TUF Gaming A15 FA506IH

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 4800Hの性能スペックについて紹介しています。第3世代モバイル向けRyzenシリーズのハイパフォーマンスモデルです。第2世代のRyzen 7 3750Hよりも大幅に性能が引き上げられゲーム適性も向上しています。

下位のRyzen 5 4600Hよりもワンランク高い性能を持っています。8コア16スレッドとRyzen 5 4600Hよりもそれぞれ33%引き上げられマルチスレッド性能が高いです。ゲームプレイだけではなく動画編集やゲーム配信などクリエイター向けの作業を考えている方に最適です。

後継モデルの「Ryzen 7 5800H」が登場しています。Zen 3アーキテクチャを採用してよりパフォーマンスが向上しています。国内メーカーからはまだリリースされていませんが、今後ラインナップは拡充されるはずです。

Ryzen 7 4800Hの基本スペック

世代第3世代
開発コードRenoir(Zen 2)
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数2.90 GHz
ブーストクロック4.20 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP45W
発売日2020年06月01日
搭載モデル117,091円~

Ryzen 7 4800Hのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 7 4800Hは主にゲーミングノートPCに採用されることが多いです。「H」シリーズを冠するハイパフォーマンスモデルはノート向けモデルの上位に位置します。ゲーム適正についてはIntel製CPUには劣るものの十分対応することができます。価格を考慮すればコストパフォーマンスに優れていると言えます。Ryzen 7 4800Hが強みを発揮するのは、マルチスレッド性能を活かせる動画編集・RAW現像・マンガ制作・DTMなどです。3D CADについては比較的軽い作業がメインであれば問題なく対応可能です。WEBデザインやビジネスなら余裕を持って作業ができるでしょう。

Ryzen 7 4800Hのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 4800HRyzen 7 4800HSRyzen 7 3750H
コードネームZen 2Zen 2Zen +
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド8/168/164/8
ベースクロック2.9GHz2.9GHz2.3GHz
ターボクロック4.2GHz4.2GHz4.0GHz
L3キャッシュ8MB8MB4MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-2400MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア7710
グラフィック周波数1600MHz1600MHz1400MHz
TDP45W35W45W
価格---
発売日Q2 2020Q2 2020Q1 2019
Ryzen 7 4800Hは、Ryzen 7 3750Hの後継モデルです。アーキテクチャがZen +からZen 2に変わっています。後継モデルとは言ってもアーキテクチャやスペックが大きく変わり別物のCPUだと言っても過言ではありません。プロセスが12nm→7nmへと大幅に縮小化されて省電力性・パワー効率が引き上げられています。

コア/スレッドは倍増の8コア16スレッドです。ベースクロックは26%アップ、ターボクロックは5%アップとなっています。さらに、L3キャッシュも倍増の8MBになり、メモリ規格も高いです。CPU内蔵グラフィックスについてもグラフィック周波数が15%高く内蔵グラフィックスのパフォーマンスも引き上げられています。

省電力モデルのRyzen 7 4800HSと比べるいきます。実は省電力モデルでもスペックは同等です。ベースクロックやターボクロックを引き下げることなく消費電力を20%抑えているのは素晴らしいですね。その分高品質なCPUが選択されているということでプレミアム価格が付いています。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 4800HCore i7-10750HCore i7-10875H
コードネームZen 2Comet LakeComet Lake
プロセス7nm14nm14nm
コア/スレッド8/166/128/16
ベースクロック2.9GHz2.6GHz2.3GHz
ターボクロック4.2GHz5.0GHz5.1GHz
L3キャッシュ8MB12MB16MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-2933MHzDDR4-2933MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD GraphicsIntel UHD Graphics
TDP45W45W45W
価格-$395$450
搭載モデル117,091円~107,980円~179,800円~
発売日Q2 2020Q2 2020Q2 2020
同価格帯のCore i7-10750Hと上位モデルとCore i7-10875Hと比較しています。プロセスが14nmとAMD製CPUよりも大きく一歩遅れています。プロセスについては、小さければ小さいほ処理性能の向上や省電力化などのメリットがあります。Intel製CPUはプロセスの縮小化に苦戦しています。また、メモリ規格についてもRyzenのDDR4-3200MHzに対してDDR4-2933MHzとワンランク落ちます。消費電力は同じ45Wとなっています。

Core i7-10750Hは、Comet Lake世代のCPUです。発売時期はRyzen 7 4800Hと同じです。コア/スレッドが6コア12スレッドと、Ryzen 7 4800Hと比べてそれぞれ33%少ないです。Ryzen 7 4800Hの方がベースクロックが12%高く、ターボクロックは20%低いです。L3キャッシュについてもCore i7-10750Hの方が50%多い12MBとなっています。ゲームプレイなどではクロック周波数が高いCore i7-10750Hの方が有利なことが多いです。

Ryzen 7 4800Hは、Intelの上位モデルであるCore i7-10875Hと似たスペックを持っていることがわかります。コア/スレッドが8コア16スレッドと共通となっているからです。ベースクロックは27%劣るものの、ターボクロックが22%高いです。5.0GHzを超えているのはIntelの強みです。L3キャッシュについては倍増の16MBとなっています。ポテンシャルの高さではCore i7-10875Hの方が優勢でしょう。価格はCore i7-10750Hよりも15%高い$450です。搭載モデルに価格差があるのはハイクラスのグラフィックボードを搭載しているなどCPU以外の部分での差が大きいからです。

Ryzen 7 4800HってどんなCPUなの?

Ryzen 9 4900HSと同等以上のパフォーマンスを発揮する

Ryzen 7 4800Hは、第3世代Ryzenシリーズのハイパフォーマンスモデルとして十分高い性能を持つCPUです。前世代のRyzen 7 3750Hと比べると全く新しいCPUで、性能的には150%以上パフォーマンスが引き上げられています。第2世代Ryzenからの買い替えでもメリットが大きいです。

上位のRyzen 9 4900Hの省電力モデルであるRyzen 9 4900HSと同等のパフォーマンスを発揮します。競合であるIntel Core i7-10750Hと比べても優勢です。ただし、Intel製CPUと比べるとクロック周波数が抑えられているためゲームなどマルチコア性能よりもシングルコア性能が重視される環境では劣ってしまうことがあります。

幅広い対応力を持ちゲーム以外でも強い

Ryzen 7 4800Hは、様々な用途への対応力が高いCPUとなっています。当該モデル主にゲーミングノートPCとして販売されることが多いです。省電力性よりもパワーを重視するというその特性からすると当然でしょう。ただ、8コア16スレッドとハイパースレッディングに対応していてマルチスレッド性能が高く、動画編集・RAW現像・WEBデザインなどのクリエイター向けモデルとしても優秀です。

特にマルチスレッド性能が重視される動画編集はAMD製CPUが得意とする部分です。負荷の掛かる作業を中心に作業をすることの多い方は省電力モデルではなくこのハイパフォーマンスモデルを選択した方が満足度が高いかもしれません。ゲームをプレイしない方でも選択する価値があるCPUだと言えます。

国内メーカーではドスパラのみが販売している

Ryzen 7 4800H搭載ノートパソコンについて国内の主要BTOメーカーではドスパラのみが販売しています。つまり、Ryzen 7 4800Hが欲しいなら海外メーカーを選択肢に入れる必要があります。国内メーカーから購入したいと考えている方は注意してください。一時的にドスパラでも売り切れになっていたことがありますので、今後もラインナップが消滅してしまう可能性があります。

なお、グラフィックボード搭載が一般的なためゲーミングノートPCが中心です。ビジネスブランドではほとんどラインナップがないと考えて良いでしょう。また、省電力モデルであるRyzen 7 4800HS搭載モデルも販売されています。パフォーマンスよりも省電力性や扱いやすさを重視したいと考えている方は選択肢に入れても良いと思います。

Ryzen 7 4800Hのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen74800h-cinebenchr20

Cinebench R20は、CPUのレンダリング性能をスコア化できるベンチマークソフトです。Ryzen 7 4800Hは、Ryzen 9 4900HSを押さえてトップのマルチコア性能を持っています。およそ1%上回っています。シングルコア性能では2%下回っています。Ryzen 7 4800Hの省電力モデルであるRyzen 7 4800HSになると3-4%スコアが低くなっています。競合のCore i7-10875Hと比べるとマルチコア性能が25%高く、シングルコア性能が5%低いです。まとめるとマルチコア性能はRyzenが有利で、シングルコア性能はIntelが有利であるということがわかります。

エンコード(Handbrake)

dougahensyuuryzen74800h-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ないほど高性能であるということです。Ryzen 7 4800H、Ryzen 9 4900HSやCore i7-10875Hなどの上位モデルを押さえて堂々の一位となっています。

前世代のRyzen 7 3750Hと比べると68%高速化されています。コア/スレッドが増えたことに加えてアーキテクチャが変わったことが大きいですね。Core i7-10875Hよりも20%パフォーマンスが高く圧巻です。動画編集などクリエイター作業を考えている方に最適です。

7-Zip

zipryzen74800h-zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。Zipファイルを扱う機会はそれほど多いわけではないと思いますが、CPUのパフォーマンスを測るのに参考になる指標だと思います。Ryzen 7 4800Hは、Ryzen 9 4900HSについで二番目のスコアとなりました。その差は2%です。

省電力モデルであるRyzen 7 4800HSよりも5%程度パフォーマンスが高いです。前世代のRyzen 7 3750Hと比べるとその差は歴然です。およそ135%程度高速です。Intel製CPUは解凍速度が顕著に速いです。Ryzen 7 4800HとCore i7-10875Hを比較すると、圧縮ではRyzenが30%速いですが、解凍ではIntelが15%速いです。

PCMARK

pcmark10ryzen74800h-pcmark

PCMARKも人気の高いベンチマークソフトです。Essentials TestではRyzen 9 4900HSがトップになりました。次いでCore i7-10875H・Ryzen 7 4800Hと続きます。Core i7-10875HとRyzen 7 4800Hの差は4%程度です。同価格帯であるCore i7-10750Hと比べると5%程度上回ります。

一方、Productivity Testでは、Ryzen 9 4900HS・Ryzen 7 4800H・Ryzen 7 4800HSとRyzenが強いという結果になりました。Ryzen 7 4800HとCore i7-10875Hの差は4%程度です。やはりRyzenシリーズのパフォーマンスの高さが光ります。

Photoshop

ryzen74800-photoshop

PhotoshopではCore i7-10875Hがトップのスコアを出しています。クロック周波数が高い方が有利だということだと思います。用途によっては必ずしもRyzenシリーズが優れていることではないということです。ただし、価格を考えるとCore iシリーズよりもパフォーマンスが高いということは否定できません。

Ryzen 7 4800Hは、Ryzen 7 3750Hよりも大幅にパフォーマンスを向上させています。さらに、価格的に同等であるCore i7-10750Hよりも10%パフォーマンスが高いです。Ryzen 9 4900HSとの差は2%程度と十分健闘していますね。

Ryzen 7 4800H搭載のおすすめBTOノートパソコン

GALLERIA GR2060RGF-T(ドスパラ)

GALLERIA GR1650TGF-T価格:119,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 4800H
GPU:GeForce RTX 2060

公式

ドスパラの人気モデルです。ここ最近は売れ筋ランキングのトップになっています。それもそのはずでRTX 2060×Ryzen 7 4800H搭載で税込11万円台と格安だからです。国産では他のメーカーを寄せ付けません。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分ですね。高いレベルでのPC作業が可能となります。旧モデルでも価格を考えるとおすすめ度は高いです。設定を下げることに抵抗がなければ候補に入れても良いと思います。

mouse X5-R7(マウスコンピューター)

mouse X5-R7-E
価格:131,780円(税込)
CPU:Ryzen 7 4800H
GPU:Radeonグラフィックス

公式

Ryzen 7 4800Hを搭載したBTOパソコンです。15.6インチモニター採用で本体重量約1.49kgと軽いです。バッテリー駆動時間が約18.5時間と長く持ち運び頻度が高い方におすすめです。ハイパフォーマンスモデルとしては珍しく外付けのグラフィックボードは非搭載です。動画編集をしたり、画像編集をしたりとCPU性能を重視したい方におすすめです。8コア16スレッドというスペックは強力な武器になります。Radeonグラフィックスではゲームへの適性は低いです。ある程度の妥協が必要となります。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も優れています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 4800Hの性能スペック及び搭載モデルについて紹介しました。Ryzen 7 4800Hは、8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高いのが特徴です。総合性能ではIntelの上位モデルであるCore i7-10875Hを上回るパフォーマンスを発揮します。コストパフォーマンスの高さではIntel勢を圧倒していると言えます。省電力モデルであるRyzen 7 4800HSも人気があります。

海外メーカーは後継モデルであるRyzen 7 5800H搭載モデルへと切り替えられてラインナップがなくなっています。現在購入できるのはドスパラの「GALLERIA GR2060RGF-T」とマウスコンピューターの「mouse X5-R7-E」のみです。いずれも価格が安いため旧モデルであっても選ぶ価値があります。コスパ重視でノートパソコンを探しているならぜひチェックしてくださいね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume