Ryzen 5 5600X

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5600Xの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。ついにRyzen 5 3600Xの後継モデルが登場しました。2020年11月6日にRyzen 5000シリーズが発売開始となりました。第四世代Ryzenですが、型番は5000番台となっていることに留意してください。

Ryzen 5 5600Xは、現時点で販売されているRyzen 5000シリーズの廉価モデルとなっています。6コア12スレッドとオールラウンドに対応できるスペックを持っていながら価格が抑えられているのが魅力です。前世代のRyzen 5 3600Xから大幅に進化しました。その分価格が高くなっていて高コスパというわけにはいきません。

Ryzen 5 5600Xの基本スペック

世代第4世代
開発コードZen 3
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数3.70 GHz
ブーストクロック4.60 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP65W
発売日2020年11月06日
搭載モデル119,800円~

Ryzen 5 5600Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 5 5600Xは、幅広い用途に対応できるCPUです。CPU負荷の高い動画編集でも問題ありません。4K解像度など極端に重いデータを扱う場合はCPUのランクを上げた方が良いでしょう。あくまでも一般的な動画編集です。ゲームプレイに関してもFULL HD環境を基準にすれば十分なパフォーマンスを持っています。ハイクラスまでであればCPUがボトルネックとなる可能性は低いです。RAW現像・WEBデザイン・CADなどにも対応可能です。デュアル環境構築・同g視聴・デイトレ・Skypeだけではオーバースペックとなります。

Ryzen 5 5600Xのスペック比較

AMD製CPUと比較

 5 5600X5 3600X5 2600X
コードネームZen 3Zen 2Zen+
世代第四世代第三世代第二世代
プロセス7nm7nm12nm
トランジスタ数41.5億38.0億48.0億
ダイサイズ81 mm²74 mm²192 mm²
コア/スレッド6/126/126/12
ベースクロック3.8GHz3.8GHz3.6GHz
ターボクロック4.6GHz4.4GHz4.2GHz
L3キャッシュ32MB32MB16MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR-2933
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
CPUクーラーWraith StealthWraith SpireWraith Spire
TDP65W95W95W
定価$299$249$229
国内価格35,000円~26,000円~-
搭載PC価格144,980円~--
発売日2020/11/052019/07/072018/04/19
第2世代Ryzenシリーズからその進化を見ていきましょう。Ryzen 5 5600Xは第4世代Ryzenシリーズで、スペック上は前世代のRyzen 5 3600Xと似ていますね。プロセスは7nmです。Ryzen 5 3600Xからトランジスタ数が9%増えて41.5億になり、ダイサイズも10%大きくなっています。6コア・12スレッドというスペックです。これはRyzen 5 2600Xから変わっていません。

Ryzen 5 3600Xと比べてベースクロックは変わらずターボクロックが5%引き上げられて、消費電力が95W→65Wへと省電力が進んでいることがわかります。Ryzenシリーズは基本的にどのモデルもオーバークロックができます。価格が$50上がっているのも大きく変わったところです。Ryzen=高コスパというイメージがあったと思いますが、ここで初めてパフォーマンスに寄せてきたと言えます。

第四世代ではアーキテクチャが変わりました。スペック以上の進化があるということです。Zen 2ではL3キャッシュ16MBを2基のCCX(Core Complex)で共有していました。この2基間へのアクセス時などにレイテンシが発生してしまいネックとなっていました。Zen 3ではこの弱点を改善するためにL3キャッシュ32MBを1基のCCX(Core Complex)で共有する形になっています。多くのL3キャッシュを効率的に活用できるというわけです。これでL3キャッシュやCPUコアでのアクセス時のレイテンシ軽減に繋がります。

第二世代の12nmプロセスから第三世代で7nmプロセスへと進化したのがRyzenの強みだと言えるかもしれません。その結果消費電力化・パワー効率の向上が可能となり、より魅力的なCPUへと変貌しています。L3キャッシュ容量も倍の32MBとなっています。価格は第二世代Ryzenシリーズから$70上がっています。当然性能がそれ以上に伸びているので満足度は高いでしょう。スペック上は第二世代から第三世代の方がインパクトがありますね。

Intel製CPUと比較

 5 5600Xi5-10600K
ブランドRyzenIntel
プロセス7nm14nm
トランジスタ数41.5億-
ダイサイズ81 mm²-
コア/スレッド6/126/12
ベースクロック3.7GHz4.1GHz
ターボクロック4.6GHz4.8GHz
オーバークロック
L3キャッシュ32MB12MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-2666
内蔵GPU非搭載UHD 630
CPUクーラーWraith Stealth非同梱
TDP65W125W
定価$299$262
国内価格35,000円~26,000円~
搭載PC価格144,980円~104,800円~
発売日2020/11/052020/04/30
Intel第10世代CPUの同価格帯であるCore i5-10600Kと比較します。Intelはまだプロセスが14nmとやや遅れています。それでも7nmプロセスのRyzenシリーズと同等以上の性能を維持しているのだから驚きです。コア/スレッドはいずれも6コア12スレッドとなっています。Intel Core i5-10600Kの方が、ベースクロックは11%でターボクロックは5%高いです。L3キャッシュについてはRyzen 5 5600Xの方が倍以上と多く32MBです。対応メモリもRyzen 5 5600Xの方が上位規格となっています。

Ryzen 5 5600XにはCPU内蔵グラフィックスが搭載されていません。その点Core i5-10600Kの方が優勢です。Core i5-10600KではCPUクーラーは非同梱となっています。ご自身で用意しなければいけません。消費電力についてはCore i5-10600Kがかなり高いです。Ryzen 5 5600Xのおよそ90%増しです。クロック周波数を引き上げた分消費電力がコントロールできていません。これは14nmプロセスを今でも採用している弊害の一つです。価格差は$37でCore i5-10600Kの方が高価です。

Ryzen 5 5600XってどんなCPUなの?

6コア12スレッド最強クラスのCPU

Ryzen 5 5600Xは、ミドルクラスとしてトップクラスの性能を持つCPUです。6コア12スレッドのモデルの中では間違いなく最強だと言えます。FULL HD環境でのゲームや一般的なアプリケーションの使用を考えているなら最適なスペックです。

ゲーミング性能についてもIntel Core iシリーズと比べても遜色ありません。実質上位モデルであるRyzen 7 3800XTを上回っているのもポイントが高いです。単体価格30,000円~35,000円で探しているなら候補に挙がると思います。CPU内蔵グラフィックスが非搭載となっている点には注意が必要です。

第一弾モデルで唯一CPUクーラーを搭載

第4世代Ryzenシリーズの第一弾として、Ryzen 9 5950X・Ryzen 9 5900X・Ryzen 7 5800X・Ryzen 5 5600Xの4種類が発売開始となりました。その中で唯一Ryzen 5 5600XのみCPUクーラーが同梱されています。

これは発熱量がそれほど大きくないので、高性能なCPUクーラーが必要ではなくコストが掛からないというのも理由かもしれません。ユーザーにとってもCPUクーラー代を浮かせることができるのは魅力的です。数千円とは言ってもその浮いた費用をグラフィックボードなどその他のパーツに掛けられます。自作ユーザーにとってはメリットが大きいでしょう。

BTOパソコンのラインナップは増えない!?

Ryzen 5 5600X搭載BTOパソコンのラインナップはそれほど増えない可能性が高いです。第三世代・第二世代Ryzenシリーズを見てもRyzen 5 ◯600Xはラインナップが少ないです。安価なRyzen 5 ◯600やRyzen 7 ◯700Xの方が扱いやすく人気が高いです。

Ryzen 5 5600Xはやや中途半端だと考えられているのかもしれません。Ryzen 5 5600X搭載モデルについては一部のBTOメーカーで販売されているか、カスタマイズでアップグレードをすることが可能です。BTOパソコンで購入するならそれほどお得感はないかもしれませんね。

Ryzen 5 5600Xのゲームプレイ時フレームレート

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb Raiderryzen55600x-Shadow of the Tomb Raider

Core iシリーズが上位を占めています。それでもRyzen 7 3800Xよりもフレームレートが7%高く、Ryzen 5 3600Xよりも10%も高いです。上位モデルのRyzen 7 3800XTを超えているのは素晴らしいです。また、高解像度になるとCore i5-10600Kを上回ります。第3世代Ryzenシリーズと比べてゲーミング性能は間違いなく向上していると考えて良いですね。

Far Cry 5

farcry5ryzen55600x-Far Cry 5

Far Cry 5でも似たような結果です。Core i7-10700K・Core i5-10600Kに次いで三番目に位置します。WQHD環境だとCore i5-10600Kを上回ります。前世代のRyzen 7 3800XTと比べて5%-15%程度性能が高いです。Ryzen 5 3600Xと比べると10%-20%高くなっています。これほど性能が上がるのは驚きです。やはりCCX(Core Complex)の改善が有利に働いているのでしょう。

Ryzen 5 5600Xのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen55600x-Cinebench R20

Cinebench R20ではRyzen 7 3800XTを超えることはできませんでした。6コア12スレッドでは8コア16スレッドには敵いません。前世代のRyzen 5 3600Xと比べるとマルチスレッド性能が17%向上しています。シングルスレッド性能も18%高いです。これだけを見てもRyzenシリーズの凄さがわかりますね。Intel Core i7-10700Kをも上回るシングルスレッド性能を持っています。

Handbrake

dougahensyuuryzen55600x-handbrake

動画のエンコードもRyzenが得意とするところです。Ryzen 5 5600Xは、Core i5-10600Kよりも20%-30%もパフォーマンスが高いです。前世代のRyzen 5 3600Xも同じぐらいですね。間違いなくこの価格帯ではトップクラスのモデルだと言えます。

Ryzen 5 5600X搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-R0X6-R56X-SAS(パソコン工房)

LEVEL-R7X6-LCR59X-DYX価格:209,980円
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3060 Ti×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCです。RTX 3060 Tiは、Ampere世代の中でも人気のグラフィックボードです。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現可能です。WQHD環境以上でのゲームプレイにも対応可能です。グラフィックス処理性能が高くゲームプレイからクリエイター作業まで幅広く対応することができます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も十分ですね。電源ユニットは700W BRONZEを採用しています。ストレージについてはカスタマイズを検討しても良いでしょう。

ZEFT R34YX(セブン)

ZEFT RR07D価格:230,780円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

PCケースは「ASUS TUF Gaming GT501 White Edition」です。静音性の高いミドルタワーケースです。白色のデザインがオシャレです。サイドクリアガラスパネルを採用していて中が見える仕様です。エアフローにも優れています。RTX 3060×Ryzen 5 5600X搭載で標準的なゲーミング性能を持っています。水冷CPUクーラー搭載で熱対策も万全です。無線LAN・Bluetooth対応も嬉しいポイントです。光学ドライブも標準搭載です。大手BTOメーカーではなかなか見られなくなった仕様ですね。メモリ16GB、SSD 500GBと構成に余裕があります。電源ユニットは750W GOLDと余裕があります。

GALLERIA XA5R-R37(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S価格:264,980円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3070×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCです。ガレリアブランドはケースが一新されて評価が高くなりました。デザイン性に優れていて所有欲を満たしてくれます。ゲーミング性能が高くWQHD環境でのゲームプレイがメインターゲットとなります。将来性が高いモデルで一度予算を掛けておけば長く使用できます。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分だと思います。電源ユニットは650W BRONZEです。

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 5 5600Xは、第4世代RyzenシリーズのミドルクラスのCPUです。6コア12スレッドと前モデルと同じながらアーキテクチャがZen 2からZen 3に変わりパフォーマンスが向上しています。キャッシュレイテンシが軽減されたのが大きいです。CPUクーラーが同梱なのも嬉しいポイントです。

ゲーミング性能をメインに性能の底上げが行われました。やや劣るもののIntel製Core i5-10600Kに近い性能を持っています。搭載BTOパソコンはそれほど増えないと思います。それはこれまでのシリーズのラインナップを見れば明白です。こだわりのある中上級向けだと言えるかもしれません。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等