littlegear
btn-official-site

管理人管理人

当記事では、G-Tuneが販売している「G-Tune HL-B-3060Ti-MGZN」のレビューをまとめています。当サイトとマウスコンピューター(G-Tune)のコラボレーションモデルです。通常ラインナップにある「G-Tune HL-B-3060Ti(プレミアムモデル)」よりも35,000円も安く購入できます。コストパフォーマンスに優れていて多くのゲーマーにおすすめできます。

Core i7-12700F×RTX 3060 Tiと人気の組み合わせです。どちらもハイクラスに属していて余裕のあるゲームプレイが可能です。負荷の軽いタイトルであればWQHD環境以上でのゲームプレイにも対応できます。最近では数が減っているキューブ型ケースを採用しているのもポイントです。拡張性はミニタワーやミドルタワーと比べると劣るもののデザイン性が高く一定の人気があります。

(+) 通常ラインナップよりも3.5万円安い
(+) CPUとGPUが人気の組み合わせ
(+) 機能性に優れたキューブ型ケースを採用
(-) 拡張性はミニタワーなどに比べて劣る
(-) 即納オプションには対応していない

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNのスペック

  • 価格:204,800円(税込) ☆
  • CPU:Core i7-12700F ◎
  • GPU:GeForce RTX 3060 Ti ◎
  • メモリ:DDR4-3200 16GB ◎
  • SSD:512GB NVMe対応 ◯
  • HDD:非搭載 ✕
  • 電源:700W BRONZE ◯
  • マザーボード:B660 ◯

*各パーツごとの純粋な性能について☆→◎→◯→△→×の5段階で評価

Core i7-12700F×RTX 3060 Ti搭載モデルで税込204,800円です。送料3,300円を含めるとトータル費用は208,100円となります。RTX 3060 Ti搭載モデルとしては安価でコスパが高いです。メモリ16GB・SSD 512GB NVMeという構成です。HDDは非搭載です。電源ユニットは700W BRONZEです。マザーボードはB660を採用しています。拡張性が高いケースではないことからチップセットがB660でも問題ありません。拡張性を重視したい方はミニタワー以上を選択すると良いですね。

各タイトルの適正度

PUBGFortnite黒い砂漠
pubg
★★★★★
fortnite
★★★★★
kuroisabaku
★★★★☆
Apex LegendsTERAFF14
Apex Legends
★★★★★
tera
★★★★☆
ff14
★★★★☆
*WQHD環境×最高設定を基準にしています
RTX 3060 Tiを搭載していることである程度のゲームプレイに対応できます。上記テーブルはWQHD環境での評価です。高解像度での適性もまずまずです。FULL HD環境なら60fps以上で安定させることができます。高リフレッシュレート対応モニターを所有されている方にもおすすめです。

カスタマイズ解説

当該モデルのおすすめカスタマイズを解説しています。予算や用途に合わせて選択すると良いと思います。

HDD ★★★★☆

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNhdd

SSD 512GBで足りないという方はHDDの増設がおすすめです。HDD 1TBの増設は+7,590円で行えます。SSD 512GBと合わせてデュアルストレージを構築すればトータルストレージ容量は1.5TBとなります。これだけの容量があればゲーム・動画・画像などをたくさん保存できます。2TBを追加しても+9,790円と比較的リーズナブルだと思います。もちろんAmazonなどで購入してご自身で増設することもできますが、ケースの特性上やや手間が掛かってしまうためカスタマイズでしておく方が良いと思います。

光学ドライブ ★★★★★

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNdrive

光学ドライブの追加もおすすめです。+6,490円と一般的な光学ドライブよりも高価ですが、ケースに合った取り付けとなるので仕方がないですね。デザイン性に優れています。DVDを観たり、音楽を聞いたりしたいと考えている方はぜひ検討してください。価格以上の価値があると思います。

>>G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNを購入<<

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNを選ぶ3つの理由

コラボモデルということもあってコスパが高いから

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNの魅力はコストパフォーマンスの高さにあります。Core i7-12700F×RTX 3060 Tiの組み合わせで20万台は圧巻です。その上でキューブ型デザインを採用しているとなると唯一の存在でしょう。このコラボモデルの元となった「G-Tune HL-B-3060Ti(プレミアムモデル)」よりも35,000円も安いです。

ドスパラ・パソコン工房・TSUKUMOなどの他社BTOメーカーのモデルと比べてもずば抜けたコストパフォーマンスを誇ります。セール/キャンペーンモデルをも上回っています。全てのRTX 3060 Ti搭載モデルの中でもっともコストパフォーマンスに優れた一台と言っても過言ではありません。予算が合う方はぜひ候補に入れていただければと思います。

CPUとGPUが人気の組み合わせだから

i712700benchmark
G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNは、Core i7-12700F×RTX 3060 Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCです。売れ筋の組み合わせで各BTOメーカーが力を入れています。Core i7-12700Fは、Alder Lake世代のハイクラスのCPUです。12コア20スレッドとスペックが高くCore i7-11700よりも70%程度も性能が高くなりました。Ryzen 9 5900Xをも上回る性能を持ちゲームプレイ以外の用途にも対応できます。ゲーム実況・動画編集・画像編集などお手の物です。これまでの世代のCPUとは別物だと考えて良いですね。

rtx3060tibenchmark

グラフィックスにはAmpere世代のハイクラスであるRTX 3060 Tiを搭載しています。60番台と言ってもグラフィックス処理性能は高く従来モデルのRTX 2080 Superに近い性能を持っています。FULL HD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイも可能です。WQHD環境以上にも対応できるポテンシャルを持っています。ハイクラスのCore i7-12700Fとのバランスも良好です。グラフィックボードも世代を重ねるごとに性能の底上げが行われています。

機能性に優れたキューブ型ケースを採用しているから

littlegear-drive
G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNは、今では珍しいキューブ型ケースを採用しています。実は機能性に優れていてデザイン性だけが魅力というわけではありません。例えば、オプションで光学ドライブを選択すれば上記画像のように本体上部に光学ドライブが取り付けられます。ケースのデザイン性を損ねることがないのは評価できますね。ただし、拡張性についてはどうしても劣ってしまいます。

littlegear-mesh

本体下部に取り外しができるメッシュカバーがあります。メンテナンスが行いやすく実用性が高いです。購入したら定期的に埃がついていないかチェックしておくと良いですね。

littlegear-airflow

キューブ型ケースを採用していることで不安になる冷却性能についても抜かりはありません。本体下部及び筐体の両側面がメッシュ加工となっていて吸気がしっかりと行えます。排気は背面から行いエアフローも万全です。RTX 3060 Tiぐらいまでのモデルであれば問題ありません。

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNの弱み

ケース的に拡張性が高いわけではない

littlegear
キューブ型のデザインを採用していることもあって拡張性が高いわけではありません。また、やや癖があってSSDやHDDの増設もご自身で行うのは手間です。一般的なミニタワーと比べると使いづらさがあるかもしれません。また、エアフロー及びスペース的な問題でRTX 3070以上のグラフィックボード搭載は考えない方が良いと思います。G-Tuneハンドル付きミニタワーのラインナップ的にも最大はRTX 3060 Tiです。それ以上のモデルは想定されていないと考えた方が良いですね。

即納オプションには対応していない

mouseyokueigyoubi

当該モデルは残念ながら翌営業日出荷サービスに対応していません。基本的に決済完了後3営業日での出荷となりますので、購入後受け取りまで1週間程度見ておく必要があります。もしかしたら今後オプションの選択肢が追加されるかもしれませんが、現時点ではある程度余裕を持って購入しましょう。即納はそのモデルを選ぶ強みになりますので、担当者の方と交渉していきたいと思います。

>>G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNを購入<<

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNのデザイン

正面

littlegear-syoumen
キューブ型のケースでデザイン性に優れています。2015年9月に発売されたケースですが、今でも古さを感じることはありません。本体下部にあるGTuneのロゴが映えます。

本体右側

littlegear-right
本体右側はメッシュ加工が施されていて効率的に空気を取り入れられます。本体右の下側にはI/Oパネルが配置されています。上から電源ボタン、USB 3.0×2、ヘッドフォン端子・マイク端子があります。ここは少し古さを感じてしまうかもしれません。

本体左側

littlegear-left
本体左側もメッシュ加工が施されています。これだけコンパクトなケースの場合は吸気口が必要になります。

ハンドル

littlegear-handle
本体上部にハンドルが付いています。非常に珍しいデザインだと言えます。このモデルの誕生が持ち運びを前提としているからこそのアイデアです。リビングから部屋の移動も容易に行なえます。

ガレリアXA7C-R36Tとの比較

型番G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNガレリアXA7C-R36T
イメージG-Tune HL-B-3060Ti-MGZNXA7C-R70S-syoumen
価格204,800円(税込)239,980円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe1TB NVMe
HDD非搭載非搭載
マザーボードB660H670
電源700W BRONZE650W BRONZE
納期3営業日出荷翌日出荷
公式公式公式
同じ性能帯のドスパラ「ガレリアXA7C-R36T」とスペックを比較していきましょう。ガレリアXA7C-R36Tは、ミドルタワーケースを採用しています。価格差はおよそ35,000円でG-Tune HL-B-3060Ti-MGZNの方が安価です。G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNではCPUに内蔵グラフィックス非搭載のCore i7-12700Fを搭載しています。これが価格を抑えるのに一役買っています。それでもグラフィックボードを搭載しているためデメリットはありません。

メモリはDDR4-3200 16GBと共通です。ストレージ容量には差があってガレリアXA7C-R36Tでは1TBを搭載しています。G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNのSSDのカスタマイズ費用は10,890円です。価格差を考慮しても24,110円となっています。マザーボードのチップセットについてはガレリアXA7C-R36Tの方が規格が上です。電源ユニットはG-Tune HL-B-3060Ti-MGZNの方が少しだけ容量が多いです。納期はガレリアXA7C-R36Tの方が早いです。

>>G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNを購入<<

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNの口コミまとめ

現在クチコミは投稿されていません。今後口コミが集まり次第追加します。

当記事のまとめ

管理人管理人

G-Tune HL-B-3060Ti-MGZNのレビュー&口コミをまとめました。BTOパソコンマガジンとマウスコンピューターのコラボレーションモデルです。通常ラインナップにある「G-Tune HL-B-3060Ti」よりも3.5万円も安く購入できます。Core i7-12700×RTX 3060 Tiの組み合わせで最安値クラスの一台です。競合モデルと比較しても安価であることがわかります。FULL HD環境でのゲームプレイに最適です。高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応できます。メモリ16GB・SSD 512GBと構成は平均的です。

btn-official-site

売れ筋ゲーミングPCをチェック

gamingpcranking