corei7-11700

管理人管理人

当記事では、Core i7-11700の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。8コア16スレッドとスペックが高くCore i5シリーズとは一線を画する性能です。クリエイターの方にも人気のあるモデルです。搭載BTOパソコンも多く理想のモデルを見つけやすいと思います。今はまだIntel第十世代のCore i7-10700と併用されて販売されていますが、今後は完全にCore i7-11700搭載モデルに変わるでしょう。

(+) 8コア16スレッドとi9と同じスペックを持つ
(+) CPU内蔵グラフィックスが強化された
(-) 消費電力が高くなっている
(-) ゲーム性能は従来モデルより低いことがある

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i7-11700の基本スペック

世代第11世代
アーキテクチャRocket Lake
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数2.50 GHz
ブーストクロック4.90 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 750
L3キャッシュ16MB
TDP65W
発売日2021年03月30日
価格$323

Core i7-11700のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i7-11700があれば大抵のことは問題なく対応できると考えて間違いありません。動画編集・動画投稿・ゲーム・ゲーム実況・DTM・CADなど負荷の高い作業にも対応できます。古いCPUを使用していて不満がある方なら買い換えるメリットがあるでしょう。クリエイターの方ならより効率的に作業を行えます。当然上位モデルのCore i9シリーズになればより快適になりますが、Core i7-11700でも十分なパフォーマンスを発揮できます。Core i9と比べて予算を落としたい方は必見です。

Core i7-11700のスペック比較

Intel製CPUと比較

 i7-11700i9-11900i7-10700
コードネームRocket LakeRocket LakeComet Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック2.5GHz2.5GHz2.9GHz
最大ブーストクロック4.9GHz5.2Ghz4.8GHz
Turbo Boost 2.04.8Ghz5.1GHz4.7GHz
Adaptive Boost---
Turbo Boost Max 3.04.9GHz5.1GHz4.8GHz
Thermal Velocity Boost-5.2GHz-
オーバークロック×××
L3キャッシュ16MB16MB16MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 750UHD Graphics 750UHD Graphics 630
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
最大メモリ幅50.0 GB/s50.0 GB/s45.8 GB/s
CPUクーラー同梱同梱同梱
TDP65W65W65W
価格
(実売価格)
$323$439$323
発売日2021年3月30日2021年3月30日2020年5月20日
Core i7-11700は、Comet Lake世代のCore i7-10700の後継モデルです。プロセスは14nmと変更はありません。10nmへの以降はまだまだ先になりそうですが、長らく使用されていたCPUコアがSkylakeからCypress Coveに変更されたことで性能自体は向上しています。IPCが19%パフォーマンスが向上しているということ(インテル ニュースルーム, 2021)です。つまり、同じクロック周波数なら理論上は19%高い性能を実現できます。

コア/スレッドは8コア16スレッドと従来モデルと同じです。ベースクロックが14%低くなる一方で、最大ブーストクロックは3%高くなっています。全てのコアが稼働しているときでも4.4GHzに到達します。Core i7-10700が4.6GHzだったことを考えると3%低くスペックはダウンしています。IPCが19%高くなっていますのでここを抑えても十分上回ります。L3キャッシュ容量は16MBと変わっていません。

CPU内蔵グラフィックスがUHD Graphics 630からUHD Graphics 750へとアップグレードされています。インテルXeグラフィックスアーキテクチャ採用でおおよそ50%性能が向上しています。グラフィックボードを購入するほどではない用途においてこの変更は嬉しいポイントです。企業向けPCとしても需要が高くなりそうです。メモリ規格もDDR4-2933からDDR4-3200へと変更されています。TDPは65Wです。

上位モデルのCore i9-11900と比較していきます。最大の注目ポイントはCore i9シリーズでもCore i7-11700と同じ8コア16スレッドということでしょう。第十世代の10コア20スレッドからスペックダウンとなっています。もちろんIPCの改善などで全体的な性能は向上していますが、用途によってははっきりと劣ります。Core i7-11700との差別化ではクロック周波数の高さとThermal Velocity Boostに対応していることです。より高いクロック周波数を実現できます。価格差は$116と大きいので、コストパフォーマンス面ではCore i7-11700の方が高いと思います。

AMD製CPUと比較

 i7-117007 5800X
コードネームRocket LakeZen 3
プロセス14nm7nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック2.5GHz3.8GHz
最大ブーストクロック4.9GHz4.7GHz
オーバークロック×
L3キャッシュ16MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 750非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー同梱非同梱
TDP65W105W
価格
(実売価格)
$323$449
発売日2021年3月30日2020年11月5日
AMD製のRyzen 7 5800Xと比較していきましょう。Core i7-11700よりも価格が$126高いため直接の比較対象とは言えません。本来であればRyzen 7 5700が比較対象となるはずですが、2021年5月時点では販売されていません。Ryzen 5000シリーズはラインナップが限定的です。あくまでもRyzenシリーズとしての比較と考えると良いでしょう。

Ryzen 7 5800Xは、Zen 3アーキテクチャを採用したCPUです。7nmプロセスを採用していてIntel Core i7-11700よりも微細化されています。AMDは早くからこのプロセスの微細化に注力していてIntel製CPUとの差別化が図られています。プロセスが小さいということはより多くのトランジスタを搭載することができます。また、省電力性の面からも有利です。CPUの革新はこのプロセスの微細化にあると言っても過言ではありません。

Ryzen 7 5800Xも8コア16スレッドとなっています。ベースクロックはCore i7-11700よりも52%高く、最大ブーストクロックは4%低いです。Ryzen 7 5800Xはオーバークロックに対応しています。より高いクロック周波数を実現できます。また、Ryzen 7 5800Xには自動クロックブースト機能であるPrecision Boost 2を搭載しています。

温度や発熱などが今ロールされている場合に自動的にクロック周波数を引き上げてくれる機能です。IntelのフラグシップモデルであるCore i9-11900Kで採用されているAdaptive Boost Technologyと同等の機能が下位モデルでも開放されているということです。

Ryzen 7 5800XはL3キャッシュ容量が32MBとCore i7-11700の倍です。CPU内蔵グラフィックスは非搭載です。メモリタイプはどちらもDDR4-3200です。Ryzen 7 5800XにはCPUクーラーが非同梱となっています。これは倍率ロックフリーモデルであるCore i7-11700Kと共通です。TDPは105Wとなっています。上位モデルであることを考えると省電力性に優れていると言えます。

Core i7-11700ってどんなCPUなの?

i7-10700Kよりも高い性能を持つモデル

Core i7-11700は、Comet Lake世代における上位モデルであるCore i7-10700Kよりも高いCPU性能を持っています。3.5GHz(最大5.1GHz)とういうスペックのモデルに2.5GHz(最大4.9GHz)で追いつきました。Cypress Cove採用によるIPCの改善のインパクトは大きいですね。

世代が変わって前世代の一つ上のモデルを超えるというのはそれほど珍しいことではありません。だからこそ基本的には最新のモデルをおすすめするのです。より安くより高性能なモデルが購入できるという点でユーザーにとってメリットがあります。

デメリットは消費電力が上がったことでしょう。TDPは65Wと従来モデルと同じですが、高負荷時の消費電力はかなり大きくなっています。PCケース・電源ユニットなどには気を使いましょう。特にグラフィックボードを搭載する場合は注意が必要です。できる限りミドルタワー以上かつ高出力の電源ユニットを採用すると良いですね。

DDR4-3200メモリやPCIe 4.0をサポートしている

Rocket Lake世代になってようやくDDR4-3200への対応とPCIe 4.0への対応が現実のものとなりました。AMDは一世代前のRyzen 3000シリーズですでに採用されていましたので、Intel製モデルでは少し遅れた形での採用となります。

メモリ規格が上がったことで転送速度が速くなっています。次世代のPCIe 4.0に対応したのも注目ポイントです。グラフィックボードやSSDを接続することで速度向上などのメリットを享受できます。注意点としてはマザーボード依存のため対応したモデルを選択する必要があります。

搭載BTOパソコンは人気モデルが揃っている

Core i7-11700は人気モデルあるいは人気モデルになる可能性の高いラインナップが揃っています。グラフィックボード非搭載モデルもあって様々なユーザーにとって選びやすいCPUだと言えます。単価が高めなことからショップとしても取り扱いやすいのだと思います。

Ryzen 5000シリーズは魅力的なCPUですが、CPU内蔵グラフィックスが非搭載で必ずグラフィックボードが搭載となります。価格が高くなってしまうのでグラフィックス性能をそれほど求めない方にとっては選びにくいです。

Rocket Lake世代ではCore i9シリーズと同じ8コア16スレッドというスペックの高さも人気の秘密です。動画編集・RAW現像などが一般的になった今とても重要が高くなっています。Core i5シリーズでは物足りないけどCore i9シリーズではオーバースペック気味だと考えている方は必見です。税込10万円台から購入することができます。

Core i7-11700のベンチマーク

Cinebench R23

cpui711700-cinebenchr23

Core i7-10700と比べてマルチスレッド性能は16%高く、シングルスレッド性能は24%高いです。世代を超えてしっかりと性能の底上げが行われています。特にシングルスレッド性能は大きく向上していますね。これが実際の環境においてどのような影響を与えるのかは注目したいところです。

Core i7-10700Kと比べてもマルチスレッド性能は12%高く、シングルスレッド性能は20%高いです。上位モデルを上回るスコアはさすがです。Cypress Coveを採用したことによる恩恵でしょう。Ryzen 7 5800Xとの性能差は15%かなり大きい。Zen 3アーキテクチャは次世代モデルにふさわしいと言える。

画像編集

camerai711700-photo

Adoe Photoshop CCでの画像編集に掛かる速度を計測しています。数値が少ないほうが高性能だということです。Core i7-10700よりも11%も高速化されています。Core i7-10700Kと比べても7%高性能です。シングルスレッド性能が向上していることがプラスになっていると考えられます。Ryzen 7 5800Xと比べると4%劣ります。

動画編集

dougahensyuui711700-movie

Adobe Premiere Proでの動画編集速度をまとめています。CPUだけ使用した場合の参考値として見ていただければと思います。動画編集ではグラフィックボードが与える影響が大きいため、性能向上を期待したいならミドルクラス以上のグラフィックボードを搭載すると良いでしょう。CPUの性能だけを観るとCore i7-10700よりも17%速く、Core i7-10700Kよりも14%速いです。上位モデルであるCore i7-11700Kとの性能差は大きくありませんね。Ryzen 7 5800Xと並んでいるのは健闘していると言えるでしょう。

動画エンコード

dougahaisini711700-encode

動画のエンコードに掛かる速度を計測しています。Core i7-11700は、H.265ではCore i7-10700と比べて12%速くなっていることがわかります。H.264でも11%速いです。CPUコアのリニューアルによる恩恵は大きいですね。Core i7-10700Kよりも11%程度速く魅力的なモデルになっています。上位モデルであるCore i7-11700Kとの差は6%-8%です。クロック周波数が高い分上位モデルではよりパフォーマンスが高くなります。Ryzen 7 5800Xとの差は10%-13%です。Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 7 5800XはIntel製CPUを圧倒しています。

Zipファイル

zipi7-11700-7zip

7-Zipの解凍及び圧縮でも順当な結果が出ています。解凍速度はCore i7-10700よりも15%速く、圧縮速度は5%速くなっています。Core i7-10700Kをしっかりと上回っていますね。Ryzen 7 5800Xはかなりパフォーマンスが高くCore i7-11700よりも14%-35%も速いです。特に解凍速度は大きな差があります。

Core i7-11700のゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i711700-borderlands3

WQHD環境ではCore i7-10700よりも5%高く、4K環境では1%程度劣ります。Core i7-10700Kと比べてもWQHD環境では勝るものの4K環境では劣ります。CPUコアの改良によって性能が高くなっているはずなので、これではやや納得できないですね。Ryzen 7 5800Xと比べるとWQHD環境では2%劣ります。一方で、4K環境では1%上回っています。従来モデルと比べると同等以上だと考えて良いでしょう。

Far Cry 5

farcry5i711700-farcry5

Far Cry 5ではIntel第十一世代CPUが第十世代モデルを上回る結果となりました。Core i7-11700は、WQHD環境においてCore i7-10700よりも3%高いです。4K環境でも僅かながら上回っていますね。Core i7-11700Kと比べてもフレームレートが高いです。Ryzen 7 5800Xよりも最大6%も高くなっています。CPUだけでこれだけ性能差が出ているのは驚きですね。

Metro Exodus

Metro Exodusi711700metroexodus

Metro ExodusでもIntel第十世代モデルがトップを占める形となりました。Core i7-10700とCore i7-11700を比べるとフレームレートの差は2%-3%と大きめです。上位モデルであるCore i7-11700KでもCore i7-10700に及びません。Ryzen 7 5800XはCore i7-11700よりも1%程度フレームレートが低くやや苦戦しています。Core i5-11600Kよりも低いです。

Core i7-11700搭載のおすすめBTOパソコン

Monarch GE(ドスパラ)

Monarch GE価格:109,980円(税込)
CPU:Core i7-11700
GPU:Intel UHD Graphics 750
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
コストパフォーマンスに優れたBTOパソコンです。Intel Core i7-11700を搭載していて税込10万円台となっています。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。動画編集・RAW現像・WEBデザイン・ビジネスでの使用を考えている方に最適です。CPU内蔵グラフィックスのUHD Graphics 750も強化されているので第十世代と比べるて心強いです。

STYLE-M056-LC117-UHX(パソコン工房)

STYLE-M1B3-R3G-VHS価格:114,378円(税込)
CPU:Core i7-11700
GPU:Intel UHD Graphics 750
メモリ:DDR4-2933 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
ドスパラのMonarch GEとほとんど同じ構成を持つBTOパソコンです。グラフィックボード非搭載モデルとなっています。メモリ規格が旧モデルのDDR4-2933とを搭載しています。DDR4-3200と比べて性能差を体感できるほどではありませんが、注意が必要です。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も同等です。

Radiant VX3000B560(サイコム)

Radiant VX2700Z370価格:123,890円(税込)
CPU:Core i7-11700 カスタマイズ
GPU:Intel UHD Graphics 750
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:480GB
HDD:非搭載

公式
サイコムのミニタワーモデルです。標準ではCore i3-10100が搭載されていますが、カスタマイズでCore i7-11700にアップグレードできます。費用は+35,100円です。CPUクーラー・マザーボード・メモリ・ストレージ・ビデオカード・ケース・電源など細かいカスタマイズを楽しめます。こだわりのBTOパソコンを作りたい方は必見です。

raytrek XT(ドスパラ)

raytrek ZQ2価格:149,980円(税込)
CPU:Core i7-11700
GPU:GeForce GTX 1660 Super
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
グラフィックボードにGTX 1660 Superを搭載したクリエイターPCです。動画編集・RAW現像などGPUアクセラレーションを活かせる用途に最適です。より効率的に作業を行うことができます。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。DVDスーパーマルチドライブ・カードリーダー標準搭載で利便性が高いのも魅力です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel第十一世代のCore i7-11700の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルです。前モデルのCore i7-10700Kを超える高いCPU性能を誇ります。プロセスは14nmを維持しつつもCPUコアの改良が施されました。IPCが19%改善したことがパフォーマンス面によい影響を与えています。

搭載BTOパソコンのラインナップは豊富です。その高い性能は一般ユーザーやクリエイターの方まで幅広い用に最適です。グラフィックボード非搭載モデルもあって3Dグラフィックス処理性能が必要ない方でも選びやすいと思います。

出典一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume