corei9-10900k

管理人管理人

当記事では、「Core i9-10850Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2020年7月27日に国内での販売が決まった新しいCPUです。Core i9-10900Kのスペックを僅かに落とした廉価モデルとなっています。ほぼ同等のパフォーマンスを得られるためユーザーからすると魅力的なモデルです。

品薄状態のCore i9-10900Kの隙間を埋める存在です。フラグシップモデルであるCore i9-10900Kでは最高品質のシリコンウェーハが使われますが、Core i9-10850Kになると取れる数が少しだけ多くなるので生産がしやすいというメリットがあります。

Core i9-10850Kの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数10 / 20
クロック周波数3.60 GHz
ブーストクロック5.20 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630
TDP125W
発売日2020年7月27日
価格$453

Core i9-10850Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i9-10850Kは基本的にはどのような用途でも使用できるCPUです。動画編集・RAW現像・ゲーム・ゲーム実況・DTM・CADなど負荷の高い作業でも快適です。動画編集などであれば第9世代以前のCore i9シリーズからの買い替えでも性能差を体感できると思います。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレがメインならオーバースペックとなってしまうためどの程度の性能が必要なのかを確認しておくと良いですね。

Core i9-10850Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i9-10850Ki9-10900Ki9-10900
コードネームComet LakeComet LakeComet Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド10/2010/2010/20
ベースクロック3.6GHz3.7GHz2.8GHz
最大ブーストクロック5.2Ghz5.3GHz5.2GHz
Turbo Boost 2.0 *15.0GHz5.1GHz5.0GHz
Turbo Boost Max 3.0 *25.1GHz5.2GHz5.1GHz
Thermal Velocity Boost *35.2GHz5.3GHz5.2GHz
L3キャッシュ20MB20MB20MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
メモリタイプDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933
最大メモリ幅45.8 GB/s45.8 GB/s45.8 GB/s
TDP125W125W65W
価格
(実売価格)
$453
(62,000円)
$488
(72,000円)
$439
(58,000円)
発売日2020年7月21日2020年5月20日2020年5月20日
*1 1つのコアについてクロック周波数を引き上げられる機能です。熱や消費電力がうまくコントロールできている時にのみ有効です。
*2 2つのコアについてクロック周波数をさらに引き上げられる機能です。Turbo Boost 2.0よりも一段階クロック周波数が高くなります。
*3 1つのコアについてクロック周波数を最大限まで引き上げられる機能です。温度が70℃以下でかつTurbo Boost Max 3.0の条件を満たす必要があります。

スペックを見ると分かる通り、Core i9-10850KはCore i9-10900Kとほぼ同等のスペックとなっています。プロセスやコア/スレッド数は同じです。ベースクロックが0.1GHz低く、最大ブーストクロックも0.1GHz低いです。最大ブーストクロックが抑えられている分Turbo Boost 2.0やThermal Veleocity Boostなども0.1GHz低くなっています。それでも消費電力は125Wと変わりません。

実際この性能差を体感することはできないと思います。CPU内蔵グラフィックス・メモリタイプも共通です。定価はCore i9-10900Kの$488に対して、Core i9-10850Kは$453と$35安いです。国内での販売価格を見ると1万円程度の差があります。ほぼ同等の性能であることを考えると1万円安くコスパは高いと言えます。

Core i9-10900に+$14でフラグシップモデルに近い性能が手に入ると考えると安いです。国内販売価格だと4,000円程度の差があります。BTOパソコンの場合Core i9-10900搭載モデル自体が希少なのでCore i9-10900KあるいはCore i9-10850Kを選択する必要があります。スペックを見てもコストパフォーマンスの高いCPUであることがわかります。

AMD製CPUと比較

 Core i9-10850KRyzen 9 3900XTRyzen 7 3800XT
コードネームComet LakeZen 2Zen 2
プロセス14nm7nm7nm
コア/スレッド10/2012/248/16
ベースクロック3.6Ghz3.8Ghz3.9Ghz
ターボクロック5.2Ghz4.7Ghz4.7Ghz
L3キャッシュ20MB64MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 630非搭載非搭載
メモリDDR4-2933DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー非搭載非搭載非搭載
TDP125W105W105W
価格$453
(62,000円)
$499
(64,000円)
$399
(47,000円)
発売日2020年7月21日2020年07月18日2020年07月18日
AMDの新モデルであるRyzen 9 3900XT及びRyzen 7 3800XTと比較していきましょう。直接の競合はRyzen 9 3900XTになると思います。Ryzen 9 3900Xのクロック周波数を引き上げたモデルとして2020年7月に登場しました。一番のポイントはZen 2アーキテクチャで7nmプロセスを採用していることです。Intelの14nmプロセスよりも最新の技術が投入されています。

Ryzen 9 3900XTは、コア/スレッドが12/24とCore i9-10850Kよりも20%多いです。CPUとしての性能はRyzen 9 3900XTの方が高いです。ベースクロックは3.8GHzと0.2GHz高く、ターボクロックは4.7GHzと0.5GHz低いです。コア/スレッドが多い分クロック周波数は少し抑えられています。これがアプリケーションによってどのような影響を与えるのか気になるところです。

AMD製のCPUにはCPU内蔵グラフィックスが搭載されていません。その点Core i9-10850Kは内蔵グラフィックスが搭載されていて強みになります。もっともこのクラスならグラフィックボードを搭載することが多いと思いますので、それほど気にしなくても良いかもしれません。メモリ規格についてもRyzen 9 3900XTの方が最新のものです。

消費電力についてもCore i9-10850Kの方が高く、省電力性はRyzen 9 3900XTの方が優れています。価格はRyzen 9 3900XTの方が2,000円高いです。Ryzen 7 3800XTは、8コア16スレッドとCore i9-10850Kよりも20%少ないです。ベースクロックは3.9GHz、ターボクロックは4.7GHzとなっています。価格は47,000円と15,000円安く購入できます。

Core i9-10850KってどんなCPUなの?

Core i9-10900Kよりも安価でほぼ同等の性能を持つ

Core i9-10850Kは、コストパフォーマンスに優れたCPUです。なぜならフラグシップモデルであるCore i9-10900Kと同等の性能を持ちながら1万円も安く購入することができるからです。ゲームプレイはもちろん動画編集・RAW現像・3D CADなどの使用にも最適です。ゲーマーの方だけではなくクリエイターの方にもおすすめです。ゲーム用途で考えると競合のRyzen 9 3900XTよりも有利です。

品薄状態のCore i9-10900Kの代替品として十分過ぎるCPUだと思います。Core i9-10900Kの購入を考えている方はCore i9-10850Kについても検討してみると良いですね。定価では$35の差ですが、国内の実売価格ではそれ以上に差が開いていることになります。搭載モデルでも同様に1万円程度の差が生まれています。

Core i9シリーズをゲーミングPC(あるいはクリエイターPC)に搭載するとなるとCPU以外のパーツにもお金が掛かります。例えば、CPUクーラー・マザーボード・電源ユニットなどです。特に発熱に関する部分でCPUクーラーや電源ユニットへの投資は必須です。浮いた1万円でこれらのパーツに予算を割り振ることができます。

Core i9-10900Kよりパワー効率が良くなっている

i9-10850kwatt
Core i9-10850Kは、価格面以外にも強みがあります。省電力性の高さです。CPU全体で見れば当然消費電力は高いです。それでもCore i9-10900Kと比べるとやや消費電力が小さくなっています。アプリ高負荷時・低負荷時でもCore i9-10900Kに比べて7%程度省電力です。ゲームプレイ時の消費電力は最も低いという結果になりました。

Ryzen 9 3900XTも省電力性の高いCPUです。ゲームプレイ時は最も消費電力は高くなっていますが、アプリ高負荷時などは抑えられています。Ryzenシリーズに比べるとやや物足りないかもしれませんね。基本的に消費電力は小さいに越したことはないでしょう。夏場などはかなりパソコンが熱くなってしまいエアコンの効果が小さくなってしまうことも考えられます。

搭載モデルはドスパラで購入可能

2020年9月時点でCore i9-10850K搭載BTOパソコンを販売しているのはドスパラのみです。発売当初よりも1万円の値引きが適用となり、Core i9-10850Kの長所を活かせているように思います。ショップ側でもCore i9-10900Kとの差別化をしっかり行っています。

ユーザーからするとCore i9-10900Kと同等のモデルを安く購入できますので、メリットしかありません。今後G-Tune・パソコン工房・パソコンショップセブンなどで販売されるのではないかと期待しています。もしかしたらクリエイター向けモデルも登場するかもしれません。それだけポテンシャルの高いCPUなのです。

Core i9-10850Kのベンチマーク

Cinebench R20

cpui9-10850k-cinebenchr20

CPUのレンダリング性能をスコア化できるベンチマークソフトです。Core i9-10850Kは、Core i9-10900Kとほぼ同等のスコアになっています。マルチスレッド性能で1-2%、シングルスレッド性能で3%と僅少です。Ryzen 9 3900XTになるとマルチスレッド性能が13%高いです。コア及びスレッド数が多いことによるものです。シングルスレッド性能については同等です。Core i7-10700Kとの差は27%と大きいです。コア数が多いほど有利になる動画編集などを考えるのであれば最適なCPUだと言えます。

7-Zip

zipi9-10850k-7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。やはりRyzen 9 3900XTがトップになっています。Core i9-10850Kとの差は、圧縮で15%・解凍で33%と大きいです。一方、Core i9-10900Kと比べると差は大きくありません。圧縮で1%・解凍で1%に留まります。アプリケーションの使用ではRyzen 9 3900XTが強いようです。

Core i9-10850Kのゲームプレイ時のフレームレート

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb RaiderCore i9-10850K-shadowofthetombraider

ゲームプレイ時のフレームレートではCore i9-10900Kに次ぐ数値が出ました。Ryzen 9 3900XTやRyzen 7 3700Xを上回っています。ただし、Core i7-10700K寄りとなっていますので、ゲームプレイだけを考えるのであればCore i7-10700Kを選択した方が良いでしょう。Core i9-10850Kはゲーム+ゲーム配信や動画編集などのアプリケーションの使用を考えている方向けです。

Far Cry 5

farcry5Core i9-10850K-farcry5

FULL HD環境ではCore i7-10700Kがトップになっています。ただし、解像度が上がるにつれてCore i9-10900KやCore i9-10850Kの方がスコアが高くなります。グラフィックボードの性能をうまく引き出せるということでしょう。WQHD環境ではCore i9-10900Kとほぼ同等、4K解像度ではCore i7-10700Kと同等になっています。

Core i9-10850K搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA ZA9C-R70S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S
価格:209,980円
CPU:Core i9-10850K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB
HDD:非搭載
電源:750W GOLD



RTX 2070 SUPER搭載のゲーミングPCです。ハイクラスのグラフィックボードに合わせるCPUとしてはややオーバースペック気味と言えるかもしれません。それでも価格が抑えられているためゲーム配信や動画編集なども行いたいと考えている方におすすめです。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分です。HDDをカスタマイズで追加すると動画の保存が行いやすくなります。

GALLERIA ZA9C-R80S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S
価格:229,980円
CPU:Core i9-10850K
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB
HDD:非搭載
電源:750W GOLD



グラフィックボードにはハイエンドクラスのRTX 2080 SUPERを搭載しています。4K解像度でのゲームプレイや高リフレッシュレート対応モニターを活かすためのモデルだと言えます。Core i9-10850Kに合わせるならこのクラスからが良いと思います。メモリ16GB、SSD 1TBという構成です。ストレージ容量が物足りないと感じる方はカスタマイズで対応しましょう。外部ストレージやクラウドストレージを活用するのもおすすめです。

GALLERIA ZA9C-R80T(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S
価格:279,980円
CPU:Core i9-10850K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB
HDD:非搭載
電源:750W GOLD



フラグシップモデルにふさわしいモデルです。グラフィックボードにはウルトラハイエンドのRTX 2080 Tiを搭載しています。現行最強のグラフィックボードとなっています。フラグシップモデルにはCore i9-10900Kを合わせたくなるかもしれませんが、性能的に不足はありません。価格が抑えられるというメリットもあります。メモリ16GB、SSD 1TBとなっています。電源ユニットについてカスタマイズをしてアップグレードしても良いでしょう。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、2020年7月に発売されたばかりのCore i9-10850Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。品薄状態にあるCore i9-10900Kの需要に応えるために発売されたCPUです。Core i9-10900Kに匹敵する性能を持ちながら価格も安くコストパフォーマンスに優れています。僅かにクロック周波数を落としているだけで性能は同等です。

現時点でCore i9-10850K搭載モデルを販売しているのはドスパラだけです。RTX 2070 SUPER以上のハイクラスのグラフィックボードを搭載したモデルとなっています。高解像度でのゲームプレイや高リフレッシュレートモニターを活かしたいと考えているゲーマーの方は必見です。もちろんグラフィックボードが必要なクリエイターの方にもおすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume