lenovotop

管理人管理人

当ページでは、Lenovo(レノボ)の評判を解説しています。Lenovoでパソコンの購入を検討している方やどのような企業なのか興味がある方が対象です。中国発祥で最も勢いのある企業の一つだと行っても過言ではありません。新しいモデルの投入も早く新しいCPUやグラフィックボードが登場したときは要チェックです。

ノートパソコンのThinkpad(IBMから引き継ぐ)が有名ですね。コストパフォーマンスに優れたモデルも多く人気が高いです。Eクーポンコード利用を忘れないようにしましょう。最近はゲーミングPCブランドLEGIONなど幅広いラインナップに力を入れていて国内でも人気のメーカーとなっています。ぜひ参考にしてくださいね。

Lenovoってどんな会社?

lenovoheadqurter画像引用元:http://www.jcquelhas.com/

企業店舗数人気コスパセールラインナップカスタマイズ返品
レノボ・ジャパン株式会社0店舗

Lenovo(レノボ)は、中国発祥のパソコンメーカーです。台湾メーカーは多いですが、中国メーカーはそれほど多くありません。今や世界的に販売網を拡大してグローバル企業となっています。重要拠点はアメリカノースカロライナ州モリスビル及び中国北京にあります。国内にはレノボ・ジャパン株式会社があり、本社は千代田区となっています。

主力のThinkpadは日本国内生産モデルもあり、品質の高さに定評があります。コストパフォーマンスについてはモデル次第です。セール対象モデルになればより安く購入できます。Lenovoでは、BTOの代わりにCTO(Configuration to Order)という言葉が使われています。日本語訳だと「注文仕様生産」となりますが、意味は同じです。Dellでも使われている言葉なのでアメリカ(グローバル)を意識しているのかもしれません。

Lenovoの歴史は非常に興味深いものです。まず、2004年にIBMのPC部門を買収しました。この時に元々IBMの主力ブランドだったThinkpadを受け継ぐことになりました。2011年にNECと合併会社を設立して日本でのブランド力を高めています。消費者向けコンピューターの販売台数を伸ばしたいという思惑があります。その他、富士通との事業統合、モトローラ・モビリティの買収など色々な動きを示しています。国内での人気も確かなものになっています。

2020/21年度通期の売上高は7兆円(Business Wire, 2022)とかなりの売上を誇ります。Dellの12兆、Microsoftの20兆と比べても見劣りしません。やはりIBMのPC部門買収は大成功だっと言えるのではないでしょうか。

国内パソコン出荷台数No.1

lenovoshare出典:(日経クロステック Active, 2022)

2021年第2四半期の国内PC市場のシェアは、レノボ・NEC・富士通グループが36.8%と他を圧倒しています。二位のHPの16.0%、三位のDellの14.1%と大きな差がありますね。国内企業のNECや富士通を買収したのは大きいですね。

>>Lenovo公式HP<<

Lenovoを選ぶ三つの理由

管理人管理人

ここではLenovoでパソコンを購入する理由について解説しています。各BTOメーカーと比べた時の強みだと言える部分です。購入検討中の方が気になるところだと思います。

国内(山形県米沢市)生産モデルがある

necjigyousyo
Thinkpadの一部のモデルについては、国内生産を行っています。山形県米沢市にあるNECコンピューターの製造拠点です。NECとの事業統合によって実現しました。国内生産のメリットは、高い品質を維持できることとスピード発送(1週間~2週間)ができることです。ただし、スピード発送に関してはドスパラやマウスコンピューターなどの国内BTOメーカーに比べるとまだまだです。

また、引き続き国内開発が行われているのも特徴です。神奈川県大和市にある大和研究授所でThinkpadが生まれました。今は世界中で販売されているThinkpadが日本生まれということを知っている方は少ないのではないでしょうか。ノートパソコンのキーボードの中心にある赤色のトラックポイントには日本人らしいおもてなしの心が見て取れます。

セールの割引額が大きくオトク

Lenovoは、セールでの割引額が大きいのが特徴です。購入検討中の方は必ずセール情報をチェックしてください。特にボーナス前・大型連休中は安く購入できるチャンスです。もちろん米沢生産モデルも対象となります。TOPページからセール・キャンペーン情報を確認することができます。

モデルによっては最大50%近くの割引となることもあります。40%以上の割引が適用されたモデルが多いです。基本的にはセールありきの価格設定になっていますね。対象モデルが多くて分かりづらいかもしれません。当サイトでおすすめモデルをピックアップしていますので、合わせて参考にしていただければと思います。

>>>セール情報を確認する

ノートパソコンのカスタム自由度が高い

全てのBTOメーカーで見てもノートパソコンのカスタマイズ性の高さは郡を抜いています。一部のモデルはカスタマイズ不可となっていますので、カスタマイズ可能なモデルを購入する必要があります。珍しい構成のモデルを選択することもできます。例えばCPUならCore i5-1130G4などあまり国内メーカーでは見ない型番を選択することができます。

その他高品質液晶・電源のカスタマイズ、メモリのアップグレードなどができるのも魅力です。より自分好みに仕上げることができるというわけです。Lenovoは、Thinkpadを中心にノートパソコンに強いメーカーと言えます。ノートパソコンを探している方は一度チェックしてみるとおもしろいと思います。

>>Lenovo公式HP<<

Lenovoのマイナス面

管理人管理人

Lenovoのマイナスだと思える部分をまとめています。特長だけだとショップの評判を知る上では不十分です。悪い部分も全て理解してショップを決めると後悔せずに済むと思います。

納期が長め

海外メーカーということで納期が比較的長くなっています。これがLenovo最大の弱点です。つまりこれに納得ができるなら比較的購入しやすいということです。通常2週間から3週間での発送(一部短納期のものもある)となります。特に旧モデルで価格が下がりきったモデルは人気が集中しているのかかなり納期が長い傾向にあります。

国内生産の米沢モデルであればもう少し早く手に入れることができますが、それでも国内のBTOメーカーに比べて長いと言えます。今すぐパソコンが欲しいという方にとってはデメリットになってしまいます。気長に待つ必要がありますね。納期以外の部分に価値を見出だせる方におすすめです。

デスクトップのラインナップはイマイチ

デスクトップパソコンにはそれほど魅力的なモデルが多いわけではありません。Lenovo=Thinkpad(ノート)というイメージが先行してしまいます。ラインナップ的にもノートパソコンが主力となっていてデスクトップパソコンが欲しいなら他のブランドを検討すると良いですね。

最近はデスクトップパソコンのラインナップも上昇傾向にありますが、世界的にも売れ筋はノートパソコンなので仕方のない部分だと思います。デスクトップパソコンの購入を考えている方は他のメーカーをチェックすることを推奨します。

米国大手に似ている部分がある

Lenovoのホームページを見るとわかるのですが、DellやHPなどのアメリカの大手BTOメーカーと似ていることに気付きます。中国のオリジナルブランドらしさが出ているわけではないのがデメリットだと思います。これはIBMの買収によってアメリカっぽさが強く出ているのだと思います。

製品自体は全く異なる商品なので問題はないのですが、面白みに欠けます。ホームページが特殊で製品を探すのがやや難しいですね。サイト設計がそれほどちゃんと行われていないという印象を受けます。どの製品が販売中なのか、どの製品が売り切れているのかといったことを把握するのに時間が掛かります。また、どれが本当にお得なモデルなのかも慣れていないと判断しにくいでしょう。

Lenovoの不祥事

notepcsecurity
Lenovoはこれまでいくつかの不祥事を起こしてきています。気になっている方も多いと想うのでここにまとめておきます。今はこれらの問題は解決していると考えて良いでしょう。

Superfish

2015年にレノボは、ノートパソコンにマルウェアとして認識されるソフトウェア(VisualDiscovery)をプリインストールしているとして議論が巻き起こったことがあります。検索エンジン結果に価格比較をする広告を表示させるブラウザのアドオンです。

セキュリティ上の脆弱性が懸念され米連邦取引委員会と対立していました。多額の和解金を支払うことで解決しました。この問題によって、レノボはその後パソコンのプリインストールソフトの数を少なくしました。

Lenovo Service Engine

2015年にかけてLenovoの一部のモデルにおいて「Lenovo Service Engine」と呼ばれるソフトウェアがインストールされていました。ブロートウェアと言われるソフトウェア「Lenovo OneKey Optimizer program」を自動的にインストールすることが問題となり、セキュリティ上の問題もあるということで現在はインストールされていません。

LenovoのおすすめPC

Lenovoブランド

IdeaPad Slim 550 – プラチナグレー – ブラック-ノートパソコン

IdeaPad Slim 550価格:68,934円(税込)
CPU:Ryzen 5 5625U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 8GB
ストレージ:SSD 256GB

公式
送料・税込68,934円で購入できます。出荷まで1営業日から2営業日程度と比較的短くなっているのが嬉しいですね。14.0インチと持ち運びがしやすいコンパクトさがウリとなっています。アルミニウム合金製の筐体となっています。本体重量はわずか1.45kgです。性能面でも満足度が高くCPUには比較的新しいRyzen 5 5625U(Zen 3)を搭載し様々な作業を快適に行うことが可能です。6コア12スレッドと競合モデルよりもマルチスレッド性能が高いです。メモリ容量も余裕のある8GBを搭載しています。ストレージにはSSD 256GBを搭載し快適なPC作業が実現します。長時間バッテリー駆動も魅力的ですね。

Lenovo IdeaPad Slim 370i – アークティックグレー-ノートパソコン

Lenovo IdeaPad Slim 370i価格:82,764円(税込)
CPU:Core i5-1235U
GPU:インテル Iris Xeグラフィックス
メモリ: DDR4-3200 8GB
ストレージ:SSD 256GB

公式
17.3型のIdeapadとなっています。FULL HD対応モニターを搭載しています。本体重量は約2.04kgと17.3インチモデルとしては軽い部類です。納期も早いです。CPUには第十二世代Core i5-1235Uを搭載しています。10コア12スレッドと高いうスペックを持ち十分なパフォーマンスを発揮しています。税込み・送料込で82,764円は魅力的です。この価格帯では最高のコストパフォーマンスを持っています。ブラウザを複数立ち上げて、アプリの起動したり、負荷の高いアプリケーションを利用したりするのに最適です。動画編集などのクリエイター作業にもおすすめです。メモリ8GB、SSD 256GB NVMeという構成です。

Legionブランド

ゲーミングブランドであるLegionのおすすめモデルを紹介しています。

Lenovo IdeaPad Gaming 370 – オニキスグレー-ノートパソコン

Lenovo IdeaPad Gaming 370価格:126,940円(税込)
CPU:Ryzen 5 6600H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式
16.0インチWUXGAディスプレイを搭載しています。Ryzen 5 6600H×RTX 3050搭載のエントリークラスのゲーミングノートPCです。税込12万円という価格は素晴らしいですね。国内BTOメーカーではなかなか実現しづらい価格設定だと言えます。グラフィックス性能は控えめですが、設定調整をすればゲームプレイに対応可能です。レイトレーシングにも対応しています。メモリ16GB、SSD 512GBと価格帯を考えると構成は十分だと思います。

Lenovo Legion 560 :スタンダード-ノートパソコン

Lenovo IdeaPad Gaming 370価格:152,460円(税込)
CPU:Core i5-12500H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB

公式
16.0インチWUXGAディスプレイを搭載しています。最近は16.0インチモデルが増えて来ていますね。Core i5-12500H×RTX 3060とミドルクラスのモデルです。FULL HD環境でのゲームプレイに最適です。CPUにはIntel第12世代のCore i5-12500Hを搭載しています。12コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できます。一般的に採用されることの多いCore i5-12400Hよりもクロック周波数が高く性能が底上げされています。動画編集やゲーム実況にも適していると言えます。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も抜群ですね。

>>Lenovo公式HP<<

Lenovoの口コミ

良い口コミ

管理人管理人

コストパフォーマンスを重視するならLenovoは第一候補になると思います。それほど安価なモデルが揃っています。

管理人管理人

タッチパネルの質の高さに定評があります。確かに家族みんなで使用するのであれば様々な形になるideapadは魅力的な選択肢になると思います。2 in 1ノートは人気が高いですね。

管理人管理人

Lenovoはまだまだ法人向けが多い印象を受けます。ただ、こうやって個人の方にも広がってきているのがわかるのは興味深いです。今後国内のBtoCがどのようになるのか注目です。国内のBTOメーカーを圧倒するときが来るかもしれませんよ。

管理人管理人

レノボでもSSD搭載モデルが一般的になってきましたので、より快適にパソコン作業を行うことができます。パソコンを買ったときはいつでもワクワクする気持ちわかります!ぜひ長く使い続けて欲しいですね。

管理人管理人

品質の高さに定評があるブランドです。耐久性が高いため多くの国内企業でも採用されていることがわかっています。国内シェアNo.1は伊達ではありません。

中立の口コミ

管理人管理人

Lenovoの人気モデルはすぐに在庫切れになってしまうイメージです。他のメーカーと比べて明らかに割安なモデルについてはすぐに購入を決断してしまった方が良いかもしれません。

管理人管理人

確かに購入して失敗しにくいメーカーだと思います。3D CADや動画編集など専門的な作業を行うわけでないのであれば、手頃で購入しやすいLenovoが輝くときだと思います。価格帯が上がると比較対象となるメーカーも増えて来るので難しいかもしれません。

管理人管理人

ideapadブランド自体まだまだ知名度が高いわけではありません。ただ、レノボは企業としてノートパソコンに力を入れていますので、選択肢に入れても良いと思います。比較的低価格でライトユーザーにも人気があります。

各種情報まとめ

支払い方法

支払い方法は、銀行振込(シティバンク、エヌ・エイ)、クレジットカード、分割払い(JACCS)に対応しています。クレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Expressに対応しています。ダイナースクラブには対応していません。また、代引は不可となっています。

保証

Lenovoは保証も充実しています。基本保証として1年間の引き取り保証を受けられます。送料無料で修理センターに配送すれば修理完了後自宅まで届けてくれます。基本保証でも十分だと思いますが、追加費用を支払えば最大5年まで保証を受けられます。

さらに、オンサイトでの修理を行ってもらえるサービスも提供しています。修理依頼をすると技術員が自宅まで出張訪問修理を行ってくれます。また、パソコン保険(アクシデントダメージプロテクション)に加入すれば水濡れや物理的破損にも対応してもらえるのが特徴です。このようにユーザーの要望に合わせて様々な保証サービスから選択することができます。

返品について

お客様都合による返品にも対応しています。商品到着後10日以内にお電話にて個人向けショッピングサイトに連絡する必要があります。ただし、一度使用した場合やお客様の責任でキズや破損が生じた場合は返品・交換の対象外となります。

>>Lenovo公式HP<<

Lenovoの企業・店舗情報

ショップ名Lenovo(レノボ)
企業名レノボ・ジャパン株式会社
設立2005年4月28日
資本金1億円

参照外部サイト

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等