acertop

管理人管理人

当ページでは、acer(エイサー)の評判&口コミを解説しています。acerのパソコンを購入しようかどうか悩んでいる方やどのようなメーカーなのか知りたいという方向けのコンテンツです。技術力の高さで世界的にも広く認知されている企業だと言えます。パソコンだけではなくディスプレイや周辺機器メーカーとしても有名です。

元々は日本国内ではPanasoni、NEC、東芝などが強くAcerを含む海外メーカーがなかなか参入できないでいましたが、今は日本大手企業の圧倒しています。acerはBTOメーカーではありません。ただ、価格が安く十分BTOパソコンと対抗できると言えます。ぜひ参考にしてくださいね。

acer(エイサー)ってどんな会社?

acer画像引用元:https://www.1111.com.tw/

acer(エイサー)は、台湾に本拠地を置くマルチナショナルカンパニー(多国籍企業)です。2007年にアメリカのゲートウェイとヨーロッパのパッカードベルを買収し世界での市場を大きく伸ばしました。買収を繰り返しながら大きくなった経緯があります。

acerの販売する製品は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット、サーバー、ストレージ、VRデバイス、モニター、スマートフォン、プロジェクターなど多岐に渡ります。ノートパソコンではSwiftシリーズやクロームブックが人気です。

PredatorブランドでゲーミングPCを販売していることでも知られています。それでも日本国内での伸びしろはまだあるように思います。

売上の内パソコンが占める割合は1/3程度

aceruiage
acerのフィナンシャルレポート(acer, 2020)によると、2018年の売上は8,600億円(242,270 NTD Million)、2019年は8,300億円(234,285 NTD Million)となっています。ただし、これらの内デスクトップパソコンとノートパソコンが占める割合は27%程度です。同じ台湾のASUSとほぼ同じ6.0%前後のシェアを維持(Statista, 2020)しています。acerの方が少しシェアが多く現在世界第五位です。

企業としては、レッドオーシャンであるパソコンよりも企業向けサーバー、スマートフォンやタブレットに注力することになるでしょう。マイクロソフトやASUSを始めとしてほとんどが企業向けサーバーなどパソコン以外に注力していますね。サブスクリプションモデルを追求していく企業が多くなると思います。

世界シェアは第五位

acershare画像引用元:https://www.gartner.com/

Garnerのデータによると、2020年第二四半期においてAcerの世界シェアは第五位となっています。前年同時期の5.1%から6.2%へと1.1ポイントアップしました。シェア的にはAppleやASUSと競争している形ですね。第三位のDellはマーケットシェアが16.4%と少し差があります。

acer(エイサー)を選ぶ三つの理由

管理人管理人

数あるパソコンメーカーの中からacerでパソコンを購入する理由についてまとめています。他のメーカーと比べてどのような強みがあるのかを見ていきましょう。

1.ノートパソコンの選択肢が豊富

acerは数々の製品を販売しているメーカーです。その中でもノートパソコンはラインナップが豊富で多くのユーザーを魅了しています。現在のacerの地位があるのもノートパソコンが世界的に爆発的に売れたからです。ユーザーにとっても用途や好みに合わせて選択できるのは嬉しいですね。Swiftシリーズやクロームブックは世界的にもシェアが多くなっています。

ノートパソコンのラインナップ一覧

  • Spin 7/5/1
  • コンバーチブルモデルでタブレットのように使用することも可能です。14インチ、13.3インチ、11.6インチがあります。

  • Swift 7/5/3
  • Swift 5は2018年10月登場の新しいモデルです。重さはなんと970gと1kgを切っています。一般的なノートパソコンの重さは2kg弱です。CPUにはCore i5-8250Uを搭載しています。

  • Switch 3/Alpha 12
  • 2 in 1モデルとなっています。静音性も高くどのような場所でも気軽に作業を行うことができます。搭載CPUはやや古く第六世代のものを採用。現在は第八世代が現行でうs.

  • Aspire 7/5/3/1
  • Aspire7はGTX1050Tiを搭載したハイクラスのノートです。クリエイターの方からゲーマーの方まで対応可能です。Aspire5はやや古いので選択しない方が良いですね。Aspire 3はエントリークラスのノートで3色のデザインから選択可能です。Aspire 1はCeleron搭載の廉価モデルです。

  • Chromebook
  • Google Chrome OSを搭載したノートです。LTE通信モジュール対応モデルや衝撃に強いモデルなどこだわりのノートPCが揃っています。

  • Aspire E15/F15/ES15/ES13/ES11
  • E15/F15などこれらはどちらかというとビジネスモデルです。大容量のストレージを採用したくさんのデータを保存できます。

  • Aspire R11/One/VX 15
  • R11はコンバーチブルモデル、Aspire Oneは悪くいうと特徴のないオーソドックスな一台、VX15はエントリークラスのゲーミングPCで排熱効率も良くなっています。

  • その他ゲーミングノート
  • Predator、Nitroなどの本格派からExpert級、Middle級、Casualといったモデルまで幅広いラインナップから選択可能です。

2.家電量販店で実機を見て購入できる

acerhanbai

全国の家電量販店などでacer製のパソコンを購入することができます。地方在住の方でも利用しやすいと思います。ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Nojima、Joshin、EDIONなど全国にお店があるため買い物しやすいですね。もちろん大量のポイントが貯まりますよ!よく利用するお店があるのであれば一度実機を見てみるのも楽しいと思います。

なお、ドスパラ、パソコン工房、TSUKUMOといったBTOメーカーではパソコン本体の販売しておらずモニターなどのPCの周辺機器の購入ができます。パソコン本体のネット通販なら楽天市場やAmazonで購入することが可能です。

3.企業の取り組み&CEOの人間性が魅力的

企業として生き残るために利益を出すこと革新的な製品をリリースすることは当然です。その上で、acerは率先して環境活動を行っている企業として評価することができます。株主などのステークホルダーも利益だけでは満足しません。CSR(社会的責任)として、グリーンプロダクトデザイン(環境に良い製品)を徹底しています。

例えば、ポリ塩化ビニルや臭素化難燃剤など環境にダメージを与える素材は採用していません。また、リサイクルにも力を入れていてall in oneコンピュータやディスプレイユニットに関してはリサイクルされたプラスチックを採用。

そしてCEOであるジェイソン・チェン氏の人柄も支持されている秘密です。企業としての取り組みはCEOなど経営陣やステークホルダーからなっています。さすがにこのクラスの企業になれば誰からも尊敬される人物ということになります。下記のプレゼンテーションを見てみてください。話し方、内容、立ち居振る舞い全てにおいて完璧のように思えます。さすが超大手企業のCEOですね。

Youtube公式動画

2018年8月にベルリンで開催されたコンファレンスの動画です。CEOのジェイソンチェン氏が新製品紹介しています。Aspire Z24は4つのマイクロフォンを搭載した一体型PCです。

新しいノートパソコンSwift 5/Swift 7の紹介もしています。持ち運びのしやすさを重視したモデルで非常に軽く持ち運びしやすいのが特徴です。その他ゲーミングPCであるPredator Xについても紹介しています。

>>>>>acerの公式HPを見る<<<<<

acer(エイサー)のマイナス面

管理人管理人

acerの弱みや改善して欲しいところについてまとめています。しっかりとマイナス面を理解した上で購入すれば期待と現実のギャップがなくなり後悔することがなくなるでしょう。

デスクトップパソコンのラインナップが僅少

デスクトップパソコンのラインナップはほとんどありません。Chromeboxなどおもしろパソコンもありますが、デスクトップパソコンに関しては他のメーカーのパソコンと比べてacerを選ぶ理由が薄いです。カスタマイズができないため既存のラインナップから選択する必要があります。

デスクトップパソコンのラインナップ一覧

  • Chromebox
  • Chrome OSを搭載した極小デスクトップパソコンです。CDケース4枚分というコンパクトさが魅力です。CPUいんはCore i3-8130Uを搭載。特別性能が高いわけではないので過度な期待は禁物です。

  • Aspire X
  • スリムタイプのオーソドックスなパソコンです。Core i7-8700/Core i5-8400/Core i3-8100/Celeronなどが搭載されています。主流のラインナップだと言えますね。

  • Chromebase
  • 24インチの一体型デスクトップパソコンです。タッチ操作ができたり、ビデオ会議用の端末として便利でオフィスなどに最低な一台となっています。

  • その他ゲーミングPC
  • Predator、Nitro、Expert級モデル、Middle級モデルなどのゲーミングブランドが揃っています。

オンライン購入はやや不便

acerあるいは台湾のパソコンメーカーの特徴として自社で販売をしないことが挙げられます。つまり、家電量販店やAmazonなど様々な販路を作りそこから販売していくスタイルとなっています。多くのユーザーの目に留まるというメリットがある一方で指名買いをしたいという方にとっては少し不便ですね。

特にネット通販だとわざわざ最安値を調べたりする必要があり、購入時のサポートも受けにくいというデメリットがあります。パソコンの知識がある方にとっては良いのですが、パソコン初心者の方にとっては好ましくありません。もし、購入を迷っている方がいればコメント欄あるいはお問い合わせフォームよりご連絡いただければ当サイトの管理人である私が相談に乗ります。

acer(エイサー)のおすすめPC

Aspire XC-830-N18F/F-デスクトップパソコン

Aspire XC-885-N38F


Celeron J4005搭載のモデルです。低価格&省電力が魅力のCPUで簡単なPC作業をメインに考えている方向けです。スリムタワーとなっていますので、設置場所を気にしなくても利用することができます。HDD 1TB、メモリ8GBと最低限の構成を持っています。Amazonなら送料&税込みで69,800円とリーズナブルです。

Swift5 SF714-52T-A58U/K-ノートパソコン

SWIFT 5 SF514-52T-H58Y


Amazonで購入すれば送料&税込みで163,234円となっています。当該モデルは2019年9月に登場したモデルで14型、970gの超軽量ノートPCです。13.3インチと同程度のサイズ感となっているため持ち運びに適しています。CPUにはCore i5-8200Yを採用。ストレージにはSSD 256GBを採用しアプリケーションも快適に利用することができます。

>>>>>acerの公式HPを見る<<<<<

acer(エイサー)の口コミ

acerの口コミをまとめています。Twitterで情報を集めましたが、ゲーミングモデルに関する口コミがほとんどでした。一般モデルも価格が安くおすすめできますが、国内だとまだまだこれからなのかTwitterユーザーとの相性があまり良くないのかのいずれかですね。

良い口コミ

管理人管理人

センスありますね笑やはりacerだと周りとかぶらないのでしょうか。LenovoやDell派が多いのかもしれませんね。エイサー♪

管理人管理人

acerのゲーミングモニターは人気があります。価格が安くかつ高品質なため多くのゲーマーが利用しています。もちろん一般向けのモニターも充実していますよ。

管理人管理人

羨ましいですねー♪ただ、気になるのは2018年のモデルなのに第七世代のCore i7-7700HQを搭載していることですね。せっかくならCore i7-8750H搭載モデルの方が良かったと思います。

管理人管理人

Core i5-8300Hを搭載した最新のノートです。NitroはゲーミングPCブランドです。このクラスのノートパソコンは海外製の圧勝ですね。非常にコスパが高く予算を抑えたい方必見です。

各種情報まとめ

支払い方法

支払い方法について購入先に依存することになります。家電量販店なら現金払い、クレジットカード、ショッピングクレジット、電子マネーなどでの支払いが一般的でしょう。通販サイトならクレジットカード、電子マネー、代金引換、振り込み、コンビニ払いなどに対応しています。詳細は各お店にお問い合わせください。

保証

PC本体について保証期間は1年間です。延長保証はありません。物理的な故障や水漏れなどにも対応していませんので、注意が必要です。なお、Acerでは海外滞在中であっても保証を受けられる国際保証規定(ITWサービス)が用意されています。

通常国内メーカーのパソコンは海外で利用すると保証の対象外となりますが、acerではそのようなことはなくしかも現地で修理を受けることが可能です。帰国後国内で修理依頼をすることもできます。数ヶ月の中期間海外に滞在する際などに嬉しいですね。

acerパソコン出張サポート

パソコンが故障してしまったり、インターネットに接続できなくなってしまったり困ったことがあれば出張サポートを利用することができます。最短即日で自宅まで来てくれるので安心ですね。パソコンの設定などがわからないシニアの方にもおすすめです。ただし、料金は基本料金5,000円+診断料金3,000円+作業料金とやや高めです。

>>>>>acerの公式HPを見る<<<<<

日本エイサー株式会社の企業・店舗情報

ショップ名acer(エイサー)
企業名日本エイサー株式会社
設立1988年2月
資本金不明
所在地東京都新宿区西新宿6丁目24番1号
西新宿三井ビルディング 18階

参考サイト

Quarterly market share of personal computer (PC) shipments worldwide from 2011 to 2020, by vendor(Statista, 2020)

2019 Fourth Quarter Earnings(acer, 2020)

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume