i7-8700

管理人管理人

当記事では、「Core i7-8700の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。Core i7-8700は、非常にコスパの良いCPUで高い人気があります。搭載BTOパソコンの種類も豊富でした。6コア12スレッドと従来モデルよりもコア/スレッドが多くなっています。

手頃な価格で購入できるCore i7シリーズが欲しいという方にぴったりですね。このクラスになるとあらゆる作業において性能不足を感じることがなくなります。動画編集、RAW現像、CADなど幅広い用途で快適に使用することができます。

Core i7-8700のスペック

Intel製CPUと比較

 i7-8700i7-8700Ki7-7700
コードネームCoffee LakeCoffee LakeKaby Lake
プロセス14nm14nm14nm
トランジスタ数---
ダイサイズ154 mm²154 mm²-
コア/スレッド6/126/124/8
ベースクロック3.2Ghz3.7Ghz3.6Ghz
ターボクロック4.6Ghz4.7Ghz4.0Ghz
L3キャッシュ容量12MB12MB8MB
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630HD Graphics 630
対応メモリDDR4-2666DDR4-2666DDR4-2400
TDP65W95W65W
単体価格$303$359$303
搭載PC価格86,980円~108,980円~-
発売日2018年1月1日2017年10月5日2017年1月3日
Core i7-8700のスペックを見ていきましょう。他のCPUと比較することでよりi7-8700の性能がわかりやすいと思います。比較対象としては、前世代である第7世代CPUのCore i7-7700と現行モデルのCore i7-8700Kを紹介しています。Core i7-8700は、Core i7-7700と同じ14nmプロセスを採用しています。コードネームがKaby LakeからCoffee Lakeに変わりました。

スペックは大きく変更となりました。性能の要であるコア/スレッドはそれぞれ50%アップで6コア/12スレッドとなっています。ベースクロックは10%ダウンとなりましたが、ターボクロックは15%アップです。L3キャッシュ容量も50%増えて12MBです。対応メモリもDDR-2400からDDR4-2666へと強化されています。TDPは65Wと同じです。価格も$303と変わっていませんね。

上位のCore i7-8700Kになるとより高いクロック周波数が手に入ります。ベースクロックは15%高く、ターボクロックも3%高いです。さらに、オーバークロックに対応しているためマザーボードのチップセットや熱対策など条件が合えばより高いパフォーマンスを得られます。TDPは少し高く95Wとなっています。価格差は$56です。

AMD製CPUと比較

 Core i7-8700Ryzen 7 1700
コードネームCoffee LakeZen
プロセス14nm14nm
トランジスタ数-48億
ダイサイズ154 mm²192 mm²
コア/スレッド6/128/16
ベースクロック3.2Ghz3.0Ghz
ターボクロック4.6Ghz3.7Ghz
オーバークロック×
L3キャッシュ容量12MB16MB
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630非搭載
対応メモリDDR4-2666DDR4-2666
CPUクーラーWraith Spire
TDP65W65W
単体価格$303$299
搭載PC価格86,980円~-
発売日2018年1月1日2017年3月2日
競合モデルであるRyzen 7 1700と比較していきます。ほぼ同じ価格設定ですね。Ryzen 7 1700はZenアーキテクチャを採用したCPUです。プロセスはCore i7-8700と同じ14nmとなっています。ダイサイズが一回り大きいです。コア/スレッドは8コア16スレッドとCore i7-8700よりもそれぞれ33%多いです。2018年時点でこのスペックは驚異的です。

Ryzen 7 1700はCore i7-8700よりもクロック周波数が抑えられています。ベースクロックは3%低く、ターボクロックも19%低いです。Ryzen 7 1700はオーバークロックに対応しているため環境次第ではより高みを目指せます。L3キャッシュ容量はRyzen 7 1700の方が多く16MBとなっています。Ryzen 7 1700ではCPU内蔵グラフィックスは非搭載です。対応メモリは共通です。TDPも65Wと同じです。

Core i7-8700ってどんなCPUなの?

クリエイターからゲーマーまで快適に使える高い性能

第八世代CPUは性能が高くクリエイターからゲーマーまでそれなりにパソコンを使用する方におすすめです。インテルが、主力ラインナップに4コアのCPUを世に出してから10年が経ちました。それから2、3年で6コアのCPUが主力のラインナップに加わると考えられていました。しかし、CPU単体の性能向上や競合の不足からしばらく4コアが主力でした。それが第八世代になってついに変わることになりました。

6コアCPUの性能は圧巻で、色々な用途で活躍します。WEBデザイナー、3DCGデザイナー、ゲーマーなど負荷の高い作業を行う方にぴったりのCPUだと言えます。現在第7世代CPU以前のモデルを使用している方であれば性能の高さを体感することができると思います。

搭載PCは10万円前後で購入可能

i7-8700は非常に性能の高いCPUですが、価格は単体で36,000円と安価です。搭載BTOパソコンは100,000円(税込)前後で購入することが可能です。非常にコスパが良いCPUだと言えますね。

第7世代であればi5シリーズからの買い替えがおすすめです。それ以前であればどのCPUでも性能差を体感できると思います。もし、オーバースペックにはならず必要だと思う方はぜひ検討してくださいね。

オーバースペックになりがち

Core i7-8700は、これまでのCore i7シリーズに比べて格段に性能がアップしています。一般ユーザーにとってはオーバースペックとなりがちで性能を十分に生かすことは難しい可能性があります。例えば、ゲームをするとか動画編集をするとか明確な目的がないと性能が無駄になる可能性が高いです。

場合によってはワンランク下のCore i5-8500やi5-8400の方が価格を抑えることができるので良いかもしれません。浮いたお金で美味しいご飯を食べたり、PC環境を整えたりすることに費やすことができますね。下記のような作業を頻繁に行う方であればCore i7以上を購入するメリットがあると言えます。

CPU性能が必要になるもの

  • 3D CAD
  • 動画編集(Adobe Premiere、Sony Vegas、Final Cut Pro)
  • 動画投稿
  • DTM・DAW
  • ゲーム実況

Core i7-8700のベンチマーク

一般アプリケーション

Cinebench R15

Cinebench R20i7-8700-cinebenchr15

Cinebench R15で客観的にCPU性能を見ていきましょう。レンダリングでのパフォーマンスをスコア化できるのが特徴です。Core i7-8700は、Core i7-7700Kよりもマルチスレッド性能が36%高く、シングルスレッド性能が5%劣ります。6コア12スレッドとスペックが強化されたことでマルチスレッド性能が大きく伸びていますね。Ryzen 7 1700よりもマルチスレッド性能は16%低く、シングルスレッド性能は25%高いです。

Adobe Photoshop CS6

photoshopi7-8700-photoshop

画像編集の処理に掛かる時間をまとめています。マルチスレッド性能よりもシングルスレッド性能が重視される傾向にあります。結果的にRyzen 7 1700よりも30%以上も高いパフォーマンスを発揮しています。その上位モデルであるRyzen 7 1800Xをも大きく上回っています。わずかにCore i7-7700Kに劣っていますがほぼ同等だと考えてよいでしょう。

ゲームプレイ

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tii7-8700-battlefield

Battlefield 1では上位モデルのCore i7-8700Kと同等のフレームレートが出ています。Core i7-7700Kを上回っていますが、差が大きいわけではありません。Ryzen 7 1700よりも4%以上もフレームレートが高くゲーム適性の高さがわかります。Ryzen 7 1800Xを含めてAMD製CPUは苦戦しています。

CivilizationⅥ

civ6gtxi78700-civ6

CivilizationⅥではCore i7-8700のスコアが伸び悩んでいます。Core i7-7700Kよりもフレームレートが低いばかりか、Ryzen 7 1700よりも6%もフレームレートで劣ります。8コアを活かせる数少ないタイトルだと言えます。

Core i7-8700搭載のおすすめBTOパソコン

Monarch GE(ドスパラ)

Monarch GE
価格:89,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:UHDグラフィックス630
SSD:240GB
HDD:1TB

ドスパラのミドルタワーで最も売れている一台です。15,000円定価が下がりさらに魅力的なモデルになっています。その人気の秘密は構成の充実にあります。SSD 240GBとHDD 1TBのダブルストレージは嬉しいですね。CPU性能を重視する方にぴったりだと思います。

LUV MACHINES Slim iHS410XD-SH2(マウスコンピューター)

luvslim
価格:106,800円
CPU:Core i7-8700
GPU:UHD グラフィックス 630
SSD:240GB
HDD:2TB

マウスコンピューターの人気モデルです。スリムタワーなのであまりパソコンのためのスペースがないという方やインテリアとしても考えたいという方におすすめです。Monarch GE 8700に+5,000円でスリムタワーが購入できると考えるとお得です。SSDとHDDのダブルストレージも嬉しいですね。予算に余裕があればメモリを16GBにカスタマイズするのも良いと思います。より安定したアプリでの作業が可能になります。

STYLE-M1B6-i7-UH(パソコン工房)

STYLE-M037-i5-UH
価格:82,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:UHD グラフィックス 630
SSD:非搭載
HDD:1TB

i7-8700搭載の最安値クラスの一台です。パソコン工房はラインナップが豊富なので、他のショップにはない価格を抑えたモデルもあります。税込みでも10万円以下となっていますので、学生でも購入しやすいと思います。HDD 1TB、メモリ8GBと標準的です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i7-8700の性能スペック及びベンチマークを紹介しました。第八世代になってCore i7シリーズは6コアを採用するなど大幅に性能がアップしました。購入検討中の方は本当にこの高い性能が必要かどうかを考えてみましょう。多くの方はCore i5でも事足りるかもしれません。

ゲームプレイにおいては競合のRyzen 7 1700よりも高いパフォーマンスを発揮します。安定感の高さがIntel製CPUの魅力です。Core i7-8700搭載モデルはラインナップも豊富で色々な構成から選択することができます。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume