ryzen54500

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 4500の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Ryzen 5 3500の後継モデルが発売されました。2019年7月に発売されて以来3年近くの時間が経過しています。これは半導体不足の影響もあってAMDが上位モデルを優先した結果ですね。

ようやく待望のエントリークラスのCPUが登場となっています。実はアーキテクチャはZen 2アーキテクチャでRyzen 5 3500と同じです。それでもハイパースレッディングに対応するなどスペックが引き上げられています。気になる性能について詳しく見ていきましょう。

(+) $129と待ちに待った低価格帯のCPU
(+) 6コア12スレッドと従来モデルより高スペック
(+) Ryzen 5 3600に近い処理性能を持つ
(-) ゲームプレイ時のパフォーマンスは低い
(-) Ryzen 5 5500と比べるとコスパが低い

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Ryzen 5 4500の基本スペック

世代第3世代
アーキテクチャZen 2
コア/スレッド数6 / 12
定格クロック3.60 GHz
最大クロック4.10 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
L3キャッシュ8MB
TDP
65W
価格$129
発売日2022/04/04

Ryzen 5 4500のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 5 4500は、デスクトップ向けモデルとしてはローエンドクラスのCPUとなります。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応していてある程度のPC作業に対応可能です。デュアル環境構築・動画視聴・Skypeなどは余裕があります。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザイン・ビジネス用途でも通用します。ゲームプレイ・ゲーム実況・DTM・3D CADなどはやや物足りなさを感じてしまうでしょう。これらの用途を考えているならRyzen 5 5500以上、できればRyzen 5 5600以上がおすすめです。

Ryzen 5 4500のスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 4500Ryzen 5 5500Ryzen 5 3500
コードネームZen 2(Renoir)Zen 3( Cezanne)Zen 2(Matisse)
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数98億107億-
ダイサイズ156 mm²180 mm²-
コア666
スレッド数12126
定格クロック3.6 GHz3.7 GHz3.6 GHz
最大クロック4.1 GHz4.2 GHz4.1 GHz
オーバークロック
L3キャッシュ8MB16MB16MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載非搭載非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラーWraith StealthWraith StealthWraith Stealth
TDP65W65W65W
価格
(実売価格)
$129
(17,200円)
$159
(19,980円)
$129
(18,980円)
発売日2022年04月04日2022年04月04日2019年07月07日
Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3500と同じZen 2アーキテクチャを採用したCPUです。コードネームこそRenoirになっていますが、基本的には同じアーキテクチャだと考えて良いでしょう。プロセスも7nmと共通です。コア/スレッドは6コア6スレッドから6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応となりスペックが引き上げられています。定格クロック3.6 GHz、最大クロック5.1GHzと共通です。

いずれもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュ容量は半減の8MBとなります。この影響が気になるところです。CPU内蔵グラフィックスはどちらも非搭載です。メモリタイプもDDR4-3200と変わっていません。CPUクーラーはWraith Stealth同梱です。TDPは65Wとなっています。価格も$129と共通です。実売価格ではRyzen 5 3500の方が高くなっていますね。現状ならRyzen 5 4500を選ぶ方が良いと思います。

上位モデルであるRyzen 5 5500と比較していきます。Ryzen 5 5500は最新のZen 3アーキテクチャを採用したCPUです。プロセスは7nmと変わっていません。トランジスタ数は10%程度多く、ダイサイズも15%程度大きいです。定格クロック及び最大クロック共に0.1GHzずつ高いです。オーバークロックに対応しています。Ryzen 5 5500ではL3キャッシュは倍の16MBとなっています。

メモリタイプはDDR4-3200と同じです。CPUクーラーも共通ですね。価格は$30高くなっています。国内の販売価格では2,780円の差がありますが、これだけの差であればRyzen 5 5500を選ぶ方が良いでしょう。Zen 3アーキテクチャを採用しているのは魅力的です。L3キャッシュ容量も多くゲームプレイ時でも十分なパフォーマンスを発揮できます。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 4500Core i3-12100Core i3-12100F
コードネームZen 2(Renoir)Alder LakeAlder Lake
プロセス7nm10nm10nm
トランジスタ数98億--
ダイサイズ156 mm²163 mm²163 mm²
コア644
スレッド数1288
定格クロック3.6 GHz3.3 GHz3.3 GHz
最大クロック4.1 GHz4.3 GHz4.3 GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ8MB12MB12MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載UHD Graphics 730非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
CPUクーラーWraith Stealth
TDP65W58W58W
価格
(実売価格)
$129
(17,200円)
$122
(16,780円)
$104
(13,970円)
発売日2022年04月04日2022年01月05日2022年01月05日
競合モデルであるIntel Core i3-12100(F)と比較していきます。Core i3-12100はAlder Lake世代のCPUでエントリークラスに位置します。プロセスは10nmでRyzen 5 4500の方が7nmと小さいです。ダイサイズはCore i3-12100の方が5%程度大きく163 m㎡です。4コア8スレッドとRyzen 5 4500よりもそれぞれ33%少ないです。Core i3-12100はスペックが控え目ですが、洗練されたアーキテクチャのおかげでRyzen 5 4500と同等以上の性能を持っています。

定格クロックはRyzen 5 4500の方が10%高く、最大クロックはCore i3-12100の方が5%高いです。Core i3-12100はオーバークロックに非対応です。L3キャッシュはCore i3-12100の方が50%多く12MBとなります。Core i3-12100では内蔵グラフィックスにUHD Graphics 730が選択されています。対応メモリはCore i3シリーズでは上位規格のDDR5-4800に対応しています。もっとも価格帯的にDDR5を選択するケースはないと思います。いずれのモデルもCPUクーラー同梱です。TDPはCore i3シリーズの方が10%低く58Wとなります。

価格はCore i3-12100が$122とRyzen 5 4500に近いです。実売価格では420円だけCore i3-12100の方が安価です。CPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i3-12100Fなら3,230円も安くなります。コストパフォーマンスを考えるとCore i3-12100が優れていますね。

Ryzen 5 4500ってどんなCPUなの?

低価格帯のモデルを支えるエントリークラスのCPU

Ryzen 5 4500は、ラインナップ的に20,000円以下で購入できる低価格帯のCPUです。Ryzen 5 3500の後継モデルということで注目度が高いです。このRyzen 5 3500は、税込10万円前後のグラフィックボード搭載ビジネスパソコンで採用されるなど非常に人気が高く後継モデルのリリースが待ち望まれていました。2022年4月にようやくリリースされることになり期待が持てます。

これだけ発売が伸びたのは半導体不足の影響でしょう。より利益率の高い上位モデルに注力した結果です。スペック的にもハイパースレッディングに対応で6コア12スレッドと強化されたのはハイライトです。一方で、L3キャッシュが半減になるなど課題もあります。用途に合わせてしっかり検討する必要がありますね。特にゲーム目的の場合は避けた方が良いでしょう。

アーキテクチャがZen 2で今のモデルとしては古い

Ryzen 5 4500は、2022年4月に発売されたばかりの比較的新しいモデルですが、アーキテクチャはRyzen 5 3500と同じZen 2となっています。つまり、アーキテクチャ的には現行第四世代(Zen 3)に対して一世代古いということです。次世代モデルである第五世代Ryzenシリーズの登場も控えていてこれは残念なポイントとなります。同じアーキテクチャを採用しているということで飛躍的な性能向上を見込むことはできません。

L3キャッシュが半減も痛いです。ゲームプレイ時などに影響を受けます。コストパフォーマンスを考えると同時期に発売された「Ryzen 5 5500」の方が良いです。価格差は2,780円です。これだけの差でZen 3アーキテクチャのCPUが手に入ります。また、L3キャッシュも16MBと倍増でゲームプレイ時のパフォーマンスも安定します。Ryzen 5 4500はとにかく価格を抑えたい方でかつゲームをプレイしない方におすすめです。現行モデルの中でもっとも安い事実は変わりません。

意外と搭載BTOパソコンが増えてきている

一世代前のZen 2アーキテクチャ採用のCPUということで搭載モデルはそれほど増えないのではないかと思いましたが、各BTOメーカーから搭載モデルがいくつかリリースされています。ドスパラ・TSUKUMOなどから搭載モデルが販売されています。ドスパラではRyzen 5 3500搭載モデルの取り扱いがあり、その流れのまま搭載モデルとして取り扱っています。

価格を抑えたBTOパソコンを探している方は選択肢に入れても良いかもしれません。ただし、ゲーム適性が低くゲーム目的での購入は推奨しません。それはゲームプレイ時のフレームレートを見ればわかりますね。Ryzen 5 5500搭載モデルも合わせて検討すると良いと思います。TSUKUMOの場合+5,500円でRyzen 5 5500へアップグレードできます。単体での実売価格より差は大きいですが、検討する価値があります。

Ryzen 5 4500の総合性能

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen5500-cinebenchr23

Cinebench R23でのスコアを見ていきます。Ryzen 5 4500は、マルチスレッド性能もシングルスレッド性能もRyzen 5 3600と同等ですね。Core i3-12100よりもマルチスレッド性能は10%高いですが、シングルスレッド性能は29%程度低いです。上位モデルであるRyzen 5 5600との差は10%-13%程度です。価格帯を考えると納得できるスコアが出ていますね。

Adobe Photoshop

cameraryzen5500-photoshop

画像処理に掛かる時間をまとめています。Ryzen 5 3600よりも8%程度パフォーマンスが劣っています。Core i3-10105よりも12%程度性能が高いですが、現行のCore i3-12100よりも18%程度劣ります。シングルスレッド性能が重視される傾向にありCore i3シリーズにとって有利なソフトウェアだと言えますね。

Premiere Pro CC

dougahensyuuryzen5500-adobepremiere

動画編集時のパフォーマンスを見ていきましょう。Ryzen 5 3600を上回るパフォーマンスは素晴らしいですね。一方で、Core i3-12100と比べるとパフォーマンスが劣ってしまいます。Zen 3アーキテクチャ採用のRyzen 5 5500では7%程度パフォーマンスが高いです。動画編集がメインならまずまず通用すると考えて良さそうです。

Ryzen 5 4500のゲーミング性能

ゲームプレイ時のフレームレートを見ていきます。結果はかなり厳しくL3キャッシュが少ないことが致命的になっています。旧世代のCore i3-10105と同等の水準に留まります。同等以下の価格で購入できるCore i3-12100の方が高いフレームレートを出しています。

Borderlands 3

borderlands3ryzen54500-borderlands3-borderlands3

Borderlands 3ではCore i3-10105よりもわずかに高いフレームレートを出しています。Ryzen 5 3600よりも16%程度フレームレートが低いのは厳しいですね。Ryzen 5 3600との違いを見るとアーキテクチャやコア/スレッド数は共通ですので、L3キャッシュが半減というのが影響していると考えるのが自然でしょう。Zen 3アーキテクチャ採用のRyzen 5 5500になると30%もパフォーマンスが高くなります。

Far Cry 5

farcry5ryzen54500-farcry5

Far Cry 5でも傾向は同じです。Core i3-10105よりも少しだけフレームレートが高い程度に留まります。Ryzen 5 3600との差は11%とやや大きいです。ここに大きな壁がありますね。Ryzen 5 5500との差は16%程度さらに広がります。同価格帯のIntel Core i3-12100では132.4fpsと、Ryzen 5 5600Xと同等のパフォーマンスを発揮します。4コア8スレッドでもこれだけのフレームレートが出るのは驚きますね。

Metro Exodus

Metro Exodusryzen54500-farcry5

Metro Exodusも同様です。Ryzen 5 3600よりも13%も低くなっています。Ryzen 5 5500との差は17%となります。Zen 2からZen 3への進化だけではなくL3キャッシュ容量が倍増の16MBというのが大きいですね。

Ryzen 5 4500搭載のおすすめBTOパソコン

Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデル(ドスパラ)

Lightning AH価格:99,980円(税込)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
ドスパラの人気のミニタワーモデルです。Ryzen 5 4500搭載モデルの最安値クラスの一台となっています。ビジネスモデルながらグラフィックボードを搭載しています。グラフィックスにはTuring世代のエントリークラスであるGTX 1650を搭載しています。ゲームプレイだけではなくWEBデザインなどの3Dグラフィックス処理にも対応できます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も十分です。マウスやキーボードも標準同梱です。

G-GEAR GA5A-C221/B(TSUKUMO)

G-GEAR価格:139,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
TSUKUMOのゲーミングPCです。ミドルタワーケースを採用しています。グラフィックスには現行のAmpere世代のエントリークラスであるRTX 3050を搭載しています。CPUとのバランスを考えるとRTX 3050ぐらいまでがベストだと思います。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も十分です。ゲーム目的なら避けた方が良いと思います。基本的にはクリエイター作業をメインに考えている方向けです。

Lightning AS5 Ryzen5 4500搭載モデル(ドスパラ)

Lightning AH価格:157,980円(税込)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
ドスパラのLightningシリーズでもRTX 3050搭載モデルがリリースされています。登場したばかりということもあってやや価格が高めになっています。同等の構成を持つTSUKUMOの「G-GEAR GA5A-C221/B」よりも10%以上高いのは厳しいですね。今後価格が下がってくるのではないかと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 4500の性能スペック&搭載BTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3500の後継モデルです。アーキテクチャはZen 2から変わっていませんが、ハイパースレッディングに対応となったことで性能の底上げが行われています。一方で、L3キャッシュが半減の8MBとなります。これがゲームプレイ時などのパフォーマンスに影響を与えています。

搭載BTOパソコンのラインナップも増えて来ました。ドスパラやTSUKUMOから搭載モデルがリリースされています。とにかく安くパソコンを作りたいと考えている方やパソコンを購入したいと考えている方向けです。ただし、上位モデルであるRyzen 5 5500との価格差が小さくコストパフォーマンスでは劣ります。Ryzen 5 5500搭載モデルも合わせて確認しておくと良いですね。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等