DAIV-A5公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「DAIV Z5-T6-MGZN」のレビューをまとめています。マウスコンピューターとBTOパソコンマガジンのコラボレーションモデルです。このコラボモデルでは、マウスコンピューターで販売されているモデルをよりお得なモデルに仕上げています。

グラフィックスにはプロフェッショナル向けのNVIDIA T600を搭載していて3D処理にも対応可能です。3D CAD・WEBデザイン・動画編集・RAW現像などのアプリケーションを使用している方におすすめです。CPUにはハイクラスのCore i7-11700を搭載しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイターPCに最適です。

DAIV Z5-T6-MGZNのスペック

daiv

価格159,800円(税込)
サイズミドルタワー
CPUCore i7-11700F
グラフィックボードNVIDA T600
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe
HDD2TB
電源500W BRONZE
チップセットZ590
備考光学ドライブオプション
おすすめ度★★★★★★★★★★
価格税込159,800円です。送料3,300円を含めるとトータル費用は163,100円となります。CPUにはハイクラスのCore i7-11700Fを搭載しています。グラフィックスにはNVIDIA T600を搭載していて3D処理性能にも長けています。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBとクリエイター向けモデルらしく構成も充実しているのが魅力です。電源ユニットは500W BRONZEです。マザーボードのチップセットはハイエンドのZ590です。光学ドライブについてはオプションでの対応となります。おすすめ度は★10個です。クリエイターパソコンとして完成度の高いモデルだと言えます。

DAIV Z5-T6-MGZNのおすすめカスタマイズ

当該モデルのおすすめカスタマイズについて紹介しています。このモデルはカスタマイズできる項目が多く全てを選択してしまうと価格が跳ね上がってしまうため必要だと思うものだけ追加しましょう。もちろんカスタマイズしなくても評価は高いです。

CPU ★★★★☆

DAIV Z5-T6-MGZN-cpu

+12,100円でワンランク上のCore i7-11700Kを選択することができます。より高いクロック周波数を持っていて高いパフォーマンスを発揮します。動画編集や3D CADなど負荷の掛かる作業をメインに考えている方におすすめです。カスタマイズ費用も比較的抑えられていると思います。なお、オーバークロックを前提としている場合は、CPUファン及び電源ユニットのカスタマイズが必須です。

CPUファン ★★★★☆

DAIV Z5-T6-MGZN-cpucooler

オーバークロックを考えている場合はCPUファンのカスタマイズが必要です。3,190円の水冷CPUクーラーを選択しましょう。余裕があれば54mm厚大型ラジエーター搭載の水冷クーラーの方が好ましいです。CPUのカスタマイズをしない場合はそれほど必要性が高いわけではありません。

リムーバブルケース ★★★☆☆

DAIV Z5-T6-MGZNremovablecase

DAIVのケースの特徴としてリムーバブルケースを追加できることが挙げられます。簡単に取り外しができるリムーバブルケースがあればHDDの入れ替えも容易です。費用も3,740円とそれほど高くもないのでカスタマイズ候補に入れても良いと思います。HDDと同時に購入することもできます。もちろんAmazonで別途購入した方が費用を抑えられます。

光学ドライブ ★★★☆☆

DAIV Z5-T6-MGZNdrive

初期構成では光学ドライブが非搭載となっています。必要な方は+4,180円でDVDスーパーマルチドライブを搭載することができます。最近はオンラインで完結することが多くなりクリエイターパソコンでも省略されることが増えて来ています。ドライバーもオンラインで簡単に入手できますし、映画も動画配信サービスで見ることが多いでしょう。どうしてもドライブが必要な方のみチェックしましょう。

SDカードリーダー ★★★☆☆

DAIV Z5-T6-MGZNcardreader

SDカードリーダーも非搭載となっています。光学ドライブよりも必要性は高いのではないかと思います。カスタマイズ費用は+1,980円と比較的リーズナブルです。画像や動画の取り込みをしたい方はカスタマイズしておくと良いと思います。外付けのSDカードリーダーよりも利便性が高いです。

電源 ★★★☆☆

DAIV Z5-T6-MGZNdengen

CPUのアップグレードやオーバークロックを考えている方は電源ユニットのアップグレードも必須です。カスタマイズをしない場合はデフォルトの500W BRONZEのままで問題ありません。850W GOLDを搭載しておけばある程度の環境に対応できると思います。予算が厳しい方は700W GOLDでも良いでしょう。

DAIV Z5-T6-MGZNのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
当該モデルは、かなり幅広い用途に対応できる一台となっています。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザイン・DTMと余裕があります。デュアル環境構築・動画視聴・Skypeなどは当然余裕で対応できます。グラフィックボードを搭載しているため、動画編集や動画投稿などでGPUを活かしてより高いパフォーマンスを得られます。

3D CADについても軽めのものであれば対応可能です。NVIDIA T600は、3D CADのエントリークラスモデルと考えて良いでしょう。一方で、同じ3D処理でもゲームプレイは苦手です。ゲームを目的としているのであればGeForce製のグラフィックボードを選択した方が費用対効果が大きいです。

>>>DAIV Z5-T6-MGZNを購入<<<

DAIV Z5-T6-MGZNの性能

Core i7-11700F

core i7-11700benchmark

Core i7-11700は、Intel第十一世代で人気の高い高パフォーマンスモデルです。8コア16スレッドと従来モデルのCore i7-10700と共通ですが、CPUコアが変わって性能は15%程度向上しています。動画編集・画像編集・WEBデザイン・ゲーム開発・3D CADなど幅広く対応可能です。

次世代のCore i7-12700が12コア20スレッドになっていることを考えると見劣りしてしまいますね。価格が安いというメリットを享受できるので選択肢として悪くありません。まだまだIntel第十二世代Core iシリーズ搭載モデルは高価です。

NVIDIA T600

nvidiat1000benchmark

NVIDIA T600は、12nmプロセス採用のTuring世代のプロフェッショナル向けグラフィックボードです。Quadro P620の後継モデルです。性能差は10%程度です。性能的にはQuadro P1000に近付いたと言えます。GPUメモリは4GBと控え目です。

3D CADなどは本格的に行うというよりもライトに使う方に適しています。WEBデザインなどの方が得意です。補助電源不要で気を使うことなくシステムを構築できます。mini DisplayPort×4つ搭載でマルチモニターを容易に構築できるのもプロフェッショナル向けモデルの特徴ですね。

>>>DAIV Z5-T6-MGZNを購入<<<

DAIV Z5-T6-MGZNを選ぶ3つの理由

希少性の高いNVIDIA T600搭載のクリエイターPCだから

DAIV Z5-T6-MGZNは、プロフェッショナル向けのNVIDIA T600を搭載したクリエイターPCです。GeForce製グラフィックボードに比べて圧倒的にラインナップ数が少なく希少性が高いです。NVIDIA T1000は、エントリークラスのモデルながら3D CADにも対応できるポテンシャルの高さが人気です。従来モデルのQuadro P620よりも10%程度処理性能が高くなっています。

さらに、Core i7-11700Fとの組み合わせになるとほとんど見かけないと言っても過言ではありません。NVIDIA T1000とCore i7シリーズを組み合わせたいと考えている方も多いのではないかと思います。Core i7-11700Fは、マルチスレッド性能の高いCPUで動画編集・画像編集・WEBデザイン・3D CADなどの用途でも十分なパフォーマンスを発揮します。

標準モデルよりも37,980円も安くお得だから

当該モデルは、マウスコンピューターで販売されている「DAIV Z5-T6」と全く同じ構成です。それにも関わらず価格差が37,980円とかなり大きくなっています。コラボモデルが優遇されていることがわかります。

コラボレーションモデルはコストパフォーマンスに優れたモデルが多くDAIV Z5-T6-MGZNにもそれは当てはまります。標準モデルの購入を考えている方はこのDAIV Z5-T6-MGZNを必ずチェックしてくださいね。セール&キャンペーン対象モデルとなってもそれを上回る高いコスパが期待できます。

信頼性の高いマウスコンピューターのクリエイターPCだから

DAIV Z5-T6-MGZNを販売しているマウスコンピューターは国内BTOメーカーの中でも大手で信頼性が高いのが特徴です。親会社は上場企業である株式会社MCJです。傘下にはマウスコンピューター以外にもパソコン工房などを取り扱うユニットコムグループもあります。国内でもトップクラスの企業だと考えて良いでしょう。

大手企業ということもあってサポートが充実しています。24時間365日の電話サポートを受けられます。平日の夜しか空いていなくてサポートが利用できないということもありません。サポートも日本人によって行われますのでスムーズにやり取りができます。初めてBTOパソコンを購入するという方でも安心できると思います。

>>>DAIV Z5-T6-MGZNを購入<<<

DAIV Z5-T6-MGZNの弱み

光学ドライブ・カードリーダーがオプション対応となる

光学ドライブとSDカードリーダーがオプション対応となるのは弱みです。クリエイターパソコンなので当然搭載されているかと思いきやいずれも非搭載です。カスタマイズで対応する場合はそれぞれ4,180円・1,980円で合計6,160円が掛かります。

オンラインでのサービスが充実しているので光学ドライブの必要性は薄れてきていますが、SDカードリーダーは需要が大きいように思います。動画・写真・ドラレコ動画などを取り込みたい方は積極的に導入しておきたいですね。外付けのSDカードリーダーだと配線が邪魔で利便性に劣ります。

納期が約1ヶ月と長めに設定されている

納期が約1ヶ月とかなり長めになっているのはデメリットとなっています。半導体不足の影響もあって在庫が不安定なのかBTOメーカーもやや厳しい状況に陥っていると言えます。今使っているパソコンが故障してしまってすぐに新しいパソコンを用意しなければならない場合などは注意が必要です。少しでも早く手に入れたいと思うのが当然でしょう。購入前に納期をチェックしておくと良いですね。

従来モデルよりも6,000円高くなった

mouse Z5-T6-MGZNは、2022年2月1日にアップグレードが実際されて6,000円高くなってしまいました。もちろんそれには理由があって、CPUがCore i7-10700FからCore i7-11700Fへと換装されています。Core i7-10700Fは二世代前のCPUということもあって底値になっていたから実現できた価格だと言えます。もちろん現在の価格でもお得なモデルには変わりありません。

Core i7-11700もCore i7-10700と同じ8コア16スレッドのCPUですが、アーキテクチャが変わってパフォーマンスが向上しています。クリエイターモデルにぴったりのCPUです。動画編集や3D CADなどの負荷の掛かる作業を中心に考えている方あれば価格以上の価値があると思います。

raytrek LC-M EM041と比較

ブランドDAIVraytrek
製品名Z5-T6-MGZNLC-M EM041
ミニタワーケースモデル
画像DAIV-A5raytrek LC-M EM041
ケースミドルタワーミニタワー
価格159,800円(税込)139,980円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-11700
GPUNVIDIA T600NVIDIA T600
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe500GB NVMe
HDD2TB非搭載
電源500W BRONZE550W BRONZE
チップセットZ590H510
光学ドライブ+4,180円標準搭載
カードリーダー+1,980円+1,980円
公式公式公式
ドスパラのクリエイターパソコンブランドであるraytrekシリーズで同じ性能帯のraytrek LC-M EM041と比較していきます。なお、raytrek LC-M EM041は現在在庫切れとなっていて購入できません。DAIV Z5-T6-MGZNと同等のモデルがほとんどなくあくまでも参考として挙げているに過ぎません。現時点で購入できるDAIV Z5-T6-MGZNの優位性は変わりません。

DAIV Z5-T6-MGZNとミドルタワーを採用していて、raytrek LC-M EM041ではミニタワーを採用しています。拡張性については前者に軍配が上がります。価格差は2万円とやや大きいです。raytrek LC-M EM041ではCPUにCPU内蔵グラフィックス搭載のCore i7-11700を選択しています。グラフィックス・メモリ・SSDは共通です。

DAIV Z5-T6-MGZNではHDD 2TBを搭載しています。カスタマイズ費用は8,000円程度ですので、実質の価格差は12,000円程度ということになります。電源ユニットはraytrek LC-M EM041の方が少しだけ容量が大きいです。チップセットはZ590を搭載しているDAIV Z5-T6-MGZNが優勢です。CPUをCore i7-11700Kにアップグレードすればオーバークロックに対応することができます。

反対に、チップセットをH510にダウングレードできればもう少し価格が抑えられるのではないかと思います。raytrek LC-M EM041では光学ドライブが標準搭載です。4,180円の差を加えると16,180円となります。同性能帯のモデルとしてはやや価格差が大きいですね。ミドルタワーケースを採用していることや現時点で購入できることを考えるとDAIV Z5-T6-MGZNは魅力的なモデルだと言えるでしょう。

>>>DAIV Z5-T6-MGZNを購入<<<

DAIV Z5-T6-MGZNのケースデザイン

正面

daiv-syoumen無骨なデザインを採用しています。クリエイターらしいモデルだと言えます。本体上部には取っ手が取り付けられていて持ち運びが容易です。

右側面

daiv-right右側面には”DAIV”のロゴが映えます。比較的シンプルなデザインですね。多くのPCケースでは片側は無印になっていることが多くこういったロゴが刻印されているのは魅力的ですね。オシャレさを演出してくれます。

I/Oパネル

daiv-iopanelI/Oパネルは上部に配置されています。マイク・ヘッドフォン端子、USB、電源ボタンがあります。足元などに置く場合利便性の高い位置にパネルが配置されていることになります。

リムーバブルケース

daiv-hddカスタマイズでリムーバブルケースを搭載することができます。HDDなどのストレージを容易に入れ替えることが可能です。

SDカードリーダー

daiv-sdカスタマイズでSDカードを搭載することができます。ドラレコやデジカメのファイルを簡単に取り込むことができます。リムーバブルケースと合わせてDAIVブランドならではの強みだと言えます。実用性の高さが特徴となっています。

>>>DAIV Z5-T6-MGZNを購入<<<

DAIV Z5-T6-MGZNの口コミまとめ

現在口コミ情報を収集中です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、BTOパソコンマガジンとマウスコンピューターのコラボレーションモデルであるDAIV Z5-T6-MGZNの性能レビューを行いました。グラフィックスにプロフェッショナル向けのNVIDIA T1000を搭載したモデルです。動画編集・画像編集・WEBデザイン・3D CADなどの用途に適したモデルとなっています。

CPUにはハイクラスのCore i7-11700Fを搭載しています。このNVIDIA T1000とCore i7-11700Fを搭載したモデルは希少です。コストパフォーマンスに優れていて低予算でクリエイター環境を構築したい方におすすめです。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も充実しています。ダブルストレージ採用は魅力的ですね。

一方で、光学ドライブ及びSDカードリーダーが非搭載となっているのはデメリットです。クリエイターパソコンなら搭載して欲しかったところですね。また、納期が約1ヶ月と長めに設定されています。すぐに容易したいと考えている方は要注意です。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume