Pavilion Aero 13-be

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 6800Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Ryzen 7 5800Hの後継モデルでコードネームがZen 3からZen 3+へと変わりました。次世代モデルであるZen 4ではない点は理解しておく必要がありますね。プロセスが6nmへとさらに微細化されています。

ターボクロックの引き上げ、メモリ規格のアップグレード、CPU内蔵グラフィックスの強化が施されてより完成度の高いCPUとなっています。ゲームプレイなど負荷の高い用途を考えている方におすすめです。競合モデルであるIntel第十二世代のCore i7-12700Hともじっくり比較していきましょう。

Ryzen 7 6800Hの基本スペック

世代第4世代
開発コードRembrandt(Zen 3+)
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数3.20 GHz
ブーストクロック4.70 GHz
L3キャッシュ16MB
内蔵グラフィックスRadeon 680M
TDP45W
発売日2022年1月
価格-

Ryzen 7 6800Hのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
Ryzen 7 6800Hはノート向けモデルとして高い性能を持ち幅広い用途に対応できます。動画視聴・Skype・ビジネス・デュアル環境・デイトレなどの用途は余裕があります。マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集・動画投稿・DTMなどの用途にも対応できます。デスクトップと比べても見劣りしません。ゲームプレイ・ゲーム実況などの用途にも適していますが、Intel製CPUと比べると少し見劣りします。

なお、CPU内蔵グラフィックスの性能はIntel製モデルを上回ります。タイトル・設定次第では十分ゲームプレイが可能です。3D CADについては搭載しているグラフィックボード次第です。大規模な3D CADモデルになるとデスクトップ向けのハイエンドクラスでないと厳しいです。

Ryzen 7 6800Hのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 6800HRyzen 7 5800H
コードネームZen 3+Zen 3
開発コードRembrandtCezanne
プロセス6nm7nm
トランジスタ数-107億個
ダイサイズ208 mm²180 mm²
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック3.2GHz3.2GHz
ターボクロック4.7GHz4.4GHz
L3キャッシュ16MB16MB
メモリDDR5-4800
LPDDR5-6400
DDR4-3200
LPDDR4-4266
CPU内蔵グラフィックスRadeon 680MRadeon Graphics
グラフィックコア128
グラフィック周波数2200MHz2000MHz
PCI-Express4.03.0
TDP45W35W-54W
価格--
発売日Q1 2022Q1 2021
Ryzen 7 6800Hは、Zen 3+アーキテクチャを採用したCPUです。Ryzen 7 5800Hのリフレッシュモデルでいくつかのマイナーチェンジが行われています。開発コードはCezanneからRembrandtへと変わっています。プロセスが7nmから6nmへとさらに微細化が進みました。ダイサイズは15%大きくなり208m㎡となっています。

コア/スレッドは8コア16スレッドと共通です。ベースクロックも3.2GHzと変わっていませんが、ターボクロックは7%高く4.7GHzになりました。L3キャッシュ容量は16MBと同じです。メモリ規格はDDR4-3200/LPDDR4-4266からDDR5-4800/LPDDR5-6400へと一新されています。より高いパフォーマンスを期待できます。

CPU内蔵グラフィックスもRadeon GraphicsからRadeon 680Mへとアップグレードされています。グラフィックコアは50%増えて12となりました。グラフィック周波数も10%高く2200MHzになっています。PCI-ExpressもGen 3.0からGen 4.0へと変更されています。TDPは45Wとなっています。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 6800HCore i7-12700HCore i7-11800H
コードネームZen 3+Alder LakeTiger Lake
開発コードRembrandt--
プロセス6nm10nm10nm
トランジスタ数---
ダイサイズ208 mm²217 mm²-
コア/スレッド8/1614/208/16
ベースクロック3.2GHz2.3GHz2.3GHz
ターボクロック4.7GHz4.7GHz4.6GHz
ベースクロック-1.7GHz-
ターボクロック-3.5GHz-
L3キャッシュ16MB24MB24MB
メモリDDR5-4800
LPDDR5-6400
DDR5-4800
LPDDR5-5200
DDR4-3200
LPDDR4x-4267
DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスRadeon 680MIris Xe GraphicsUHD Graphics 750
グラフィックコア129632
グラフィック周波数2200MHz1400MHz1450MHz
PCI-ExpressGen 4.0Gen 4.0Gen 4.0
TDP45W45W45W
価格-$457$395
発売日Q1 2022Q1 2022Q2 2021
競合モデルであるCore i7-12700Hとスペックを比較していきます。Core i7-12700HはAlder Lake世代のCPUで10nmプロセスを採用しています。プロセスはRyzen 7 6800Hの方が微細化されています。ダイサイズはCore i7-12700Hの方が8%大きく217m㎡となっています。6nmと10nmプロセスの差を考えるとRadeon 680Mがスペースを取っていると判断できますね。

コア/スレッドはCore i7-12700Hの方が多く14コア20スレッドとなっています。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用していて6つのPコアと8つのEコアを搭載しています。Ryzen 7 6800HのコアとCore i7-12700HのPコアが同等です。ベースクロックはRyzen 7 6800Hの方が40%高く、ターボクロックは4.7GHzと同じです。Eコアのベースクロックは1.7GHzで、ターボクロックは3.5GHzです。Eコアは効率重視のコアでクロック周波数は抑えられています。Windows 11が自動的にコアを割り振ってくれます。

L3キャッシュ容量はCore i7-12700Hの方が50%多く24MBです。Core i7-12700Hでは、DDR5だけではなくDDR4もサポートしています。Core i7-12700HではCPU内蔵グラフィックスにIris Xe Graphicsを搭載してます。グラフィックス処理性能はRadeon 680Mが上です。PCI-ExpressはどちらもGen 4.0に対応しています。TDPは45Wと共通です。Core i7-12700Hの価格は$457です。性能を考慮するとRyzen 7 6800Hの価格はもう少し安いのではないかと思います。

参考として旧世代のCore i7-11800Hをテーブルに並べています。Core i7-11800HはTiger Lake世代のCPUで10nmプロセスを採用しています。8コア16スレッドとRyzen 7 6800Hと共通です。ベースクロックはRyzen 7 6800Hの方が40%高く、ターボクロックもRyzen 7 6800Hの方が3%高いです。L3キャッシュはCore i7-11800Hの方が50%多いです。対応メモリはDDR4-3200となっています。CPU内蔵グラフィックスはUHD graphics 750となります。Iris Xe Graphicsよりもパフォーマンスは低いです。PCI-ExpressはGen 4.0です。TDPは45Wと共通です。価格は$395でCore i7-12700Hよりも13%程度安いです。

Ryzen 7 6800HってどんなCPUなの?

Ryzen 9 5900HXを超えるマルチコア性能を持つ

Ryzen 7 6800Hは、Ryzen 5000シリーズのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXを超える高いマルチコア性能を持つCPUです。シングルコア性能は及ばないものの総合性能は引き上げられています。ゲームプレイだけではなく、ゲーム実況・動画編集・画像編集・ゲーム開発などあらゆる用途に対応可能です。ノート向けモデルとしてはトップクラスのモデルだと考えて間違いありません。AMDファンの方は要チェックです。

CPU性能ではIntel第十二世代Core iシリーズには到底及ばないことは理解しておきましょう。AMDが最強の時代は終焉となりました。14コア20スレッドと8コア16スレッドのRyzen 7 6800Hではスペック的にも敵いませんね。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用したCore i7-12700Hは強力です。マルチコア性能ではRyzen 7 6800Hを大きく上回りゲーム適性も高いです。Ryzen 7 6800Hの強みはコストパフォーマンスの高さとなるでしょう。Core i7-12700Hよりも相当価格が抑えられていれば検討する価値があります。

内蔵グラフィックスにRadeon 680Mを搭載している

Ryzen 7 6800Hは内蔵グラフィックスにRadeon 680Mを搭載しています。Ryzen 7 5800HからRyzen 7 6800Hへのリニューアルで大きく変わったのはこの内臓グラフィックスです。Radeon 680Mを搭載したことで最サイズも大きくなりました。それだけパフォーマンスにも期待できます。

Ryzen 7 5800H搭載のRadeon Graphicsよりも処理性能が大きく向上して80%以上も高いパフォーマンスを得られます。ASUSからグラフィックボード非搭載モデルがリリースされているのも興味深いです。これまでのCPU内蔵グラフィックスでは物足りないけど、外付けのグラフィックボードまでは必要ないかなと考えている方に最適です。ライトゲーマーの方やクリエイターの方におすすめしやすいです。

海外メーカーを中心にラインナップが増えている

DellやASUSなどの海外メーカーを中心にRyzen 7 6800H搭載モデルが増えています。すでにRyzen 7 5800Hからの切り替えが完了しているところがほとんどです。Ryzen 7 6800H搭載モデルを探している方はこれらのメーカーから探してみると良いと思います。

一方で、ドスパラやG-Tuneなどの国内BTOメーカーではまだ旧世代のRyzen 7 5800H搭載モデルが中心です。確かにRyzen 7 6800Hは、Ryzen 7 5800Hよりも性能の高いCPUですが性能差を体感することが難しく価格差があるのであればあえてRyzen 7 5800Hを選ぶのも良いでしょう。完全に切り替わるまで比較検討することを推奨します。

Ryzen 7 6800Hのベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen76800hcinebenchr23

Cinebench R23でのベンチマークを見ていきましょう。従来モデルのRyzen 7 5800Hよりもマルチスレッド性能が9%高くシングルスレッド性能が1%程度高いです。Zen 3+アーキテクチャになって性能の底上げが行われました。マルチスレッド性能ではかつてのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXを上回っています。Intel製Core i7-12700Hは高い性能を持っています。マルチスレッド性能が12%高く、シングルスレッド性能は27%も高いです。Alder Lake世代になってRyzenシリーズを引き離しています。Core i7-12700H搭載モデルよりも価格が安くないと選びづらいと思います。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

rainbow six siegeryzen76800h-Rainbow-Six-Siege

Tom Clancy’s Rainbow Six Siegeでは93fpsとかなり高いフレームレートが出ています。GTX 1650 Mobileよりも25%劣るだけに収まっているのは高評価です。従来モデルのRyzen 7 5800Hよりも平均fpsが90%も高くなっているのはRadeon 680Mの恩恵です。CPU内蔵グラフィックスの強化は面白いですね。競合モデルであるCore i7-12700Hよりも44%もフレームレートが高く圧倒しています。

Watch Dogs Legion

watch dogs legionryzen76800h-Watch Dogs Legion

Watch Dogs Legionでも外付けのグラフィックボードに次いで高いフレームレートを計測しています。従来モデルのRyzen 7 5800Hよりも平均fpsが65%も高くなりました。Core i7-12700Hよりも65%も高いです。グラフィックボードを選ばないのであればRyzen 7 6800Hは魅力的なモデルだと言えますね。

Ryzen 7 6800H搭載のおすすめBTOノートパソコン

New Dell G15 Ryzen™ Edition プラチナ(RTX3050搭載)(Dell)

Dell G15 Ryzen Edition価格:179,980円(税込) 145,784円(税込)
CPU:Ryzen 7 6800H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Dell製の高コスパモデルです。クーポン利用で19%OFFで購入できます。グラフィックスにエントリークラスのRTX 3050 Mobileを搭載しています。標準設定を基準にすれば十分ゲームプレイに対応可能です。CPU性能が高いことを考えるとクリエイターノートPCとしてもぴったりだと思います。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も必要十分ですね。

TUF Gaming A17 FA707RC(ASUS)

TUF Gaming A17 FA707RC価格:154,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 6800H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

17.3インチ144Hz対応モニターを搭載したゲーミングノートPCです。大型モニター搭載でゲームに没頭できます。本体重量は約2.53kgと重いので持ち運ぶ機会が多い方は注意が必要です。グラフィックスにはAmpere世代のRTX 3050 Mobileを搭載しています。従来モデルのGTX 1660 Ti Mobileと同等の性能を持っています。FHD環境なら十分ゲームプレイに対応できます。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成は平均的です。

New Dell G15 Ryzen™ Edition 【即納】プラチナ(RTX3060搭載)(Dell)

Dell G15 Ryzen Edition価格:171,703円(税込)
CPU:Ryzen 7 6800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Ryzen 7 6800H×RTX 3060 Mobile搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCです。15.6インチ120Hz対応モニターを搭載しています。本体重量は約2.52kgとやや重いです。設定調整を行えば最新のタイトルでも対応しやすいです。50番台とは一線を画する性能を持っています。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は平均的です。DDR5メモリ搭載は嬉しいですね。

ROG Flow X13 GV301RA(ASUS)

ROG Flow X13 GV301RA(価格:189,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 6800HS
GPU:Radeon 680M
メモリ:LPDDR5-6400 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

13.4インチWUXGA(120Hz)モニターを搭載したゲーミングノートPCです。グラフィックボード非搭載モデルです。GPUにはCPU内蔵グラフィックスのRadeon 680Mを搭載しています。一般的な3D処理であれば対応可能です。ゲームプレイに関しては解像度を落として設定も下げる必要があります。CPUは省電力性に長けたRyzen 7 6800HSを搭載しています。メモリもLPDDR5-6400 16GB搭載でコストが掛かっています。ストレージはSSD 512GB NVMeを搭載しています。

ROG Strix G17 G713RW(ASUS)

ROG Strix G17 G713RW価格:299,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 6800H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

グラフィックスにハイクラスのRTX 3070 Ti Mobileを搭載したゲーミングノートPCです。17.3インチWQHD(240Hz)モニターを搭載しています。高性能なモデルにふさわしいディスプレイですね。こだわりのゲーム環境を構築できます。動画などのメディアを取り扱うことの多いクリエイターの方にもおすすめです。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 6800Hの性能スペック&搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。Ryzen 7 6800Hは、Ryzen 7 5800Hの後継モデルです。Zen 3からZen 3+アーキテクチャへと進化しました。プロセスも7nmから6nmへとさらに微細化が進みました。クロック周波数の引き上げやDDR5メモリサポートなどによって性能が引き上げられています。最大10%性能が高くなりました。大きく変わったのはCPU内蔵グラフィックスです。従来モデルのRadeon GraphicsからRadeon 680Mに変わり80%以上も性能が引き上げられています。グラフィックボード非搭載モデルも現実味を帯びてきます。

搭載BTOノートパソコンのラインナップは海外メーカーを中心に増えて来ています。Dell・ASUSなどから搭載モデルが販売されています。国内BTOメーカーではまだまだ旧世代のRyzen 7 5800H搭載モデルが中心です。CPU内蔵グラフィックスを除けば大きな性能差があるわけではないので価格が抑えられていることを考えればRyzen 7 5800H搭載モデルも悪くないと思います。CPU内蔵グラフィックスを重視したいならRyzen 7 6800H搭載モデルは魅力的な選択肢となるでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等