Ryzen 5 5600画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5600の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。ようやくVermeerベースのZen 3アーキテクチャ採用の高コスパモデルが登場しました。すでにリリースされているRyzen 5 5600Xの下位モデルという位置付けです。クロック周波数を少し抑えられているだけでおおよそ同等のスペック・性能を持っています。

下位モデルのRyzen 5 5500はCezanneベースでL3キャッシュ容量も少なく性能的には見劣りします。ただし、価格が安くコストパフォーマンス重視なら選択肢に入れても良いと思います。Ryzen 5 5600は、まだ登場したばかりということもあってRyzen 5 5600Xとの価格差が小さいです。Intel製Core i5-12400も非常に強力なモデルです。Core i5-12400があったからこそこのRyzen 5 5600が生まれたと言っても過言ではありません。

(+) 待望のRyzen 5 3600の後継モデル
(+) 搭載モデルのラインナップも増えてきている
(-) Ryzen 5 5600Xとの価格差が小さい
(-) Core i5シリーズと比べると性能は劣る

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Ryzen 5 5600の基本スペック

世代第3世代
アーキテクチャZen 3(Vermeer)
コア/スレッド数6 / 12
定格クロック3.50 GHz
最大クロック4.40 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
L3キャッシュ32MB
TDP
65W
価格$199
発売日2022/04/04

Ryzen 5 5600のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 5 5600は価格を考えると性能の高いモデルで対応できる幅も広いです。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレ・Skypeなどの用途には余裕があります。これらの用途であれば下位モデルでも十分対応可能です。RAW現像・マンガ制作・ゲームプレイ・WEBデザイン・DTMなどもまずまずの対応力があります。

ゲーミングPCやクリエイターPCに採用されることが多いことからも納得できます。動画編集・動画投稿・ゲーム実況・3D CADなどにも対応できるポテンシャルがありますが、効率的あるいは快適に作業を行いたいなら上位モデルを選ぶ方が良いでしょう。基本的にこういった負荷の掛かる作業は、コアやスレッドが多い方がよりパフォーマンスが高くなります。

Ryzen 5 5600のスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 5600Ryzen 5 5600XRyzen 5 5600G
コードネームZen 3(Vermeer)Zen 3(Vermeer)Zen 3(Cezanne)
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数41.5億41.5億107億
ダイサイズ81 mm²81 mm²180 mm²
I/Oプロセス12nm12nm-
I/Oダイサイズ124 mm²124 mm²-
コア666
スレッド数121212
定格クロック3.5 GHz3.7 GHz3.9 GHz
最大クロック4.4 GHz4.6 GHz4.4 GHz
オーバークロック
L3キャッシュ32MB32MB16MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載非搭載Radeon Vega 7
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラーWraith StealthWraith StealthWraith Stealth
PCI-EGen 4Gen 4Gen 3
TDP65W65W65W
価格
(実売価格)
$199
(28,800円)
$299
(28,480円)
$259
(23,736円)
発売日2022年04月20日2020年11月05日2021年04月13日
Ryzen 5 5600は、上位モデルであるRyzen 5 5600Xと同じVermeerベースのZen 3アーキテクチャを採用したモデルです。Ryzen 5 5600は、Ryzen 5 5600Xが発売されてから1年半経過してようやくリリースされたCPUです。基本的なスペックはRyzen 5 5600Xと同等です。定格クロック・最大クロックがそれぞれ0.2GHz低い程度です。Ryzen 5 5600もオーバークロックに対応しています。

L3キャッシュは32MBと大容量です。強みの一つですね。CPU内蔵グラフィックスは非搭載です。メモリ規格はDDR4-3200をサポートしています。CPUクーラーはWraith Stealthです。この性能帯では一般的なCPUクーラーだと言えます。PCI-EはGen 4をサポートしています。TDPは65Wです。価格は$199と上位モデルのRyzen 5 5600Xよりも$100安いです。実売価格ではRyzen 5 5600の方が少しだけ高くなっています。

Ryzen 5 5600Gは、Ryzen 5 5600と製品名は似ているものの全く別物です。末尾のGはCPU内蔵グラフィックスを搭載していることを意味しています。コードネームもCezanneとなっています。トランジスタ数は107億、ダイサイズは180m㎡となっています。Ryzen 5 5600は、CPUダイとI/Oダイが別々で二つ合わせるとRyzen 5 5600Gと同程度です。

Ryzen 5 5600Gも6コア12スレッドというスペックです。定格クロックはRyzen 5 5600Gの方が12%高く、最大クロックはどちらも4.4GHzです。Ryzen 5 5600Gもオーバークロックができます。L3キャッシュはRyzen 5 5600の半分の16MBとなります。これがRyzen 5 5600とRyzen 5 5600Gの大きな違いです。Ryzen 5 5600GではCPU内蔵グラフィックスにRadeon Vega 7を搭載しています。

対応メモリ・CPUクーラーは同じです。PCI-Eは3.0のみのサポートで少し遅れを取っています。TDPは65Wと共通です。価格は$259です。CPU内蔵グラフィックスを搭載している分だけ価格は高めですが、実売価格では24,000円程度とRyzen 5 5600よりも安く購入できます。性能的にはRyzen 5 5600の方が10%程度高いです。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 5600Core i5-12400F
コードネームZen 3(Vermeer)Alder Lake
プロセス7nm10nm
トランジスタ数41.5億-
ダイサイズ81 mm²163 mm²
I/Oプロセス12nm-
I/Oダイサイズ124 mm²-
コア66
スレッド数1212
定格クロック3.5 GHz2.5 GHz
最大クロック4.4 GHz4.4 GHz
オーバークロック×
L3キャッシュ32MB18MB
CPU内蔵グラフィックス非搭載非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR5-4800
DDR4-3200
CPUクーラーWraith Stealth
PCI-EGen 4Gen 5
TDP65W65W
価格
(実売価格)
$199
(28,800円)
$174
(22,880円)
発売日2022年04月20日2022年01月04日
Core i5-12400Fと比較していきます。Alder Lake世代の高コスパモデルです。価格は$174でRyzen 5 5600よりも$25安いです。実売価格もRyzen 5 5600よりも5,920円安くなっています。Core i5-12400Fは、10nmプロセスを採用していてRyzen 5 5600の7nmよりも少し大きいです。ダイサイズは163 m㎡です。6コア12スレッドとスペックは近いです。

定格クロックはRyzen 5 5600の方が40%高く、最大クロックは4.4GHzと同じです。Core i5-12400Fはオーバークロックに非対応です。廉価モデルでもオーバークロックに対応しているのはAMD製CPUの強みです。L3キャッシュはRyzen 5 5600の56%程度で18MBとなります。CPU内蔵グラフィックスはどちらも非搭載です。Core i5-12400であればUHD Graphics 730が搭載となっています。

Core i5-12400FではDDR5-4800をサポートしています。ただし、DDR5ではコストが掛かってしまうためCore i5-12400ではDDR4が選択されることが多いでしょう。CPUクーラー同梱は共通です。Core i5-12400Fでは拡張バスはGen 5.0をサポートしています。Ryzen 5 5600のGen 4よりも一世代新しいです。TDPは65Wと同じですね。

Ryzen 5 5600ってどんなCPUなの?

待望のRyzen 5 3600の後継モデル

Ryzen 5 5600は、多くのゲーマーが待ち望んだRyzen 5 3600の後継モデルです。型番的にはRyzen 5 5600Gも後継モデルと言えなくもありませんが、Cezanneシリコン採用で同じZen 3アーキテクチャでも内部的には異なります。L3キャッシュがRyzen 5 5600X/Ryzen 5 5600の半分の16MBでゲームプレイなどの用途ではパフォーマンスが低いです。また、CPU内蔵グラフィックスのAPUということもあって価格も少し高いです。

Ryzen 5 5600は上位モデルであるRyzen 5 5600Xと同じVermeerシリコンを採用していてL3キャッシュも倍の32MBとなります。ゲームプレイに適したモデルだと言えます。AMD製CPUの場合L3キャッシュはパフォーマンスに与える影響が大きいです。CPU内蔵グラフィックスが非搭載で価格も抑えられています。$199はゲーマーに人気の価格帯だと言えますね。ソケットも共通でRyzen 5 2600やRyzen 5 1600からの買い替えもおすすめです。

現在はRyzen 5 5600Xとの価格差がほとんどない

Ryzen 5 5600の魅力は、本来25,000円以下でRyzen 5 5600Xに近い性能を得られるということにあります。2022年6月時点では発売されて間もないということもあって価格は高めです。Ryzen 5 5600Xよりも高い価格になっているのは驚きです。同等以上の性能を持つCore i5-12400Fが23,000円前後なのでこれ以下にならないと厳しい状況だと言えます。せめて25,000円前後までは下がって欲しいですね。

そもそもAMDはこのRyzen 5 5600をリリースする予定はなかったはずです。Intel第十二世代の躍進によって急遽リリースを決定したのでしょう。さすがにRyzen 5 5600XやRyzen 5 5600Gでは価格的に競合にはならずコスパで苦戦しています。Ryzen 5 5600は、Core i5-12400Fと同程度の価格まで下がる可能性があります。もしそうなればIntel第十二世代Core iシリーズに対してRyzenシリーズを選ぶ理由が生まれます。

搭載モデルのラインナップは増えてきている

Ryzen 5 5600の搭載モデルは徐々に増えて来ています。発売されたばかりの頃はフロンティアで搭載モデルが販売されているぐらいでしたが、今ではTSUKUMOやサイコムなどからも搭載モデルがリリースされています。CPU内蔵グラフィックスが非搭載なのでゲーミングPCやクリエイターパソコンが中心となります。

パソコン工房ではRyzen 5 5500やRyzen 5 4500搭載モデルがゲーミングPCのラインナップに追加されたことから今後Ryzen 5 5600を搭載したBTOパソコンのラインナップも追加される可能性があります。搭載モデルが増えればユーザーも選択肢が多くなり希望通りのモデルが見つかりやすくなりますね。

Ryzen 5 5500の総合性能

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen55600-cinebench

Cinebench R23で見る限り、マルチスレッド性能については上位モデルであるRyzen 5 5600Xに近いスコアが出ています。スコアの差は4%程度です。シングルスレッド性能については6%程度の差があります。シングルスレッド性能では定格クロックの差が出ている形ですね。

下位モデルのRyzen 5 5500よりもマルチスレッド性能が4%高く、シングルスレッド性能は6%高いです。Ryzen 5 55600Gと比べても上回っています。従来モデルのRyzen 5 3600よりもマルチスレッド性能が15%高く、シングルスレッド性能が18%高いです。Zen 3アーキテクチャによって大幅にパフォーマンスが引き上げられていますね。

Adobe Photoshop

cameraryzen55600-photoshop

Ryzen 5 5600Xよりも6%程度パフォーマンスが劣ります。Ryzen 5 3600よりも9%程度性能が高く後継モデルとしては十分でしょう。競合モデルであるCore i5-12400は10%以上性能が高くコスパの高さが光ります。Ryzen 5 5600よりも価格が安いにも関わらずこれだけパフォーマンスが高いのは魅力的ですね。Ryzen 5 5600にとっては悩ましいところです。Adobeソフトは総じてIntel製CPUが強い傾向にあります。

Premiere Pro CC

dougahensyuuryzen55600-premiere

動画編集におけるパフォーマンスを見ていきましょう。Ryzen 5 5600Xよりも6%程度性能が劣ります。従来モデルのRyzen 5 3600よりも15%程度性能が高く後継モデルとして十分なパフォーマンスを発揮します。下位モデルであるRyzen 5 5500よりも8%程度性能が高いです。ただし、やはりCore i5-12400は強力で5%上回るパフォーマンスを発揮します。同じ6コア12スレッドでもアーキテクチャの違いでこれだけの性能差が出てくるということです。

Ryzen 5 5500のゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3ryzen55600-borderlands3

Borderlands 3ではRyzen 5 5600Xに近いフレームレートが出ています。Ryzen 5 5600Gよりも6%高く、Ryzen 5 3600よりも39%も高いです。Core i5-12400との差は12%程度とやや大きいです。ゲームプレイにおいてはIntel製CPUが優勢です。AMD製CPUの中ではコストパフォーマンスは良好です。Ryzen 5 4500やRyzen 5 3600とは一線を画する性能を発揮します。

Far Cry 5

farcry5ryzen55600-farcry5

Far Cry 6ではRyzen 5 5600Xとの差がやや大きく7%程度です。Ryzen 5 5600Gよりも3%高いもののやはり物足りなさがあります。従来モデルのRyzen 5 3600よりも14%程度高いです。Core i5-12400になると23%もフレームレートが高いです。

Metro Exodus

Metro Exodusryzen55600-Metro Exodus

Metro ExodusではRyzen 5 3600よりも7%程度フレームレートが高いです。Ryzen 5 5600Gと比べても3%程度上回っています。Ryzen 5 5600Xとの差は5%です。Core i5-12400になると8%フレームレートが高くなります。やはりIntel製CPUは強力です。

Ryzen 5 5600搭載のおすすめBTOパソコン

G-GEAR GA5A-D221/B(TSUKUMO)

G-GEAR価格:177,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
グラフィックスにRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCです。ミドルタワーケース採用で拡張性に優れています。FULL HD環境でのゲームプレイに最適です。もちろんWEBデザインや動画編集などのクリエイター作業にも対応できます。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実していますね。電源ユニットは750W GOLDを搭載していて万全です。

G-GEAR GA5A-D221/B(TSUKUMO)

G-GEAR価格:188,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
グラフィックスにハイクラスのRTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCです。Ryzen 5 5600とのバランスはやや取れていませんね。Ryzen 5 5600X以上を選択する方がバランスを取れると思います。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分だと言えます。電源ユニットは750W GOLDと余裕がある選択です。

Radiant VX2800B550A(サイコム)

Radiant VX2700Z370価格:108,340円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600
GPU:GeForce GT 710
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:480GB NVMe
HDD:非搭載

公式
サイコムではベースモデルとしてRyzen 5 5600が選択されています。グラフィックスにはGeForce GT 710を搭載していてモニター出力もばっちりです。マルチモニター環境の構築も簡単に行なえます。メモリ16GB、SSD 480GBと平均的な構成です。電源ユニットはSilverStone製550W BRONZEを採用しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5600の性能スペック&搭載BTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 5 5600は、Ryzen 5 5600Xと同じZen 3(Vermeer)アーキテクチャを採用したモデルです。クロック周波数を引き下げただけで同等のパフォーマンスを期待できます。今は価格差がほとんどなくRyzen 5 5600の魅力であるコスパは発揮できていません。もう少し時間がかかればRyzen 5 5600Xとの価格差も広がるのではないかと思います。

Core i5-12400と比べると今は優位性がない状況です。より安くより性能の高いCPUとなるからです。Core i5-12400と同等の価格まで下がらないと先は見えませんね。搭載BTOパソコンのラインナップは増加傾向にあります。TSUKUMOやサイコムから搭載モデルがリリースされています。当サイトでは紹介していませんが、フロンティアでもラインナップがあります。Ryzen 5 3600が人気モデルだったこともあり、Ryzen 5 5600搭載モデルが増えてくれば選択肢が増えてユーザーにはメリットが出てくるでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等