Pavilion Aero 13-be

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 5800Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。待望のRyzen 5000シリーズのハイパフォーマンスモデルが発売開始となりました。Ryzen 7 4800Hの後継モデルです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く、負荷の高い動画編集・画像編集ソフトの使用やゲームプレイに適しています。

Zen 2アーキテクチャからZen 3アーキテクチャになりより性能が引き上げられています。ハイライトとしては、メモリレイテンシの軽減やL3キャッシュメモリの容量アップが挙げられます。これまで苦手だったゲームプレイもIntel製CPUに匹敵する水準まで到達しました。

Ryzen 7 5800Hの基本スペック

世代第4世代
開発コードCezanne(Zen 3)
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数3.20 GHz
ブーストクロック4.40 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP35W-54W
発売日2021年1月12日
価格-

Ryzen 7 5800Hのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
Ryzen 7 5800Hはモバイル向けのCPUとして非常に高い性能を持っています。動画視聴・Skype・ビジネス・デイトレなどは余裕があります。これらの用途だけなら下位モデルのRyzen 5 5600Hや省電力モデルのRyzen 7 5800Uでも対応可能です。マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集・DTMなどへの対応力も高いです。

よほど負荷の高いファイルを取り扱わない限り性能不足とは無縁です。ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADに対応できるCPU性能を持っていますが、快適かどうかは搭載するグラフィックボード(グラフィックス処理性能)に依存します。CPU内蔵グラフィックスのRadeon Graphicsでは役不足です。

Ryzen 7 5800Hのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 5800HRyzen 7 5800URyzen 7 4800H
コードネームZen 3Zen 3Zen 2
開発コードCezanneCezanneRenoir
プロセス7nm7nm7nm
ダイサイズ180 mm²-156 mm²
トランジスタ数107億個-98億個
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック3.2GHz1.9GHz2.9GHz
ターボクロック4.4GHz4.4GHz4.2GHz
L3キャッシュ16MB16MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア887
グラフィック周波数2000MHz2000MHz1600MHz
TDP35W-54W10W-25W35W-54W
価格---
発売日Q1 2021Q1 2021Q1 2020
従来モデルのRyzen 7 4800Hから開発コードがCezanneへと進化しました。Ryzen 7 4800Hと比べてダイサイズが大きくなっています。その上でトランジスタ数が10%多く107億個となります。コア/スレッドは8コア16スレッドと共通です。ベースクロックが10%高く、ターボクロックも5%高いです。ここまでの部分でCPU性能は間違いなく向上していると考えて良いでしょう。

さらに、スペックでは見えない部分としてCCX構造の変化が挙げられます。Zen 2アーキテクチャでは2基のCCX(最大4基のCPUコアと4MBのL3キャッシュ)を採用していました。これがZen 3アーキテクチャでは1基のCCXに統合(最大8基)されています。これでCCX間でのデータのやり取りが効率的になります。さらにL3キャッシュ容量も16MBを共有できるようになっています。L3キャッシュのボトルネック解消に繋がります。

CPU内蔵グラフィックスも僅かながら変更が加えられています。ただし、アーキテクチャ自体は変わっていませんので大幅なパフォーマンス向上は見込めません。グラフィックコアが7→8へと少しだけスペックアップとなりました。グラフィック周波数も25%引き上げられています。TDPは35W-54Wと変更なしです。

省電力モデルであるRyzen 7 5800Uとの違いを見ていきましょう。コードネーム・開発コード・プロセスは同じです。大きく異なるのは、ベースクロックとTDPです。ターボクロックこそ4.4GHzと共通ですが、ベースクロックは40%も抑えられています。TDPは10W-25Wと省電力性の高さが光ります。8コア16スレッドというスペックでこれだけ消費電力を抑えているのは素晴らしいですね。7nmプロセスだからこそ実現できる水準だと言えます。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 5800HCore i7-11800H
コードネームZen 3Tiger Lake
プロセス7nm10nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック3.2GHz2.3GHz
ターボクロック4.4GHz4.6GHz
L3キャッシュ16MB24MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD Graphics
グラフィックコア832
グラフィック周波数2000MHz1450MHz
TDP35W-54W35W-45W
価格-$395
発売日Q1 2021Q2 2021
競合であるIntel Core i7-11800Hと比較していきます。Core i7-11800Hの方が少し遅れて登場しました。Core i7-11800Hは、Tiger Lake世代のハイパフォーマンスモデルで10nmプロセスを採用しています。かなり長い間使用していた14nmプロセスからやっと離れることができました。コア/スレッドはRyzen 7 5800Hと同じ8コア16スレッドとなっています。

ベースクロックはRyzen 7 5800Hの方が40%高く、ターボクロックはCore i7-11800Hの方が5%高いです。L3キャッシュ容量はCore i7-11800Hの方が50%多く24MBとなっています。メモリ規格はDDR4-3200と同じです。CPU内蔵グラフィックスについてはグラフィックコアやグラフィック周波数を参考として掲載していますが、グラフィックコアが圧倒的に多いCore i7-11800Hが大幅にパフォーマンスが高いということではありません。

TDPはRyzen 7 5800Hが35W-54Wなのに対して、Core i7-11800Hは35W-45Wとやや抑えられています。Ryzen 7 5800Hの価格は公開されていませんが、Core i7-11800Hよりも安いと考えて良いと思います。

Ryzen 7 5800HってどんなCPUなの?

8コア16スレッドと価格帯トップの性能を持つ

Ryzen 7 5800Hは、8コア16スレッドと高スペックなモバイル向けCPUとなっています。この性能帯及び価格帯においてトップクラスの性能を持っています。従来モデルであるRyzen 7 4800Hと比較して10%-20%程度パフォーマンスが高いです。Ryzen 7 4800H自体がかなりパフォーマンスの高いCPUでしたので、その後継モデルというのはかなり期待が持てます。

同じ8コア16スレッドのCPUとしてはCore i7-11800H/Core i7-10875H/Core i9-10980HKなどが挙げられます。Ryzen 7 5800Hの方がいずれのCPUよりも性能が高いです。特に価格が高いCore i9シリーズを上回ってくるのはさすがです。さらに、これまでIntel製CPUに引き離されていたゲーミング適性も向上しています。ゲーミングノートPCで採用されるケースも増えてくるのではないかと思います。Zen 3アーキテクチャ採用で弱点を克服したと言えるかもしれません。

Core i7-11800Hよりもコスパが高い

競合で似たスペックを持つCore i7-11800Hよりもコストパフォーマンスに優れていることが多いです。これはRyzen 7 4800HとCore i7-10750Hでも同様の傾向が見られていました。つまり、Ryzen 7 5800Hを搭載したノートパソコンの価格がより安いということになります。

同等以上の性能を持つCPUであること考えるとユーザーにとって好ましい状況だと思います。ゲーミング性能についてはCore i7-11800Hに劣るものの体感するのが難しい水準まで到達しています。これなら価格重視で選ぶことも悪くありません。

これまでのRyzen 7シリーズよりもラインナップが豊富

Ryzen 7 5800H搭載モデルのラインナップは豊富です。モバイル向けのRyzenシリーズも確固たる地位を築いていると言えますね。Ryzen 7 4800Hを搭載したモデルも豊富でしたが、Ryzen 7 5800Hはそれ以上ではないかと思います。2021年8月時点でLenovo・MSI・ASUS・Dellなどのメーカーから数種類販売されています。

国内BTOメーカーからはまだ販売されていませんが、Ryzen 7 4800H搭載モデルを販売していた経緯から今後リリースされることは間違いないでしょう。Intel製CPU搭載モデルとの間で価格競争が起こり、結果的にユーザーに還元される形になります。豊富なラインナップがあるというのは評価できます。性能的にイマイチだった第2世代のRyzen 7 3550Hに比べると認知度が大幅に向上しています。

なお、外付けグラフィックボードレスモデルは希少です。CPU内蔵グラフィックスを搭載しているのだからもっとグラフィックスレスモデルが販売されてもいいのではないかと思います。動画編集・画像編集・WEBデザインなどCPU性能を重視したいと考えるユーザーも多いでしょう。

Ryzen 7 5800Hのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20ryzen75800h-cinebenchr20

Cinebench R20でCPUの総合性能を見ていきましょう。Ryzen 7 5800Hは、Ryzen 9 5980HSを抑えてトップとなりました。従来モデルのRyzen 7 4800Hと比べてマルチスレッド性能は12%高くなっています。さらに、シングルスレッド性能は15%も向上しています。Zen 3アーキテクチャの採用によってここまで数値が変わるということです。

Intel Core i7-10875Hと比べるとマルチスレッド性能は47%高く、シングルスレッド性能は13%高いです。同じ8コア16スレッドというスペックでここまで差が開くのは驚きですね。最新のCore i7-11800Hと比べてもそれぞれ14%・17%も上回っています。Zen 3アーキテクチャの実力を見せつけた形です。

Adobe Photoshop

photoshopryzen75800h-photoshop

Photoshopのベンチマークを計測しています。従来モデルのRyzen 7 4800HではIntel勢に完敗でした。ところがZen 3アーキテクチャを採用したRyzen 7 5800Hは、Intel Core i7-10875H/Core i7-11800Hなどを上回っています。Core i9-10980HKに匹敵するパフォーマンスの高さは魅力的ですね。省電力モデルのRyzen 7 5800Uも高いパフォーマンスを発揮しています。

Handbrake

dougahensyuuryzen75800h-handbrake

動画のエンコードに掛かる速度を計測しています。Ryzenシリーズが圧倒的なパフォーマンスを発揮しています。従来モデルのRyzen 7 4800Hよりも10%高速化されています。Intel Core i7-11800Hと比べると15%も速いです。一方で、省電力モデルのRyzen 7 5800Uはやや苦戦しています。それでもCore i7-10750Hを超えるパフォーマンスはさすがです。Zen 3アーキテクチャの凄さを見せつけていますね。

Ryzen 7 5800H搭載のおすすめBTOノートパソコン

IdeaPad Slim 560 Pro クラウドグレー – マイクロソフトオフィス付き(Lenovo)

IdeaPad Slim 560 Progaming価格:127,501円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

16.0インチWQXGA IPS液晶搭載のノートパソコンです。動画編集や画像編集などに最適です。急速充電に対応していて実用性が高いです。外付けグラフィックボード非搭載モデルです。Radeon GraphicsはCPU内蔵グラフィックスとしてはそこそこの性能があります。ただし、ゲームプレイや3D CADには対応できないと考えておきましょう。メモリ16GB、SSD 512GBという構成です。マイクロソフトオフィス搭載でこの価格はお得ですね。

IdeaPad Slim 560 Pro ゲーミングエディション(Lenovo)

IdeaPad Slim 560 Progaming価格:127,908円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

グラフィックスにエントリークラスのGTX 1650を搭載したゲーミングノートPCです。軽いゲームプレイを考えている方やクリエイター向け作業を行いたいと考えている方におすすめです。16.0インチモデルで作業に没頭できます。本体重量約1.89kgとモニターサイズを考えるとかなり優秀です。持ち運びを考えている方にもおすすめです。

Bravo 15 B5 Bravo-15-B5DD-029JP(MSI)

Bravo 15 B5 Bravo-15-B5DD-029JP価格:148,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:Radeon RX 5500M
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Radeon RX 5500Mを搭載したゲーミングノートPCです。AMD製のCPUとGPUをあわせています。グラフィックス処理性能はGTX 1650に劣ります。基本的には設定を下げる必要があると考えておきましょう。15.6インチの144Hz対応モニターを採用しています。本体重量約2.35kgとなっています。持ち運びをするにはやや厳しい重さだと言えます。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は十分です。

ROG Zephyrus G14 GA401QC(ASUS)

ROG Zephyrus G14 GA401QC価格:159,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

最新のRTX 3050を搭載した一台となっています。GTX 1650を超えるゲーミング性能を持ちフルHD環境に適しています。50番台のグラフィックボードもしっかり性能の底上げが行われています。14.0インチモニターを採用して本体重量は約1.65kgとかなり軽いです。バッテリー駆動時間が約13.7時間と余裕があって仕事用としてもおすすめです。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。

G15 Ryzen Edition プラチナ(165Hz・RTX3060搭載)(Dell)

G15 Ryzen Edition価格:160,173円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3060×Ryzen 7 5800H搭載のゲーミングノートPCです。15.6インチ、165Hzモニターを採用していて滑らかなゲーム描写が可能です。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現できるのは魅力的です。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も必要十分だと思います。用途によってはストレージの増設を検討しても良いでしょう。

ThinkBook16p Gen2:プレミアム(165Hz・RTX3060搭載)(Lenovo)

ThinkBook 16p Gen 2価格:228,140円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce RTX 3060 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3060 MAX-Qを搭載したモデルです。パフォーマンスよりも本体の軽さやバッテリー駆動時間の長さを重視した一台となっています。本体重量約1.99kg、バッテリー駆動時間約11.3時間は優秀です。下位モデル並ですね。メモリ16GB、SSD 1TBと圧巻の構成です。SSD 1TBの容量があればこれだけでもある程度はカバーできると思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 7 5800Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。Ryzen 7 5800Hは、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルで高いマルチスレッド性能を持っています。これまで苦手だったシングルスレッド性能を克服しています。例えば、Photoshopなどのアプリケーションやゲームプレイ時のパフォーマンスが大きく引き上げられています。

競合であるCore i7-11800H/Core i7-10875Hよりも価格が抑えられている分コストパフォーマンスに優れています。GTX 1650やRTX 3050を搭載したモデルであればクリエイターPCとしても扱いやすいと思います。ゲームプレイを考えるならRTX 3060以上を選択したいですね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume