ryzen 3 2200g
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 3 2200Gの性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。Zenアーキテクチャを採用したAPUです。Intel製CPU搭載の内蔵グラフィックスよりもパフォーマンスが高くなっています。クアッドコアプロセッサー+最低限のグラフィック機能を持つモデルです。手頃な価格でゲームも楽しみたいとなれば選択肢に入れたいと考えている方も多いかもしれません。

エントリークラスのグラフィックボードと同じ価格帯でCPUとGPUが手に入ると考えるとお得ですね。後継モデルは、「Ryzen 3 3200G」です。Zen +アーキテクチャ採用でパフォーマンスが引き上げられています。

(+) Radeon RX Vega 8搭載のAPU
(+) $100と低価格ながらクアッドコア採用
(-) かろうじてHD環境でゲームができるレベル

Ryzen 3 2200Gの性能スペック

AMD製CPUとの比較

 3 2200G5 2400G3 1200
コードネームZenZenZen
プロセス14nm14nm14nm
トランジスタ数49.5億49.5億48.0億
ダイサイズ210 mm²210 mm²192 mm²
コア/スレッド4/44/84/4
ベースクロック3.5Ghz3.6Ghz3.1Ghz
ターボクロック3.7Ghz3.9Ghz3.4Ghz
L3キャッシュ4MB4MB4MB
CPU内蔵グラフィックスRadeon Vega 8Radeon Vega 11非搭載
対応メモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
CPUクーラーWraith StealthWraith StealthWraith Stealth
TDP65W65W65W
価格$99$169$109
発売日2018/02/122018/02/122017/07/27
Ryzen 3 2200Gのスペックについて見ていきましょう。同じ世代のCPUであるRyzen 3 1200と上位モデルであるRyzen 5 2400Gと比較していきます。Ryzen 3 1200はCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルとなっています。Ryzen 3 2200Gの基本的なアーキテクチャはこのRyzen 3 1200と同じです。後発モデルということもあって少しだけパフォーマンスが引き上げられています。

採用されているプロセスは14nmとなっています。トランジスタ数が1.5億増えて49.5億となりました。ダイサイズも10%程度大きくなっていますね。Radeon Vegaグラフィックスを搭載した分だけ大きくなっているということです。Ryzen 3 1200と比べるとベースクロックが13%高く、ターボクロックは9%高いです。純粋に性能が向上していることになります。

L3キャッシュ容量は4MBで共通です。Ryzen 3 2200GではRadeon Vega 8を搭載しているのがポイントです。Ryzen 3 2200GではRadeon Vega 8 Graphicsを搭載しています。グラフィックスコアカウントは8で、グラフィックス周波数は1100MHzとなっています。Ryzen 3 1200と大きく異なる部分です。

次世代のZen +アーキテクチャの搭載も控えていることもあって価格は抑えられています。対応メモリもDDR4-2666からDDR4-2933へとアップグレードされています。TDPは65Wと変わっていません。Ryzen 3 1200よりも$10安いです。

上位モデルであるRyzen 5 2400Gとはプロセス・トランジスタ数・ダイサイズは共通です。Ryzen 3 2200Gとは異なりハイパースレッディングに対応していて4コア8スレッドとスペックの強化が図られています。ベースクロックは3%高く、ターボクロックも6%高いです。L3キャッシュ容量は4MBで共通です。

Ryzen 5 2400GではRadeon Vega 11 Graphicsを搭載していています。グラフィックコアカウントは11で、グラフィック周波数は1250 MHzです。Ryzen 3 2200Gに搭載されているRadeon Vega 8とのグラフィックス性能の差は10%以上です。価格差は$70と大きめになっていますね。$70のCeleronやPentiumとエントリークラスのグラフィックボード(GT1030 or RX550)の使用を想定したユーザーをターゲットにしているということになります。

Intel製CPUとの比較

 3 2200Gi3-8100
コードネームZenCoffee Lake
プロセス14nm14nm
トランジスタ数49.5億-
ダイサイズ210 mm²-
コア/スレッド4/44/4
ベースクロック3.5Ghz3.6Ghz
ターボクロック3.7Ghz-
L3キャッシュ容量4MB6MB
CPU内蔵グラフィックスRadeon Vega 8UHD Graphics 630
TDP65W65W
価格$99$117
発売日2018/02/122017/10/05
競合となるIntel Core i3-8100と比較していきます。Core i3-8100はCoffee Lake世代のモデルです。プロセスは14nmと共通です。Ryzen 3 2200Gはターボクロックに対応しているもののほぼ同等のスペックとなっていますね。Ryzen 3 2200Gはオーバークロックに対応しているので、より高いクロック周波数を実現することが可能です。

L3キャッシュ容量はCore i3-8100の方が50%多く6MBです。CPU内蔵グラフィックスはRyzen 3 2200Gで搭載されているRadeon Vega 8の方が高性能です。TDPは65Wと同じです。価格はRyzen 3 2200Gの方が$18安くコストパフォーマンスの高さがわかります。

ベンチマークでわかるRyzen 3 2200Gの性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpuryzen32200g-cinebenchr15

レンダリングをすることでCPU性能を測定するベンチマークソフトです。マルチスレッド&シングルスレッドそれぞれの性能を計ることができるのが特徴です。Ryzen 3 2200Gはマルチスレッド性能が高くなっています。Ryzen 3 1200よりも17%もマルチスレッド性能が高く、シングルスレッド性能も17%も高いです。クロック周波数が高くなったことで総合性能が引き上げられています。上位のRyzen 5 2400Gになるとさらにマルチスレッド性能が45%も高くなります。

Handbrake

dougahensyuuryzen32200g-encode

動画のエンコード速度を計測しています。数字が大きいほど高性能ということになります。x264ではRyzen 3 1200よりも13%高く、x265では5%高いです。x264では上位モデルであるRyzen 3 1300Xに近いパフォーマンスを発揮します。Core i3-7350Kよりもx264では20%以上高速化されています。x265では11%劣っています。

7-zip

zipryzen32200g-zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。Ryzen 5 2400Gがずば抜けて高いパフォーマンスを発揮しています。Ryzen 3 2200Gでも健闘しています。Ryzen 3 1200よりも解凍速度は26%高く、圧縮速度も23%高いです。Core i3-7350Kよりも最大20%もパフォーマンスが高く圧倒していることがわかります。特にRyzenが得意とする分野ですね。

PCゲームのベンチマーク一覧

一般的なベンチマークとは異なる方法で計測しています。外付けのグラフィックボードを使用せずiGPU(RX Vega 8)の基本性能を測っています。そのためHD環境でのゲームプレイとなっています。さすがにFULL HD以上では数値が伸びません。

Prey

preyvegaryzen32200gprey

Preyなら81.2fpsと安定したフレームレートとなっています。Intel UHD 630と比べると性能差は明らかです。HD環境なら問題なくゲームができますね。RX Vega 11になると15%ほどスコアが高くなります。エントリークラスであるGT 1030との差は35%とやや大きいです。プレイするタイトルを選ばないと後悔することになるかもしれません。

Hitman

hitmangtx1050tivega8hitman

HitmanではGT 1030よりも40%ほど高いフレームレートを計測しています。Intel UHD 630と比較すると2倍以上です。それでも44.8FPSと数値が低めで安定したゲームプレイは厳しいですが、オンボードGPUとして十分でしょう。

Witcher

wither3vega8witcher

39.6fpsとHD環境でも厳しいです。Radeon Vega 11なら51.2fpsと飛躍的にスコアがアップします。安価なGTX 1050でも十分ですね。Radeon Vega 8だとGT 1030よりも大きく性能が落ちます。オンボードGPUの限界と言えるかもしれません。

Ryzen 3 2200G搭載のおすすめBTOパソコン

Regulus AR3(ドスパラ)

Regulus AR3
価格:59,980円
CPU:AMD Ryzen 3 2200G
GPU:Radeon Vega 8(CPU内蔵)
SSD:非搭載
HDD:1TB

最短2日での出荷に対応しています。ドスパラのスピード発送は嬉しいですね。メモリ8GB、HDD 1TBと標準的な構成を採用。もう少しお金を出すことができるのであれば+9,000円で追加できるSSDのカスタマイズを検討しても良いでしょう。Ryzen 3 2200G搭載モデルとしてはオーソドックスで万人におすすめしやすいです。

LUV MACHINES Slim ARS310BD(マウスコンピューター)

LUV MACHINES Slim
価格:64,800円
CPU:AMD Ryzen 3 2200G
GPU:Radeon Vega 8(CPU内蔵)
SSD:非搭載
HDD:1TB

唯一スリムタワーを採用したモデルです。電源には300W BRONZEを採用し省電力かつ発熱を抑えることに成功しています。メモリ8GB、HDD 1TBと最低限の構成と言えます。SSDが不要だという方であればこのままの構成で購入しても満足度は高いと思います。

STYLE-M1B3-R3G-VHS(パソコン工房)

STYLE-M1B3-R3G-VHS
価格:54,980円
CPU:AMD Ryzen 3 2200G
GPU:Radeon Vega 8(CPU内蔵)
SSD:240GB
HDD:非搭載

Ryzen 3 2200G搭載の最安値クラスのモデルとなっています。5万円台で購入できるのは驚きです。Ryzenのコスパの高さが際立ちます。HD環境ならタイトルを選べばゲームを行うこともできますし、グラフィック性能を生かした作業も行えます。ストレージにはSSD 240GBを採用して快適なパソコン環境を構築することができます。メモリが4GBと抑えていますが、ライトユーザーなら特に問題ないと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 3 2200GはクアッドコアのCPU+RX Vega 8のiGPUを搭載した高パフォーマンスCPUです。Ryzen 3 1200と同じZenアーキテクチャを採用しています。クロック周波数が高くより高いパフォーマンスを発揮します。グラフィック性能もそれなりに欲しいというエントリーユーザーの方に魅力的な選択肢となります。

HD環境ならゲームプレイもできるスペックとなっています。CPU自体の性能も高く簡単な動画編集やRAW現像なら十分扱うことができます。BTOパソコンのラインナップはそれほど多くはありませんでしたが、50,000円台から購入できるのは大きな魅力だと思います。もちろん今は購入できません。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードMSI B350I Pro AC
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
ソフトウェアWindows 10 64-bit