Core i5-12600K

管理人管理人

当記事では、Core i5-12600Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Alder Lake世代の高コスパモデルがリリースされました。Intel第十一世代モデルが登場してからわずか8ヶ月でのリリースは異例です。

10コア16スレッドとRocket Lake世代のフラグシップモデルであるCore i9-11900Kと同等以上のスペックを誇ります。競合モデルであるRyzen 5 5600Xとの差もかなり開いています。$299と手頃な価格帯でCPUを探している方は必見です。

(+) 10コア16スレッドの高パフォーマンスモデル
(+) Ryzen 5 5600Xを超える高い性能を持つ
(+) Alder Lake世代の中では省電力性が高い
(-) 搭載BTOパソコンは販売されていない
(-) 一般ユーザーには扱いづらさがある

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i5-12600Kの基本スペック

世代第12世代
アーキテクチャAlder Lake
コア/スレッド数10(6+4) / 16(12+4)
定格クロック(P)3.70 GHz
最大クロック(P)4.90 GHz
定格クロック(E)2.80 GHz
最大クロック(E)3.60 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770
L3キャッシュ20MB
PBP125W
MTP150W
価格$299

Core i5-12600Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i5-12600Kは、10コア16スレッドとスペックが高く様々な用途に対応できるCPUです。Core i5シリーズとは言っても今世代のCPUはかなり性能が高いと考えて良いでしょう。動画編集・動画投稿・ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADなどCore i7-12700Kなどの上位モデルとの相対的な評価で適応力を「◎」に引き下げていますが、Rocket Lake世代までのCPUで見ると実質「☆」という評価です。それだけ性能が高くおすすめ用途の範囲も広いです。RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどでも余裕があります。

Alder Lake世代CPUの概要

IntelはAlder Lake世代で初めてメインストリームのデスクトップ向けCPUに10nmプロセス(Intel 7)を採用しました。Intel 7という名称から想像できる通りAMDが採用している7nmプロセスに匹敵する高い性能を持っています。Rocket Lake世代までおよそ6年も使用していた14nmプロセスからようやく解き放たれました。プロセスの微細化によって、パワー効率アップ・省電力性の向上・機能の追加などのメリットを享受できます。

今世代からハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。パフォーマンスコア(Pコア)とエフィシェンシーコア(Eコア)の2つのコアを搭載しているのが特徴です。用途に合わせてOS側で自動的に使い分けてくれます。Core i5-12600Kの場合Pコア6+Eコア4の10コアを搭載しています。14nmプロセスのままではスペース的にも余裕がなく実現できなかったでしょう。これもプロセスの微細化によって実現したアーキテクチャだと言えますね。

Golden Coveという名称が与えられたPコアは、Skylakeコアと比べIPCが28%も改善していて前世代のCypress Coveコアと比べても19%も改善されています。このPコアはゲームプレイなど負荷の掛かる用途で活躍します。一方で、Gracemontと名付けられたEコアは、Atomに起源を持ち省電力性に優れたコアです。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用することでマルチスレッド性能と省電力性のバランスを取った形になっています。

新しいプロセッサーになってCPUソケットが「LGA1700」へと変更になりました。DDR5メモリサポートやPCIe Gen 5対応など次世代のI/Oを採用しています。Core i7-12700Kを購入するにあたってマザーボードを変更する必要がありますので注意してくださいね。旧モデルのDDR4メモリにも対応していますが、その際にはDDR4メモリに対応したマザーボードを選択しなければいけません。

Core i5-12600Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i5-12600Ki7-12700Ki5-11600K
コードネームAlder LakeAlder LakeRocket Lake
プロセス10nm10nm14nm
コア6(P)+4(E)8(P)+4(E)6
スレッド数162012
定格クロック(P)3.7GHz3.6GHz3.9GHz
最大クロック(P)4.9GHz4.9GHz4.9GHz
定格クロック(E)2.8GHz2.7GHz-
最大クロック(E)3.6GHz3.8GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ20MB25MB12MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770UHD Graphics 770UHD Graphics 750
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP125W125W125W
MTP150W190W224W
価格
(実売価格)
$299
(39,000円)
$419
(57,000円)
$272
(31,000円)
発売日2021年11月04日2021年11月04日2021年03月16日
Core i5-12600Kのスペックについて詳しく見ていきます。旧モデルであるCore i5-11600K及び現行の上位モデルのCore i7-12700Kと比較していきましょう。Core i5-12600Kではついに10nmプロセスが採用されてました。Core i5-11600Kまでは長らく14nmプロセスが採用されていましたので、Intelは大きな一歩を踏み出したと考えて良いと思います。

Alder Lake世代から2つのコアが搭載されるようになったのはすでに見てきたとおりです。6つのPコアと4つのEコアが搭載されています。Core i5-11600Kが6コアでしたので、66%アップということになります。ハイパースレッディングはPコアのみで合計スレッド数は16スレッドです。定格クロックは5%ダウンで、最大クロックは同じ4.9GHzとなっています。Core i5-11600KにはEコアは搭載されておらず比較対象外です。

Core i5-11600Kも倍率ロックフリーモデルでオーバークロックを行うことができます。より高いクロック周波数を実現可能です。L3キャッシュ容量はCore i5-12600Kになって66%アップの20MBとなりました。CPU内蔵グラフィックスもUHD 750からUHD 770へとマイナーチェンジが行われています。対応メモリもDDR5-4800までサポートされています。

PBP(旧TDP)は125Wと共通です。MTP(旧LP2)は150Wと、Core i5-11600Kよりも33%も消費電力が抑えられています。価格は$27アップの$299です。国内の実売価格では8,000円程度の差があります。今後はもう少し価格が下がっていくのではないかと予想されます。

上位モデルのCore i7-12700KになるとPコアが2つ増えて12コア(8+4)/20スレッド(16+4)とよりスペックが高くなります。Pコアの定格クロックはCore i5-12600Kの方が3%高く、最大クロックは同じ4.9GHzです。Eコアの定格クロックはCore i5-12600Kの方が4%高く、最大クロックはCore i7-12700Kの方が6%高いです。L3キャッシュ容量もCore i7-12700Kの方が25%多く25MBとなっています。

CPU内蔵グラフィックスやメモリタイプは同じです。PBPはどちらも125WでMTPはCore i7-12700Kでは190WとCore i5-12600Kよりも27%高いです。コアが増えた分仕方がないですね。価格差は$120で、実売価格では18,000円の差があります。

AMD製CPUと比較

 i5-12600K5 5600X
コードネームAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア6(P)+4(E)6
スレッド数1612
定格クロック(P)3.7 GHz3.7 GHz
最大クロック(P)4.9GHz4.6 GHz
定格クロック(E)2.8GHz-
最大クロック(E)3.6GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ20MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770非搭載
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP125W65W
MTP150W-
価格
(実売価格)
$299
(39,000円)
$309
(36,000円)
発売日2021年11月04日2020年11月06日
競合であるRyzen 5 5600Xと比較していきましょう。Ryzen 5 5600XはZen 3アーキテクチャ採用のCPUです。7nmプロセスを採用していて省電力性が高いのが特徴となっています。6コア12スレッドと平均的なスペックです。Core i5-12600Kは、10コア16スレッドと圧倒的なスペックを誇ります。Ryzen 5 5600Xよりもコアが66%多く、スレッド数も33%多いです。

定格クロックはどちらも3.7GHzです。最大クロックはCore i5-12600Kの方が7%高く4.9GHzとなります。どちらのCPUもオーバークロックに対応していますので、条件次第でより高みを目指せます。L3キャッシュ容量はRyzen 5 5600Xの方が60%多く32MBです。Ryzen 5 5600Xには内蔵グラフィックスは搭載されていません。グラフィックボードが不要な方にとってCore i5-12600Kは魅力的な選択肢となるでしょう。

メモリ規格はDDR5-4800をサポートしているCore i5-12600Kが優勢です。PBP(TDP)はRyzen 5 5600Xが65Wと性能帯を考えるとかなり省電力性が高いです。価格差は$10でRyzen 5 5600Xの方が高いですが、実売価格ではRyzen 5 5600Xの方が3,000円安いです。発売から登場していることと性能差を考えるともう少し価格が下がるかもしれませんね。

Core i5-12600KってどんなCPUなの?

Ryzen 5を圧倒する高いパフォーマンスを持つ

Core i5-12600Kは、ライバルであるRyzen 5 5600Xよりも高いCPU性能を持つCPUです。性能差は10%程度で上位モデルであるRyzen 7 5800Xに匹敵するほどです。動画編集・画像編集・DTM・WEBデザインなどのクリエイター作業への適応力が増しています。市場ではRyzen 5000シリーズが圧倒的な地位を築いていましたが、Alder Lake世代のCPUでひっくり返したと言っても良いかもしれません。

AMDが得意とするベンチマークソフトであるCinebench R23ではマルチスレッド性能が50%以上も高くなっています。さらに、ゲーミング性能については言うまでもありません。Ryzen 5 5600Xとの差は大きくゲーミングCPUとしても選び理由が生まれます。上位モデルのCore i7-12700Kに匹敵するほど高い性能を持ちコストパフォーマンスに優れています。

10nmプロセス採用で省電力性が向上している

i512600k-watt
Core i5-12600Kは、比較的省電力性に優れたCPUとなっています。評判のよくなかったCore i5-11600Kよりも性能が高くなっているにも関わらず消費電力は20%以上も抑えられています。上位モデルのCore i7-12700Kになるとさらに20%消費電力が高くなります。省電力性で考えるとCore i5-12600K>Core i7-12700Kだと考えて良いと思います。

Core i5-12600Kも省電力性に長けているもののRyzen 5 5600Xの省電力性の高さには届きません。それでも性能で上回っているので許容できるのではないかと思います。Zen 3アーキテクチャは完成度の高いモデルだと言えますね。次世代モデルが登場すれば市場がどうなるのか気になるところです。

初心者向けではなく自作ユーザー向けのCPU

Core i5-12600Kは、立場的に初心者向けではなく自作ユーザー向けのCPUだと言えます。今はまだリリースされていませんが、一つ下のCore i5-12400と一つ上のCore i7-12700に挟まれて立場が苦しいのです。Rocket Lake世代のCore i5-11400とCore i7-11700と同じですね。特にBTOパソコンの場合、Core i5-12600Kを含むCore i5シリーズの倍率ロックフリーモデルを搭載したモデルはほとんどないので初心者の方に選ばれる機会がありません。

価格を抑えたいのであればCore i5-12400を、性能を追求するのであればラインナップが豊富なCore i7-12700を選ぶことが多いのです。もちろんCore i5-12600Kはオーバークロックに対応していて条件次第ではCore i7-12700に近いパフォーマンスを得られるでしょう。それでも初心者にとってハードルは高いです。水冷クーラー・電源ユニットなど気を使わないといけないことも出てきます。

Core i5-12600Kのベンチマーク

Cinebench R23

cpui512600k-cinebenchr23

Cinebench R23ではマルチスレッド性能が従来モデルのCore i5-11600Kよりも70%高く、シングルスレッド性能も33%高いです。1世代でこれだけパフォーマンスが伸びれば期待以上ですね。フラグシップモデルだったCore i9-11900Kよりもマルチスレッド性能が9%高く、シングルスレッド性能も16%高いです。マルチスレッド/シングルスレッド性能共に飛躍的に向上しています。ハイブリッドコアアーキテクチャがうまく機能していることがわかります。競合モデルであるRyzen 5 5600Xよりもマルチスレッド性能が58%高く、シングルスレッド性能が24%高いです。完全にAMD製CPUを引き離しました。Ryzenシリーズが得意としていたCinebench R23でこれだけスコアが出るのは驚きです。

Adobe Photoshop

camerai512600k-photoshop

画像の編集に掛かる時間をまとめています。画像の編集速度ではCore i5-11600Kよりも12%も速くなっています。Core i9-11900Kよりも3%上回っているのは素晴らしいですね。競合モデルのRyzen 5 5600Xよりも11%速いです。シングルスレッド性能が大幅に引き上げられてより高いパフォーマンスを獲得できています。Core i5-10600Kよりも21%も高速化されていて三世代で大きく変わったことがわかります。

Premiere Pro CC

dougahensyuui512600k-premiere

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。Photoshopと同様にかなり健闘していますね。Ryzen 5 5600Xよりも8%も速いです。Core i5-11600Kよりも18%も速くなっていることがわかります。Ryzen 9 5900XやCore i9-11900Kよりも上です。ツーランクも下のモデルでこれだけのパフォーマンスが出ていれば購入する価値がありますね。

動画エンコード

dougahaisini512600k-encode

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。Core i5-11600KよりもH.264では38%速く、H.265では35%速いです。さらに、Ryzen 5 5600XよりもH.264では29%速く、H.265では27%速いです。Core i9-11900Kと同等以上のパフォーマンスとなっているのは素晴らしいですね。ハイブリッドコアアーキテクチャの恩恵です。

Zipファイル

zipi512600k-zip

解凍及び圧縮速度を計測しています。Core i5-11600Kよりも解凍速度が29%速く、圧縮速度も45%速いです。Ryzen 5 5600Xでもそれぞれ4%・35%速いです。特に圧縮速度はAMD製モデルを圧倒する結果となりました。Core i7-12700Kとの性能差は解凍で27%・24%となっています。コア/スレッド数が増える分だけより高いパフォーマンスを得られるようです。

Core i5-12600Kのゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i512600k-borderlands3

Borderlands 3ではCore i7-12700Kに次いで高いフレームレートを計測しています。Core i5-11600Kよりも3%-9%数値が高いです。4Kになるとグラフィックボードの重要性が高くなることからパフォーマンスの差が縮まる傾向にあります。Ryzen 5 5600XよりもWQHDでは15%高く、4Kでも4%高いです。ゲーミング性能ではRyzen 9 5900XやCore i9-11900Kを上回っています。

Far Cry 5

farcry5i512600k-farcry5

Far Cry 5でも高いパフォーマンスを発揮しています。Core i5-11600KよりもWQHDでは10%高く、4Kでは1%高いです。Core i9-11900KやCore i7-11700Kよりもフレームレートが高いです。Ryzen 5 5600XよりもWQHD環境では19%高く、4K環境では2%高いです。WQHD環境なら解像度を下げた場合は性能差が広がります。高リフレッシュレートを目指す方に適したCPUです。

Metro Exodus

Metro Exodusi512600k-metroexodus

Metro ExodusではCPUごとにそれほど大きな差が出ていません。Ryzen 5 5600Xとの差は2%未満です。Core i5-11600Kよりも1%-3%程度高い程度です。GPU負荷の高いタイトルではグラフィックボードに投資をした方がリターンが大きくなりますね。

Core i5-12600K搭載のおすすめBTOパソコン

Core i5-12600Kを搭載したBTOパソコンは販売されていません。今後追加される可能性も低くBTOパソコンの購入を考えている方は他のCPUを検討した方が良いと思います。来年登場予定のCore i5-12400やCore i7-12700が候補に入りますね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Alder Lake世代のCore i5-12600Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Core i5-12600Kは、10コア16スレッドの高スペックCPUです。従来モデルのCore i5-11600Kよりも大幅にパフォーマンスが向上しています。Core i9-11900K/Core i7-11700Kを上回る性能を発揮します。

競合モデルであるRyzen 5 5600Xよりも10%程度性能が高く完全に勝利しました。ここからAMDはRyzen 5000シリーズの価格を下げてくるかもしれません。Core i5-12600K搭載BTOパソコンについてはほとんど見かけないため当てにしない方が良いでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume