさがあるのではないでしょうか。

私が初めて購入したパソコンがVAIOのモニター一体型モデルでした。今は国産のPCメーカーは苦戦していてこのVAIOも例外ではありません。現在の立ち位置やブランドの特徴などをまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね。ホームページが非常に見やすく初めての方でも理解しやすいのではないかと思います。

VAIO(バイオ)ってどんな会社?

vaio_headquarter画像引用元:https://k-tai.watch.impress.co.jp/

VAISO株式会社は、ノートPCブランド「VAIO」の開発&製造を担う企業です。ご存知のようにソニーから独立したという経緯があります。2000年代には国内メーカーのPCブランドとして高い知名度がありました。東芝・NEC・Panasonicといった日本の家電メーカーが盛り上がっていた時期ですね。

今はHP(ヒューレット・パッカード)・レノボ・Dellなどと言った外資系メーカーが強く国内メーカーに昔のような勢いはありません。それでも昔からの根強いファンはいますし、時代に沿って進化していることも事実です。おそらく現在のモデルを見ると魅力を感じていただけると思います。特に品質やサービスを重視される方は要チェックです。

VAIO(バイオ)を選ぶ三つの理由

管理人管理人

いわゆるVAIOの強みについてまとめています。今はたくさんのパソコンメーカーがあります。(BTOメーカー含む。)そのような状況の中で、一般ユーザーがどのような理由からVAIOのパソコンを購入したのかを検証しています。

1.SONY VAIOのDNAを引き継ぐ高品質PCだから

やはり選ぶ理由の一番の理由はSONY VAIOの時代からの良さを引き継ぎ、必要な部分は時代に合わせたモデルになっているからでしょう。特に「VAIO」ブランドの品質の高さは圧巻です。品質管理は長野県安曇野で行われています。出荷前にキズ、ヘコミ、シミがないかの確認を行います。また、ディスプレイ嵌合部の隙間やパッドの段差など誤差が出ていないかスキマゲージで確認しています。

常に完璧を目指して管理が行われているため常にファンを魅了させられるというわけです。これは本当に日本らしさであると思います。例えば、車でも外車はカウルに隙間が合ったり、塗装が剥げていたりすることが普通です。しかし、VAIOのパソコンには妥協はありません。細かい部分まで配慮が行き届いているからこそファンに愛されているのかもしれません。

また、時代に合わせてVAIO自体が進化していることも事実です。薄型でデザイン性の高いモデルから4K解像度に対応したモデルなどユーザーが求めるものが揃っています。しばらくVAIOのパソコンから離れていた方もその進化に驚かれることだと思います。

2.豊富なラインナップ(ノートパソコン)があるから

VAIOには豊富なラインナップがありますので、迷ってしまうかもしれません。どのようなラインナップがあるのかを理解しておけば、あなたのライフスタイルに合う最高の一台を見つけられるでしょう。コラボモデルが用意されているのも特徴です。現在はくまモンとのコラボモデルがあります。過去にはメルセデス・ベンツとのコラボモデルもありました。

ラインナップ一覧

  • 12.5型
  • VAIO SX12、VAIO SX12| ALL BLACK EDITION、VAIO SX12 | RED EDITONと3つのラインナップがあります。Ice Lake世代のCPUから選択することができます。Iris Plus Graphics搭載でグラフィックス性能も高いです。こだわりのある特別モデルは魅力的ですね。

  • 14.0型
  • VAIO SX14、VAIO SX14 | ALL BLACK EDITIONと2つのラインナップがあります。Ice Lake世代のCPUから選択することができます。14.0インチモデルは実用性が高く人気があります。Windows Hello顔認証カメラを選択できます。

  • 14.0型フルカーボン
  • VAIO Z、VAIO Z | SIGNATURE EDITIONと2つのラインナップがあります。フルカーボンという驚くべきノートパソコンです。27万円~と高価です。第11世代インテルH35プロセッサーを搭載しています。最大約34時間バッテリー駆動と実用性が高いです。4Kモニターを選択することもできます。

  • 15.6型
  • VAIO S15、VAIO S15 | ALL BLACK EDITONと2つのラインナップがあります。Intel第九世代CPU搭載のノートパソコンです。一世代前のモデルとなっていますので、基本的には他のモデルを選択しましょう。

3.販路ごとにオトクなキャンペーンがあるから

VAIOのパソコンは主に下記2つのWEBサイト経由で購入することができます。サイトごとに特典が異なります。基本的にはVAIOストアで購入する方がお得です。学生の方ならソニーストアを選択してもメリットが大きいと思います。

VAIOストアオリジナル3大特典

  • VAIOオリジナルSIM通信費1年分無料
  • JACCSローン36回まで金利手数料0%
  • 水漏れ・落下にも対応の3年保証

ソニーストア限定特典

  • 学生限定3%OFFクーポン
  • ソニーカード利用でポイント3%還元
  • VAIOフレッシュキャンペーンで最大15,000OFF

>>VAIOの公式HP<<

VAIO(バイオ)のマイナス面

管理人管理人

VAIOのノートパソコンを選ぶ上でマイナス面も理解しておく方が良いでしょう。悪い部分も理解しておけば購入後後悔することはなくなります。私は、強みよりも弱みを知っておくべきだと考えます。なぜなら良い部分というのは公式サイトやCMなどから情報を得やすいからです。本当に難しいのはネガティブな側面だと言えます。

デスクトップPCはラインナップにない

VAIOで選択できるのはノートパソコンのみです。デスクトップパソコンはラインナップにありませんので、デスクトップパソコンを探している方は他のブランドで探す必要がありますね。VAIOを始めとして国産メーカーでデスクトップパソコンを販売しているところは少なくなりました。

モニター一体型のデスクトップパソコンが販売されていた時代が懐かしいです。最近の市場を考えると仕方がないのかもしれませんが、いつかまたデスクトップパソコンを発売して欲しいと心から思います。

BTOメーカーのパソコンと比べると割高

最後のデメリットが価格設定です。VAIOのパソコンはどうしてもBTOメーカーのノートパソコンと比べると高いです。場合によっては同じスペックでもBTOパソコンの倍以上の価格設定となっていることもあります。

VAIOブランドのパソコンは価格よりもブランドの想い・デザイン・品質・サポートなどを重視される方におすすめです。価格だけを重視してしまうと他社ブランドのモデルに勝つことは難しいです。

VAIO(バイオ)のおすすめPC

VAIO SX12

vaios12

公式
12.5インチのモバイルノートパソコンです。11.6インチモデルと同じサイズで一回り大きな液晶を搭載しています。ブラック・シルバー・ブラウン・ピンクと4色の中から選択できます。CPUにはCore i3-1005G1を搭載しています。Core i5やCore i7にアップグレードすることもできます。3年あんしんサポート付きで長く使用することができます。バッテリー駆動時間約15.5時間と実用性も高いです。指紋認証機能搭載していて強固なセキュリティを実現しています。

VAIO SX14

VAIO Z

公式
まさかのフルカーボン仕様のノートパソコンです。カーボンは軽くて強度が高いという次世代の素材だと言われています。高級車にも採用されることが多いです。14.0インチで持ち運びもしやすくバランスがよくなっています。4K液晶を選択することも可能です。17インチだと大きいし、11.5インチだと小さいという方におすすめです。CPUにはCore i5-11300Hを搭載しています。動画編集やRAW現像にも対応できます。Core i7-11370Hにアップグレードすることもできます。3年保証が標準付帯なのは魅力的ですね。Wi-Fi 6対応やバッテリー駆動時間約34.0時間と機能性も高いです。

VAIO Z | SIGNATURE EDITION

VAIO Z SIGNATURE EDITION

公式
税込366,080円の高級モデルです。SIGNATURE EDITIONではシグネチャーブラックとブラックの二種類から選択できます。ディスプレイは4Kを選ぶことも可能です。CPUにはCore i7-11375Hを搭載しています。最大クロック周波数5.0GHzと高パフォーマンスです。

>>VAIOの公式HP<<

VAIO(バイオ)の口コミ

管理人管理人

4Kモニターを採用しているノートパソコンはあまりないため貴重です。高解像度なら画面の作業スペースも広くなり効率的です。バッテリー駆動時間も8時間以上(VAIO SX14)と長時間バッテリーなしで利用可能なのもポイントが高いですね。画質にこだわりたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

管理人管理人

SONYらしさと言うと男らしさと思ってしまうのは私だけでしょうか。くまモンモデルが登場した今でもALL BLACK EDITIONを発売するなどかっこよさを重視しているように思います。

管理人管理人

歴史を感じられるのはさすがですね。1990年代に誕生したVAIOは多くのファンを魅了しています。昔に比べると会社で使用している方も減ってきていますが、私も含めて古くからのファンは健在です。

管理人管理人

絵描きさんにとっても1 in 2のVAIO A12はおすすめです。デザイン性も高いと思います。外出先でもがんがん作業ができますよ!

管理人管理人

SONYストアのキャンペーン情報です。SONYのTwitterアカウントをフォローしておけばオトクなキャンペーンをチェックできますよ!VAIOのTwitterアカウントは見つかりませんでした(^_^;)

各種情報まとめ

支払い方法

  • クレジットカード
  • WeBBy決済(ショッピングローン)
  • コンビニ払い
  • ペイジー決済

VAIOストアでは上記4つの支払い方法に対応しています。クレジットカードは、VISA・MasterCard・JCB・American Express・Dinersを使用することが可能です。WeBByはクレジットカードを持っていなくてもオンライン上で分割払いができる支払い方法となっています。JACCSの審査に通過する必要があり、通常のショッピングクレジットのような使い方ができます。その他コンビニ決済やペイジー決済などあなたにぴったりな方法で支払いを行いましょう。

保証

メーカー保証として基本1年間の保証が付帯されています。購入後故障してしまっても無償で修理を行ってもらえます。なお、保証のアップグレードを行うことができます。VAIOストアパソコン3年あんしんサポートなら落下、水漏れ、火災、落雷などの偶然の事故の損害もカバーしてもらえます。キャンペーン中なら無料で3年あんしんサポートに加入できますのでぜひチェックしてくださいね。

サポート

サポートも手厚くなっています。万が一の故障時にはWeb申し込みあるいは電話で依頼をすることができます。修理に掛かる時間の目安はおよそ9日間となっています。修理依頼後は進捗状況をWEB上で確認できますので、安心して待てますよ。意外と海外メーカーのサポートの質の悪さに不満を感じているユーザーも多いです。VAIOならサポート面でも安心感があります。

参照外部サイト:お問い合わせ(VAIOストア)

>>VAIOの公式HP<<

VAIO(バイオ)の企業・店舗情報

企業名VAIO株式会社
設立2014年7月1日
資本金1,026百万円
所在地〒399-8282
長野県安曇野市豊科5432
2014年設立と比較的新しい会社です。SONYから独立してから設立されました。歴史自体は古くブランドの誕生は1996年まで遡ります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume