rx6800xt画像引用元:https://asrock.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 6800 XTの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2020年11月18日にAMDの新しいグラフィックボードが発売となりました。2019年に発売されたNaviアーキテクチャのRadeon RX 5700 RNDAシリーズ以来です。Radeon RX 6800 XTで採用されるRDNA2はPlayStation 5やXboxでも採用されています。レイトレーシングを初めて搭載したということでも注目が集まります。ミドクラス止まりだったRadeonシリーズがここから動きだします。

(+) RTX 3080と同等のゲーミング性能を持つ
(+) 16GBと大容量のVRAMを搭載している
(-) レイトレーシング性能はイマイチ
(-) 国内での販売価格が高め
(-) 搭載されたBTOパソコンが少ない

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 6800 XTの総合性能

rx6800xt-seinou

Radeon RX 6800 XTは、非常に高い性能を持っていて4K解像度でゲームをプレイすることもできます。WQHD環境ならかなり余裕を持って楽しめるでしょう。さすがにFULL HD環境だとCPUがボトルネックとなってしまいますが、L3キャッシュのおかげでNVIDIA製グラフィックボード(RTX 3080やRTX 3090など)よりはフレームレートが出ることがあるかもしれません。

総合性能においては、RTX 3080と同等のゲーミング性能を持っています。これまでのAMDの最上位モデルだったRX 5700 XTと比べると50%近くパフォーマンスが向上しました。消費電力も抑えられていて購入しやすいと思います。AMDの本気が見えるモデルとなっていますね。

Radeon RX 6800 XTの性能スペック紹介

RX 5700 XTと比較

 RX 6800 XTRX 6900 XTRX 5700 XT
コードネームRDNA 2.0RDNA 2.0RDNA 1.0
GPUNavi 21Navi 21Navi 10
プロセス7 nm7 nm7 nm
ダイサイズ520 mm²520 mm²251 mm²
トランジスタ数268億268億103億
CUDAコア460851202560
RTコア7280-
Tensorコア---
ベースクロック1825 MHz1825 MHz1605 MHz
ブーストクロック2015 MHz2250 MHz1905 MHz
メモリ速度16Gbps16Gbps14Gbps
メモリ容量16 GB16 GB8GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ帯域幅512.0 GB/s512.0 GB/s448.0 GB/s
Infinity Cache128MB128MB×
TDP300W300W225W
公式価格$649$999$399
発売日2020/11/182020/12/082019/07/07
RX 6800 XTは、新しいアーキテクチャーであるRDNA 2.0を採用しています。GPUはNavi 21ということになります。RX 5700 XTと同じ7nmプロセスを採用していますが、ダイサイズは倍以上の520m㎡となっています。このBig Naviでダイサイズが増えた要因としては、トランジスタ数やCUDAコアの倍増、RTコアの搭載、Infinity Cacheの搭載などが挙げられます。RX 5700 XTと比べてトランジスタ数が160%アップ、CUDAコアが80%アップと大幅にスペックアップしています。当然これだけスペックが引き上げられると、パフォーマンス面にも期待できますね。

コンピュータユニット1基につきRTコア1基が搭載されています。RX 6800 XTでは72基のコンピュータユニットが搭載されているので、RTコアは72基となります。上位モデルであるRX 6900 XTになるとフルスペックのNavi 21となりますので、コンピュータユニットが80基でRTコアは80基となります。Infinity CacheはL3キャッシュのような役割を持ちより効率的にVRAMとやり取りが行えます。

クロック周波数も高くなっています。RX 5700 XTと比べるとベースクロックが14%、ブーストクロックが6%高いです。RX 6900 XTとはベースクロックが同じで、ブーストクロックが11%程度高いです。メモリ周りなどは共通でスペック的にそれほど大きな違いがあるわけではありません。RX 5700 XTと比べるとメモリ速度が16Gbpsになり、メモリ容量が倍増しています。消費電力は300Wで性能の上昇分を考えると妥当でしょう。

RTX 3080と比較

 RX 6800 XTRTX 3080
コードネームRDNA 2.0Ampere
GPUNavi 21GA102
プロセス7 nm8 nm
ダイサイズ520 mm²642 mm²
トランジスタ数268億283億
CUDAコア46088704
RTコア7268
Tensorコア-272
ベースクロック1825 MHz1440 MHz
ブーストクロック2015 MHz1710 MHz
メモリ速度16Gbps19Gbps
メモリ容量16 GB10GB
メモリ規格GDDR6GDDR6X
メモリ帯域幅512.0 GB/s760.3 GB/s
Infinity Cache128MB-
TDP300W320 W
公式価格$649$699
発売日2020/11/182020/09/01
NVIDIA製で同等の性能を持つRTX 3080と比較していきます。価格はRX 6800 XTの方が$50安いです。現在国内では入手が困難な状況となっています。もしもRTX 3080よりも安く購入することができるのであれば魅力的な選択肢になることは間違いありません。RTX 3080は、Ampere世代のモデルでプロセスは8nmです。RX 6800 XTの方が少しだけ小さいです。ダイサイズでは24%程度RX 6800 XTの方が小さくなっています。

トランジスタ数はRTX 3080の283億に対して268億と5%少ないです。CUDAコアについてはRTX 3080が8704と90% 近く多くなっています。RTコアは72とRX 6800 XTの方が多いです。ただし、パフォーマンス面では必ずしも多ければいいというわけではありません。RTX 3080ではTensorコアが272基搭載されています。DLSS機能のためのコアです。ベースクロック及びブーストクロックについて、RX 6800 XTの方がそれぞれ27%・24%高いです。

メモリ周りについては両者で特徴が異なりますね。RTX 3080では19Gbpsのメモリでメモリ規格は高性能なGDDR6Xを採用しています。メモリ容量は10GBです。メモリ帯域幅が760.3 GB/sとかなり大きいです。一方、RX 6800 XTではメモリ速度は16Gbpsで、メモリ規格がGDDR6です。メモリ容量は16GBと大容量です。メモリ帯域幅は512.0 GB/sとRTX 3080よりも32%程度小さいです。この差をInfinity Cacheでカバーしているということになります。消費電力はRX 6800 XTが300Wと低くなっています。

Radeon RX 6800 XTってどんなグラフィックボード?

RTX 3080と同等のゲーミング性能を持っている

Radeon RX 6800 XTは、RTX 3080と同等のゲーミング性能を持つグラフィックボードです。4K解像度でのゲーム適性が高く現行のハイエンドモデルだと考えて良いでしょう。RX 5700 XTやTuring世代のミドルクラスからの買い替えを促すのに十分です。性能的にも価格的に魅力的なモデルに仕上がっています。

今回のNavi 21では、Infinity Cache(L3キャッシュ)の採用が大きなポイントです。GPUとVRAMとのやり取りが効率的になるというメリットがあります。パフォーマンスの向上とコストカットという両取りが実現しました。RTX 3080のようにメモリにGDDR6Xを採用してしまうとAMDの256 bitのメモリバスがネックとなってしまいます。

512 bitのメモリバスへの変更は簡単ですが、コストが掛かってしまいRTX 3080との価格的な優位性を作り出すことができません。消費電力が増加してしまう要因にもなります。そこでこのInfinity Cacheを採用してより効率的にデータのやり取りが可能となるわけです。

レイトレーシング性能はNVIDIAよりも劣る

今回Radeon RX 6000シリーズで初めてレイトレーシングに対応となりました。RTX 3000シリーズで二世代目となったNVIDIA製のグラフィックボードと比べるとどうしてもレイトレーシング性能は劣ってしまいます。レイトレーシングについてはNVIDIAが一歩先を行っている状況です。

また、DLSSもNVIDIA製グラフィックボードの強みです。ディープラーニング技術(機械学習)によってより快適にゲームをプレイすることができます。これらの機能に対応したタイトルも増えて来ている状況で通常のゲーミング性能+αが求められています。純粋な性能は同等でも付随機能までを考慮するとやや見劣りしてしまうと思います。

発売後搭載モデルが増えていない

RX 6800 XT搭載のBTOパソコンはラインナップがそれほど多くありません。現時点ではパソコン工房が中心となっています。RX 6800 XTが発売された直後はTSUKUMOなどからも販売されていましたが、今はラインナップが消滅しています。

各BTOメーカーでのラインナップが少ないのはRX 6800 XTの在庫がほとんどないことが要因でしょう。在庫に余裕が出てくればラインナップも増えてくるのではないかと思います。RTX 3080よりも安く購入できるのであればユーザーからすると嬉しいですね。

Radeon RX 6800 XT搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境、WQHD環境、4K環境の3つのパターンでのfpsをまとめています。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

Assassinscreedrx6800xt-assasins

FUHD環境では下位モデルであるRadeon RX 6800よりも劣ってしまっています。WQHD環境以上であればRTX 3080を上回るゲーミング性能を持っています。WQ環境で3%、4K解像度で10%程度の差があります。ゲーミング性能が非常に高いグラフィックボードだと言えます。RX 5700 XTとの差は70%とかなり大きいですね。

Far Cry 5

farcry5rx6800xt-Far Cry 5

WQHD環境まではCPUがボトルネックとなっているようです。WQHD環境ではRTX 3080よりも3%フレームレートが低いですが、4K解像度では6%程度高いです。GPUメモリ容量が大きいこともプラスに働いていると言えます。4K解像度ではRX 5700 XTよりも90%以上フレームレートが高いです。これだけの性能があれば長く使い続けられるでしょう。RadeonⅦからの買い替えもメリットを感じられると思います。

Hitman 2

hitmangtx1050tirx6800xt-Hitman 2

FULL HD環境ではRTX 6800 XTがトップになりました。NVIDIAの真のフラグシップモデルであるRTX 3090よりも5%フレームレートが高いです。GPUメモリ容量がCPUのボトルネックをカバーしているのかもしれません。WQHD環境や4K環境でもRTX 3080を上回っているのはさすがです。5%程度フレームレートが高くなっています。RX 5700 XTよりも100%以上パフォーマンスが高く最新モデルにふさわしい性能を持っていることがわかります。

Borderland 3

Boarderland 3rx6800xt-Borderland 3

RTX 3090及びRTX 3080ではボトルネックが発生しています。RTX 3080の方が5%-13%程度フレームレートが高いです。グラフィックボードの総合性能で言えばRTX 3080の方が高いですが、RX 5700 XTと比べるとかなり進化していると言えます。RadeonⅦと比較しても一線を画する性能を持っています。

Metro Exodus

Metro Exodusrx6800xt-metro

レイトレーシング使用時のフレームレートを計測しています。レイトレーシングなしの状態だとRTX 3080と同等のフレームレートを出していますが、レイトレーシング機能を使うと一変します。RTX 3080との差は最大40%程度に開きます。高解像度になればなるほど差が大きくなっています。やはり第一世代ということもあってNVIDIAには勝てないですね。

Radeon RX 6800 XTの消費電力&発熱

消費電力

rx6800xt-watt

消費電力がうまく抑えられているように思います。これまではAMD製グラフィックボード=消費電力が大きいというのが普通でした。ところがRX 6800 XTは、同等の性能を持つRTX 3080と比べても5%程度省電力性が高いです。RadeonⅦがこれまでのAMDの標準だったと考えると、新しいアーキテクチャーになってワットパフォーマンスが大幅に向上したと結論付けて良いと思います。電源ユニットも性能相応のもので問題ないでしょう。

温度

rx6800xt-temparature

RX 6800 XTはアイドル時の温度がやや高くなっていますね。高負荷時はRTX 3090やRTX 3080と同等に収まっています。温度については環境によって異なることがありますので参考に留めておいてくださいね。


Radeon RX 6800 XT搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-G0X5-R58X-DYXH(パソコン工房)

LEVEL-G049-iX7K-VAXH価格:235,980円
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:Radeon RX 6800 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB



AMD製パーツで揃えたゲーミングPCです。RX 6800 XT×Ryzen 7 5800Xの組み合わせはハイエンドにふさわしいですね。Ryzen 5000シリーズはアーキテクチャの改良によってゲーム適性が向上しているので、ハイエンドのグラフィックボードにも合わせやすいです。4K解像度など高解像度でのゲームプレイを考えている方におすすめです。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBとダブルストレージも強力です。

LEVEL-G04A-LCiX9K-DYXH(パソコン工房)

LEVEL-G049-iX7K-VAXH価格:245,980円
CPU:Core i9-10900K
GPU:Radeon RX 6800 XT
メモリ:DDR4 32GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB



RX 6800 XT×Core i9-10900Kを搭載したモデルです。Intelのフラグシップモデルを搭載していることでCPUのボトルネック軽減に繋がります。FULL HD環境などでのゲームプレイを考えているなら選択肢に入れてもよいかもしれません。純粋にゲーミング性能の高いCPUなのでマルチに通用します。メモリ32GB、SSD 500GB、HDD 2TBと圧巻の構成です。コストパフォーマンスも上々だと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Radeon RX 6800 XTの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。RX 6800 XTは、ゲーム適性が高くRTX 3080と同等のパフォーマンスを発揮します。4K解像度でのゲームプレイを考えているヘビーユーザー向けだと言えます。レイトレーシングにも対応していますが、RTX 3080に比べるとパフォーマンスは劣ります。今後BTOメーカーからラインナップが増えればユーザーからするとメリットが大きいと思います。定価を考慮するとRTX 3080搭載モデルよりも安く購入できるはずです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume