mouse DT5-G公式

管理人管理人

当ページでは、マウスコンピューターの「mouse DT5」のレビューと口コミ情報を紹介しています。CPUに高コスパなCore i5-12400を搭載したミニタワーモデルです。CPUがCore i5-11400から変更となりました。最新モデルで税込10万円台と安価なためお子様用のパソコンとしてやサブパソコンとしても選びやすいと思います。より構成の充実した競合モデルも確認しておくと良いですね。

(+) マウスコンピューターの売れ筋モデル
(+) Core i5-12400搭載の高性能PC
(+) 翌営業日出荷サービスに対応
(-) 光学ドライブ・カードリーダーは非搭載
(-) 競合モデルと比べると価格が高い

mouse DT5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
おすすめの用途としてRAW現像・デイトレ・ビジネスなどが挙げられます。オフィスソフトの使用も快適で作業効率が上がります。動画編集・動画投稿・マン外制作・WEBデザイン・DTMなどの作業については極端に負荷の掛かるファイルの取り扱いがなければ対応できます。Core i5シリーズとは言っても従来モデルのCore i7-11700と同等のパフォーマンスを持っていて適正は高くなりました。デュアル環境構築・動画視聴・Skypeだけだとオーバースペックです。

mouse DT5の概要

スペック

メーカーマウスコンピューター
型番mouse DT5
価格104,800円(税込)
CPUCore i5-12400
グラフィックボードUHD Graphics 730
メモリDDR4-3200 8GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
電源350W 80PLUS BRONZE
光学ドライブオプション
カードリーダーオプション
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
mouse DT5は、Core i5-12400搭載のミドルクラスのBTOパソコンです。税込104,800円で送料3,300円を含むと107,100円となります。グラフィックスはUHD Graphics 730でUHD Graphics 630と比べてパフォーマンスは引き上げられました。

メモリ8GB、SSD 512GB NVMeと最小構成です。電源ユニットは350W BRONZEを採用しています。光学ドライブ及びカードリーダーはオプションです。おすすめ度は★六つです。競合モデルと比べてやや価格が高めなため評価はMAXとはなりませんでした。

サイズ(大きさ)

mouse DT5size

mouseのミニタワーケースを採用しています。サイズは170(幅)×403(奥行き)×360(高さ)となっています。ミニタワーの中でもやや小さめですね。部屋の移動も容易に行えると思います。机の上に置いても圧迫感はありません。デザイン性の高さも◎

mouse DT5のおすすめカスタマイズ

mouse DT5で検討したいおすすめのカスタマイズをまとめています。ただし、全てのカスタマイズを行ってしまうと価格が跳ね上がってしまうので本当に必要なものを厳選する必要があります。場合によっては一切カスタマイズを行わないのも良いと思います。

HDD ★★★★★

mouse DT5hdd

ストレージ容量を増やしたいならHDDの追加がおすすめです。+7,590円で1TBのHDDが追加できます。2TBでも9,790円とSSDに比べるとかなり安く抑えることが可能です。場合によってはAmazonで購入してご自身で増設しても良いでしょう。

光学ドライブ ★★☆☆☆

mouse DT5drive

DVDスーパーマルチドライブを4,180円で追加できます。DVDを視聴したり、CDを聴いたりしたりすることを想定している方向けです。Amazon.co.jpなどで購入して取り付けるともう少し価格を抑えることができます。

カードリーダー ★★☆☆☆

mouse DT5reader

カードリーダーは1,980円で追加可能です。光学ドライブと同様に後から追加することも容易ですので、重要性は低いと言えるかもしれません。届いたらすぐ使いたいと考えている方向けです。

>>mouse DT5を購入<<

mouse DT5の性能

Intel Core i5-12400

i5-12400benchmark

mouse DT5に採用されているCPUは、高コスパが特徴のCore i5-12400です。6コア12スレッドというスペックで従来モデルのCore i5-11400よりも20%以上も処理性能が向上しています。上位モデルであるCore i7-11700以上のパフォーマンスを発揮します。競合モデルで価格の高いRyzen 5 5600Xをも上回っています。動画編集・画像編集・DTM・WEBデザインなどの作業にも対応可能です。

UHD Graphics 730

uhd730benchmark

グラフィックスにはCPU内蔵グラフィックスはUHD Graphics 730を搭載しています。従来モデルのUHD Graphics 630よりもクロック周波数が引き上げられて性能は10%程度向上しています。この性能差を体感することは難しいですが、一般的な用途であれば十分なグラフィックス処理性能を持っています。

mouse DT5を選ぶ3つの理由

マウスコンピューターの売れ筋モデルだから

mousedt5ranking
2022年07月時点でマウスコンピューターの売れ筋ランキングNo.2のモデルとなっています。大手BTOメーカーのランキングということで信頼性が高いですね。売れ筋モデルというだけで候補に入れても良いかもしれませんね。Windows 11を搭載していてセキュリティ面でも安心できます。初めてのパソコンにも最適だと思います。税込10万円台とマウスコンピューターのラインナップの中では比較的安価です。

セール&キャンペーン実施中ならより注目度が高いです。割引額が大きいわけではありませんが、5,000円以上の値引きが期待できます。税込10万円以下で探している方は多いはずです。大手パソコンメーカーなら軽く10万円を超えてしまう構成です。BTOメーカーならではの価格設定です。学生の方や新社会人の方にもおすすめです。

高性能なCore i5-12400を搭載しているから

CPUにCore i5-12400を搭載していることも選ぶ理由になります。従来モデルのCore i7-11700に匹敵する高い性能を持つCPUです。CPUコアがGolden Coveへと変更されています。これによってIPCが改善して同じ6コア12スレッドというスペックでも従来モデルのCore i5-11400よりも性能が高くなりました。動画編集などのクリエイター作業を考えている方にも最適です。

このモデルについてはメモリ容量が8GBと控え目ですが、価格を抑えることを重視したモデルということもあってそのままカスタマイズはしない方が良いかもしれません。ただし、8GBだとボトルネックになってしまうこともあるので注意が必要です。一般的な用途であれば十分対応できます。

翌営業日出荷サービスに対応しているから

出荷日調整サービスを選択できるのも強みとなっています。通常4営業日での出荷となりますが、オプションで翌営業日出荷サービスを選択すれば翌営業日での出荷となりスピーディーにパソコンを受け取ることができます。

平日13時までの注文が対象となります。少しでも早く受け取りたいと考えるのが普通でしょう。パソコンが故障してすぐに購入する必要がある場合などに助かるサービスです。+2,200円で早く受け取ることができるのであれば悪くないですね。私も少しぐらい価格が高くても納期が短い方を選択します。

mouse DT5の弱み

初期構成では光学ドライブ・カードリーダーが非搭載

mouse DT5は初期構成では光学ドライブとカードリーダーが非搭載となっています。ビジネスモデルということを考えるとせめてどちらかは搭載して欲しかったですね。パソコンでDVDやCDを取り込みたいと考えている方はもう少しコストが掛かってしまうことになります。利用頻度が高い方は注意してくださいね。それぞれのカスタマイズ費用は4,180円と1,980円です。後からAmazon.co.jpなどで購入する方が安上がりだと思います。

競合モデルと比べると価格は少し高めになっている

mouse DT5は税込10万円台と抑えられた価格が魅力のモデルです。ただし、競合モデルと比べると価格は大きく見劣りしてしまうのも事実です。コストパフォーマンスでは平均よりも上といった程度です。セール&キャンペーン期間中でも差は大きいです。

mouse DT5はコストパフォーマンスを重視するのではなく、マウスブランドを重視する方向けだと言えます。24時間365日のサポートや上場企業のグループ企業ならではの安心感に魅力を感じる方なら少しぐらい高くても選び理由は生まれるのではないかと思います。

>>mouse DT5を購入<<

Magnate IMとの比較

ブランドマウスコンピューターMagnate
画像mousedt7Magnate IM
製品名mouse DT5Magnate IM
16GB/i5-12400搭載
価格104,800円(税込)79,979円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400
GPUUHD Graphics 730UHD Graphics 730
メモリDDR4-3200 8GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源350W BRONZE450W BRONZE
光学ドライブ+4,180円
カードリーダー+1,980円×
付属品マウス
キーボード
マウス
キーボード
Wi-Fi 6無線×
公式公式公式
レビュー-レビュー
競合モデルとなるドスパラのMagnate IMと比較していきます。価格差は24,821円となっています。ドスパラの場合はポイント還元もありますね。CPU・グラフィックスは共通です。Magnate IMはメモリ容量が倍の16GBとなっています。mouse DT5のメモリを16GBに増設するのに+8,690円が掛かります。電源ユニットについてもMagnate IMの方が少しだけ容量が多くなっています。

Magnate IMは光学ドライブが標準搭載です。mouse DT5は無線LANを搭載しているのが強みですが、全体的に見ればmouse DT5の完敗です。価格差24,821円+メモリ増設+8,690円+光学ドライブ+4,180円で実質の価格差は37,691円となります。コストパフォーマンスで比較するのは厳しいので、マウスコンピューターのサポートなどに期待している方向けだと言えます。

mouseの上位モデルとの比較

ブランドマウスコンピューターマウスコンピューターマウスコンピューター
画像mousedt7mousedt7mousedt7
製品名DT5DT5-GDT7
価格104,800円(税込)139,800円(税込)144,800円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400FCore i7-12700
GPUUHD Graphics 730GTX 1650UHD Graphics 770
メモリDDR4-3200 8GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe256GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載
電源350W BRONZE500W BRONZE350W BRONZE
公式公式公式公式
mouse DT5の上位モデルと比較してみましょう。まず、mouse DT5-Gは、グラフィックスにGTX 1650を搭載したモデルです。グラフィックボードを搭載しているためCPUはCPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i5-12400Fへと変更されています。価格差は35,000円です。mouse DT5-Gはメモリ容量が倍の16GBとなっています。また、電源ユニットも強化されて500W BRONZEが採用されています。グラフィックス性能が必要な方向けだと言えますね。SSD容量は半減となっている点は注意してください。

mouse DT7はCPUにハイクラスのCore i7-12700を搭載したモデルです。Core i7-12700は性能が高く動画編集や画像編集を本格的に行いたいと考えている方向けです。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用して12コア20スレッドというスペックを実現しています。価格は144,800円です。メモリ16GB、SSD 512GBという構成です。電源ユニットは350Wと共通です。

mouse DT5のケースレビュー

正面

mouse DT6-Gsyoumen
オーソドックスなデザインです。オフィスで使うにも最適だと思います。

メッシュパネル

mouse DT6-Gmesh
オプションで前面をメッシュパネルにすることも可能です。エアフローの改善及びメンテナンス性の向上に効果的です。

I/Oパネル

mouse DT6-Giopanel
本体の前面にI/Oパネルが配置されています。イヤフォン、マイク入力、USB 2.0×2、電源ボタンがあります。

背面

mouse DT6-Gback
背面からも熱を排出します。USB 3.0×4、USB 3.1×2、マイク入力と端子も豊富です。

光学ドライブ

mouse DT6-Gdrive
オプションで光学ドライブを搭載することもできます。

mouse DT5の口コミまとめ

Twitter

Core i5-11400は、これまでのCore i5シリーズとは一線を画する高い性能を持っています。動画編集などにも対応できるのは魅力的ですね。無線LAn搭載ですぐにネット環境を構築することができます。

その他

dansei1

購入年:2021年 使用目的:ブラウジング・オフィスソフト・画像編集など

ブラウジング及びオフィスソフトがメインの用途で購入しました。たまに画像編集をしますが、私には十分過ぎる性能だと思います。カクカクすることもなく安定しています。


>>mouse DT5を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの低価格帯の「mouse DT5」のレビュー及び口コミをまとめました。CPUにCore i5-12400を搭載したミドルクラスの一台です。6コア12スレッドと従来モデルと同じスペックながらCPUコアの改良によってパフォーマンスが高くなっています。動画視聴・動画編集・RAW現像・WEBデザイン・ビジネスなど幅広い用途に対応することができます。

メモリ8GB、SSD 512GBと構成は抑えられていますが、低価格が魅力のモデルなのでカスタマイズは最小限に留めておくと良いと思います。ただし、あくまでも価格が安いのはマウスコンピューターの中での話です。他社BTOメーカーのモデルと比べるとコストパフォーマンスに劣ります。セールを待つのも良いかもしれません。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等