Core i5-9400F画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i5-9400Fの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介。ページの最後でCore i5-9400F搭載のBTOパソコンをまとめています。

2019年2月に新しく第九世代のi5シリーズが発売開始となりました。第八世代から6コア6スレッドとなりパフォーマンスが大きく向上しました。ライトユーザーからヘビーユーザーまで人気の高いモデルについて詳しく見ていきましょう。

(+)6コア6スレッドの高コスパCPU
(+)オールラウンドのCore i5-8400の後継機
(-)オンボードGPU非搭載モデル

Core i5-9400Fの性能スペック

Intel製CPUとの比較

 i5-9400Fi5-9600Ki5-8400
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lak
コア/スレッド6/66/66/6
ベースクロック2.9GHz3.7GHz2.8GHz
ターボクロック4.1GHz4.6GHz4.0GHz
L3キャッシュ9MB9MB9MB
GPU非搭載UHD 630UHD 630
TDP65W95W65W
ソケットLGA 1151LGA 1151LGA 1151
価格$180$260$180
Core i5-8400の後継機モデルとなっています。ただし、i7シリーズのように大きく変わったということはなく、ベースクロック及びターボクロックが0.1GHzアップされただけです。性能面では数%アップと考えると良いでしょう。

第九世代のi5は、6コア6スレッドです。i7だと8コアなので物理的コアが抑えて差別化されています。価格はi5-8400と同じなので基本的にはお得だと言えます。ただし、オンボードのGPUが非搭載となっているので注意が必要です。この点については特徴の項目で詳しく解説します。

AMD製CPUとの比較

 i5-9400FRyzen 5 2600
コードネームCoffee Lake-RZen
コア/スレッド6/66/12
ベースクロック2.9GHz3.7GHz
ターボクロック4.1GHz4.6GHz
L3キャッシュ9MB16MB
GPU非搭載非搭載
TDP65W65W
ソケットLGA 1151AM4
価格$180$170
AMDの競合はRyzen 5 2600となります。スペックを比較するとRyzen 5の方が圧倒的に上回っていることがわかります。ただし、実際のPC作業においてスペック通りにいくとは限りません。

アプリケーションの最適化の度合いや相性などによって異なるからです。マルチスレッド性能を活かせるアプリケーションではRyzen 5の方が有利ですが、Intel製CPUへの最適化が進んでいるゲームプレイではi5が優勢です。

Core i5-9400Fの特徴まとめ

前モデルからわずかに性能がアップ

2019年2月に新しく登場したIntel製CPUです。第八世代のCore i5-8400の後継機ですが、基本的な仕様は同じです。すでに記載した通りクロック周波数がわずかに引き上げられただけです。第八世代のi5からの買い替えは意味がありません。第七世代かi3からの買い替えなら性能差を体感できるでしょう。

また、Core i5-9600KやCore i7-9700Kとは異なり熱伝導体にはサーマルグリスが採用されています。Core i5-9600Kなどで採用されているソルダリングは熱伝導率が高く冷やしやすいという特徴があります。性能が高くなると発熱量も増えますので、構成モデルではソルダリングが採用されるということですね。

オンボードGPU非搭載の廉価モデル

末尾のFは、オンボードGPU非搭載モデル(Free)を意味しています。ここがこれまでのCPUとの大きな違いとなりますね。オンボードGPUは3Dアプリケーションの使用などで活用されています。実はそれほど大きな影響はありませんが、Youtubeの動画再生などでも活用されています。

ライトユーザーでも知らない間にGPUの恩恵を得ていることがあります。自作パソコンを作成する予定の方は本当にFモデルで良いのかどうか吟味しなければいけません。反対に外付けのグラフィックボード搭載モデルを選択するのであれば廉価なFモデルは魅力的な選択肢になりますね。

ゲーミングPCのラインナップが中心となっている

現時点でオンボードGPU非搭載モデルということもあってグラフィックボードが搭載されているゲーミングPCが中心ラインナップとなっています。オンボードGPUを非搭載とすることでコスト削減ができるのなら嬉しいポイントですね。

今後クリエイター向けのパソコンでもラインナップが充実してくるかもしれません。ビジネスモデルなどは販売されない可能性がありますね。

>>>Amazonで購入する<<<

ベンチマークでわかる、Core i5-9400Fの性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpucinebench-core i5-9400f

Core i5-8400とほぼ同等のパフォーマンスとなっています。Cinebench R15はCPUの基本性能を図るのに最適なベンチマークです。8コア16スレッドのRyzen 5 2600は、マルチスレッド性能が非常に高くCore i5-9400Fよりも30%も高くなっています。それでもシングルスレッドはi5の方が優秀ですね。あまりスペックが反映されていないようです。

7-zip

zip7zip-corei5-9400f

圧縮及び解凍速度ともにRyzen 5 2600が上回っています。Core i5-8400との差もほんの僅かですね。これぐらいなら性能差を体感することはできないと思います。

動画エンコード

x264-corei5-9400fhandbrake-corei5-9400f

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ない方が高性能ということになります。Ryzen 5 2600とほぼ同等の性能となっています。クロック周波数が高いCore i5-9600Kが一歩先をいっています。

PCゲームプレイでのフレームレートまとめ

HD環境(720p)×最高設定でのフレームレートを計測。グラフィックボードを固定してCPU性能がどれほどフレームレートに影響を与えるかに注目してみてください。

Hitman

hitmangtx1050tihitman-corei59400f

性能差はほとんど出ていません。グラフィックボードがボトルネックになるようです。Ryzen 5 2600と比較するとおよそ5%高いフレームレートとなっています。

Sid Meier’s Civilization

civ6gtxciv6-corei59400f

Core i3-8350Kが他のCPUとは差がついています。それ以外のCPUについてはほぼ同等ですね。最近のCPUが高性能になっていることからCPU自体が大きくネックになるということはなくなってきています。それでもタイトルによっては反映されることもあるので性能は高いに越したことはありません。

>>>Amazonで購入する<<<

Core i5-9400F搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA DS(ガレリア)

galleriadt
価格:82,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1050
SSD:非搭載
HDD:1TB



GTX1050を搭載した格安モデルです。税抜き8万円台の価格設定は魅力的です。クリエイター向けPCとしても使用することができますね。サブパソコンとしても使いやすいと思います。追加カスタマイズの余地としてはSSDの追加カスタマイズです。より快適にPC作業を行えます。

LEVEL-M0B6-i5F-LNS(LEVEL∞)

LEVEL-M037-i5-TX
価格:79,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1050
SSD:240GB
HDD:非搭載



GALLERIA DSよりも3,000円安く購入することができます。HDDを非搭載としてSSDを標準にしていることから使い勝手が上回っているかもしれません。Dropboxや外部ストレージを活用すればこのままでも活用できますね。ファイルのローカル保存にこだわらなければカスタマイズを使わなくても問題ありません。

GALLERIA DT(ガレリア)

galleriadt
価格:109,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1660Ti
SSD:240GB
HDD:1TB



GALLERIA DSの上位モデルとなっています。グラフィックボードにはGTX 1660Tiを採用しています。Turing世代になりグラフィックボード性能の底上げが行われました。ゲームプレイも快適に行えるスペックだと言えます。構成面も充実していてSSDとHDDのダブルストレージは嬉しいですね。キャンペーン対象となることもありますので、必ずセール情報はチェックしてくださいね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、2019年2月に発売開始となった第九世代CPU「Core i5-9400F」の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。当該CPUは第八世代のCore i5-8400の最新モデルということになります。スペック的には大きく変わっておらず、クロック周波数が100Mhzアップしただけです。

Ryzen 5 2600と比較するとマルチスレッド性能は落ちるもののゲームや最適化されたアプリケーションではパフォーマンス面で超えることがあります。価格(Ryzen)を取るのか安定感(Intel)を取るのかで決めてしまっても良いと思います。

末尾のFはオンボードGPUが非搭載となっていることを意味します。基本的にはグラフィックボード搭載モデルと合わせて選択する必要があります。特にグラフィックボード搭載が前提となるゲーミングPCやクリエイター向けのPCでは魅力的な選択肢となります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASUS Z390 Maximus XI Extreme
ASRock Z370 Professional Gaming i7
MSI X470 Gaming M7 AC

メモリ2x 8 GB G.SKILL Flare X DDR4
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:Intel Core i5-9600K Review (TECHPOWERUP)