Core i5-12400

管理人管理人

当記事では、Core i5-12400の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。2022年1月に高コスパが魅力のCore i5-12400が発売されました。2021年11月にすでに倍率ロックフリーモデルである「Core i5-12600K」がリリースされていてそのロックモデル(廉価モデル)ということになります。

Core i5-12600Kと比べてクロック周波数及び消費電力が抑えられているのが特徴です。価格も1万円程度安く購入することができます。従来モデルのCore i5-11400と同じ6コア12スレッドというスペックながら性能は引き上げられています。BTOパソコンのラインナップで見るとCore i5-12600K搭載モデルはほとんど販売されておらずこのCore i5-12400が主力となりますね。

Core i5-12400の基本スペック

世代第12世代
アーキテクチャAlder Lake
コア/スレッド数6 / 12
定格クロック(P)2.50 GHz
最大クロック(P)4.40 GHz
定格クロック(E)-
最大クロック(E)-
内蔵グラフィックスUHD Graphics 730
L3キャッシュ18MB
PBP65W
MTP117W
価格$192
発売日2022/01/05

Core i5-12400のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i5-12400は、Core i5シリーズでも高いパフォーマンスを発揮します。動画編集・動画投稿・ゲーム実況・3D CADなどにも対応できるポテンシャルを持っています。上位モデルと比べると6コア12スレッドとコア数が少なくベストだとは言えませんが、従来モデルのCore i5よりも適正は向上しています。RAW現像・マンガ制作・ゲームプレイ・WEBデザイン・DTMなどへの対応力は高いです。デュアル環境構築・動画視聴・Skype・ビジネス用途では余裕がありますね。

Core i5-12400のスペック比較

Intel製CPUと比較

 i5-12400i5-12600Ki5-11400
コードネームAlder LakeAlder LakeRocket Lake
プロセス10nm10nm14nm
コア6(P)6(P)+4(E)6
スレッド数121612
定格クロック(P)2.5GHz3.7GHz2.6GHz
最大クロック(P)4.4GHz4.9GHz4.4GHz
定格クロック(E)-2.8GHz-
最大クロック(E)-3.6GHz-
オーバークロック××
L3キャッシュ18MB20MB12MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 730UHD Graphics 770UHD Graphics 730
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP65W125W65W
MTP117W150W154W
価格
(実売価格)
$192
(29,000円)
$299
(39,000円)
$182
(-)
発売日2022年01月05日2021年11月04日2021年03月30日
従来モデルのCore i5-11400及び現行モデルの倍率ロックフリーモデルであるCore i5-12600Kとスペックを比較していきましょう。Rocket Lake世代のCore i5-11400では14nmプロセスが採用されていましたが、Alder Lake世代のCore i5-12400では10nmプロセス(通称Intel 7)が採用されています。プロセスの微細化、性能や省電力性の向上に貢献します。より多くのトランジスタを搭載できるというのがメリットですね。

コア/スレッド数は6コア12スレッドと共通です。定格クロックは0.1GHz低く、最大クロックは同じ4.4GHzです。それでもRocket Lake世代と比べてAlder Lake世代のCPUではIPCが19%向上している(パソコン工房NEXMAG, 2021)ので、クロック周波数がそれほど変わらなくても性能は高くなっています。オーバークロックに対応していないのも共通ですね。

L3キャッシュ容量は50%アップして18MBに到達しています。CPU内蔵グラフィックスはUHD Graphics 730と変わっていません。メモリタイプについてはより上位規格であるDDR5-4800に対応しています。従来モデルのDDR4-3200にも互換性があります。性能を重視するか、価格を重視するかで決めるのが良いですね。PBPは65Wと同じですが、MTPは154Wから117Wへと省電力性が高められています。価格差は$10となっています。およそ1年2ヶ月経過してからリリースされたCPUです。

上位モデルのCore i5-12600Kと比較していきます。Core i5-12600KではPコアに加えて、Eコアと呼ばれる電力効率特化型のコアが搭載されています。トータルコア数は10コアとCore i5-12400よりも66%多いです。ハイパースレッディング対応はPコアのみでスレッド数は16(12+4)です。Pコアの定格クロックはCore i5-12600Kの方が48%高く、最大クロックは12%高いです。

Core i5-12600Kは倍率ロックフリーモデルでオーバークロックに対応しています。熱対策を行うことでより高いクロック周波数を実現することができます。L3キャッシュ容量はCore i5-12600Kの方が10%多く20MBとなっています。CPUないおぞうグラフィックスについてもUHD Graphics 770とより性能の高いモデルが採用されています。

メモリタイプは変わりないですね。DDR5-4800・DDR4-3200のいずれのモデルもサポートされています。Core i5-12600KのPBPは125WとCore i5-12400よりも90%以上大きいです。MTPも同様に30%近く大きくなっています。価格差は$107です。Core i5-12600Kは、Core i5-12400よりも3ヶ月程度早くリリースされています。

AMD製CPUと比較

 Core i5-12400Ryzen 5 5600G
コードネームAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア66
スレッド数1212
定格クロック(P)2.5GHz3.9GHz
最大クロック(P)4.4GHz4.4GHz
定格クロック(E)--
最大クロック(E)--
オーバークロック×
L3キャッシュ18MB16MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 730Radeon Graphics
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP65W65W
MTP117W-
価格
(実売価格)
$192
(29,000円)
$259
(35,000円)
発売日2022年01月05日2021年08月06日
AMDの同価格帯のRyzen 5 5600Gと比較していきます。価格差は$62でRyzen 5 5600Gの方が20%程度高いです。AMDはすでにプレミアム路線を走っているように思います。Ryzen 5 5600Gは、Core i5-12400よりも一回り小さい7nmプロセスを採用しています。電源効率などCPUとしてのポテンシャルは高いと言えます。コア/スレッド数は6コア12スレッドと共通です。

定格クロックはRyzen 5 5600Gの方が56%大きく、最大クロックはどちらも同じ4.4GHzとなっています。Ryzen 5 5600Gはオーバークロックに対応していてCore i5-12400よりも高いクロック周波数を実現することができます。L3キャッシュ容量は2MBだけCore i5-12400の方が多いです。いずれもCPU内蔵グラフィックスを搭載していますね。いわゆるAMD製APUは実にRyzen 5 3400G以来(Ryzen 5 PRO 4650Gはリテール向け)です。

メモリタイプはCore i5-12400の方が上位規格に対応しています。PBPは65Wと共通です。MTPは117Wとなっています。消費電力についてはCore i5-12400の方が高いです。発売時期は5ヶ月程度変わります。APUではなくRyzen 5 5600がリリースされれば価格を抑えることができてCore i5-12400との競合性も高くなるのではないかと思いますが、やはりAMDはラインナップを変えて来ています。

Core i5-12400ってどんなCPUなの?

6コア12スレッドと従来モデルと同じスペック

Core i5-12400は、Intel第十二世代の高コスパCPUとなっています。Core i5-12600Kなどの倍率ロックフリーモデルから遅れること数ヶ月でやっと廉価モデルがリリースされました。従来モデルのCore i5-11400と同じ6コア12スレッドというスペックです。当該モデルにはEコアは搭載されていません。上位モデルのCore i5-12600Kが10コア16スレッドと従来モデルから大幅にスペック強化が図られていることを考えるとやや物足りないかもしれません。

それでもRocket Lake世代のCPUと比べてICPが19%改善されているのがハイライトです。要は同じスペックでも19%前後の改善が見込めるということです。このIPCの改善もあってCore i5-12400は、従来モデルのCore i7-11700をも上回る高いCPU性能を持っています。競合モデルであるRyzen 5 5600Gをも上回る圧巻の性能です。

搭載BTOパソコンも増加傾向にある

Core i5-12400を搭載したBTOパソコンのラインナップは豊富です。上位モデルのCore i7-12700と同様に人気モデルになることは間違いありませんね。すでにドスパラ・パソコンショップセブン・パソコン工房・TSUKUMO・ストームなど多くのBTOメーカーが取り扱っています。

グラフィックボード非搭載モデルからRTX 3060 Tiなどのハイクラスのグラフィックボードを搭載したモデルまでラインナップまで販売されています。その手頃な価格が人気の秘密です。そしてこれまでのCore i5シリーズよりもワンランク高い性能はより多くのユーザーを魅了することになるでしょう。

Core i5-12400のベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R20corei5-12400cinebenchr23

Core i5-12400が、競合であるRyzen 5 5600Xよりもマルチスレッド性能よりも3%高く、シングルスレッド性能よりも10%高いです。Alder Lake世代になってIntelが有利な立場になりました。従来モデルのCore i5-11400よりもマルチスレッド性能が8%高く、シングルスレッド性能が24%高いです。IPCが19%向上していることを考えると妥当な延びを見せていると言えるかもしれませんね。シングルスレッド性能ではCore i7-11700Kをも5%上回っていてCPUコアの改良によるインパクトが大きいと判断できます。10コア14スレッドのCore i5-12600Kとの差は50%以上と大きいです。

Adobe Photoshop

camerai5124400photoshop

画像編集に掛かる時間をまとめています。数値が少ないほど高性能ということになります。基本的にはシングルスレッド性能が重要視されるアプリケーションです。従来モデルのCore i5-11400よりも9%もパフォーマンスが高いです。上位モデルであるCore i7-11700Kよりも2%以上も性能が高くなっています。さらに、Ryzen 5 5600Gよりも8%も性能が高いです。Core i5-12600Kとの性能差は6%となります。

Premiere Pro CC

dougahensyuui512400-adobepremiere

動画編集に掛かる時間を一覧にまとめています。従来モデルのCore i5-11400よりも15%もパフォーマンスが向上しています。上位モデルであるCore i7-11700Kよりもパフォーマンスで上回っています。Ryzen 5 5600Gとの差は10%です。Core i5-12400がRyzen 5 5600Gよりも安いことを考えると十分過ぎますね。Youtube用の動画編集などにも最適です。

Core i5-12600Kのゲーミング性能

WQHD環境及び4K環境でのゲームプレイ時のフレームレートをまとめています。4K環境になるとGPUのボトルネックが大きくなるためCPU性能による差は縮まる傾向にあります。

Borderlands 3

borderlands3i512400-borderlands3

Borderlands 3ではCore i5-12600Kに次いで高いフレームレートを叩き出しています。従来モデルのCore i5-11400よりも9%程度フレームレートが高いです。4K解像度では2%程度の伸びにとどまります。基本的に4K解像度になるとグラフィックボードがボトルネックとなるためCPU性能が与える影響が小さくなります。WQHD環境ではRyzen 5 5600Xよりも12%高く、4K環境では2%程度高いです。Ryzen 5 5600Gはゲーム適性が低くパフォーマンスは高くありません。Core i5-12400との差は6%-20%となっています。

Far Cry 5

farcry5i512400-farcry5

Far Cry 5でも高いパフォーマンスを発揮していますね。WQHD環境ではCore i5-11400よりも13%高く、4K環境では1%程度高いです。やはり高解像度になるとCPU性能の差は縮まります。Core i5シリーズのエントリークラスでCore i7シリーズのフラグシップモデルであるCore i7-11700Kを上回るのは驚きです。Ryzen 5 5600Gよりも24%-32%程度フレームレートが高くゲーミング性能は圧倒的です。Ryzen 5 5600Xと比べても最大14%もフレームレートが高くなっています。Intel製CPUのゲーム適性の高さは圧倒的だと言えます。上位モデルのCore i5-12600Kとの差は4%程度です。

Metro Exodus

Metro Exodusi5-12400metroexodus

Metro Exodusでは思ったようなパフォーマンスが発揮できていないように思います。Core i5-11400との差が1%程度とほとんど変わらない。WQHD環境ではRyzen 5 5600Gよりも4%高く、4K環境では3%高いです。Ryzen 5 5600Xの方がCore i5-12400よりもパフォーマンスが高くなっています。

Core i5-12400搭載のおすすめBTOパソコン

Slim Magnate IM 16GB/i5-12400搭載モデル(ドスパラ)

Slim-Magnate-IM価格:95,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:UHD Graphics 730
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:250GB NVMe
HDD:非搭載

公式詳細

人気のスリムタワーケースを採用したモデルです。省スペースでデスクの上にも設置することもできます。CPUにはIntel第十二世代のCore i5-12400を搭載していて高いパフォーマンスを発揮します。メモリ16GB、SSD 250GBという構成です。

Magnate IM 16GB/i5-12400搭載モデル(ドスパラ)

Magnate MH価格:95,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:UHD Graphics 730
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:250GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Core i5-12400搭載BTOパソコンがすでに販売されています。ドスパラのミニタワーモデルです。税込95,980円とCore i5シリーズ搭載モデルとしては少し価格は高めですね。Core i5-11400搭載モデルが6万円台(メモリ8GB)であることを考えるともう少し下がるのを待ちたいですね。少なくとも1万円は下がる余地があります。SSD 250GBとストレージ容量は控え目です。用途によってはストレージの強化を検討した方が良いと思います。

73M/S9/W11P/LW(セブン)

73MS9W11PLW価格:140,580円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:UHD Graphics 730
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:2TB

公式

パソコンショップセブンのCore i5-12400搭載モデルはこだわりが強い一台となっています。PCケースにはミドルタワーの「CoolerMaster Silencio S600」を搭載しています。静音性特化型のケースでこだわりを持ちたい方におすすめです。静かなパソコンを探している方は必見です。メモリ32GB、SSD 1TB、HDD 2TBと圧倒的な構成を持っています。カスタマイズなしでも十分通用しますね。電源ユニットは500W BRONZEを採用しています。DVDスーパーマルチドライブ・無線LAN Wi-Fi 6対応は魅力的ですね。

SENSE-F069-LC124-SAX(パソコン工房)

SENSE-F04A-LCiX9K-XAX価格:213,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

パソコン工房のクリエイターモデルです。前面メッシュパネルでオシャレなデザインが特徴です。RTX 3060 Ti×Core i5-12400の組み合わせで高いパフォーマンスを期待できます。Core i5シリーズでもIntel第十二世代になって性能が高く、RTX 3060 Tiとのバランスも取りやすくなりました。動画編集・画像編集・ゲーム開発・ゲームプレイなど幅広い用途に対応することができます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel第十二世代の高パフォーマンスモデルであるCore i5-12400の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Core i5-12400は、6コア12スレッドと従来モデルと同じスペックながらIPCの改善によってパフォーマンスが引き上げられています。従来モデルのCore i7-11700Kに近い性能を持っています。8コア16スレッドのCPUのしかも倍率ロックフリーに匹敵する性能は圧巻です。

搭載BTOパソコンもすでにリリースされています。外付けグラフィックボード非搭載モデルについても発売されていて用途に合わせて選択することができます。動画編集・画像編集・WEBデザイン・ゲーム開発・ゲームプレイなど幅広い用途に対応可能です。まだまだ価格は高めですが、今後価格が下がってくればより購入しやすくなるのではないかと思います。

参照外部サイト

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume