rtx3050asus画像引用元:https://www.asus.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX 3050の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Ampere世代のエントリークラスのグラフィックボードが登場しました。GTX 1650 Super/GTX 1650の後継モデルということになります。50番台のグラフィックボードも性能の底上げが行われています。

一方で、これまでの50番台とは違ってやや価格が上がって$249です。これは半導体不足による影響もあるのかもしれません。ベンチマークなどを詳しく見ていきましょう。比較のポイントはAMDのエントリークラスであるRadeon RX 6500 XTとの性能差です。

(+) GTX 1650よりも30%以上性能が向上している
(+) GPUメモリ容量が8GBと余裕がある
(+) レイトレーシング・DLSSに対応している
(+) 動画支援機能をサポートしている
(-) 従来モデルよりも価格が$100アップ
(-) RTX 3060との性能差が大きい
(-) 搭載モデルの価格がやや高め

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GeForce RTX 3050の総合性能

rtx3050benchmark

GeForce RTX 3050の性能差はTuring世代のRTX 2060とGTX 1660 Ti/GTX 1660 Superの間に収まる性能となっています。60番台に追いつく性能は素晴らしいですね。Ampere世代の60番台であるRTX 3060との性能差は13%とやや大きいです。最高設定にこだわりたいのであればRTX 3060以上のモデルを選択するか、Turing世代のRTX 2070などを選択すると良いと思います。

従来モデルのGTX 1650よりも34%高く、GTX 1650 Superよりも17%高いです。基本的にはFULL HD環境でのゲームプレイに適した性能となっています。AMDのRadeon RX 6000シリーズのエントリークラスであるRadeon RX 6500 XTよりも19%程度性能が高いです。安定性の面からみてもRTX 3050の方が優れています。

GeForce RTX 3050の性能スペック紹介

NVIDIA製グラフィックボードと比較

 RTX 3050RTX 3060GTX 1650
コードネームAmpereAmpereTuring
GPUGA106GA106TU117
プロセス8nm8nm12nm
ダイサイズ276 mm²276 mm²200 mm²
トランジスタ数120億120億47億
SM数202814
CUDAコア25603584896
RTコア2028-
Tensorコア80112-
ベースクロック1552 MHz1320 MHz1485 MHz
ブーストクロック1777 MHz1777 MHz1665 MHz
メモリ容量8GB12GB4GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR5
メモリバス128 bit192 bit128 bit
メモリ帯域幅224.0 GB/s360.0 GB/s128.1 GB/s
バスインタフェースPCIe 4.0 x8PCIe 4.0 x16PCIe 3.0 x16
出力1x HDMI
3x DisplayPort
1x HDMI
3x DisplayPort
1x DVI
1x HDMI
1x DisplayPort
TDP130 W170 W75 W
公式価格$249$329$149
発売日2022/01/272021/02/252019/04/23
RTX 3050のスペックについて同じNVIDIA製のグラフィックボードと比較していきます。旧世代のGTX 1650と同じAmpere世代の上位モデルであるRTX 3060が対象です。RTX 3050は、8nmプロセスを採用したグラフィックボードです。GTX 1650は、Turing世代のグラフィックボードとなっています。GPUはTU117を搭載しています。プロセスは12nmでRTX 3050よりも50%大きいです。ダイサイズはRTX 3050の方が38%大きく、トランジスタ数は2.5倍以上です。

プロセスが小さくなったことでより多くのトランジスタを効率良く搭載することができます。CUDAコア数は2.8倍以上で2560となりました。さらに、RTX 3050では初めて50番台でRTコア及びTensorコアが搭載されています。これまでの基本的なアーキテクチャを見ても大幅に進化していることがわかりますね。ベースクロックはRTX 3050の方が5%高く、ブーストクロックもRTX 3050の方が7%高いです。

メモリもGDDR5→GDDR6になり容量も倍の8GBとなっています。メモリバスは同じ128 bitです。メモリ帯域幅は75%広く224.0 GB/sとなっています。メモリ周りは大幅に強化されています。バスインターフェースはより上位規格のPCIe 4.0 x8に対応しています。TDPは70%増えて130Wです。価格差は$100で68%高くなりました。性能差が34%なのでやや割高です。レイトレーシングやDLSSが搭載されていることに対するプレミアムと考えて良いでしょう。画面出力もHDMIとDisplayPortの2つへと変更されました。

上位モデルであるRTX 3060と比較していきます。実はRTX 3050もRTX 3060と同じGA106を搭載しています。RTX 3060ではSMの数が8つ多くCUDAコアは3584となります。RTコアは28、Tensorコアは112とそれぞれ40%多いです。ベースクロックはRTX 3050の方が18%高く、ブーストクロックは同じです。

メモリ容量はRTX 3060の方が50%多く12GBとなります。メモリバスは192 bitでメモリ帯域幅は360.0 GB/sと60%広いです。バスインターフェースもPCIe 4.0 x16となっています。TDPはRTX 3050よりも30%大きく170Wです。価格差は$80です。およそ1年遅れてRTX 3050が登場していることになりますね。

AMD製グラフィックボードと比較

 RTX 3050RX 6500 XT
コードネームAmpereRDNA 2.0
GPUGA106Navi 24
プロセス8nm6nm
ダイサイズ276 mm²107 mm²
トランジスタ数120億54億
SM数2016
CUDAコア25601024
RTコア2016
Tensorコア80-
ベースクロック1552 MHz2310 MHz
ゲームクロック-2610 MHz
ブーストクロック1777 MHz2815 MHz
メモリ容量8GB4GB
メモリ規格GDDR6GDDR6
メモリバス128 bit64 bit
メモリ帯域幅224.0 GB/s143.9 GB/s
Infinity Cache-16MB
バスインターフェースPCIe 4.0 x8PCIe 4.0 x4
出力1x HDMI
3x DisplayPort
1x HDMI
1x DisplayPort
TDP130 W(1x 8-pin)107 W(1x 6-pin)
公式価格$249$199
発売日2022/01/272022/01/19
AMD Radeon 6000シリーズのエントリークラスであるRX 6500 XTとスペックを比較していきます。RX 6500 XTは、RDNA 2.0アーキテクチャを採用したモデルです。GPUはRX 6600で採用されているNavi 23よりも一回り小さいNavi 24が選択されています。プロセスは6nmとRTX 3050よりもさらに小さいです。ダイサイズは107m㎡と、RTX 3050と40%未満に収まります。トランジスタ数は54億とRTX 3050の45%に留まります。

CUDAコア数はRX 6500は1024となっています。RTコア数は16です。RTX 3050では第2世代となりますので、レイトレーシング性能には大きな差があります。ベースクロックはRX 6500 XTの方が50%近くも高く、ブーストクロックも同様に58%程度高いです。GPUメモリ容量はRTX 3050の半分の4GBです。メモリバスも半分の64 bitに抑えられています。メモリ帯域幅は143.9 GB/sと64%程度です。Infinity Cacheが16MBあるとは言ってもメモリ容量が4GBしかないのは弱みとなりそうです。

バスインターフェースもPCIe 4.0 x4と半分しかありません。モニター出力も最大2つまでとかなりコストカットが図られていると考えて良いでしょう。TDPは6-pinで107Wと省電力性は高いですが、性能差を考えるとそれほど優れているわけではありません。価格差は$50でRX 6500 XTの方が安くシステムを構築できます。

GeForce RTX 3050ってどんなグラフィックボード?

Ampere世代待望のエントリークラスのモデル

GeForce RTX 3050は、ようやく発売されたAmpere世代のエントリークラスのグラフィックボードです。これまでは$329のRTX 3060が最も安価でしたが、RTX 3050の登場で$249でAmpere世代のグラフィックボードが購入できます。日本円で言えば、70,000円台のRTX 3060に対して、RTX 3050は50,000円台で購入することができます。

半導体不足の影響によってグラフィックボードの価格が高騰している中で救世主になれるかもしれません。学生や新社会人の方でも購入できる価格帯と言えるかもしれません。従来モデルのGTX 1660 Tiと同等の性能は圧巻です。レイトレーシング・DLSSといった機能も安く実現できます。少しでも安くゲーミングPCやクリエイターPCを購入したいと考えている方にも最適です。

機能面でも競合モデルを上回っている

RTX 3050はエントリークラスのモデルながら機能面でも一定水準以上を保っています。例えば、競合モデルのRX 6500 XTではカットされているエンコード/デコードの支援機能を備えています。最新のAV1もサポートしていて、クリエイターの方にもおすすめできるグラフィックボードだと言えます。CPU内蔵グラフィックスでは物足りない方は是非チェックしておきましょう。

また、マルチモニター環境を容易に構築できるのも特徴の一つです。HDMI×1、DisplayPort×3と最大4画面出力を行えます。接続ケーブルがあればすぐにマルチモニターでパソコンを使用できます。ゲームプレイだけではなくデイトレードなどでも活用できると思います。競合モデルであるRadeon RX 6500 XTが最大2画面であることを考えるとかなりメリットが大きいです。

搭載モデルの価格がやや高め

RTX 3050を搭載したモデルの相場は15万円前後でやや高価です。パソコン工房などではCore i3-12100やCore i5-12400との組み合わせたモデルがなくなったことで相場が上がっています。あともう少し予算を増やせば他社BTOメーカーで上位モデルであるRTX 3060が手に入るほどです。性能が大きいので価格差が小さければRTX 3060搭載モデルを選択した方が良いでしょう。

GeForce RTX 3050搭載PC使用時のフレームレート一覧

GeForce RTX 3050でゲームプレイをプレイした時のフレームレートを見ていきましょう。メインターゲットとなるのはFULL HD環境です。WQHD環境以上でのフレームレートもまとめていますが、適正がないためFULL HD環境だけ見ておけばOKです。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

Assassinscreed

GTX 1650 Superよりも42%もフレームレートが高くなっています。50番台のグラフィックボードでもこれだけパフォーマンスが引き上げられました。ただし、Assasin’s Creed Odysseyのように負荷の高いタイトルにおいては設定を下げて調整する必要がありますね。

GTX 1660 Tiよりも6%程度フレームレートが高いです。RTX 2060との差は8%程度となっています。Radeon RX 6500 XTは全く相手にならず性能差は45%と大きいです。RTX 3050の方が価格が高いですが、これだけ性能差があれば問題はないと思います。

Far Cry 6

farcry6rtx3050-Far Cry 6

GTX 1650 Superよりも19%程度フレームレートが高いです。GPUメモリ容量が8GBになったことで4Kでの差は大きいです。もっとも性能的にゲームプレイ自体は難しいです。RX 6500 XTよりも20%以上フレームレートが高く性能差を見せつけています。GTX 1660 Tiとほぼ同等の結果となりました。RTX 2060との差は15%程度となっています。RTX 2060との間には大きな壁が立ちはだかります。

Hitman 3

hitman3rtx3050-hitman3

Hitman 3ではおおよそGTX 1660 Tiと同等のパフォーマンスを発揮しています。GTX 1650 Superよりも20%以上フレームレートが向上しました。Radeon RX 6500 XTとの差は17%-100%程度です。解像度が上がるとよりその差が広がります。GPUメモリ容量の差が現れていると言えます。

Borderland 3

Boarderland 3rtx3050-borderlands3

GTX 1660 Tiよりも10%程度フレームレートが高いです。GTX 1650 Superよりも35%とかなり大きいです。最高設定でもある程度余裕を持ってゲームをプレイできますね。Radeon RX 6500 XTよりも25%高くゲーム適性はかなり高いと言えます。おおよそRTX 2060と同等のフレームレートが出ているのは評価できます。RTX 3060との差は26%と大きくなっています。

Metro Exodus

Metro Exodusrtx3050-metroexodus

Metro ExodusでもおおよそGTX 1660 Tiと同等のフレームレートとなっています。上回ることができなかったのは残念です。FULL HD環境においてはGTX 1650 Superよりも23%程度高く、RX 6500 XTよりも25%程度高いです。RTX 2060との差は23%とやや大きいです。中古で安く購入できるのであればRTX 2060を候補に入れても良いかもしれません。


GeForce RTX 3050のその他参考データ

レイトレーシング-Metro Exodus

Metro Exodusmetroexodusdlss-rtx3050

レイトレーシング性能について見ていきましょう。まずはじめにRTX 3050はレイトレーシング性能が高いわけではないため本格的にレイトレーシングを活用したいなら上位モデルの購入を検討するべきです。FULL HDでも51.4fpsとやや厳しいですね。それでもRX 6600と同等のフレームレートを出しています。RX 6500 XTよりも80%以上のフレームレートが高いです。RTX 3060になると37%高いフレームレートを得られます。RTX 3060が一つの基準になると考えて良いでしょう。

レイトレーシング-Control

controldlsscontroldlss-rtx3050

DLSSのパフォーマンスを見ていきます。レイトレーシングだけを有効化した場合のフレームレートは32.7fpsです。これだとさすがに快適にゲームをプレイすることはできません。DLSSを有効化すればフレームレートが60%以上フレームレートが向上します。これはRadeon RX 6500 XTにはない特徴です。競合モデルと比べて選ぶ理由になりますね。

消費電力

rtx3050-watt

消費電力について見ていきます。おおよそ性能通りの消費電力に抑えられていると思います。GTX 1650 Superよりも4%-26%程度消費電力が上がっていますね。RX 6500 XTは消費電力が低く最大33%も低いです。6nmプロセスを採用している分省電力性に優れていますが、性能差も相応にあるためRTX 3050が圧倒的に劣るわけではありません。RTX 2060はやはり性能以上に消費電力が高くアーキテクチャの差を感じますね。

GeForce RTX 3050搭載のおすすめBTOパソコン

FRGXB660/WS14/NTK(フロンティア)

FRGXB46036A価格:135,800円(税込)
CPU:Core i5-12400F
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
フロンティアの台数限定セールは非常にお得です。ミニタワーケースを採用しています。Core i5-12400F×RTX 3050の組み合わせで税込13万円台は圧巻です。この価格ならRTX 3050搭載モデルを選ぶ理由が生まれます。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も十分ですね。電源ユニットは600W BRONZEを採用しています。

G-GEAR GA5J-B221/B2(TSUKUMO)

G-GEAR GA5J-C201T価格:149,800円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
TSUKUMOの販売しているゲーミングPCです。ミドルタワーケース採用で拡張性に優れています。RTX 3050×Core i5-12400の組み合わせです。FULL HD環境で設定を下げれば多くのタイトルをプレイすることあgできます。メモリ16GBmSSD 512GBと平均的な構成です。電源ユニットは550W BRONZEを採用しています。DVDスーパーマルチドライブが標準搭載は魅力的です。

Lightning AS5 Ryzen5 4500搭載モデル(ドスパラ)

Magnate MH価格:157,980円(税込)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
Intel第十二世代のCore i5-12400を搭載したモデルです。6コア12スレッドと従来モデルと同じスペックながらアーキテクチャが変わって性能は大きく向上しています。動画編集や画像編集などの作業にも対応できます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実していますね。電源ユニットは650W BRONZEを採用しています。性能帯を考えると余裕があります。

STYLE-R069-127-NAX(パソコン工房)

STYLE-M0P5-R55G-EZX価格:182,980円(税込)
CPU:Core i7-12700
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
CPUにハイクラスのCore i7-12700を搭載したクリエイターPCです。12コア20スレッドと従来モデルよりも飛躍的にスペックが向上しています。マルチスレッド性能はRyzen 9 5900Xに匹敵するほどで動画編集・画像編集も難なくこなせます。CPU性能を重視したい方におすすめです。メモリ16GB、SSD 500GBという構成です。

GeForce RTX 3050はこんな方におすすめ!

管理人管理人

当記事では、Ampere世代におけるエントリークラスであるRTX 3050のレビュー及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Turing世代のGTX 1660 Ti/GTX 1660 Superよりも高い性能を持ちFULL HD環境でのゲームプレイに適しています。タイトルによっては高リフレッシュレートを実現することもできます。競合モデルのRadeon RX 6500 XTよりもパフォーマンスが高いのが魅力です。

モニター出力も最大4画面と機能面も優れています。手軽にレイトレーシングやDLSSといった機能を試すことができるのも魅力です。搭載BTOパソコンのラインナップも豊富です。税込13万円台から購入することができます。Core i5シリーズとの組み合わせが最も多いように思います。ゲームプレイだけではなくクリエイターパソコンとしてもおすすめです。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページベンチマークテスト環境

CPURyzen 7 5800X
マザーボードEVGA X570 Dark
メモリDDR4-4000 16GB
Thermaltake TOUGHRAM
SSDCrucial MX500 2TB SSD×2
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850 W
冷却システムCooler Master MasterLiquid ML240L V2
ソフトウェアWindows 10 Professional 64-bit
参照サイト:Gigabyte GeForce RTX 3050 Gaming OC Review(TECHPOWERUP)