corei58400画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon.co.jp)

管理人管理人

当記事では、「Core i5-8400の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。第八世代になってCore i5シリーズも6コアとなっています。これまでは負荷の高い用途では性能不足を痛感することがありましたが、そのような場面は少なくなるのではないかと思います。

RAW現像・動画編集・CAD・ゲームなどでも十分パフォーマンスを発揮することができます。もちろん本格的に行うのであればCore i7シリーズが好ましいです。価格重視で選びたい方向けだと言えます。このモデルに興味をもっている方はぜひ参考にしてくださいね。

Core i5-8400の総合性能

i58400-benchmark

Core i5-8400は、従来モデルのCore i7シリーズであるCore i7-7700Kに匹敵するCPU性能を誇ります。ライバルであるRyzen 5 1600と比べるとパフォーマンスは劣ります。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応しているRyzen 5 1600は強力です。AMDのRyzen 5 1600の対抗馬として今回のi5-8400は登場しました。

Ryzenはこのクラスで初めて6コアを搭載し、Intelに意識をさせました。ここからIntel製CPUもメニーコア採用が一般的になりましたね。総合性能ではRyzen 5 1600が上回っているものの、Core i5シリーズが得意とするジャンルもあります。例えば、シングルスレッド性能が重視される画像編集やゲームプレイが該当します。また、アプリケーション側の最適化の問題もあってHandbrakeなどでも有利です。

Core i5-8400のスペック

Intel製CPU比較

 i5-8400i5-7400i7-7700K
コードネームCoffee Lake-SKaby Lake-SKaby Lake-S
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド6/64/44/8
ベースクロック2.8Ghz3.0Ghz4.2Ghz
ターボクロック4.0Ghz3.5Ghz4.5Ghz
L3キャッシュ9MB6MB8MB
対応メモリDDR4-2666DDR4-2400DDR4-2400
TDP65W65W91W
価格$182$182-
発売日2017/10/052017/01/032017/01/03
Core i5-8400のスペックをまとめました。比較対象としては先代のi5-7400及びi7-7700を紹介しています。旧モデルと比べて大きく性能がアップしていることがわかります。驚くことにi7シリーズを超えることもあります。明らかに進歩しています。各モデルとの比較を細かく見ていきましょう。

まずは、i5-7400と比べてみます。コア数及びスレッド数が50%アップの6コア/6スレッドになりました。ベースクロックは7%程度下がっていますが、ターボクロックは15%アップです。さらに、コア数が増えたことで大幅な性能アップが見込めます。L3キャッシュ容量も50%アップの9MBとなっています。メモリ規格もDDR4-2666をサポートしています。それでいて消費電力は同水準なのは嬉しいですね。価格も違いはなくコスパが高いです。

次に上位モデルのCore i7シリーズであるCore i7-7700Kと比較をします。前モデルのCPUの特徴としてコア数よりもスレッド数が高くなっていました。一つのコアを擬似的に増やすイメージです。実際のコア数は4だったので、こちらも50%アップとなっています。スレッド数は25%ダウンですが、やはりコアが多いほうが性能を発揮します。結果的に前モデルのCore i7-7700Kに近いパフォーマンスを発揮します。

AMD製CPU比較

 Core i5-8400Ryzen 5 1600
コードネームCoffee Lake-SZen
プロセス14nm14nm
コア/スレッド6/66/12
ベースクロック2.8Ghz3.2Ghz
ターボクロック4.0Ghz3.6Ghz
L3キャッシュ9MB16MB
対応メモリDDR4-2666DDR4-2666
TDP65W65W
価格$182$219
発売日2017/10/052017/04/11
競合モデルであるRyzen 5 1600と比較していきます。Ryzen 5 1600はAMDが誇るZenアーキテクチャを採用したCPUです。Core i5-8400と同じ14nmプロセスを採用しています。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応しているのが強みです。負荷の掛かる作業を得意としています。

ベースクロックはRyzen 5 1600の方が15%高く、ターボクロックはCore i5-8400の方が12%高いです。L3キャッシュ容量はRyzen 5 1600が16MBと大容量です。対応メモリは共通です。TDPも65Wとなっています。価格差は$37でRyzen 5 1600の方が高いです。ハイパースレッディングに対応していることに対してのプレミアム価格だと考えると良いですね。

Core i5-8400ってどんなCPUなの?

RAW現像から動画編集まで幅広く対応可能

dougahensyuu

Core i5-8400は、6コア6スレッドとマルチスレッド性能が向上しました。CPU性能が高くビジネスなど一般的な使用からRAW現像や動画編集などクリエイター向けの作業用としても適しています。今使っているCPUではアプリケーションで作業をしていて重く感じるという時に買い換えれば確かな性能差を実感することができるでしょう。

これまでのCore i5シリーズとは処理性能が大幅に向上していますので、作業効率が格段にアップします。クリエイターの方であればこのクラスのCPUが基準となります。もっと本格的にクリエイター作業を行いたいならCore i7-8700以上を検討してください。

ゲーミングとしても十分な性能を持つ

gamedeveloper

ゲームプレイは第七世代のCore i5シリーズでは歯が立たなかったジャンルです。第八世代になってCore i5シリーズでもゲーミング適正が高くなりました。PUBGなど最新タイトルであれば設定を調整する必要がありますが、それでも十分快適なゲームプレイが可能です。少し前のタイトルであれば最高設定でも十分対応可能です。ゲーミング用としても魅力的だというのは性能の高さを証明していますね。

コストパフォーマンスに優れ人気が高い

Core i5-8400は手頃な価格と十分な性能で人気の高いCPUです。今世代から6コア6スレッドと物理コアが増えたこともプラスになっています。Core i5-7400やCore i5-7500と比べると頼もしい存在へと変貌しました。動画編集や画像編集を考えている方でも選びやすくなったように思います。ゲーミングPCやクリエイターPCでも採用されることが多く価格重視でパソコンを選びたい方は必見です。

Core i5-8400のベンチマーク

Cinebench R15

cpui5-8400-cinebenchr15

CPUのレンダリング性能を計測しています。Core i5-8400は、従来モデルのCore i5-7400よりもマルチスレッド性能が73%高く、シングルスレッド性能も14%高くなりました。これだけの伸びを見せたのは4コア8スレッドから6コア6スレッドへと物理コアが増えたことが要因です。

上位モデルであるCore i7-7700Kと比べるとマルチスレッド性能は2%低く、シングルスレッド性能は1%低いだけに留まります。おおよそ同等の性能を持っていると考えて良いですね。競合であるRyzen 5 1600よりもマルチスレッド性能は16%低いですが、シングルスレッド性能は16%高いです。Intel製CPUはシングルスレッド性能の高さが強みとなっています。

Handbrake

dougahensyuui58400-mediacoding

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。Core i5-8400は、Core i5-8600Kに次いで二番目にランクインとなりました。6コア12スレッドとハイパースレッディング対応のRyzen 5 1600よりも3%-10%も速いのは素晴らしいですね。これはアプリケーション側の最適化がうまくいっていないのかもしれません。Core i7-7700Kよりも3%-6%も高くかつての最上位モデルを超えています。Core i5-7400よりも40%も高速化されています。4コア8スレッドと6コア6スレッドではやはり後者の方がパフォーマンスが高くなる傾向にあります。

Core i5-8400のゲーミング性能

Battlefield 1

battlefieldgtx1050ticorei5-8400-battlefiled

Battlefield 1ではCore i5-7400よりも僅かにフレームレートが向上しています。Core i7-7700Kよりも0.6fps劣りますが同等だと考えて良いですね。Ryzen 5 1600よりも4%もフレームレートが高くゲーミング性能が優れていることがわかります。BattlefieldをメインにプレイするならCPUよりもGPUにコストを掛ける方が良いでしょう。

Hitman

hitmangtx1050ticorei5-8400-hitman

Hitmanではかなり高いフレームレートが出ています。Core i7-7700Kよりも高いフレームレートとなっています。従来モデルのCore i5-7400よりも50%以上も性能が高いです。Ryzen 5 1600と比べても60%以上高くIntel製CPUの強さを見せつけています。

Core i5-8400搭載のおすすめBTOパソコン

Magnate IM(ドスパラ)

raytrek-V Adobe CC価格:58,980円
CPU:Core i5-8400
GPU:HDグラフィックス630
メモリ:8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB


Core i5-8400搭載で最もおすすめのモデルだと言えます。税抜きで6万台は驚きですね。メモリ8GB搭載なので簡単なアプリケーションならさくさく動作します。趣味でPhotoshop、Illustrator、CADなどを使用したり、DTMをしたりしているライトユーザー向けです。基本的にはカスタマイズ不要でカスタマイズをするならコスパ重視で次で紹介しているモデルを選択することを推奨します。

LUV MACHINES iH700SN-SH2(マウスコンピューター)

LUV MACHINES iG800XN2-M2S5価格:84,800円
CPU:Core i5-8400
GPU:UHD グラフィックス 630
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:1TB


Magate IMよりも構成面が充実しています。SSD 240GBとHDD 1TBのダブルストレージは魅力的です。必要に応じてメモリを16GBにカスタマイズするのも良いと思います。メモリを増やすことで複数のアプリケーションを快適に使用したり、これまで重く感じていた作業が軽くなったりとメリットがあります。実はCPU性能よりも性能の違いを体感しやすいパーツです。

SENSE-M039-i5-QI(パソコン工房)

sensepc
価格:119,800円
CPU:Core i5-8400
GPU:Quadro P400
SSD:非搭載
HDD:1TB


パソコン工房のクリエイター向けミニタワーパソコンです。グラフィックボードにはエントリークラスのQuadro P400を搭載しています。簡単なものであれば3D処理も対応できます。趣味でRAW現像をしたいという方や動画を編集したいという方にぴったりです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i5-8400の性能スペック及びベンチマークを紹介しました。6コア6スレッドと物理コアが増えたことで先代のi7に匹敵する高い性能を持ちます。その上で価格が安いので、第八世代のCore i5シリーズはコスパが良いCPUだと言えます。搭載モデルのラインナップも豊富でした。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume