corei9-10900k画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i9-10900Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Intel第十世代のフラグシップモデルです。前世代(Coffee Lake)の8コア16スレッドから10コア20スレッドへと大幅にスペックアップが施されています。

Core i9-10900Kは、マルチコア性能に優れるライバルのRyzenシリーズが存在しているからこそ生まれたとは言っても過言ではありませんね。一方で、価格が高かったり、消費電力が大きかったりと見逃せない注意点もあります。具体的に見ていきましょう。

Core i9-10900Kの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数10 / 20
クロック周波数3.70 GHz
ブーストクロック5.30 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630
TDP125W
発売日2020年5月20日
価格$488

Core i9-10900Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i9-10900Kは、マルチに通用する高性能なCPUです。10コア20スレッドというスペックを見てもわかりますね。このCPUでできないことはないと言えます。予算が許すのであれば選択して後悔することはないと思います。一方で、性能が高すぎるが故にオーバースペックになりやすく扱いにくい側面があります。

例えば、動画視聴やビジネス用途にCore i9-10900Kのような高性能なCPUは不要でしょう。フラグシップモデルが輝くのは動画編集、ゲームプレイ、ゲーム実況、3D CADなど一般的な作業以上の用途となります。中上級者向けのCPUだと考えるとわかりやすいかもしれません。コストパフォーマンスを重視するならCore i7以下に落とすと良いでしょう。

Core i9-10900Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i9-10900Ki9-10900i9-9900K
コードネームComet LakeComet LakeCoffee Lake-R
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド10/2010/208/16
ベースクロック3.7GHz2.8GHz3.6GHz
最大ブーストクロック5.3GHz5.2Ghz5.0GHz
Turbo Boost 2.0 *15.1GHz5.0GHz5.0GHz
Turbo Boost Max 3.0 *25.2GHz5.1GHzN/A
Thermal Velocity Boost *35.3GHz5.2GHzN/A
L3キャッシュ20MB20MB16MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
メモリタイプDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
最大メモリ幅45.8 GB/s45.8 GB/s41.6 GB/s
TDP125W125W95W
価格
(実売価格)
$488
(70,000円)
$439
(65,000円)
$488
(57,000円)
発売日2020年5月20日2020年5月20日2018年11月02日
*1 1つのコアについてクロック周波数を引き上げられる機能です。熱や消費電力がうまくコントロールできている時にのみ有効です。
*2 2つのコアについてクロック周波数をさらに引き上げられる機能です。Turbo Boost 2.0よりも一段階クロック周波数が高くなります。
*3 1つのコアについてクロック周波数を最大限まで引き上げられる機能です。温度が70℃以下でかつTurbo Boost Max 3.0の条件を満たす必要があります。

Core i9-10900Kは、Comet Lake世代のフラグシップモデルのCPUとなっています。スペックを見れば明らかですね。Coffee Lake-R世代のCore i9-9900Kと比べるとプロセスは同じ14nmであることがわかります。世代は変わっても構造的な部分では大きく変わっていません。つまり、スペックの比較が行いやすいということですね。

コア数及びスレッド数が8コア/16スレッドから10コア/20スレッドへと25%向上しています。それでいてベースクロックも最大ブーストクロックも高いです。ベースクロックが3.6GHz→3.7GHz、最大ブーストクロックが5.0GHz→5.3GHzと言うことなしです。これなら確実にパフォーマンスが引き上げられているということが容易に想像できるでしょう。これほどわかりやすいスペック比較もありませんね。

L3キャッシュも16MBから20MBへと引き上げられメモリタイプも進化しました。消費電力が125Wとかなり高くなっているのはアーキテクチャが同じものにも関わらずクロック周波数を引き上げたのだから必然です。実売価格は70,000円前後とかなり高くなっています。もう少し価格が落ち着くまでは手を出しにくいですね。

Core i9-10900は、Core i9-10900Kのダウングレード版です。価格が$49安くクロック周波数が押さえられています。オーバークロックをする予定がなくCore i9-10900Kほどの性能は不要だという方にぴったりです。ただし、それほど表に出ることがなかったCore i9-9900と同じ道を辿る運命かもしれません。

AMD製CPUと比較

 Core i9-10900KRyzen 9 3900XRyzen 7 3800X
コードネームComet LakeZen 2Zen 2
プロセス14nm7nm7nm
コア/スレッド10/2012/248/16
ベースクロック3.7Ghz3.8Ghz3.9Ghz
ターボクロック5.3Ghz4.6Ghz4.5Ghz
L3キャッシュ20MB64MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 630非搭載非搭載
メモリDDR4-2933DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー非搭載Wraith PrismWraith Prism
TDP125W105W105W
価格$488
(70,000円)
$430
(59,980円)
$399
(47,000円)
発売日2020年5月20日2019年07月07日2019年07月07日
AMD製CPUと比較していきます。やはりRyzen 9 3900Xの存在感は圧倒的です。Core i9-10900Kよりも$58安いにもかかわらずスペック的に上位互換となっています。12コア24スレッドは圧巻です。第四世代Ryzenシリーズで採用されているZen 2では7nmプロセスを採用しています。

Intelの14nmプロセスよりも省電力性・パワー効率の面で有利です。次世代のアーキテクチャだと言えます。Ryzen 7 3800Xでも採用されていてスペック的にはCore i9-10900Kは、Ryzen 9 3900XとRyzen 7 3800Xの間となっています。

Core i9-10900Kの10コア20スレッドに対して12コア24スレッドとさらに20%高いです。ベースクロックは0.1GHz高く、ターボクロックは0.7GHz低くなっています。ブーストクロックはやはりIntelが優勢です。アプリケーションによってはCore i9-10900Kが上回ることがあります。ここまでコアが多くなるとクロック周波数を引き上げるにも限界があります。L3キャッシュが64MBと大容量でスペックの高さが見えます。

Core i9-10900KにはCPU内蔵グラフィックスが搭載されているのもポイントです。グラフィックボードの搭載を考えておらずCPU性能を追求したいという方でも選びやすいです。一方、Ryzen 9 3900XにはCPUクーラー同梱となっていてコストを抑えられます。自作ユーザーに人気が高いのも頷けます。消費電力も105Wと省電力性が高いです。

Core i9-10900KってどんなCPUなの?

10コア20スレッドのハイパフォーマンスモデル

Core i9-10900Kは、Intel第10世代のフラグシップモデルで高いパフォーマンスを発揮します。10コア20スレッドと下位のCore i7シリーズよりもコア及びスレッド共に25%多くなっています。下位モデルとは一線を画するスペックを誇ります。動画編集や3D CADなどマルチコアを活かしやすいアプリケーションに最適です。

これだけコア数/スレッド数が多いと一般的な用途だけでは使い切ることは難しいです。本当に必要かどうかしっかりと確認することが大切です。また、コア数が多くてもそれほどパフォーマンスに影響を与えないということもあります。ゲームプレイなどは最たる例です。コストパフォーマンスを考えるならCore i7-10700Kの方が好ましいでしょう。

パワー効率が悪く消費電力も大きい

これまでの世代のCPUと比べても消費電力の高さは突出しています。アーキテクチャをそのままにクロック周波数を引き上げたことによる弊害とも言えますね。14nmプロセスから進化しない限りはこの消費電力の高さがネックとなってしまいそうです。

CPUにCore i9-10900Kを選択するとなるとCPUクーラー、電源ユニット、PCケースなどにも気を使わなければいけません。その分コストも上がってしまうことになります。参考データとして各CPUの消費電力をまとめていますので合わせて確認してみてくださいね。消費電力の高いRyzen 9 3900Xをも上回っています。いかに消費電力が高いのかということがわかりますね。

参考データ
corei9-10900kwatt

BTOパソコンでメインラインナップにはなり得ない

Core i9-10900Kは、スペックが高い高パフォーマンスモデルです。コストパフォーマンスを考えなければゲーミング用途でも最強だと言えます。しかし、Core i9-10900Kを搭載したBTOパソコンではメインラインナップとなることはありません。

いくつか理由を挙げられますが、まず価格が高すぎるということが挙げられます。グラフィックボードと合わせると25万円以上になることも珍しくなく誰もが簡単に購入できる価格帯とは言えません。ハイエンドモデルが売れ筋になることはほとんどありません。

もう一つの理由が、Core i9-10900Kに合わせるグラフィックボードの幅が狭いということです。Core i9-10900Kに合わせるとなるとRTX 2080 SUPER以上が好ましいです。そうなると実質RTX 2080 SUPERとRTX 2080 Tiの2種類のみとなります。他のCPUに比べるとどうしてもラインナップは少なくなってしまいますね。

Core i9-10900Kのベンチマーク

Cinebench R20

cpucorei9-10900k-cinebenchr20

Core i9-10900Kは、前世代のCore i9-9900Kよりも30%もマルチスレッド性能が高くなっています。シングルスレッド性能も10%高いです。シングルスレッド性能についてはRyzen 9 3900Xよりも高いですね。総合性能は明らかに向上しています。

7-Zip

zipcorei9-10900k-7zip

7-ZipでもCore i9-10900Kが健闘しています。Ryzen 9 3900Xには劣るもののCore i9-9900Kと比べると十分すぎるでしょう。前世代よりも解凍速度は40%、圧縮速度は30%早くなっています。コア数が増えた恩恵を得ています。

Core i9-10900Kのゲームプレイ時のフレームレート

Grand Theft Auto 5

gtagtx1050tigta-i7-10700k

Core i9-10900Kのゲーム性能の高さが際立ちます。Core i9-9900Kよりも8%も平均fpsが伸びています。さらに、最小fpsも153.5とかなり高く安定していることがわかります。ゲーム向け最強のCPUも伊達ではありません。下位のCore i7-10700Kよりも5%高くCore i9-10900Kとしての面目を保っています。

Far Cry 5

farcry5farcry5-i7-10700k

Far Cry 5でも同様に高いパフォーマンスを発揮しています。Core i9-9900Kよりも13%高いです。最小fpsも8%高く安定しています。Ryzen 9 3900Xよりもワンランク以上高いパフォーマンスを発揮していてゲーム適性の高さが伺えます。やはりゲーム用途を考えるならCore iシリーズが優勢です。

Core i9-10900K搭載のおすすめBTOパソコン

G-GEAR GA9J-J201/ZT(TSUKUMO)

G-GEAR
価格:249,800円
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 2080 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB
電源:750W GOLD



RTX 2080 Super×Core i9-10900K搭載のゲーミングPCです。税抜25万円と高額なモデルとなっています。高解像度でのゲームプレイを考えている方におすすめです。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと最近のモデルらしく構成も充実しています。電源ユニットにはハイクラスのグラフィックボードとCPUの消費電力の高さを補うために750W GOLDを搭載しています。

PG-MC(STORM)

PG-MC
価格:249,800円(税込)
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 2080 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB
電源:750W GOLD



ストームからもRTX 2080 Super×Core i9-10900K搭載のゲーミングPCが販売されています。税込み表記のためTSUKUMOの「G-GEAR GA9J-J201/ZT」よりも22,000円程度安いです。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと構成も酷似していますね。4K解像度あるいはWQHD環境でのゲームプレイを考えている方向けです。

GALLERIA ZZ i9-10900K搭載(ドスパラ)

galleriaxj
価格:299,980円
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:750W GOLD



RTX 2080 Ti×Core i9-10900K搭載のフラグシップモデルです。FULL HD環境×高設定だけではオーバースペックです。通常のゲームプレイでは満足できないゲーマーの方必見です。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と充実の構成が嬉しいですね。電源ユニットも750W GOLDと充実しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Comet Lake世代のフラグシップモデルであるCore i9-10900Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。前世代のCore i9-9900Kからコア数及びスレッド数が10コア20スレッドとパワーアップしました。12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xには及ばないものの用途によっては優れたパフォーマンスを発揮します。

搭載モデルについてはハイエンドのゲーミングPCが中心です。グラフィックボードとの組み合わせ的にもハイエンドのものが選択されるため各BTOメーカーごとにそれほどラインナップが増えることはないでしょう。税抜25万円以上のモデルがほとんどで高価です。ある程度ターゲット層が限定されるCPUだと考えて間違いありません。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume