pasokon15-20

当記事では、15万円以上20万円以下のおすすめBTOパソコンを紹介しています。この価格帯までいくと妥協をせずにBTOパソコンを選ぶことができると思います。グラフィックボード搭載モデルを探している方は必見です。

CPUは、Core i7-12700/Core i7-11700(ノートならCore i7-11800H)、グラフィックボードはGeForce RTX 3060、NVIDIA T1000搭載モデルを購入可能です。構成面もSSD搭載が標準となっていますので、快適なパソコン作業が実現します。

管理人管理人

一般ユーザー向けのパソコンでは物足りないという方向けのパソコンが揃う価格帯だと言えます。RAW現像・動画編集・3D CAD・ゲームプレイなど明確な目的がある方必見です。当然グラフィックボード搭載モデルを選択することが可能です。ミドルクラスからハイクラスまで幅広いラインナップが揃います。

10万円以上15万円以下のBTOパソコンとは?

deskpc

できること

  • 3D CAD、VR開発、WEBデザインなどのアプリケーション作業
  • RAW現像・動画編集などの作業
  • 3Dゲーム(最新タイトル含む)

こんな方におすすめ

  • お仕事で3D処理アプリを使っている方
  • 本格的にRAW現像や動画編集を行いたい方
この価格帯になるとグラフィックボード搭載モデルを選択できるようになります。そうなるとグラフィックス特に3D処理が必要となる方にぴったりなパソコンということになります。プロフェッショナルに活躍している方やお仕事で3D CADやVR開発などを行いたいという方向けです。しっかりとした明確がないとオーバースペックで無駄になってしまう可能性があります。

また、趣味で写真や動画の編集をしている方にもおすすめです。ストレージも大容量となりますので、大量のデータを保存することもできます。ゲーミング用途でも利用できますが、いわゆるゲーミングPCは一部のみの紹介です。ゲーム向けのBTOパソコンを探している方は、別サイト「ゲーミングPCマガジン」を参考にしていただければと思います。

15万円以上20万円以下のおすすめBTOパソコン五選

DAIV Z5-T6-MGZN(マウスコンピューター)

DAIV-A5価格:159,800円(税込)
CPU:Core i7-11700F
GPU:NVIDIA T600
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:NVMe 512GB
HDD:2TB

公式詳細
当サイトとマウスコンピューターのコラボレーションモデルです。最新のプロフェッショナル向けグラフィックボードであるNVIDIA T600を搭載したクリエイターPCです。Quadro P600の後継モデルということになります。CPUにはIntel第十一世代のCore i7-11700Fを搭載しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できます。動画編集・画像編集・DTMなどを使用するお仕事をされている方にもおすすめです。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBとクリエイターPCらしく構成も充実しています。カスタマイズなしで使用できると思います。

SENSE-M066-124-NAX(パソコン工房)

SENSE-M05M-114-RFXtop
価格:163,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式
Core i5-12400×RTX 3050搭載のクリエイターPCとなっています。グラフィックスにはAmpere世代のエントリークラスであるRTX 3050を搭載しています。ゲームプレイにも対応できる処理性能を持っています。Core i5-12400は、6コア12スレッドと従来モデルのCore i5-11400と同等のスペックながらCPUコアの改良もあって高いパフォーマンスを発揮します。動画編集などにもある程度対応可能です。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も平均以上です。

raytrek XV(ドスパラ)

raytrek ZQ2
価格:199,980円(税込)
CPU:Core i7-12700
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式
Core i7-12700×RTX 3060搭載のクリエイター向けPCです。raytrekシリーズはコスパの高いモデルが揃っていて要チェックです。Core i7-12700は12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高いCPUです。RTX 3060とのバランスは上々です。クリエイターPCらしくメモリ容量が16GBと大容量なのがポイントです。CPU負荷の掛かる作業でも難なく対応できるでしょう。グラフィックス性能も高く3D CAD・ゲーム開発なども対応可能です。

GALLERIA UL7C-R36(ドスパラ)

GALLERIA XL7C-R36
価格:174,980円(税込)
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
Core i7-11800H×RTX 3060搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCです。Intelとの共同設計モデルでドスパラの売れ筋モデルの一つとなっています。15.6インチで240Hz対応モニターを搭載していて快適なゲームプレイができます。税込17万円台と非常に価格の抑えられたモデルとなっています。デザイン的にはゲーミング用途だけではなくお仕事で使用することもできます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実していますね。本体重量は約1.96kgとゲーミングノートとしては軽い部類で持ち運びも行えます。バッテリー駆動時間も約9.6時間と長めになっています。

DAIV 5P (マウスコンピューター)

daiv5p
価格:189,800円(税込)
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3050を搭載したエントリークラスのクリエイターモデルです。従来モデルのGTX 1650よりも30%程度パフォーマンスが向上しています。動画編集・WEBデザインなどでの3D処理にも対応可能です。CPUにはハイクラスのCore i7-11800Hを搭載しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く画像編集・デイトレード・ビジネスなど幅広い用途に対応可能です。セール対象になればよりお得に購入できます。

当記事のまとめ

管理人管理人

パソコンを購入する上で予算が15万円以上となると格段に選択肢が豊富になります。3D CAD・ゲーム開発・WEBデザインなど明確な目的を持っている方におすすめの価格帯です。一方、用途が決まっていないのであればオーバースペックになりがちな価格帯でもあります。例えば、動画を見るだけとかネットをするだけならこの価格帯のBTOパソコンは不要です。

この価格帯では、グラフィックボード搭載モデルが揃っていますので、3D処理も快適に行うことができます。お仕事でパソコンを使用している方は必見です。選択肢が多いことから迷ってしまうかもしれません。しっかりと目的を持ってBTOパソコン選びをしてくださいね。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等