cpucorei78550u

管理人管理人

当記事では、「Core i5-10210Uの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。第10世代Comet Lakeの高コスパCPUです。Core i5シリーズはデスクトップ向けCPUでもノート向けCPUでも人気が高いです。

2019年10月になり搭載されたBTOパソコンも増えてきたため気になっている方も多いかもしれませんね。前モデルであるCore i5-8265Uと比較しながらその性能について詳しく見ていきます。

Core i5-10210Uの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数1.60 GHz
ブーストクロック4.20 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
TDP15W
発売日2019年10月
価格$297

Core i5-10210Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
多くの用途に対応できるCPUです。動画視聴、WEBデザイン、ビジネスなどであれば性能不足になることはないと思います。動画編集、RAW現像、ゲームプレイなどは軽い負荷でないと対応できないと考えていた方が良いですね。

Core i5-10210Uのスペック比較

 i5-10210Ui5-1035G1i5-8265U
コードネームComet LakeIce LakeWhiskey Lake
プロセス14nm10nm14nm
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック1.6GHz1.0GHz1.6GHz
ターボクロック4.2GHz3.6GHz3.9GHz
内蔵GPUIntel UHD Graphics
Intel UHD Graphics
UHD Graphics 620
GPU EUs24 EUs32 EUs24 EUs
メモリ規格DDR4-2666DDR4-3200DDR4-2400
TDP15W15W15W
発売日Q3'19Q3'19Q3'18
単体価格$297$297$297
搭載PC価格64,980円~59,980円~64,980円~
同じ第10世代のCore i5-1035G1と前世代のCore i5-8265Uとのスペック比較を行っています。まずは、前世代Whiskye Lakeとのスペックの違いを見ていきましょう。見て分かるとおりそれほど大きな違いはありません。プロセスは同じで、ベースクロックも同じです。

ターボクロックが0.3GHz伸びただけです。もちろんこれだけで性能向上は見込めますが、新しい世代のCPUとして期待される飛躍的な性能アップには繋がりません。特にノート向けCPUでは上位モデルを除いて大幅な性能向上は現実的ではないかもしれません。また、内蔵GPUも名称こそ違うもののほぼ同等のものです。メモリ規格はワンランク引き上げられています。

同じ第10世代Ice LakeのCore i5-1035G1との違いを見ていきましょう。Ice Lakeは同時期に発売されたCPUですが、アーキテクチャは大きく異なります。プロセスが14nm→10nmへと縮小化されています。結果的に省電力性が高く、パワー効率も上がりました。ベースクロックが落ちてもパフォーマンスは同等以上です。メモリ規格もDDR4-3200へと引き上げられています。

Comet LakeとIce Lakeの違いについて(中上級者向け)

同じ時期に2つの世代のCPUが登場したことでユーザーからするとちょっとわかりにくいですね。Core i5-10210UのComet Lakeは実質Whiskey Lake-Refreshと考えた方がわかりやすいと思います。プロセスも同じですしアーキテクチャ的に変更はありません。ターボクロックの引き上げだけでめざましい進歩があるわけではないのです。

一方、Ice Lakeは間違いなく新しい世代のCPUです。プロセスが14nm→10nmになりIntelの本気が見られるモデルとなっています。アーキテクチャが変わったことでクロック周波数を引き上げても同等のパフォーマンスを発揮できます。内蔵GPUも強化されています。G1だと30%程度の差に留まりますが、上位モデルになるとその差が広がります。

Core i5-10210UってどんなCPUなの?

i3-10110Uとの価格が小さくコスパが高い

Core i5-10210U($297)は、コストパフォーマンスの高いCPUです。下位のCore i3-10110Uの価格が$281なのでその差はわずか$16です。国内で販売されているBTOパソコンでも価格差は大きくありません。価格と性能を考えるとCore i5の方がおすすめです。わずかな差でコア/スレッドが倍増して対応できる用途が大きく広がります。

一般ユーザーからクリエイターの方まで幅広い層におすすめ

当該CPUは性能も高く多くのユーザーにおすすめできます。ノート向けCPUとしてバランスが良くクリエイターの方でも通用する性能だと言えます。軽い作業であればRAW現像、動画編集などにも対応できるポテンシャルを持っています。前世代のCore i3やそれ以下のCPUからの買い替えであれば性能差を体感できると思います。

旧モデルであるi5-8265Uの方がラインナップが多く選びやすい

現在はまだまだWhiskey Lake世代のCore i5-8265U搭載のBTOパソコンの方がラインナップが多いです。各BTOメーカーで販売されている幅広いラインナップの中から選択することができます。ノートPCのデザイン、メモリ容量、ストレージ容量など様々な構成から選べます。Core i5-10210U搭載モデルは外資系のメーカーでしか販売されていないためもう少し購入を待っても良いかもしれません。

ベンチマークでわかるCore i5-10210Uの性能!

Cinebench R20

cpuCore i5-10210U-cinebenchr20

Core i5-8265Uとの性能差は7%程度です。シングルスレッド性能はほぼ同等ですね。Core i5-8265Uからの買い替えで性能差は感じられません。Ice LakeのCore i5-1035G1との差も大きくありません。それでもやはり新しい世代というだけあってクロック周波数以上の性能となっています。

Handbrake

dougahensyuuCore i5-10210U-i5-10210U

60分の動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ない方が高性能ということになります。Core i5-8265Uよりも10%程度高速化されています。順当なパワーアップと考えて良いでしょう。

Core i5-10210U搭載のおすすめBTOノートパソコン

New Inspiron 14 5000 プレミアム(Dell)

New Inspiron 14 5000価格:79,980円 66,383円
CPU:Core i5-10210U
GPU:オンボード
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



Dellの廉価モデルです。14.0インチとちょうど良いサイズだと言えます。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe対応を搭載しています。価格を考えるとコストパフォーマンスは優秀です。パフォーマンスモードについて任意で切り替えることができます。ハイパフォーマンスモード、標準、静音モードとなっています。

New XPS 13 プレミアム(Dell)

New XPS 13価格:132,980円 110,373円
CPU:Core i5-10210U
GPU:オンボード
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



高級感のあるデザインが人気のNEX XPSです。DELL CINEMAテクノロジーのおかげで臨場感のある映画鑑賞が可能です。13.3インチ液晶モニターを採用し持ち運びにも適しています。バッテリー駆動時間も長く最大19時間使用することができます。メモリ8GB、SSD 256GB NVMeと構成を考えると価格はやや高めです。

ThinkBook 15 20RW000BJP(Lenovo)

ThinkBook 15 20RW0007JP価格:64,790円
CPU:Core i5-10210U
GPU:オンボード
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載



Lenovoの15.6インチのビジネスモデルです。スリムベゼルを採用し視認性が高い一台です。落ち着いたデザインでビジネスモデルとしてだけではなく日常的にも利用できます。最新のCore i5-10210Uを搭載しています。メモリ8GB、SSD 256GBと性能は控えめですが、価格を考えるとお得です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Comet LakeのCore i5-10210Uの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。基本的なスペックは前世代のCore i5-8265Uと同等です。コア/スレッド数に違いはなく、ターボクロック周波数が0.3HGz増えただけに留まります。アーキテクチャの変更もなくパフォーマンス面ではほぼ同等です。同時期に発売されたIce LakeのCore i5-1035G1と比べるとやや見劣りしてしまうかもしれません。

現在搭載されているBTOパソコンは、Dellの「New XPS 13 プレミアム」と「New Inspiron 14 5000 プレミアム」、そしてLenovoの「ThinkBook 15 20RW000BJP」です。今後国内のBTOメーカーでもラインナップが増えていくことが期待されます。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume