i511400

管理人管理人

当記事では、Core i5-11400の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。低価格帯のCPUながら6コア12スレッドとスペックも高めで一般ユーザーからゲーマーまで幅広い用に人気があります。

実はこのCore i5-11400は、Rocket Lake世代で最も手頃なCPUとなっています。$182という価格設定は魅力的です。Core i3シリーズやPentiumはComet Lake Refreshになるようです。

(+) オールラウンドに対応できる性能を持つ
(+) 従来モデルより順当に性能が向上している
(+) Intel第11世代で最もコスパの高いCPUの一つ
(-) Ryzen 5000シリーズ次第で評価が変わる可能性がある

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i5-11400の基本スペック

世代第11世代
アーキテクチャRocket Lake
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数2.60 GHz
ブーストクロック4.40 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 730
L3キャッシュ12MB
TDP65W
発売日2021年03月30日
価格$182

Core i5-11400のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i5-11400は、低価格帯のモデルながら幅広い用途で通用するCPUだと言えます。6コア12スレッドとハイパースレッディング対応で性能は平均より高いです。これぐらいのクラスになると苦手なものを挙げる方がわかりやすいかもしれません。

苦手な用途としては、例えばゲーム実況・3D CADなどCPU負荷が高い作業は苦手です。もちろん全く対応できないわけではなく負荷次第ということになります。動画編集・RAW現像・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどは比較的余裕があります。ゲームプレイに関しては必要最低限の性能だと考えておきましょう。

Core i5-11400のスペック比較

Intel製CPUと比較

 i5-11400i5-11600Ki5-10400
コードネームRocket LakeRocket LakeComet Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド6/126/126/12
ベースクロック2.6GHz3.9GHz2.9GHz
最大ブーストクロック4.4Ghz4.9Ghz4.3GHz
Turbo Boost 2.04.4Ghz4.9Ghz4.3GHz
Adaptive Boost---
Turbo Boost Max 3.0---
Thermal Velocity Boost---
オーバークロック××
L3キャッシュ12MB12MB12MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 730UHD Graphics 750UHD Graphics 630
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2666
最大メモリ幅50.0 GB/s50.0 GB/s41.6 GB/s
CPUクーラー同梱非同梱同梱
TDP65W125W65W
価格
(実売価格)
$182$262$182
発売日2021年3月30日2021年3月30日2020年5月20日
Core i5-11400では、従来モデルのCore i5-10400よりもIPCが19%改善されています。このIPC改善は新しいCypress Coveを採用したことで実現しています。つまり、Rocket Lake世代になってスペック以上のパフォーマンス向上が見られるということです。それは各種ベンチマークを見れば一目瞭然です。

スペックを見ていくとCore i5-10400よりもベースクロックは10%引き下げられていますが、最大ブーストクロックは3%高くなっています。ブースト機能はTurbo Boost 2.0のみでその他の機能は制限されています。6コア12スレッドというのは共通です。L3キャッシュも12MBと変わりありません。CPU内蔵グラフィックスがUHD Graphics 630からUHD Graphics 730へと進化しています。

UHD Graphics 730は高性能なIntel Xe LP graphicsを採用しています。WEBデザインなどの3Dグラフィックス処理時に有利になります。メモリタイプはDDR4-2600からDDR4-3200へとアップグレードされました。CPUクーラーはCore i5-10400と同様に同梱となっています。TDPは65Wです。価格は$182を維持しています。他のCore i7シリーズ以上は値上げされているのでCore i5シリーズはお得感があります。

上位モデルのCore i5-11600KになるとベースクロックがCore i5-11400よりも50%高く、最大ブーストクロックも12%高いです。オーバークロックも対応していてCPU性能は高いです。L3キャッシュは12MBです。CPU内蔵グラフィックスはUHD Graphics 750へとワンランク上のモデルが採用されています。TDPは125Wと倍率ロックフリーモデルらしく高めです。価格は$262と45%アップとなります。

AMD製CPUと比較

 i5-114005 3600
コードネームRocket LakeZen 2
プロセス14nm7nm
コア/スレッド6/126/12
ベースクロック2.6GHz3.6GHz
最大ブーストクロック4.4Ghz4.2Ghz
オーバークロック×
L3キャッシュ12MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 730非搭載
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー同梱同梱
TDP65W65W
定価$182$199
発売日2021年3月30日2019年7月7日
競合となるRyzen 5 3600とスペックを見ていきます。Ryzen 5 3600は、Zen 2アーキテクチャ採用のCPUでおよそ2年前に発売されたモデルとなっています。プロセスは7nmを採用していてIntelよりも進んでいると言えます。6コア12スレッドというのはどちらも同じですね。ベースクロックはRyzen 5 3600の方が40%高く、最大ブーストクロックはCore i5-11400の方が5%高いです。Ryzen 5 3600はオーバークロックに対応しているためより高いクロック周波数を目指すことができます。

L3キャッシュ容量はRyzen 5 3600が32MBと160%も多いです。メモリタイプはやっとIntelが追いついてDDR4-3200となっています。CPUクーラーはどちらも同梱となっています。ただし、Ryzen 5 3600でオーバークロックを目指すのであればCPUクーラーは変更する必要があります。TDPは65Wの枠内に収まっています。価格差は$17でCore i5-11400の方が安いですが、発売から時間が経っている分実売価格はRyzen 5 3600の方が安いと思います。

Core i5-11400ってどんなCPUなの?

6コア12スレッドと扱いやすい性能を持っている

Core i5-11400はスペック・性能的に扱いやすいというのが特徴です。ビジネスPCからゲーミングPCまで豊富な選択肢があります。動画編集など負荷の高い用途でも通用するというのが心強い。もちろん上位モデルであるCore i7シリーズやCore i9シリーズと比べて性能は劣りますが、負荷の調整などを行えば十分対応することができます。

下位モデルであるPentiumやCore i3シリーズとは一線を画する性能を持っています。CPU選びで迷ったらこのCore i5-11400を選択してあなた自身の基準を作ると良いですね。基準があれば今後どのぐらいの性能を選べばよいのか判断できるでしょう。

旧モデルのi5-10400と同じ価格でコスパが高い

従来モデルであるCore i5-10400と同じ価格で販売されているのは嬉しいポイントです。$182と手頃な価格が魅力的ですね。また、CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルのCore i5-11400Fであれば$157とさらに安価です。選びやすいオールラウンドモデルは人気が高くなっています。

上位モデルのCore i7シリーズやCore i9シリーズでは軒並み価格が高くなっていることを考えると強みになります。低価格帯のBTOパソコンを探していたり、自作パソコンを作りたいと考えている方は必見です。

この価格帯で敵なしの状態となっている

2021年4月時点でCore i5-11400の直接の競合はいません。価格的にも性能的にも圧倒的なコスパを誇ります。価格帯的にはZen 2アーキテクチャを採用したRyzen 5 3600が競合となりますが、性能を比較すると競合とはなり得ません。省電力性について負けているものの性能面では有利です。特にシングルスレッド性能では15%近くの差があります。

AMDにとっては後継モデルであるZen 3アーキテクチャ採用のRyzen 5 5600がリリースできていないのが厳しいですね。ただ、考え方によってはRyzen 5 5600が発売されればCore i5-11400の立場が危うくなってしまう可能性もあります。もっとも今でもRyzen 5000シリーズはプレミアム価格となっているので、価格的な優位性を出すのは難しいかもしれません。

Core i5-11400のベンチマーク

Cinebench R23

cpui511400-cinebench

Core i5-11400は、従来モデルのCore i5-10400よりもマルチスレッド性能が18%高くなっています。IPCが19%改善していることを考えると納得です。シングルスレッド性能も20%高くなっています。Intel第11世代ではシングルスレッド性能の向上も目をみはるものがあります。従来モデルのCore i5-10600Kを超える性能はさすがです。マルチスレッド性能で3%高く、シングルスレッド性能でも8%上回ります。上位モデルであるCore i5-11600Kとの差はマルチスレッド性能で12%、シングルスレッド性能で11%となっています。

画像編集-Adobe Photoshop

camerai511400-gazouhensyuu

Photoshopにおける処理速度を計測しています。数値が少ないほど高性能です。Core i5-10600Kよりも5%パフォーマンスが高いです。従来モデルのCore i5-10400よりも14%高くなりました。CPUコア改善による恩恵だと言えます。Ryzen 5 3600と比べても9%高く仮の競合モデルを圧倒しています。Photoshopの使用を考えている方にとっては魅力的な選択肢になりますね。

動画編集-Adobe Premiere Pro

dougahensyuui5-11400dougahensyu

Adobe Premiere Proでの動画編集に掛かる時間を計測しています。GPU性能も重要であることを理解しておきましょう。CPUだけでみるとCore i5-10600Kよりも10%性能が高く、Core i5-10400よりも19%高性能です。Ryzen 5 3600と比べても11%速くIntel第11世代CPUの性能の高さがわかります。上位モデルのCore i5-11600Kとの性能差は4%に留まります。

動画エンコード

dougahaisini51140-encode

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。Core i5-10400と比べて20%程度パフォーマンスが高いです。比較的負荷の高い動画のエンコードも対応しやすくなりました。Ryzen 5 3600Xをも上回っています。上位モデルであるCore i5-11600Kとの差は12%程度とやや大きいです。クロック周波数が高い分だけパフォーマンスが高くなりますね。

Zipファイル

zipi511400-zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測しています。Core i5-11400は、Core i5-10600Kよりもパフォーマンスが高いです。特に解凍速度では6%高いです。従来モデルのCore i5-10400と比べると最大15%もスコアが高いです。上位モデルのCore i5-10600Kとの差は8%です。解凍速度はAMD製CPUの方が高くなる傾向にあります。Ryzen 5 3600よりも12%低くなっていますが、圧縮速度では6%高いです。

Core i5-11400のゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i5-11400borderlands3

WQHD環境ではCore i5-11600Kを上回るフレームレートとなりました。Ryzen 5 5600Xに近い性能を発揮できているのは高評価です。従来モデルのCore i5-10400との性能差は最大9%です。4K解像度ではほぼ同等です。Ryzen 5 3600との性能差は大きく最大30%です。これだけフレームレートが変わるとゲームメインでRyzen 5 3600を選ぶ理由はありません。

Far Cry 5

farcry5i511400-farcry5

Far Cry 5ではWQHD環境においてCore i5-10400よりも9%パフォーマンスが高いです。一方で4K解像度では2%低くなっています。最適化の問題なのか今後の動向にも注目したいですね。4K解像度でのトップはCore i5-10600Kとなっています。第10世代モデルも負けていませんね。Ryzen 5 3600と比べると28%高く圧倒的な差があります。Ryzen 5 3600Xでも変わりありません。

Metro Exodus

Metro Exodusi511400-metroexodus

Metro ExodusではIntel第10世代CPUが上位を占めています。Core i5-10400の方がCore i5-11400よりも3%程度高いです。Core i5-11600Kとの性能差は1%未満となっています。Core i5-11400は、Ryzen 5 3600よりも7%高くなっています。

Core i5-11400搭載のおすすめBTOパソコン

Magnate IM i5-11400搭載モデル(ドスパラ)

magnate価格:83,980円(税込)
CPU:Core i5-11400
GPU:Intel UHDグラフィックス730
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式
税込8万円台で購入できる低価格帯のモデルです。メモリ容量16GBと余裕があるのが強みです。動画編集・RAW現像などマルチに対応することができます。ストレージはSSD 256GBのみとなっています。必要に応じてカスタマイズを検討しましょう。

AeroStream RM5J-C211/T(TSUKUMO)

AeroStream RA5JG180T価格:86,800円(税込)
CPU:Core i5-11400
GPU:Intel UHGグラフィックス730
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
TSUKUMOの一般モデルとなっています。税込86,800円とリーズナブルです。Magnate IM i5-11400搭載モデルよりも3,000円高いです。メモリ容量が半減の8GBとなっていますが、ストレージ容量は倍の500GB NVMeを採用しています。この当たりは好みで選んでしまっても良いでしょう。

STYLE-R059-114-UHX(パソコン工房)

STYLE-R037-i3-UHS価格:93,478円(税込)
CPU:Core i5-11400
GPU:Intel UHDグラフィックス730
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
STYLE-R059-114-UHXは、上記2つのモデルのいいところ取りしたモデルです。ミドルタワーケースで拡張性の高さも魅力的です。価格は9万円台と少し高くなります。メモリ16GB、SSD 500GB NVMeとこの性能帯では充実の構成が魅力的です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel第11世代の高コスパモデルのCore i5-11400の性能スペック及び搭載BTOパソコンを紹介しています。6コア12スレッドとスペックも高く動画編集からゲームプレイまで幅広い用途に対応することができます。従来モデルからCPUコアを改善してIPCが19%向上しています。スペック以上の性能アップを見込むことができます。

2021年4月時点で競合不在でCore i5-11400が確かな地位を築いています。$182という価格でオールラウンドに対応できるCPUは魅力的なモデルだと言えるでしょう。CPU内蔵グラフィックスもIntel UHD Graphics 730へと強化されてWEBデザインなどのクリエイター作業でも有利になります。搭載BTOパソコンは税込8万円台から購入可能です。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume