cpucorei78550u

管理人管理人

当記事では、「Core i7-10510Uの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。第10世代Comet Lakeの最新のCPUです。Core i7-8565Uの後継モデルと考えて良いでしょう。

同じComet LakeのCore i5-10210Uと比べるとブーストクロック周波数が大きくアップしています。結果的にパフォーマンスが上がりますので、動画編集やRAW現像など負荷の高い作業を行いたいと考えている方におすすめです。ただし、価格も40%高くなっています。

Core i7-10510Uの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数1.80 GHz
ブーストクロック4.90 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
キャッシュ8MB
TDP15W
発売日2019年10月
価格$409

Core i7-10510Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
ノート向けCPUとしては高い性能を持っています。デュアルモニター、動画視聴、Skypeなどの使用に問題はありません。動画編集、RAW現像、CADなどもある程度対応することが可能です。ただし、4K解像度動画の編集や画像編集、大規模なCADでは重さを感じてしまうと思います。一般ユーザーであれば十分過ぎる性能だと言えます。

Core i7-10510Uのスペック比較

 i7-10510Ui7-1065G7i7-8565U
コードネームComet LakeIce LakeWhiskey Lake
プロセス14nm10nm14nm
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック1.8GHz1.3GHz1.8GHz
ターボクロック4.9GHz3.9GHz4.6GHz
内蔵GPUIntel UHD Graphics
Intel Iris PlusUHD Graphics 620
GPU EUs24 EUs64 EUs24 EUs
メモリ規格DDR4-2666DDR4-3200DDR4-2400
キャッシュ8MB8MB8MB
TDP15W15W15W
発売日Q3'19Q3'19Q3'18
単体価格$409$426$409
搭載PC価格82,384円~119,980円~94,980円~
比較対象として同時期に発売されたIce LakeのCore i7-1065G7と前世代のCore i7-8565Uとを比較しています。Ice Lakeは最新アーキテクチャの10nmプロセスを採用しているのが特徴です。Ice Lakeのi7-1065G7は、パフォーマンスに影響を与えるクロック周波数がいずれもi7-10510Uよりも低いものの性能は高いです。これはプロセスの縮小化によってパワー効率が上がったためです。単純にスペックを比較するだけではわかりにくい部分です。こういうところはベンチマークソフトのスコアと合わせて見るとわかりやすいと思います。

前世代のCore i7-8565Uとは同じアーキテクチャを採用しているためクロック周波数はそのまま比較しても良いでしょう。そうするとベースクロックは同じでブーストクロックが7%向上していることがわかります。全体で見ると7%-10%程度性能が高いです。ただし、ベンチマークソフトではそこまで大きな差がでません。性能差を体感することは難しく微増と考えておきましょう。

現時点でCore i7-8565Uを使用している方が買い換えるメリットはありません。当該CPUは、Core i5シリーズを使用していて性能不足を感じている方や第八世代よりも前のCPUを使用している方向けだと言えます。

Comet LakeとIce Lakeの違いについて(中上級者向け)

Comet Lake及びIce Lakeは同じ時期に出たためユーザーからするとわかりにくいかもしれません。簡単に違いをまとめるとアーキテクチャの違いです。後者の方が新しいアーキテクチャを採用しています。具体的には、プロセスの縮小化、CPU内蔵GPUの強化、メモリ規格のアップ、Wi-Fi 6への対応などがポイントとなります。

プロセスの縮小はアーキテクチャ(土台)に関わるものでパフォーマンスに大きな影響を与えます。プロセスが小さくなるとより省電力、高性能になるのが通常です。多くのトランジスタを搭載できるのがポイントですね。Comet Lakeは新しいCPUなのですが、実は前世代と共通している部分が多く新鮮さはありません。

Ice Lake CPU内蔵GPUについては、従来のUHD Graphicsよりも高性能です。オリジナルのIntel Iris Plusを搭載しています。GPUパフォーマンスを測るGPU EUsが2.5倍の64となり格段に高性能です。ただし、ゲームなど負荷の高い3Dグラフィックスの処理が得意なわけではありません。

メモリ規格はDDR4-2666→DDR4-3200へと変更されています。よりメモリ規格が変わるとメモリクロック・バスクロック、転送速度が上がるためより高性能になります。ただし、体感できるわけではないためそこまで気にしなくても良いと思います。

Wi-Fi 6は次世代の通信規格ですね。より安定した通信環境を手に入れられます。今後はWi-Fi 6に対応したモバイルルーターやデバイスが増えてくると思います。

Core i7-10510UってどんなCPUなの?

省電力が魅力の高性能CPU

Core i7-10510Uは、省電力性が魅力のCPUとなっています。Core i7シリーズということもあり性能は高めです。ただし、高性能モデルであるCore i5-9300Hには及びません。また、Core i7-8565Uからは順当な進化となっているものの大きく向上しているわけではありません。ノート向けCPUは種類も多く慣れていない方にはわかりにくいかもしれません。後述のベンチマークを見ていただけるとより理解が深まると思います。

Core i7になると一気に価格が上がるのがネックですね。Core i7-10510Uは$409で、Core i5-10210Uは$297です。その差は$112と大きめですね。Core i3 10110Uは$281であることを考えるとCore i5シリーズのコスパの高さが際立っています。立ち位置的にはやや不利だと思います。

外出先でも様々なアプリケーションを使いたい方向け

Core i7-10510Uは、外出先でもバリバリパソコン作業をこなしたいという方向けです。カフェや出張先でも資料作成や動画編集などを行いたい方なら後悔はしないでしょう。省電力も強みとなっていてバッテリー駆動時間も長くなるのが嬉しいですね。

ただし、性能は高いのですが、コストパフォーマンスがずば抜けて高いわけではありません。ある種のプレミアムが付されていると考えても良いでしょう。コスパを重視される方はCore i5-10210Uが選択肢に入ります。i5よりもクロック周波数が上がり動画編集、RAW現像、ビジネスなどの用途で活躍します。

2019年10月時点では外資系メーカーからのみ購入できる!

現時点で当該CPU搭載のノートパソコンを購入できるのは外資系メーカーのみです。具体的にはDellやLenovoです。意外とノートパソコンは外資系メーカーの対応が早いですね。

国内のBTOメーカーから搭載モデルのラインナップはなく、リリースまでもうしばらく時間が掛かってしまうかもしれません。外資系メーカーも価格が安いモデルを販売しているため購入しやすいと思います。

ベンチマークでわかるCore i7-10510Uの性能!

ここではベンチマークと呼ばれる指標を見ていきます。スペックを見るだけでは性能のイメージがしにくいと思います。ベンチマークソフトを使えば客観的に数値を比較できるため性能差もわかりやすく初心者の方でも安心できると思います。他のCPUと比較して相対的なスコアをみると良いでしょう。

Cinebench R20

cpuCore i7-10510U-cinebenchr20

Cinebench R20は、CPUにレンダリング(負荷の掛かる作業)をさせてパフォーマンスを測るソフトウェアです。前世代のCore i7-8565Uと比較すると1%程度です。ほぼ誤差の範囲だと思います。Ice Lake世代のCore i7-1065G7とは7%ほどの差があります。新しい世代の方がスコアが高い結果になっています。また、Cinebench R20ではCore i5-10210Uとの差も大きくありません。

Handbrake

dougahensyuuCore i7-10510U-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。動画編集を行う方は参考になるデータだと思います。この数値を見るとCinebench R20よりは性能差が出ています。8%程度高速化されていることがわかります。Core i7-1065G7とも同じぐらいの差が出ていますね。

7-zip

zipCore i7-10510U-7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。Core i7-8565Uとの性能差は3%に留まります。Core i5-10210Uとの性能差が大きいですね。35%ほどの性能差があります。価格差も納得できるほどの数値だと思います。

Core i7-10510U搭載のおすすめBTOノートパソコン

New Vostro 14 3000 プラチナモデル(大容量メモリー・SSD・グラフィック搭載)(Dell)

New Vostro 14 3000価格:82,384円
CPU:Core i7-10510U
GPU:オンボード
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



最安値クラスのBTOノートパソコンです。Core i7-10510U搭載モデルとしては手頃な価格が嬉しいですね。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe対応と構成も充実しています。本体自体はオーソドックスなものでデザインを重視される方には物足りないかもしれません。

New Inspiron 13 5000 プラチナ(大容量SSD・MX250搭載)(Dell)

New Inspiron 13 5000価格:106,223円
CPU:Core i7-10510U
GPU:GeForce MX 250
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



Dellの上位モデルです。ウルトラベゼルを採用しているため画面の視認性が高くなっています。プラチナシルバー、アイスライラックと2種類のカラーから選択できます。性能も高くグラフィックボードにはMX 250を搭載しています。3D処理もこなせます。動画編集やRAW現像をより快適に行いたいと考えている方向けです。

Lenovo IdeaPad S530-81WU000UJP(Lenovo)

lenovoideapads530価格:113,960円
CPU:Core i7-10510U
GPU:オンボード
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB
HDD:非搭載



Lenovoの販売しているノートパソコンです。メモリ16GB、SSD 1TBと大容量なのがポイントとなっています。メモリ容量が多いと処理能力が上がるため重くなりがちな作業でも秋的に行なえます。SSD容量も1TBと多いので追加ストレージは不要でしょう。構成を重視される方におすすめです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当該記事では、ノート向けの第10世代CPU「Core i7-10510Uの性能スペック及びBTOノートパソコン」について紹介しました。2019年10月に発売しています。性能的にはCore i7-8565Uの上位互換ですが、それほど飛躍的に向上したわけではありません。同じ時期に販売されたIce Lakeと比べるとやや見劣りしてしまうかもしれません。

現時点では販売されているモデルとしてはDellの「New Vostro 14 3000 プラチナモデル」、「New Inspiron 13 5000 プラチナ」とLenovoの「Lenovo IdeaPad S530-81WU000UJP」です。価格を重視して選びたいなら「New Vostro 14 3000 プラチナモデル」がおすすめです。デザイン性も重視したいなら「New Inspiron 13 5000 プラチナ」、構成重視なら「Lenovo IdeaPad S530-81WU000UJP」がおすすめです。意外と選択肢が多く発売したばかりのモデルですが十分でしょう。今後はCore i7-8565Uから随時ラインナップも切り替わっていくと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume