Lenovo IdeaPad Slim 550

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5500Uの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。6コア12スレッドの高パフォーマンスモデルです。ノート向けの省電力モデルでもこれだけのスペックを実装できるようになりました。動画編集・画像編集などへの適性も高いです。

型番的にはRyzen 5 4500Uの後継モデルですが、実際はその上位モデルであるRyzen 5 4600Uのリフレッシュモデルと考える方がしっくり来ますね。Ryzen 5 4500U搭載モデルが人気だったことからこのRyzen 5 5500Uも人気モデルになる可能性が高いです。現在は海外メーカーを中心にラインナップが登場しています。

Ryzen 5 5500Uの基本スペック

世代第3世代
開発コードLucienne(Zen 2)
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数2.10 GHz
ブーストクロック4.00 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP10W-25W
発売日2021年1月12日
価格-

Ryzen 5 5500Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 5 5500Uはノート向けCPUとしてスペックが高く幅広い用途に対応できます。動画編集・RAW現像への適性もあります。デュアル環境構築・動画視聴・Skype(WEB会議)なら余裕があります。WEBデザイン・マンガ制作・デイトレ・ビジネスなど仕事での使用にも適しています。テレワーク向けだと言えますね。ただし、省電力モデルという特性上グラフィックボードレスモデルが多くCPU内蔵グラフィックスに依存する形になります。そのため、ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADなど3D処理性能が要求される用途には対応できないと考えておきましょう。

Ryzen 5 5500Uのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 5500URyzen 5 4600URyzen 5 4500U
コードネームZen 2Zen 2Zen 2
開発コードLucienneRenoirRenoir
プロセス7nm7nm7nm
コア/スレッド6/126/126/6
ベースクロック2.1GHz2.1GHz2.3GHz
ターボクロック4.0GHz4.0GHz4.0GHz
L3キャッシュ8MB8MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア766
グラフィック周波数1800MHz1500MHz1500MHz
TDP10W-25W10W-25W10W-25W
価格---
発売日Q1 2021Q2 2020Q2 2020
Ryzen 5 5500Uは、Ryzen 5 4500Uの後継モデルとなっています。同じZen 2アーキテクチャを採用していますが、開発コードがLucienneへと変わりました。プロセスはT最新のSMC製7nmを採用しています。大きく変わったところではハイパースレッディングに対応したことが挙げられます。6コア6スレッドから6コア12スレッドとなりました。結果的にマルチスレッド性能が大きく向上しています。

ベースクロックが6%低く、ターボクロックは同じ4.0GHzです。L3キャッシュ容量は8MBと同じです。Radeon Graphicsのグラフィックコアが6→7へとなりグラフィック周波数も引き上げられています。グラフィック処理性能は高くなったと考えて間違いありません。TDPは15Wですが、ベンダー側で10W-25Wの範囲で定めることができます。基本的には15W以上が選択されることになるでしょう。いずれにしてもモバイルパソコンなど薄いモデルで採用されることが多いと思います。

スペック表を見るとわかるとおり基本的にはRyzen 5 4600Uのリフレッシュモデルだと言えます。開発コードがRenoirからLucineneへと変わったこととRadeon Graphicsが少し強化されたぐらいでほとんど同じですね。コア/スレッド、L3キャッシュ・メモリ規格・TDPとすべて共通となっています。もっともRyzen 5 4600Uを搭載したノートパソコンはほとんど販売されていなかったので馴染みがなくRyzen 5 4500Uの後継モデルということで結論付けても良いかもしれませんね。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 5500UCore i5-1135G7
コードネームZen 2Tiger Lake
プロセス7nm10nm
コア/スレッド6/124/8
ベースクロック2.1GHz2.4GHz
ターボクロック4.0GHz4.2GHz
L3キャッシュ8MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIris Xe Graphics
TDP10W-25W28W
価格-$309
発売日Q1 2021Q3 2020
Intel第十一世代で同クラスのCore i5-1135G7と比較していきます。Tiger Lake世代のCore i5-1135G7は10nmプロセスを採用しています。長らく14nmプロセスでしたが、ようやく微細化される形になりました。コア/スレッドは4コア/8スレッドとRyzen 5 5500Uよりも50%少ないです。マルチスレッド性能ではRyzen 5 5500Uが優勢でしょう。

ベースクロックはRyzen 5 5500Uよりも15%高い2.4GHzで、ターボクロックは5%高い4.2GHzとなっています。シングルスレッド性能はCore i5-1135G7が圧倒です。L3キャッシュ容量は8MBで共通です。メモリもDDR4-3200となっています。CPU内蔵グラフィックスはそれぞれ異なりますが、Iris Xe Graphicsの方が少し高いです。ただし、外付けのグラフィックボードには及ばないのでそれほど気にしなくても良いと思います。

TDPはメーカー次第といったところですね。Ryzen 5 5500Uの価格は公表されていませんが、Core i5-1135G7と同等だと考えられます。

Ryzen 5 5500UってどんなCPUなの?

Ryzen 5 4500Uが順当に進化した高パフォーマンスCPU

Ryzen 5 5500Uは、6コア12スレッドとスペックの高いCPUです。Ryzen 5 4500Uが6コア6スレッドであったことを考えると順当な進化を果たしています。マルチコア性能についてはモバイル向けCPUとしてトップクラスの性能を誇ります。10W-25Wの省電力モデルながら45Wのハイパフォーマンスモデルに匹敵することもあります。

競合モデルであるIntel Core i5-1135G7だけではなく上位モデルのCore i7-1165G7をも上回ります。Intel製CPUを圧倒する形となっています。動画編集・画像編集などマルチコア性能を活かせる用途に最適です。Ryzen 5 3550HやRyzen 5 3500Uからの買い替えもおすすめです。

Ryzen 5 5500Uになってグラフィックスについても強化されています。グラフィックコアが1つ増えてグラフィック周波数が20%引き上げられています。大幅な性能アップというわけではありませんが、従来モデルよりもグラフィックス処理性能は向上しています。

WEBデザインや動画編集などのクリエイター作業においてGPUアクセラレーションを活用できます。外付けのグラフィックボードと比べると性能面で追いつけるわけではありません。一般的な用途では必要十分な性能を兼ね備えていると考えて良いでしょう。

Zen 3採用のRyzen 5 5600Uに性能面で劣る

Ryzen 5 5500Uの上位モデルにRyzen 5 5600Uがラインナップとしてあります。このRyzen 5 5600Uでは次世代のZen 3アーキテクチャを採用していてパフォーマンスが高いです。Ryzen 5 5500Uとは全く別物のCPUだと考えて良いでしょう。型番を見るとアーキテクチャがわかる仕組みです。最後から3桁目が奇数はZen 2アーキテクチャを、偶数のモデルはZen 3アーキテクチャを採用しています。

スペック的にはベースクロックが10%高い2.3GHzで、ターボクロックは5%高い5.2GHzとなっています。また、L3キャッシュ容量は倍の16MBに到達しています。スペック的にも敵いません。ただし、搭載BTOパソコンが販売されるかはわかりませんし当然価格は高くなることが予想されるためRyzen 5 5500Uとの差別化はしっかりと行われています。

搭載モデルは海外メーカーからのみ販売されている

Ryzen 5 5500U搭載BTOノートパソコンは海外メーカーからのみ販売されています。2021年5月時点ではLenovoとDellで購入できます。海外メーカーは最新モデルの取り扱いが早いですね。特にAMD製パーツについては海外がいち早く取り入れることが多いです。

国内メーカーからはラインナップがないようです。マウスコンピューターではRyzen 5 4500U搭載BTOノートパソコンが販売されていますので、今後Ryzen 5 5500U搭載モデルに切り替えられるかもしれません。売れ筋モデルだったこともあって期待できます。

Ryzen 5 5500Uのベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen55500ubenchmark

Cinebench R23ではCPUのマルチスレッド性能及びシングルスレッド性能を計測できます。レンダリング・エンコードなど総合的なCPU性能を客観的に判断できます。ただし、実際の環境において全て当てはまるわけではなく一つの参考として見ていただければと思います。従来モデルのRyzen 5 4500Uよりも24%もマルチスレッド性能が向上しています。ハイパースレッディングに対応したことによる恩恵です。Ryzen 7 4700Uに匹敵するパフォーマンスとなっています。

Core i5-1135G7と比べてマルチスレッド性能が48%も高いです。同じ価格で販売されているならRyzen 5 5500Uが魅力的な選択肢となります。Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5600Uは、Ryzen 5 5500Uよりも15%以上パフォーマンスが高いです。アーキテクチャが変わっただけで得られれるパフォーマンスは大きいですね。

Geekbench

geekbench5geekbench-55500u

Geekbenchは、Cinebench R23よりも実際の環境に即したスコアが計測できると言われています。Cinebench R23と合わせてスコアを見ると良いですね。Ryzen 5 4500Uよりもマルチスレッド性能が13%高く、シングルスレッド性能が1%高いです。ハイパースレッディングに対応したことでパフォーマンスが向上しています。

Core i5-1135G7と比べるとマルチスレッド性能が11%高い一方で、シングルスレッド性能は28%劣ります。動画編集・RAW現像といった作業ではマルチスレッド性能が指標となります。シングルスレッド性能が高いCore i5-1135G7はオフィスソフトやブラウジングなどに有利です。Ryzen 5 5600Uとのスコアの差は10%前後です。全体的にCinebench R23に比べるとパフォーマンスの差が小さくなっていますね。

Blender

blender55500u-blender

BlenderCPUのレンダリング性能を計測できます。CPUの根幹とも言える部分です。上記テーブルはレンダリングに掛かる時間をまとめています。数値が少ないほうが高性能だということになります。Ryzen 5 4500Uよりも32%速く、Ryzen 7 4700Uと比べても14%速いです。Core i5-1135G7との性能差は34%と大きいです。Core i7-1165G7よりも30%弱速いです。Ryzenシリーズの強いベンチマークソフトだと言えそうです。

HWBOT x265

hwbotryzen55500u-hwbot

HWBOTでは動画のエンコード速度を計測できます。動画の需要は今後も高まると考えられますので重要なベンチマークの一つです。Ryzen 5 4500Uと比べて27%速く、Ryzen 7 4700Uよりも7%速いです。Core i7-1165G7よりも37%速いです。Intel製CPUとの差は大きいですね。トップはZen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5600Uという結果になりました。

Ryzen 5 5500U搭載のおすすめBTOノートパソコン

Lenovo IdeaPad Slim 550 – プラチナグレー(Lenovo)

Lenovo IdeaPad Slim 550価格:69,696円(税込)
CPU:Ryzen 5 5500U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Lenovoからすでに搭載モデルが販売されています。税込み7万円以下とかなりリーズナブルです。メモリ8GB、SSD 256GBと構成は必要最低限でまとまっています。本体重量は約1.66kgで15.6インチのモデルとしては軽いです。バッテリー駆動時間は約15.0時間となっています。持ち運ぶ機会の多い方でも選びやすい一台なのではないかと思います。USB 3.0 Type-CはPowerdelivery対応でかつDisplayPort出力機能付きです。最新モデルにふさわしいI/Oパネルを備えています。

Inspiron 14 2-in-1 ノートパソコン(Dell)

notebook-inspiron-14-7415-2n1-pdp-mod-2-gn価格:100,337円 88,296円(税込)
CPU:Ryzen 5 5500U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

製品名はNew Inspiron 14 2-in-1 (7415) 【即納】プレミアム(大容量SSD・アクティブペン付)です。Dellは型番がややこしいですね。構成はメモリ8GB、SSD 512GBと必要十分です。14.0インチモデルで本体重量約1.56kgと軽いです。通常モード・テントモード・タブレットモードなど4つの使い方ができます。アクティブペン付きでイラスト作成にも最適です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 5500Uの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 5 5500Uは、Zen 2アーキテクチャを採用したモバイル向けCPUです。Ryzen 5 4500Uの後継モデルとなっています。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことでマルチスレッド性能が向上しています。動画編集や画像編集などのクリエイター作業を考えている方に最適です。二世代前のRyzen 5 3550HやRyzen 5 3500Uと比べると性能差は大きく買い替えの対象になります。Ryzen 5 4500Uからの買い替えでも恩恵を受けられます。搭載モデルはまだLenovoとDellのみですが、今後は国内メーカーからもリリースされるのではないかと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume