Pavilion Aero 13-be

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5600Uの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Zen 3アーキテクチャを採用した高パフォーマンスモデルです。6コア12スレッドと競合のIntel Core i5-1135G7よりもスペックが高いです。

搭載BTOノートパソコンは税込み10万円前後と購入しやすい価格帯となっています。コストパフォーマンスに優れたCPUだと言えますね。ビジネスや趣味などでノートパソコンを購入したいと考えている方は要チェックです。

Ryzen 7 5800Uの基本スペック

世代第4世代
開発コードCezanne(Zen 3)
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数1.90 GHz
ブーストクロック4.40 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP10W-25W
発売日2021年1月12日
価格-

Ryzen 5 5600Uのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
×
gamejikkyouwomen
×
cad
Ryzen 5 5600Uは6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途で通用します。モバイル向けの省電力モデルもここまでパフォーマンスが引き上げられました。ビジネス・マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・DTM・デイトレなどであれば余裕があります。動画編集・動画投稿などをメインに考えているならRyzen 7 5800Uが好ましいですが、たまにソフトウェアを使用する程度であれば問題ありません。CPU内蔵グラフィックスの性能は高くありませんので、ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADには不向きです。

Ryzen 5 5600Uのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 5600URyzen 5 5500URyzen 5 4600U
コードネームZen 3Zen 2Zen 2
開発コードCezanneLucienneRenoir
プロセス7nm7nm7nm
コア/スレッド6/126/126/12
ベースクロック2.3GHz2.1GHz2.1GHz
ターボクロック4.2GHz4.0GHz4.0GHz
L3キャッシュ16MB8MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア776
グラフィック周波数1800MHz1800MHz1500MHz
TDP10W-25W10W-25W10W-25W
価格---
発売日Q1 2021Q1 2021Q2 2020
Ryzen 5 5600Uのスペックについて見ていきましょう。現行の下位モデルであるRyzen 5 5500Uと従来モデルのRyzen 5 4600Uと比較していきます。Ryzen 5 5600Uは、最新のZen 3アーキテクチャを採用したCPUです。開発コードはCezanneです。7nmプロセスを採用しています。CPUダイの構成が2基のCCXから1基のCCXへと変更となりました。これによってCCX間のやり取りがなくなりレイテンシの軽減及びIPCの改善に繋がっています。

コア/スレッドは6コア12スレッドとこれまでのRyzen 5シリーズと変わりありません。Ryzen 5 5600Uは、下位モデルであるRyzen 5 5500Uよりもベースクロックが10%アップの2.3GHz、ターボクロックは5%アップの4.2GHzとなりました。また、L3キャッシュ容量が倍の16MBとなっています。メモリ規格・CPU内蔵グラフィックスは共通です。TDPは10-25Wとなっています。

実はRyzen 5 5500UとRyzen 5 4600Uは非常に似たスペックとなっています。コードネームはどちらもZen 2です。開発コードとCPU内蔵グラフィックスが違うぐらいです。コア/スレッドも同じで、クロック周波数も共通です。それでも開発コードが変わりCPU性能は僅かながら上回っています。

L3キャッシュは8MBです。メモリ規格はDDR4-3200MHzです。CPU内蔵グラフィックスのRadeon Graphicsはグラフィックコアが6から7になり、グラフィック周波数が1500MHzから20%アップの1800MHzに到達しています。数字的には下位モデルであるRyzen 5 5500Uが上位モデルであるRyzen 5 4600Uを上回っているという点で意味がある進化だと言えます。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 5600UCore i5-1135G7
コードネームZen 3Tiger Lake
プロセス7nm10nm
コア/スレッド6/124/8
ベースクロック2.3GHz2.4GHz
ターボクロック4.2GHz4.2GHz
L3キャッシュ16MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIris Xe Graphics
グラフィックコア730
グラフィック周波数1800MHz1300MHz
TDP10W-25W12W-28W
価格--
発売日Q1 2021Q3 2020
同じ価格帯のIntel Core i5-1135G7と比較していきます。Core i5-1135G7はTiger Lake世代のCPUで10nmプロセスを採用しています。一方で、Ryzen 5 5600Uでは7nmプロセスを採用していて一歩先を歩んでいます。コア/スレッドでもそれぞれRyzen 5 5600Uの方が50%多く6コア12スレッドとなっています。Intelの省電力モデルは4コア8スレッドがMAXなのでこの点で見劣りしてしまいますね。

ベースクロックはCore i5-1135G7の方が5%高く、ターボクロックは同等です。L3キャッシュ容量はRyzen 5 5600Uが、Core i5-1135G7の倍の16MBとなっています。Zen 3アーキテクチャになってL3キャッシュ容量にも余裕が出ています。これまでのスペック的にはRyzen 5 5600Uが圧勝です。

CPU内蔵グラフィックスではIntel Iris Xe Graphicsが上回ります。グラフィックコアは両者で特性が異なるため数値の比較は意味がありません。それでもIris Xe Graphicsは、Radeon Graphicsよりも20%程度パフォーマンスが高いです。TDPはRyzen 5 5600Uが10W-25Wに対して、Core i5-1135G7では12W-28Wと少しだけ高く設定されています。

Ryzen 5 5600UってどんなCPUなの?

Zen 3アーキテクチャ採用の高パフォーマンスモデル

ryzen55600u-benchmark
Ryzen 5 5600Uは、最新のZen 3アーキテクチャを採用した高パフォーマンスCPUです。従来モデルであるRyzen 5 4600Uよりも20%程度パフォーマンスが向上しています。ハイパフォーマンスモデルであるRyzen 5 4600Hを上回ることもあります。Zen 2アーキテクチャを採用しているRyzen 5 5500Uとの性能差はも20%以上と大きいです。

今回のRyzen 5 5600Uではベースクロック及びブーストクロックの引き上げやL3キャッシュメモリ容量の倍増がポイントです。ただし、それだけでは20%も性能が上がることはありません。その他にも、Zen 3アーキテクチャになったことでCPUダイ内部においてCCXが1基のみになったことがプラスになりました。Zen 2アーキテクチャではCCXが2基搭載されていて、CPU負荷が掛かるとこの2つのCCX間でのやり取りが必要になりどうしても遅延が発生しがちでした。

また、上記のCPUダイ内部の改良に関連してL3キャッシュも16MBへと大容量になっています。Zen 2アーキテクチャも優れていましたが、Zen 3アーキテクチャになってさらに進化したと言えます。このCPUダイの変更によるメモリレイテンシの軽減はCPU性能の引き上げに一役買っています。せっかくならRyzen 5 5600Uを選択したいところです。

グラフィックス性能はIntelに劣る

ryzen55600u-graphics

CPU内蔵グラフィックスに採用されているRadeon Graphicsは従来モデルとそれほど大きな違いはありません。Intel Core i5-1135G7でも採用されているIntel Iris Xeの方が20%程度性能が高いです。Intel Iris XeはGeForce MX350に匹敵する高い性能を持っています。ただし、いずれにしてもゲームプレイなどでは通用しないので気にしなくても良いでしょう。動画編集・WEBデザインなどでも大幅にパフォーマンスが向上することはありません。

上位モデルよりも1-2万円安く購入できる

hphikaku画像引用元:https://jp.ext.hp.com/

上位モデルのRyzen 7 5800H搭載モデルよりも1万円~2万円安く購入可能です。上記はHPのPavilion Aero 13-beを比較しています。16,000円の差があります。数万円安く購入できるのであればRyzen 5 5600U搭載モデルがコストパフォーマンスに優れていると言えます。価格を重視するか、性能を重視するかで判断しましょう。動画編集や画像編集をメインに考えていないのであればRyzen 5 5600Uでも十分です。Intel製CPUと比べてもパフォーマンスは高いです。

Ryzen 5 5600Uのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20ryzen55600ucinebench

定番のベンチマークソフトでパフォーマンスを計測しています。Ryzen 5 5600Uは、従来モデルのRyzen 5 4600Uよりも20%程度マルチスレッド性能が向上しています。さらに、シングルスレッド性能についても21%高いです。下位モデルであるRyzen 5 5500UはRyzen 5 4600Uに近い性能でRyzen 5 5600Uとの差が大きいです。マルチスレッド性能は14%、シングルスレッド性能は17%上回っています。

Intel Core i5-1135G7と比べるとマルチスレッド性能は62%も高いです。シングルスレッド性能は4%の差にとどまります。これまでIntel勢が強みにしていたシングルスレッド性能でも上回りました。純粋なCPU性能ではRyzenシリーズが一歩先をいっていますね。

Handbrake

dougahensyuuryzen55600u-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。マルチスレッド性能が重要となるアプリケーションで事実Ryzenシリーズが優位になっています。従来モデルのRyzen 5 4600Uよりも13%速くなりました。Intel Core i5-1135G7と比べると55%も速く圧倒しています。下位モデルであるRyzen 5 5500Uとの差は11%とやや大きいですね。

Ryzen 5 5600U搭載のおすすめBTOノートパソコン

Pavilion Aero 13-be スタンダードモデル【C1】(HP)

Pavilion Aero 13-be価格:114,400円(税込) 93,000円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載

公式詳細

今なら21,400円OFFで購入できます。税込み93,000円と最安値クラスのモデルです。13.3インチモデルで本体重量約957gと1kgを切っているのがポイントです。本体も薄くデザイン性が高いです。カラーはセラミック・ホワイトまたはピンクベージュの2色から選択可能です。バッテリー駆動時間は約10時間30分となっています。外出先でもパソコンを使いたいならベストな一台だと言えるでしょう。メモリ8GB、SSD 256GBと構成も必要十分です。

ThinkBook 13s Gen 3:パフォーマンス(Lenovo)

ThinkBook 13s Gen 3価格:98,406円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式

LenovoからもRyzen 5 5600U搭載モデルがリリースされています。13.3インチ(1920×1200)のモバイルパソコンです。本体重量約1.26kgとなっています。バッテリー駆動時間は約15.9時間とかなり長いです。持ち運びがメインの方に最適です。Power Delivery対応で利便性が高いです。メモリ8GB、SSD 256GBと構成も十分でしょう。

ThinkPad T14 Gen 2:パフォーマンス(Lenovo)

ThinkPad T14 Gen 2価格:104,786円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式

14.0インチのノートパソコンとなっています。ブラックの本体が高級感を演出しています。本体重量約1.47kgと標準的です。バッテリー駆動時間は最大16.9時間となっています。メモリ8GB、SSD 256GBと価格を考えると妥当な構成です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5600Uの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Zen 3アーキテクチャを採用して従来モデルのRyzen 5 4600Uよりも20%程度高いCPU性能を発揮します。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集にも対応しやすいです。搭載BTOノートパソコンはHPとLenovoで販売されています。税込み10万円前後と購入しやすい価格帯となっています。Ryzen 7 5800U搭載モデルよりも安価でコストパフォーマンスに優れています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume