Surface Laptop 3画像引用元:https://www.microsoft.com/

管理人管理人

当記事では、ノート向けの第十世代CPUである「Ice Lake」と「Comet Lake」の特徴を解説しています。第十世代では2種類のCPUが登場したことになり、ユーザーを悩ます種となっています。

2020年になって徐々にBTOメーカーから搭載モデルが登場してきました。どちらのCPUを選択すればいいのかわからないという方はぜひ参考にしてくださいね。それぞれの特徴を1ページでまとめて比較できれば理解しやすいと思います。

Intel第十世代CPU「Ice Lake」と「Comet Lake」が登場

モデルコードネームプロセスコア/スレッドベースクロックブーストクロックL3キャッシュEUs消費電力
Core i7-1065G7Ice Lake10nm4/81.30GHz3.90GHz8MB6415W
Core i5-1035G7Ice Lake10nm4/81.20GHz3.70GHz6MB6415W
Core i5-1035G4Ice Lake10nm4/81.10GHz3.70GHz6MB4815W
Core i5-1035G1Ice Lake10nm4/81.10GHz3.60GHz6MB3215W
Core i3-1005G1Ice Lake10nm4/81.00GHz3.40GHz4MB3215W
Core i7-10710UComet Lake14nm6/121.10GHz3.90GHz12MB2415W
Core i5-10510UComet Lake14nm4/81.80GHz4.30GHz8MB2415W
Core i5-10210UComet Lake14nm4/81.60GHz3.90GHz6MB2415W
Core i3-10110UComet Lake14nm2/41.00GHz3.70GHz4MB2315W

型番の見方

第十世代になってやや型番が複雑になってしまいました。ここでは簡単にその見方について解説していきます。それぞれの上位モデルをピックアップしました。

Ice Lake世代

Core i7-1065G7
→Core i7 10 65 G7

  • i7=ファミリーネーム
  • 10=世代
  • 65=SKUナンバー
  • G7=内蔵グラフィックスの性能

Comet Lake世代

Core i7-10710U
→Core i7 10 710 U

  • i7=ファミリーネーム
  • 10=世代
  • 710=SKUナンバー
  • U=製品の種類(省電力モデル)

まだまだCoffee Lake搭載モデルが多い

Ice LakeあるいはComet Lake世代のBTOパソコンが増えたとは言え各BTOメーカーの主流は第八世代のCoffee Lake-Refreshです。完全に切り替わるにはまだまだ時間が掛かりそうです。価格の優位性ではCoffee Lakeに軍配が上がりますが、パフォーマンスを考えると当然新しい世代の方が良いと思います。アーリーアダプターになるかもう少し待つのかあなた自身の立ち位置を考えておくと良いですね。

Ice Lake世代ノート向けCPUの特徴

最新の10nmプロセスを搭載

Ice Lake世代のCPUは、インテルのSunny Coveアーキテクチャが土台となっていて最新の10nmプロセスを搭載しています。プロセスが縮小化されることでより多くのトランジスタを搭載できパフォーマンスに良い影響を与えます。

14nm→10nmへの切り替えはIntelが長らく力を入れていた部分です。10nmプロセスによる恩恵はパワー効率の良さだと言えます。バッテリー駆動時間は長くなると考えて良いでしょう。第十世代の本命はこのIce Lakeで間違いありません。

性能の高いCPU内蔵グラフィックス

Ice Lake世代のもう一つの強みがCPU内蔵グラフィックスの強化です。上記のテーブルのEUsがGraphics Execution Unitsを意味します。これは単純にグラフィックコア=性能を意味すると考えてください。

これまでのUHD 630やComet Lake搭載のグラフィックスコア24に対して、Ice Lake世代では最大64と約2.7倍と大幅に引き上げられています。下位モデルでも32と約1.3倍高いです。

最上位モデルでもマルチスレッド性能は控え目

Ice Lake世代のデメリットの一つがマルチスレッド性能が控え目であるということです。最上位のCore i7-1065G7でも4コア8スレッドとなっています。動画編集やゲームプレイなどマルチスレッド性能が求められる用途においては選択肢から外れてしまうでしょう。

もちろん性能が低いというわけではありませんが、どのような使い方をするのか考えておく必要があります。Ice Lake世代はグラフィックス性能を追求したいユーザー向けだと言えます。

Comet Lake世代ノート向けCPUの特徴

最上位モデルのマルチスレッド性能が高い

Comet Lake最大の魅力は、最上位のCore i7-10710Uのマルチスレッド性能が高いということです。6コア12スレッドと圧巻のパフォーマンスを発揮します。

Coffee Lake世代ではハイパフォーマンスモデルだった「H」シリーズでしかありませんでした。今回省電力モデルであるComet Lakeで登場したのは驚きです。L3キャッシュも多くポテンシャルが高いです。ゲームプレイにも対応することが可能となっています。

全体的にクロック周波数が高い

Comet Lake世代のCPU全般の特徴としてクロック周波数の高さが挙げられます。最上位のCore i7-10710Uはマルチスレッド性能に力を入れていますが、他のモデルでは総じてクロック周波数が高いです。特にCore i5-10510Uは、ベースクロック1.80GHz、ブーストクロック4.30GHzと高い水準となっています。Ice Lake世代との大きな違いだと言えますね。

Coffee Lakeのリフレッシュモデルという位置付け

Comet Lakeの注意点は技術的に新しいアーキテクチャではないということです。つまり、第八世代のCoffee Lakeのリフレッシュモデル(リニューアルモデル)と考えた方がしっくりときます。

もちろん性能面では前世代を上回っていますが、プロセスは同じ14nmですし内蔵グラフィックスには大きな進歩は見られません。アーキテクチャよりも内蔵グラフィックス性能を除く実用的な面を重視される方におすすめです。

用途別のおすすめCPU一覧表

型番革新性省電力性ビジネスRAW現像エンコードゲーム
Core i7-1065G7
Core i5-1035G7
Core i5-1035G4
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
Core i7-10710U
Core i5-10510U
Core i5-10210U
Core i5-10110U×
各CPUについて用途別適正についてまとめました。あなた自身でどのような環境でパソコンを使うのかを基準に考えてみてください。

第十世代CPU搭載おすすめノート紹介

New Inspiron 15 5000 プラチナ(光学ドライブ無・大容量メモリー&SSD搭載)(Dell)

New Inspiron 15 5000価格:99,583円
CPU:Core i7-1065G7
GPU:Intel Iris Plus(G7)
メモリ:16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



15.6インチのノートパソコンです。スリムベゼルを採用し視認性が向上しています。Core i7-1065G7搭載ノートパソコンとしては手頃な価格が嬉しいですね。メモリ16GB、SSD 512GBと充実の構成も魅力的です。

New Inspiron 15 5000 プレミアム(光学ドライブ無・大容量SSD搭載)(Dell)

New Inspiron 15 3000価格:87,980円
CPU:Core i5-1035G1
GPU:UHD グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



15インチのオーソドックスなノートパソコンです。セール中なら67,983円で購入することができます。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応と十分な構成だと思います。映像を視聴することに力点が置かれています。CinemaColor、CinemaSound、CinemaStreamで究極のパーソナルシアター体験を享受できます。Youtubeを観たり、DVDを観たりしたいと考えている方におすすめです。

New XPS 13 プラチナプラス(4Kタッチ・フロスト)(Dell)

dellxps価格:164,980円 136,933円
CPU:Core i7-10710U
GPU:CPU内蔵グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



13.3インチのBTOノートパソコンです。重さ1.23kgと持ち運びに適している一台です。今なら28,000円オフで購入することができます。デル独自の管理システムで静かさ、パフォーマンスモードなどのカスタマイズが可能です。より環境に適した使用ができるのは嬉しいですね。外出先でも作業をしたいという方に必見です。メモリ8GB、SSD 256GBと構成を抑えることで手頃な価格になっています。

STYLE-15FH050-i5-UCEVI(パソコン工房)

STYLE-15HP038-C-CES-D価格:
CPU:Core i5-10210U
GPU:オンボード
メモリ:DDR4 8GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:1TB



省電力性が魅力のCore i5-10210Uを搭載しています。15インチのオーソドックスなノートパソコンです。構成的にはメモリ8GB、SSD 500GB NVMe対応、HDD 1TBと十分ですね。特にSSD 512GBは優秀です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、第十世代CPUの「Ice Lake」と「Comet Lake」についての特徴を比較しました。Ice Lakeはアーキテクチャも新しく本来の意味での第十世代CPUと考えて良いでしょう。パワー効率も高くなっています。CPU内蔵グラフィックスの性能の高さも魅力の一つです。

Comet Lakeは、前世代のCoffee Lakeと同じアーキテクチャを採用しています。実質リフレッシュモデルと考えて良いですね。それでもマルチスレッド性能の高さやベースクロックの高さは魅力的です。3Dグラフィックス性能よりも実用性を重視される方におすすめです。

基本的にはIce Lakeを選択するのが良いと思います。ただし、マルチスレッド性能及びクロック周波数の高さを重視される方、具体的にはRAW現像やエンコードを品格的に行いたい方はCore i7-10710Uが選択肢に入ります。もちろんIce Lake世代のモデルでも対応できないわけではありません。革新性などを含めてIce Lakeに軍配が上がると考えています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume