corei7-9700review画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i7-9700の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。このモデルの登場で第九世代のCPUが揃う形になりました。高性能なCPUを探している方は必見です。末尾に”F”を冠したオンボードGPU非搭載モデルもあります。

Core i7-9700のおすすめ用途

RAW現像動画編集デザインDTM CAD マンガ ゲーム 
dougahaisinwebdesigncadgamedeveloper
Core i7シリーズとなると仕事・趣味からゲームまであらゆる用途で活用することができます。人気のRAW現像や動画編集にも適しています。苦手な作業はほとんどないと考えて良いでしょう。特定の作業で重く感じている方は買い替えを検討しても良いと思います。

Core i7-9700の基本スペック

 i7-9700i7-9700Ki7-8700
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
コア/スレッド8/88/86/12
ベースクロック3.0 GHz3.6 GHz3.2 GHz
ターボクロック4.7 GHz4.9 GHz4.6 GHz
内蔵GPUUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
L3キャッシュ12MB12MB12MB
TDP65W95W65W
単体価格$323$374$303
搭載PC価格82,800円~99,980円~82,980円~
先に登場していたCore i7-9700Kの下位モデルということになります。$51安く設定されているのは嬉しいですね。コア数及びスレッド数は同じ8コア8スレッドとなっています。ベースクロックが3.6GHz→3.0GHz、ブーストクロックが4.9GHz→4.7GHzへと引き下げられています。クロック周波数が抑えられている分消費電力も65Wと30%省電力となっています。

前世代のCore i7-8700と比較するとコア数が33%アップとなっています。スレッド数は33%ダウンの8スレッドとなっているもののやはり物理コアが多いことでCPUパフォーマンス的には有利だと言えます。ベースクロック0.2GHzダウン、ターボクロック0.1GHzアップとなっています。ベースクロックが下がっても物理コアが上がっているため性能面の不安はありません。

Core i7-9700ってどんなCPUなの?

高性能でバランスの良いCPU

Core i7-9700は、非常に高性能で長く使用できるCPUです。性能不足の不安がありません。一つ上のCore i7-9700Kになるとオーバースペックになりがちです。一方、Core i7-9700は多くのユーザーにとってちょうど良い性能を持っていると言えます。極端に性能が高すぎるということもなく使い勝手が良いです。

これは第八世代で売れ筋だったCore i7-8700の後継モデルであることからもわかります。どのCPUがいいのかわからなければこのCore i7-9700が第一の候補になります。それほど性能が必要ないと思うならコスパの高いCore i5-9400Fも人気があります。

OC非対応モデルでコスパが高い

i7-9700は、オーバークロック(CPU性能を極限まで引き上げること)には対応していません。初心者の方にとってオーバークロック自体身近なものではなく、故障リスクもあるためおすすめできるわけではありません。

その分CPU単体価格及びマザーボードの価格が抑えられていることを考えるとメリットだと考えて良いでしょう。中上級者の方でなければコスパ重視で選ばれることが多いです。

Fシリーズもラインナップにある

第九世代からはオンボードGPUが非搭載となっている”F”シリーズもラインナップに入っています。外付けのグラフィックボードを選択する場合オンボードGPUは不要です。

つまり、グラフィックボードを搭載しているクリエイター向けPCやゲーミングPCではメリットがある選択肢となります。オンボードGPUが搭載されていない分だけ価格が安く、少しだけベンチマークスコアが高くなる傾向にあります。

ベンチマークでわかるCore i7-9700Kの性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpucinebench

前世代の上位CPUであるCore i7-8700Kよりも高い性能を持っています。Core i7-8700と比較すると6-7%程度スコアがアップしています。コア数が上がったことで確実にパフォーマンスは上がっていますね。

Handbrake

dougahensyuucorei7-97000-encoding

x265、x264のエンコードに掛かった時間を一覧にしています。数値が少ない方が高性能ということになります。Core i7-8700よりも10-15%高速化されています。

Core i7-9700搭載のおすすめBTOパソコン

CSシリーズおすすめ構成C(フロンティア)

csfrontier
価格:82,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:非搭載
メモリ:DDR4 8GB
SSD:480GB
HDD:非搭載



フロンティアのi7-9700搭載モデルは8万円台とリーズナブルです。メモリ8GB、SSD 480GBの構成となっています。SSDが標準搭載で快適なPC作業が実現します。光学ドライブも搭載となっています。

NEXTGEAR i690SA2-e-sports(G-Tune)

nextgearnew
価格:139,800円
CPU:Core i7-9700F
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



G-TuneのゲーミングPCです。139,800円(税抜)となっています。CPUにはオンボードGPU非搭載のCore i7-9700Fを採用。グラフィックボードにはGTX 1660を搭載。FULL HD環境でのゲームプレイ、PhotoshopやIllustratorなどのクリエイター向けモデルとしてもおすすめです。HDDが非搭載となっています。ストレージが足りないと考える方はカスタマイズで対応すると良いでしょう。

当記事のまとめ

管理人管理人

当ページでは、Core i7-9700Kの性能スペックについてレビューをまとめました。第八世代で売れ筋CPUだったCore i7-8700の後継モデルとなっています。6コア12スレッドから8コア8スレッドとスレッド数は減少したものの物理コアが33%アップしたことで性能面はパワーアップしています。消費電力も同等なのは嬉しいですね。

現在Core i7-9700F搭載BTOパソコンのラインナップはそれほど多くありません。今後”Fシリーズ”を含めてラインナップが増えてくれば主力のCPUとなるでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:Intel Core i7-9700K Review (TECHPOWERUP)