Quadro P2200画像引用元:http://www.elsa-jp.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Quadro P2200の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。当該モデルはQuadro P2000の後継モデルとして2019年8月30日に発売開始となりました。

クリエイター向けのグラフィックボードとしてはミドルクラス~ミドルエンドクラスの性能を持っています。高価なQuadroの中では比較的リーズナブルなためアマチュアの方にも人気があります。

>>>>>Quadro P2200の価格を見る<<<<<

Quadro P2200のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Quadro P2200は、クリエイター向けのグラフィックボードの中では真ん中に位置しています。性能は高く3D CAD、RAW現像、動画編集などを得意としています。特に3Dグラフィックスに特化したグラフィックボードと考えて良いでしょう。ゲームプレイやゲーム実況はやや苦手としています。

Quadro P2200のスペックまとめ

 P2200P2000P4000
CUDAコア128010241792
GPUメモリ5GB5GB8GB
メモリ規格GDDR5XGDDR5GDDR5
メモリバンド幅最大200GB/s最大140GB/s最大243GB/s
TDP75W75W105W
単体価格66,000円~62,000円~119,000円~
搭載PC価格229,800円~176,980円~176,980円~
前モデルのQuadro P2000と上位のP4000との比較を行っていきましょう。P2200は、P2000と同じPascal世代のグラフィックボードです。劇的な進化があるわけではありませんが、CUDAコアが約20%アップしています。さらに、メモリ規格がGDDR5Xに変わり、メモリバンド幅に余裕が生まれています。それでいて消費電力は75Wに留められています。Quadro P2200も補助電源を必要としないグラフィックボードです。

Quadro P4000になるとCUDAコアが40%上がり、メモリバンド幅も20%高くなっています。よりプロフェッショナル向けの用途で使用したい方向けのグラフィックボードだと言えます。消費電力も高く価格も跳ね上がります。なお、搭載価格がP4000の方が安くなっているのはCPUの差があるためです。P2200搭載モデルのラインナップも少なく純粋な比較は難しいです。

>>>>>Quadro P2200の価格を見る<<<<<

Quadro P2200ってどんなグラフィックボードなの?

従来モデルのQuadro P2000よりもパフォーマンス向上

Quadro P2000の後継モデルだけあってパフォーマンスは引き上げられています。ほぼ同等の価格で25%の性能アップが見込めます。今は新モデルということで割高ですが価格は落ち着いてくると見て良いでしょう。

性能アップはCUDAコア数が増えたことメモリ規格がGDDR5Xに変わったことによるものです。アーキテクチャ自体はQuadro P2000と同じPascalを採用しています。現在Quadro P2000を使用している方は買い換える必要はありませんが、P1000以下あるいはそれ以前のモデルを利用している方であれば性能差を体験できると思います。

NVIDIA GPU Boost 3.0でパフォーマンスを最適化

NVIDIA GPU Boost機能を搭載しています。これはGPUがアプリケーションによって動作クロックを最適化してパフォーマンスを引き上げる機能です。消費電力も抑えられるというメリットもあります。

また、H.264/HEVCエンジンを搭載しています。これによってトランスコーディング、動画編集や他のエンコードアプリケーションの高速化を見込むことができます。クリエイター向けのグラフィックボードとして必要な機能を備えています。

最大5K解像度での出力に対応している

4系統のディスプレイコネクタを搭載していて最大5K解像度(5120×2880)出力に対応しています。最大4画面同時出力が行えますので、効率よく作業を行うことが可能です。

「NVIDIA Mosaicマルチディスプレイテクノロジ」を活用すれば4つの画面を1つの映像として出力をすることもできます。チームでモデリングなどを共有するのにも活用できると思います。

いずれの機能もQuadro P2000にも搭載されていました。クリエイター向けのグラフィックボードとしてユーザーが必要とする機能が搭載されています。

>>>>>Quadro P2200の価格を見る<<<<<

Quadro P2200搭載のおすすめBTOパソコン

2019年10月時点でQuadro P2200搭載モデルを販売しているのはマウスコンピューターのみです。マウスコンピューターはクリエイター向けPCブランド「DAIV」を持っていて力を入れています。P2000からいち早く切り替えたメーカーです。

DAIV-DQZ530S2-M2S2(マウスコンピューター)

DAIV-DGZ520M3-SH2-CS
価格:229,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:Quadro P2200
メモリ:DDR4 32GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



CPUにCore i9-9900Kを搭載したモデルです。8コア16スレッドでマルチスレッド性能が高く3D CAD、動画編集、RAW現像などで威力を発揮します。メモリ32GBと大容量になっていますので、より安定したアプリケーションの起動が可能です。ストレージが少なめなので必要に応じて追加カスタマイズをすると良いでしょう。

DAIV-DQX760S2-M2SH2(マウスコンピューター)

DAIV-DGZ520M3-SH2-CS
価格:309,800円
CPU:Core i9-9900X
GPU:Quadro P2200
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB



Core i9-9900Kよりも高性能なCore i9-9900Xを搭載しています。10コア20スレッドでかつクロック周波数も引き上げられたモデルです。動画編集、大規模3D CADなどCPU負荷の高い作業においてパフォーマンスを発揮します。メモリ16GBとCPU性能を考えるとやや物足りないですね。最低でも32GBにアップグレードすることを推奨します。

当記事のまとめ

管理人管理人

当ページでは、2019年8月に登場したQuadro P2000の性能スペックについて紹介しました。ミドルクラスとして人気の高いQuadro P2000の後継モデルです。CUDAコア数が引き上げられそしてメモリ規格が変更となったことでパフォーマンスが向上しています。中規模な3D CAD、RAW現像、動画編集などプロフェッショナルの方まで対応可能です。

現在搭載モデルは、マウスコンピューターのDAIVブランドのみとなっています。マウスコンピューターの「DAIV-DQZ530S2-M2S2」及び「DAIV-DQX760S2-M2SH2」が選択肢に入ります。P2200とのバランスを考えると前者の方が適していると思います。後者はややCPU性能が高すぎます。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume