mouse DT6-G公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse DT7-G-MGZN」についてレビューをまとめています。BTOパソコンマガジンとマウスコンピューターのコラボモデルです。低価格&高コスパを実現した一台となっています。

最新のIntel第十二世代のCore i7-12700Fを搭載しています。従来モデルのCore i7-11700よりも性能が高くクリエイター作業にも最適です。また、グラフィックス搭載でビジネスから趣味までオールラウンドに対応できます。

mouse DT7-G-MGZNのスペック

mouse DT6-G2

価格149,800円(税込)
サイズミニタワー
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-3200 16GB
SSD256GB NVMe
HDD1TB
電源500W BRONZE
光学ドライブオプション
おすすめ度★★★★★★★★★☆
mouse DT7-G-MGZNは、税込149,800円となっています。送料3,300円を含むと153,100円です。CPUにはCore i7-12700Fを、グラフィックスにはGeForce GTX 1650 GDDR6版を搭載しています。メモリ16GB、SSD 256GB NVMe、HDD 1TBという構成です。電源ユニットは500W BRONZEと必要十分です。光学ドライブはカスタマイズで選択可能です。おすすめ度は★9個です。

>>mouse DT7-G-MGZNを購入<<

mouse DT7-G-MGZNのカスタマイズ項目まとめ

当該モデルのカスタマイズ項目について解説しています。各項目についておすすめ度をまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね。すべてを選ぶというよりは使用環境などに合わせて必要なものを選択していくイメージです。

光学ドライブ ★★★☆☆

mouse DT7-G-MGZNkougaku
+4,180円で光学ドライブを追加することができます。最近は光学ドライブ非搭載モデルが増えています。CDを聴いたり、DVDを観たりしたい方は追加しても良いと思います。内蔵型ではなく外付けのドライブでも対応可能です。Blu-rayディスクドライブになると一気に高くなります。

カードリーダー ★★★☆☆

mouse DT7-G-MGZNcardreader
+1,980円でカードリーダーを搭載することができます。micro SDやSDカードの読み込みにも対応しています。最近話題になることの多いドラレコの映像確認にも最適です。

mouse DT7-G-MGZNのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
mouse DT7-G-MGZNは比較的高い性能を持つモデルです。対応できる幅が広く使い勝手が良いです。デュアル環境・動画視聴・デイトレ・Skype(WEB会議)などであれば余裕で対応できます。動画編集・エンコード・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTM・ビジネスでも不足はありません。

特に動画編集やWEBデザインなどGPUアクセラレーションに対応しているソフトウェアを使用する場合GPUの力を借りてより高速に作業を行えます。設定を下げればゲームプレイにも対応できます。グラフィックス処理性能はそれほど高いわけではありませんので、ゲーム実況はそれほど得意ではありません。3D CADも同様です。3D CADをメインに考えているならNVIDIA Tシリーズなどプロフェッショナル向けのグラフィックボードを搭載したモデルを選択しましょう。

mouse DT7-G-MGZNの性能

Core i7-12700F

corei7-12700benchmark

Core i7-12700Fは、Intel第十二世代CPUの高パフォーマンスモデルです。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイターやゲーマーにも人気があります。従来モデルのCore i7-11700よりも70%近くもパフォーマンスが高くなっています。競合モデルであるRyzen 7 5800Xよりも25%以上も性能が高いです。このクラスになればCPUの性能不足に悩むことは少なくなるでしょう。動画編集・RAW現像など幅広く通用します。

GeForce GTX 1650 GDDR6

gtx1650benchmark

当該モデルではグラフィックボードが搭載されています。Turing世代のエントリークラスであるGTX 1650 GDDR6版を選択しました。通常のGDDR5搭載モデルよりもメモリ周りが強化されていて性能が高いです。従来モデルのGTX 1050 Tiと比べても20%パフォーマンスが引き上げられています。

CPU内蔵グラフィックスのUHD Graphics 630やUHD Graphics 750と比べても性能差は大きいです。WEBデザインや動画編集を考えていたり、ゲームプレイを考えていたりする方にとっては魅力的なモデルとなります。ただし、ゲームプレイにおいては性能的に妥協が必要であることは理解しておきましょう。設定調整を行わないと安定しないことがあります。

>>mouse DT7-G-MGZNを購入<<

mouse DT7-G-MGZNを選ぶ3つの理由

通常ラインナップよりお得なコラボモデルだから

mouse DT7-G-MGZNは、BTOパソコンマガジンとマウスコンピューターのコラボモデルとなっています。コラボモデルということもあって通常モデルよりも優遇されています。マウスコンピューターが提供するコラボモデルは、通常モデルである「G-Tune DT7-G」よりも10,000円安い価格設定となっています。

マウスコンピューターでのパソコン購入を考えている方は要チェックです。特に通常モデルの購入を考えている方であればコラボモデルの方がお得なことがほとんどですのでチェックしない手はありません。通常ラインナップのセール時などは逆転することもあります。常時価格をチェックして購入してから後悔しないようにしたいですね。

利便性の高いダブルストレージを採用しているから

当該モデルではダブルストレージを採用していて利便性が高いです。SSD 256GB NVMe+HDD 1TBという構成です。最近はシングルストレージ採用モデルばかりになっていますので、ダブルストレージを採用しているだけで強みになります。ストレージ容量的にも納得できる範囲だと思います。もちろん容量が足りない場合はカスタマイズで増設することも可能です。

SSDの価格が下がっていること及び起動が速いなどのメリットがあることからSSDのみとなるのは仕方がないかもしれません。しかし、SSDのみの場合ストレージ容量がどうしても少なくなってしまうため動画や画像を保存することの多い方にとってはHDDは必須だと言えるかもしれません。

エントリークラスながらGPUを搭載しているから

50番台とは言ってもグラフィックボードを搭載しているのは強みになります。特に価格が高いゲーミングPCやクリエイターPCではなく一般モデルでグラフィックボードが搭載されているのは希少です。グラフィックボードが搭載されているだけでできることの幅が大きく広がります。

ゲームプレイや動画編集にも対応することが可能です。動画編集ソフトなどの使用でもGPUを活用できるものも増えてきました。本来CPUが担う役割をGPUが手助けしてくれますのでより快適にPC作業を行えます。負荷掛かる作業をメインに考えているならグラフィックボード搭載は魅力的でしょう。

>>mouse DT7-G-MGZNを購入<<

mouse DT7-G-MGZNの弱み

優等生的存在でずば抜けている何かがあるわけではない

mouse DT7-G-MGZNは、どこか一つがずば抜けているモデルというよりは優等生的な存在だと言えます。CPUには人気の高いCore i7-12700Fを搭載していて、グラフィックボードも搭載しています。構成もメモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBとダブルストレージを採用している以外は平凡だと言えるかもしれません。できる限り多くの方にとって選びやすいモデルとなる工夫をしています。意外とこういったモデルはラインナップが多くないため逆に目立つ存在になり得ます。

納期が極端に長い

納期が決済日より約21営業日での出荷とかなり長くなっています。受け取りまで購入後1ヶ月程度掛かってしまうことになります。BTOメーカーのほとんどが納期短縮を掲げている状況で少し不利です。最短翌営業日出荷を実現しているBTOメーカーもあります。

急ぎでパソコンが必要な方は他のメーカーを確認しておくと良いですね。マウスコンピューターを含めて繁忙期や供給が安定しない状況においてはこのように納期が延びてしまうことは珍しくありません。購入場面でおおよその納期が表示されますので、しっかり確認しておくと良いですね。

通常ラインナップのmouse DT7-Gと比較

ブランドマウスコンピューターマウスコンピューター
画像mousedt7mousedt7
製品名DT7-G-MGZNDT7-G
価格149,800円(税込)159,800円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-11700F
GPUGTX 1650 GDDR6GTX 1650 GDDR6
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD256GB NVMe512GB NVMe
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
公式公式公式
通常ラインナップのmouse DT7-Gと比較していきます。価格差は10,000円でコラボモデルであるmouse DT7-G-MGZNの方が安いです。グラフィックスは共通ですが、CPUが異なっています。mouse DT7-G-MGZNでは最新のCore i7-12700Fを搭載していて性能で大きく上回っています。8コア16スレッドと12コア20スレッドでは性能差が大きいですね。

また、ストレージ構成も少しだけ異なります。mouse DT7-G-MGZNは、SSD 256GB NVMe+HDD 1TBとダブルストレージを採用しています。一方で、mouse DT7-GではSSD 512GB NVMeと大容量SSDを採用しています。256GB NVMe→512GB NVMeへのアップグレードは+7,590円、HDD 1TB追加は+7,590円です。つまり、構成を揃えてもmouse DT7-G-MGZNの方が安価です。特にダブルストレージに魅力を感じる方におすすめです。

>>mouse DT7-G-MGZNを購入<<

mouse DT7-G-MGZNのケースデザイン

正面

mouse DT6-Gsyoumen
オーソドックスなデザインです。ミニタワーケースなのでそれほど大きさを感じることはないでしょう。オフィスで使うにも最適だと思います。

メッシュパネル

mouse DT6-Gmesh
オプションで前面をメッシュパネルにすることも可能です。エアフローの改善及びメンテナンス性の向上に効果的です。デスクの下にパソコンを設置するとホコリまみれになってしまうので検討しても良いと思います。

I/Oパネル

mouse DT6-Giopanel
本体の前面にI/Oパネルが配置されています。イヤフォン、マイク入力、USB 2.0×2、電源ボタンがあります。カスタマイズでカードリーダーを選択することも可能です。

背面

mouse DT6-Gback
背面からも熱を排出します。USB 3.0×4、USB 3.1×2、マイク入力と端子も豊富です。コンパクトにすっきり収まっています。

光学ドライブ

mouse DT6-Gdrive
標準では非搭載です。オプションで光学ドライブを搭載することもできます。DVDを観るなど目的がある方であればカスタマイズを推奨します。

>>mouse DT7-G-MGZNを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、「mouse DT7-G-MGZN」の性能スペック及び口コミについて紹介しています。マウスコンピューターとBTOパソコンマガジンとのコラボモデルで通常ラインナップのmouse DT7-Gよりも10,000円もお得に購入できます。コストパフォーマンスの高いモデルを探している方は必見です。

CPUにはIntel第十二世代のCore i7-12700Fを搭載していて動画編集・画像編集など幅広く対応できます。グラフィックボードにはGTX 1650を搭載しています。ゲームプレイや動画編集にも対応可能です。ダブルストレージを採用しているのもポイントです。趣味でも仕事でも通用する一台です。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等