Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5600Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。6コア12スレッドと平均以上のスペックを持っています。Zen 3アーキテクチャ採用で従来モデルのRyzen 5 4600HよりもCPU性能が向上しています。特にシングルスレッド性能が飛躍的に向上して弱点がなくなったと言えるでしょう。

Ryzen 5 4600Hの後継モデルということもあって期待が持てます。価格が安くコストパフォーマンスの高さから人気がありました。今は海外メーカーが中心ですが、今後は国内BTOメーカーからも搭載モデルが販売されるのではないかと思います。

Ryzen 5 5600Hの基本スペック

世代第4世代
開発コードCezanne(Zen 3)
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数3.30 GHz
ブーストクロック4.20 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP35W-54W
発売日2021年1月12日
価格-

Ryzen 5 5600Hのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
Ryzen 5 5600Hはモバイル向けのハイパフォーマンスモデルです。省電力モデルよりもTDPが高い分だけポテンシャルが高いです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できます。動画視聴・Skype・ビジネス・デュアル環境構築・デイトレなどの作業には余裕があります。マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集なども極端に重いファイルを取り扱うわけでなければある程度対応できます。ただし、デスクトップ向けPCと比べると性能差は大きいです。本格的に作業を行うのであればデスクトップを選択した方が良いと思います。ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADについては外付けのグラフィックボード搭載を前提としています。さすがにRadeon Graphicsでは対応できません。

Ryzen 5 5600Hのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 5600HRyzen 5 5600URyzen 5 4600H
コードネームZen 3Zen 3Zen 2
開発コードCezanneCezanneRenoir
プロセス7nm7nm7nm
ダイサイズ180 mm²180 mm²156 mm²
トランジスタ数107億個107億個98億個
コア/スレッド6/126/126/12
ベースクロック3.3GHz2.3GHz3.0GHz
ターボクロック4.2GHz4.2GHz4.0GHz
L3キャッシュ16MB16MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア776
グラフィック周波数1800MHz1800MHz1500MHz
TDP35W-54W10W-25W35W-54W
価格---
発売日Q1 2021Q1 2021Q1 2020
Ryzen 5 5600Hは、Ryzen 5 4600Hの後継モデルです。アーキテクチャがZen 2からZen 3へと変わりました。キャッシュ改善・実行エンジンの改良などによってIPCが19%向上しています。理論上は同じクロック周波数でも19%高いパフォーマンスを見込めるということです。Ryzen 5 5600Hの開発コードはCezanneでプロセスは7nmです。ダイサイズが15%大きくなり、トランジスタ数も10%多くなっています。

コア/スレッドは6コア12スレッドと従来モデルを踏襲しています。クロック周波数についてはベースもターボもRyzen 5 5600Hが高いです。それぞれ10%・5%高くなっています。さらに、L3キャッシュ容量は倍の16MBとなりました。メモリはDDR-3200までサポートしています。CPU内蔵グラフィックスのRadeon Graphicsはグラフィックコアが1つ増えてグラフィック周波数が20%高いです。TDPは35W-54Wです。

省電力モデルであるRyzen 5 5600Uと比較していきます。開発コードはRyzen 5 5600Hと同じCezanneです。TDPがRyzen 5 5600Hの35W-54Wに対してRyzen 5 5600Uは10W-25Wとかなり抑えられています。発熱対策のために本体を大きくする必要がなく中には1.0kgを切るモデルも存在しています。プロセス・ダイサイズ・トランジスタ数は同じです。コア/スレッドはどちらも6コア12スレッドとなっています。

ターボクロックはどちらも共通ですが、ベースクロックはRyzen 5 5600Uの方が30%低く2.3GHzとなっています。TDPを抑えるために仕方がないことですね。性能差は大きいと考えて良いでしょう。L3キャッシュ容量・メモリ・CPU内蔵グラフィックスについてはRyzen 5 5600Hと共通です。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 5600HCore i5-11400H
コードネームZen 3Tiger Lake
開発コードCezanne-
プロセス7nm10nm
ダイサイズ180 mm²-
トランジスタ数107億個-
コア/スレッド6/126/12
ベースクロック3.3GHz2.7GHz
ターボクロック4.2GHz4.5GHz
L3キャッシュ16MB12MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD Graphics
グラフィックコア716
グラフィック周波数1800MHz1450MHz
TDP35W-54W35W-45W
価格-$250
発売日Q1 2021Q2 2021
競合モデルであるCore i5-11400Hとスペックを比較していきましょう。Core i5-11400Hになってやっとプロセスが10nmになりました。この点においては7nmプロセスを採用しているRyzen 5 5600Hの方が上です。いずれのCPUも6コア12スレッドなっています。Intelは旧モデルのCore i5-10300Hでは4コア8スレッドでしたが、AMDに合わせて6コア12スレッドへと強化されました。2つの企業が競い合うことでユーザーにメリットが生じていますね。

ベースクロックはRyzen 5 5600Hの方が23%高く、ターボクロックはCore i5-11400Hの方が8%高いです。L3キャッシュ容量はRyzen 5 5600Hの方が35%多いです。L3キャッシュ容量が多ければよりパフォーマンスを引き出しやすくなります。その点ではRyzen 5 5600Hの方が優勢ですね。

対応メモリはどちらもDDR-3200GHzです。CPU内蔵グラフィックスそれぞれ搭載されています。Ryzen 5 5600Hに搭載されているRadeon Graphicsの方が性能が高いです。グラフィックコアの違いは直接パフォーマンスに影響を与えるわけではありません。TDPはCore i5-11400Hの35W-45Wに対してRyzen 5 5600Hでは35W-54Wと少し高めになっています。Ryzen 5 5600Hの価格は公開されていませんが、Core i5-11400Hと同等だと考えて良いでしょう。

Ryzen 5 5600HってどんなCPUなの?

低価格でコストパフォーマンスが高い

Ryzen 5 5600Hは低価格でコストパフォーマンスの高いCPUです。CPU性能が高く動画編集や画像編集など負荷の高い作業にも対応できる性能を持っています。旧モデルのフラグシップモデルであるCore i9-10980HKよりも高いマルチスレッド性能を持っています。Ryzenシリーズは一世代前からこの価格帯のモデルでも6コア12スレッドというスペックでCPUを引っ張っていました。

今ではそれに追随する形でIntel Core i5-11400Hも6コア12スレッドとなりました。それでもCore i5-11400H搭載モデルよりも安価なことが多く人気があります。グラフィックボード搭載モデルでも税込み10万円以下で購入できます。とにかくコストパフォーマンスに優れたノートパソコンが欲しい方は必見です。

本体重量はやや重くなる傾向にある

Ryzen 5 5600Hはハイパフォーマンスモデルということもあって発熱量が大きいというデメリットがあります。もちろん性能を考えるとパワー効率は優秀です。上位モデルのRyzen 7 5800Hなどと同じです。それでもエアフローをよくしたり、高性能な冷却システムを搭載したりするのにどうしても本体が大きくなります。本体重量も2.0kg前後のモデルがほとんどです。

持ち運ぶ機会が多い方は注意しなければいけません。鞄に入れて持ち運ぶのは意外と大変です。軽いノートパソコンを探しているならRyzen 5 5600U搭載モデルを検討しても良いでしょう。パフォーマンスはワンランク落ちますが、同じ6コア12スレッドというCPUです。ゲームプレイを考えておらず動画編集や画像編集などのクリエイター作業がメインの方はぜひチェックしてみてください。

売れ筋モデルになる可能性が高い

Ryzen 5 5600H搭載モデルは売れ筋モデルになる可能性が高いと見ています。旧モデルであるRyzen 5 4600Hが人気の高いCPUだったことからそれも自然だと言えます。コストパフォーマンスの高さは建材で、Zen 3アーキテクチャ採用になってゲーミング適正が向上したことが後押ししてくれます。

2021年8月時点では搭載モデルは海外メーカーが中心となっています。国内BTOメーカーだとまずはマウスコンピューターが既存のRyzen 5 4600H搭載モデルをRyzen 5 5600H搭載モデルへと切り替えていくのではないかと思います。そうなればCore i5-11400H搭載モデルとの競争が進みそうです。

Ryzen 5 5600Hのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20ryzen55600h-cinebenchr20

Cinebench R20でも期待以上のパフォーマンスを発揮しています。Ryzen 5 4600Hと比べるとマルチスレッド性能が15%高く、シングルスレッド性能が20%高くなっています。Intel第10世代のフラグシップモデルであるCore i9-10980HKよりも6%以上も高いのは驚きです。

一世代でこれだけ性能が高くなれば納得ですね。競合であるCore i5-11400Hと比べるとマルチスレッド性能は8%高く、シングルスレッド性能は5%下回ります。Intelの上位モデルと比べると性能差は8%-10%です。Intelもかなり追い上げて来ていると言えます。

Adobe Photoshop

photoshopryzen55600h-photoshop

Photoshopを使うためにパソコンの購入を考えている方も多いでしょう。PhotoshopでもRyzen 5 5600Hは期待通りのパフォーマンスを発揮しています。Ryzen 5 4600Hよりも28%も高いです。8コア16スレッドとスペックで上回るRyzen 7 4800Hよりも18%もパフォーマンスが高いです。Intel Core i7-11800Hとの性能差は4%です。Ryzen 5 5600Hの価格を考えると十分な結果ですね。

Handbrake

dougahensyuuryzen55600h-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を表にまとめています。旧モデルであるRyzen 5 4600よりも10%パフォーマンスが向上しています。Core i5-11400Hよりも8%速いです。動画の編集作業をノートパソコンで行いたいと考えているならRyzen 5 5600Hは魅力的な選択肢となります。作業時間が長いなら20%以上性能が高くなるRyzen 7 5800Hが良いでしょう。

Ryzen 5 5600H搭載のおすすめBTOノートパソコン

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro – クラウドグレー(Lenovo)

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro価格:88,660円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

税込み8万円台の格安モデルです。非常に珍しいグラフィックボード非搭載モデルです。Ryzen 5 5600HにはCPU内蔵グラフィックスとしてRadeon Graphics 7が搭載されています。WEBデザインなど簡単な作業であれば十分対応可能です。ゲームプレイなどはHD環境など解像度を下げてかつ設定を下げる必要があります。メモリ8GB、SSD 512GB NVMeと価格帯を考えると構成は十分だと思います。場合によってはRyzen 5 5600U搭載モデルを検討してもよいかもしれません。同等の価格でより軽量化されたモデルを購入できます。

HP Pavilion Gaming 15 スタンダードモデル(HP)

HP Pavilion Gaming 15価格:94,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

GTX 1650を搭載したノートパソコンです。ブラックを基調とした高級感のあるデザインがいいですね。ゲーミングと謳われていますが、ゲームだけではなくクリエイター作業にも適しています。動画編集などでGPGPUを活かしてパフォーマンス向上を見込めます。メモリ8GB、SSD 512GBと構成はやや控え目です。

Dell G15 Ryzen™ Edition ゲーミングノートパソコン プレミアム(RTX3050搭載)(Dell)

Dell G15 Ryzen Edition価格:114,384円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

DellのゲーミングノートPCです。落ち着いたデザインが人気です。グラフィックスには最新のRTX 3050を搭載しています。GTX 1650よりも30%程度高いパフォーマンスを得られます。15.6インチ120Hzモニターを採用していて滑らかなゲーム描写が可能です。クリエイターモデルとしてもおすすめです。メモリ16GB、SSD 512GBと構成が充実していますね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5600Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。Ryzen 5 4600Hの後継モデルで新しいアーキテクチャを採用したことで性能が引き上げられています。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できます。

ゲームプレイはもちろん動画編集・画像編集・DTMなどの作業を考えているクリエイターの方にもおすすめです。コストパフォーマンスが高く売れ筋モデルになる可能性を秘めています。グラフィックボード搭載モデルでも税込み10万円以下で購入できるのは嬉しいですね。価格を抑えたい学生の方や新社会人の方でも購入しやすいと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume