Ryzen 5 5600G参照元:https://www.pc-koubou.jp/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 5 5600Gの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Radeon Graphicsを搭載した最新のAPUが登場しました。6コア12スレッドと従来モデルのRyzen 5 3400Gよりもスペックが引き上げられています。すでに発売されているRyzen 5 5600Xよりも$40安くコストパフォーマンスに優れています。

高性能なCPU内蔵グラフィックスが必要なユーザーの方は必見です。タイトルによってはそのままゲームを楽しむこともできます。ただし、グラフィックス性能はエントリークラスのGTX 1650と比べて性能差は大きく場合によってはAPUが適していないこともあります。

Ryzen 5 5600Gの基本スペック

世代第4世代
開発コードCezanne(Zen 3)
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数3.90 GHz
ブーストクロック4.40 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP45W-64W
発売日2021年4月13日
価格$259

Ryzen 5 5600Gのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
×
gamejikkyouwomen
×
cad
×
Ryzen 5 5600Gは6コア12スレッドとマルチスレッド性能の高いAPUです。それを踏まえるとある程度対応できる幅は広いと考えて良いでしょう。ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADに対応できるほどグラフィックス性能は持っていません。もちろん外付けグラフィックボードを購入して付ければ対応可能ですが、その場合はRyzen 5 5600Xとの組み合わせの方がパフォーマンスが高くなります。

Ryzen 5 5600G単体としてみると動画視聴・Skype・デュアルモニター・ビジネス・デイトレは余裕があります。負荷の重いファイルなどの取り扱いがなければ、マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集・動画投稿・DTMなどに対応できます。$259という価格を考えると十分ですね。

Ryzen 5 5600Gのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 5600GRyzen 5 5600XRyzen 5 3400G
コードネームZen 3
(Cezanne)
Zen 3
(Cezanne)
Zen +
(Picasso)
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド6/126/124/8
ベースクロック3.9GHz3.7GHz3.7GHz
最大ブーストクロック4.4GHz4.6GHz4.2GHz
オーバークロック
L3キャッシュ16MB32MB4MB
CPU内蔵グラフィックスRadeon Graphics 7-Radeon Graphics 11
グラフィック周波数1900 MHz-1400 MHz
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
CPUクーラーWraith StealthWraith StealthWraith Spire
TDP65W65W65W
価格
(実売価格)
$259$299$149
発売日2021年4月13日2020年11月5日2019年7月7日
およそ2年の月日が流れてついにRyzen 5 3400Gの後継モデルであるRyzen 5 5600Gが登場しました。Zen +からZen 3アーキテクチャへと進化しています。プロセスが12nmから7nmへとの縮小化されてIPCの改善などが図られています。さらに、4コア8スレッドから6コア12スレッドへとスペックが引き上げられました。

ベースクロックは6%高く、ターボクロックは4%高いです。いずれもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュ容量は大幅アップで16MBとなりました。コア/スレッドが増えてもL3キャッシュ容量が増えなければパフォーマンスを発揮できませんね。CPU内蔵グラフィックスについては、従来モデルと同じRadeon RX Vegaを再利用しています。グラフィックコア自体が35%少なく7つになりましたが、グラフィック周波数は35%高くなりました。

メモリタイプはDDR4-3200と最新のものに変わりました。CPUクーラーもWraith Stealthになっています。OCをしないのであれば問題ない性能です。TDPは65Wと共通です。価格は$110高くなって$259となりました。1年9月振りの新モデルはしっかりとパフォーマンスを引き上げています。注意点としてRyzen 5 5600Gでは、PCIe 4.0ではなくPCIe 3.0を採用しています。

Ryzen 5 5600Xと比較していきます。どちらもZen 3アーキテクチャ(Cezanne)を採用しています。ベースクロックはRyzen 5 5600Gの方が6%高く、最大ブーストクロックはRyzen 5 5600Xの方が5%高いです。いずれもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュ容量はRyzen 5 5600Xになるとさらに多く倍の32MBとなります。Ryzen 5 5600Xの最大の特徴でパフォーマンス的にかなり有利です。メモリタイプ・CPUクーラー・TDPは共通です。価格差は$40となっています。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 5600GCore i5-11600K
コードネームZen 3
(Cezanne)
Rocket Lake
プロセス7nm14nm
コア/スレッド6/126/12
ベースクロック3.9GHz3.9GHz
最大ブーストクロック4.4GHz4.9GHz
オーバークロック
L3キャッシュ16MB12MB
CPU内蔵グラフィックスRadeon Graphics 7UHD Graphics 750
グラフィック周波数1900 MHz1300 MHz
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラーWraith Stealth非同梱
TDP65W125W
価格$259$272
発売日2021年4月13日2021年3月30日
Ryzen 5 5600Gの購入を検討している方向けに同等の性能を持つIntel Core i5-11600Kと比較していきましょう。Core i5-11600KはRocket Lake世代のCPUです。プロセスは14nmとRyzen 5 5600Gの7nmプロセスに遅れを取っています。コア/スレッドはどちらも6コア12スレッドです。この価格帯のモデルでも6コア12スレッドのCPUが購入できるのは驚きですね。

ベースクロックはについても両者違いはありません。最大ブーストクロックはCore i5-11600Kの方が15%高く4.9GHzです。L3キャッシュ容量はRyzen 5 5600Gの方が多いですね。CPU内蔵グラフィックスについてはそれぞれRadeon Graphics・UHD Graphics 750を搭載しています。スペック的には特性が異なるためそれほど比較に意味があるわけではありません。詳細はベンチマークを見ていただければと思いますが、性能的にはRadeon Graphicsの方が高いです。

メモリタイプはいずれもDDR4-3200となりました。Core i5-11600KがRyzenシリーズに追いついた形です。Ryzenは早い段階からDDR4-3200を搭載していました。Ryzen 5 5600GにはCPUクーラー同梱となっていてコスパの高さが光ります。TDPはRyzen 5 5600Gの65Wに対してCore i5-11600Kでは125Wとなっています。価格差は$13です。

Ryzen 5 5600GってどんなCPUなの?

作業用PCに適したオールラウンドなモデル

Ryzen 5 5600Gは、6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途でおすすめのAPUです。Ryzen 5 3400G以来2世代振りの高パフォーマンスAPUが登場しました。競合であるIntel Core i5-11600Kと同等のCPU性能を誇ります。グラフィックス性能も圧倒していますが、ゲームをメインに考えるにはやや性能が心許ないですね。

どちらかと言うとクリエイターの方におすすめしたいです。動画編集・画像編集・デュアル環境構築など作業用PCに最適です。動画視聴をしながらWEBデザインをしたり、プレゼン資料を作成したりといったことが可能です。ある程度の負荷には対応できます。旧世代からの買い替えもおすすめです。

コストパフォーマンスに優れたAPU

Ryzen 5 5600Gはコストパフォーマンスに優れたAPUです。$259という価格でRyzen 5 5600Xよりも$40安くRyzen 5000シリーズがより身近な存在となりました。Lenovoではかなり安い搭載モデルが販売されていますCPU内蔵グラフィックス搭載及びCPUクーラー同梱は魅力的ですね。競合のCore i5-11600Kを上回るコストパフォーマンスを誇ります。

なお、単体価格ではRyzen 5 5600GとRyzen 5 5600Xと両者の間に価格差はありません。つまり、もう少し時間が経てばRyzen 5 5600Gの価格が下がる可能性が高いということです。そうなればより魅力的になりますね。搭載BTOパソコンの場合は割高感があるわけではないので気にしなくても良いと思います。

すでに搭載BTOパソコンのラインナップは豊富

徐々にRyzen 5 5600G搭載BTOパソコンのラインナップが増えてきました。すでにLenovo・パソコン工房・TSUKUMO・パソコンショップセブンなどから販売されています。Ryzen 5 3400G搭載モデルではそれほどラインナップが増えなかったことを考えるとAMDへの期待も大きくなったことがわかります。当時とは評価も大きく変わっていますね。

2021年9月時点ではさすがに2世代前のRyzen 5 3400G搭載モデルはありませんが、一部のショップではOEM向けのRyzen 5 PRO 4650G搭載モデルが販売されています。Ryzen 5 PRO 4650G搭載モデルを販売しているショップは随時Ryzen 5 5600G搭載モデルへと切り替えていくのではないかと思います。Ryzen 5 PRO 4650Gと比べても20%以上CPU性能が向上しています。

Ryzen 5 5600Gのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen55600g-cinebenchr20

Ryzen 5 3400Gよりも大幅にパフォーマンスが向上していることがわかります。マルチスレッド性能は220%高くなりました。4コア8コアスレッドから6コア12スレッドへとそれぞれ33%引き上げられていますが、それ以上のパフォーマンス向上は圧巻です。これはアーキテクチャの進化によるものだと言えますね。シングルスレッド性能も34%高いです。これなら待っていたかいがありますね。競合であるCore i5-11600Kと比べると、マルチスレッド性能はRyzen 5 5600Gの方が2%高く、シングルスレッド性能はCore i5-11600Kの方が8%高いです。Ryzen 5 5600Xと比べるとマルチスレッド性能はほぼ同等でシングルスレッド性能は7%低いです。Cinebench R20ではL3キャッシュ容量の差は出ないようです。

Adobe Software

dougahensyuuryzen55600g-adobe

Adobeソフトでのパフォーマンスを見ていきましょう。Photoshopでは上位モデルのRyzen 7 5700Gとの性能差がほとんどありません。Ryzen 7 5700GではL3キャッシュがボトルネックとなっていると考えられます。Zen +アーキテクチャ採用のRyzen 5 3400Gよりも53%向上しています。Ryzen 5 5600Xとの差は8%とやや大きいです。Core i5-11600Kよりも10%劣ります。Premiere Proでは上位モデルのRyzen 7 5700Gとの差がしっかりと現れていますね。Ryzen 5 3400Gと比べると29%高いです。順当な性能向上が見込めます。Ryzen 5 5600Gとの差は4%です。Core i5-11600Kとの差は2%です。

Ryzen 5 5600Gのゲーム性能(内蔵グラフィックス)

Counter-Strike: Global Offensive

Counter Strikeryzen75700g-csgo

Ryzen 5 5600Gでは100fpsを超えていてゲーム適性の高さが伺えます。Ryzen 5 3400Gよりも35%フレームレートが高くなりました。1%のフレームレートも40%高くゲームプレイ時の安定感がましています。Intel Core i7-11700との差は大きくRadeon Graphicsの圧勝です。Radeon RX 550よりも高いフレームレートが出るのは素晴らしいですね。上位モデルであるRyzen 7 5700Gとの差は9%です。グラフィックス性能については上位モデルとの差はそれほどないと考えて良いと思います。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

rainbow six siegeryzen75700g-rainbowsixsiege

Tom Clancy’s Rainbow Six Siegeでも60fpsを超えていてゲームプレイはできそうです。上位モデルであるRyzen 7 5700Gとの差は10%程度です。Ryzen 5 3400Gよりも34%もフレームレートが高くなりました。Core i7-11700搭載のUHD Graphicsでは歯が立たず24fpsとなっています。

Watch Dogs Legion

watchdogs2ryzen75700g-watchdogs

Watch Dogs LegionではRadeon Graphicsでは対応できないと考えておきましょう。旧世代のエントリークラスのRadeon RX 550でも同程度のフレームレートです。Ryzen 5 5600Gでは27fpsと大苦戦です。上位モデルのRyzen 7 5700Gでも8%伸びていますが、29fpsに留まります。Radeon RX 5500 XTでは84fpsとエントリークラスでも余裕がありますね。

Ryzen 5 5600Gのゲーム性能(外部グラフィックス)

Horizon Zero Dawn

horizon zero dawnryzen55600g-horizonzero

Ryzen 5 5600Gは、Ryzen 5 3400Gよりも50%もフレームレートが高くなりました。1%も57%も高く安定感が増しています。上位モデルであるRyzen 7 5700Gとの差は4%とそれほど大きくありません。外付けのグラフィックボード搭載を考えているならRyzen 5 5600Gでも十分ですね。Ryzen 5 5600Xと比べると12%劣ります。Intel製CPUだとCore i5-11400にも及ばないのは残念ですね。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

rainbow six siegeryzen55600g-tomclancysrainbow

Tom Clancy’s Rainbow Six SiegeでもRyzen 5 5600Xよりも9%低いです。Ryzen 5 3400Gよりも95%もフレームレートが高くなりました。上位モデルであるRyzen 7 5700Gとの性能差は4%です。Core i5-11600Kよりも平均フレームレートは3%高いです。

Watch Dogs Legion

watch dogs legionryzen55600g-watchdogs

Watch Dogs Legionではやや伸び悩んでいます。Ryzen 5 3400Gよりも50%程度伸びていますが、Ryzen 5 5600Xと比べると9%劣ります。さらに、上位モデルのRyzen 7 5700Gとの性能差もほとんどありません。Core i5-11600Kとの差は15%と大きいです。Zen +やZen 2アーキテクチャのCPUからは進化していますが、Ryzen 5 5600XやCore i5-11600Kと比べるとやや苦しいです。

Ryzen 5 5600G搭載のおすすめBTOパソコン

Lenovo IdeaCentre 560 – マイクロソフトオフィス付き(Lenovo)

www.lenovo
価格:73,797円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600G
GPU:Radeon Graphics
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB
電源:260W BRONZE

公式

最安値クラスの一台です。この価格でまさかのマイクロソフトオフィス付きです。在庫が残りわずかとなっていますので、急いで決断する必要がありますね。メモリ8GB、HDD 1TBとなっています。最近のモデルとしては珍しくSSDが非搭載となっているので注意してくださいね。ライトなゲームであれば対応できますので、お子さま用パソコンとしてもおすすめです。

STYLE-S0B5-R55G-EZX(パソコン工房)

STYLE-S046-P64-UHS-U
価格:98,978円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600G
GPU:Radeon Graphics
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:400W BRONZE

公式

パソコン工房のスリムタワーモデルです。省スペースなモデルを探している方に最適です。税込み10万円と標準的な価格設定です。メモリ8GB、SSD 500GBという構成です。電源ユニットは400W BRONZEを採用しています。

G-GEAR mini GI5A-B211/T(TSUKUMO)

G-GEAR Unreal Engine
価格:109,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600G
GPU:Radeon Graphics
メモリ:DDR40-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:500W SILVER

公式

TSUKUMOのコンパクトモデルです。ここ最近はほとんど見かけなくなってしまいましたね。机の上に置いても違和感がありません。メモリ16GB、SSD 500GB NVMeと構成も充実していますね。電源ユニットは500W SILVERを採用しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Zen 3アーキテクチャ採用のAPUである「Ryzen 5 5600G」の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。一般向けという意味ではRyzen 5 3400G以来の高パフォーマンスAPUです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が飛躍的に向上しています。Radeon GraphicsについてはRadeon Vega Graphicsの流用でRyzen 5 PRO 4650G(OEM供給)と大きく性能が向上したわけではありません。

搭載モデルについてはラインナップが増えて来ています。今はLenovoの「Lenovo IdeaCentre 560」が頭一つ抜き出ています。マイクロソフトオフィス付きで税込み7万円台は圧巻です。在庫僅少となっていますので、気になる方は要チェックです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume