corei7-8700画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i7-9700Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介。ページの最後でCore i7-9700K搭載のBTOパソコンをまとめています。
2018年10月に第九世代CPUが登場しました。

Core i7シリーズ及び最高峰のCore i9シリーズのみコア数が前世代よりもアップしています。Ryzenの第二世代シリーズに対抗するため6コアへのこだわりは捨てて8コアの時代に突入しました。今後の主流CPUとなると予測されるi7-9700Kについて詳しく見ていきましょう。

(+) 8コア8スレッドの高パフォーマンスCPU
(+) Ryzen第二世代に対抗するCPU
(-) 前世代よりも価格は$30アップ

Core i7-9700Kの性能スペック

Intelとの比較

 i7-9700Ki9-9900Ki7-8700K
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
コア/スレッド8/88/166/12
ベースクロック3.6Ghz3.6Ghz3.7Ghz
ターボクロック4.9GHz5.0Ghz4.7Ghz
L3キャッシュ12MB16MB12MB
TDP95W95W95W
価格$420$580$390
Core i7-9700Kのスペックを見ていきましょう。まず前世代のCore i7-8700Kと比較します。基本的なアーキテクチャは変わっておらず前世代と同じCoffee Lake Refreshです。価格は$30上がっています。コア数が33%アップとなっているのが大きな変化だと言えます。また、ブースト時のクロック数も5%程度上がっています。

一方で、Core i9がメインストリームになったことでハイパースレッディングには非対応。Core i9-9900では、ターボクロックが5.0GHzとハイパフォーマンスです。物理コアがアップしたことによって性能がどのように変わるのかについてはベンチマークで見ていきましょう。

AMDとの比較

 i7-9700K7 2700K
コードネームCoffee Lake-RZen
コア/スレッド8/88/16
ベースクロック3.6Ghz3.7Ghz
ターボクロック4.9GHz4.3Ghz
L3キャッシュ12MB16MB
TDP95W105W
価格$420$305
Ryzen 7 2700Xと比較していきましょう。スペックを比較するとわかるように明らかにIntelはAMDを意識していますね。物理コアは8コアで同等となっています。ハイパースレッディングには対応していないもののターボクロック4.9GHzと大きく突き放しています。L3キャッシュはRyzen 7 2700Xが16MBとCore i9-9900Kと同等です。また、価格も30%ほど抑えられています。

Core i7-9700Kの特徴まとめ

8コア8スレッド搭載のハイパフォーマンスCPU

第九世代からi7シリーズで物理コアが8コアとなっています。これまでRyzenに軍配が上がっていた動画編集やエンコードなどのジャンルでも同等以上のパフォーマンスを発揮します。苦手分野を克服したことでIntel製CPUが一歩先をいったことになります。ただし、第八世代のCore i7からの買い替えだと性能差を体感することは難しいでしょう。

はじめてi7シリーズでハイパースレッディング非対応としているもののやはり物理コアが増えたこととブースト時クロックがアップした恩恵によってi7-8700Kよりは高いパフォーマンスを発揮。L3キャッシュは12MBとそのままです。2016年のCore i5シリーズのちょうど倍になっているということになります。

価格は前モデルより10%ほど高く$420に設定

性能面は確実に進化していることがわかります。ただし、価格が10%高くなっているというのはネックになってしまうかもしれません。単体価格が上がるということは当然搭載されるBTOパソコンの価格も上がってしまうことになります。性能が上がるにつれて価格も上がってくるのは宿命だと言えます。

チップセットZ390に対応している

第九世代CPUの登場に合わせて新しいマザーボードのチップセットZ390をリリースしました。このプレミアムチップセットは、Z370の上に位置していて新しい8コアのプロフセッサーに対して最も高い実現可能なオーバークロックの余力を実現することができます。

また、Z390は第九世代に最適化されているため箱から出してすぐに使用することが可能です。他のIntel300シリーズのチップセットの場合BIOSのアップデートが必要となり手間が掛かります。特に初心者の方にとっては買い替えのハードルとなってしまいます。

ベンチマークでわかるCore i7-9700Kの性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpucore i7-9700kcinebench

CPUのレンダリング性能を計測しています。Ryzen 7 2700Xはマルチスレッドに対応している分i7-9700Kよりもスコアが高いです。オーバークロックをしても性能差はあります。一方、シングルスレッドについてはAMDを圧倒しています。クロック周波数が高い分得意な分野だと言えます。なお、i7-8700Kと比較すると5%-10%程度高くなっています。

Handbrake

dougahensyuucore i7-9700kx265

動画のエンコードに掛かる時間を一覧でまとめています。数値が短いほど高性能ということです。x265ではRyzen 7 2700Xよりも5%高くなっています。第八世代のCore i7-8700KではAMDに太刀打ちできていませんでしたが、しっかりと上回ってきています。これまでAMDが強かった部分ですが、Intelが食い込んでいると言えます。

7-zip

zipcore i7-9700k7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。Ryzen 7 2700Kが得意としています。Core i7-8700Kと比較すると5%高くなっています。圧縮速度についてはAMDよりも優れています。

PCゲームのベンチマーク一覧

各タイトルのFULL HD環境+最高設定におけるFPSを計測しています。CPUの性能はかなり上がってきているものの第八世代と比べてゲームプレイにおいては性能差を体感することはできないですね。

Hitman

hitmangtx1050tihitmani7-9700k

Core i7-8700Kよりもほんのわずかに上回っています。Core i9-9900Kよりもi7-9700Kのほうが高くなっていますね。Ryzen 7 2700Kはやはりゲームでは不利な状況です。ゲームだけを考えるのであればIntelのほうが良いかもしれません。

Battlefield1

battlefieldgtx1050tibattlefieldi7-9700k

オーバークロックをすればCore i9を超えてきます。これはクロック周波数が安定しやすいためだと考えられます。i7-8700Kよりも2%ほど高くなっています。やはりゲームでのCPU性能はほぼアッパーとなっています。8コアと高スペックでもそれを生かせる場面がありませんね。場合によっては6コアでも十分かもしれません。

Core i7-9700K搭載のおすすめBTOパソコン

現在Core i7-9700K搭載モデルはゲーミングPCのみとなっています。グラフィックボード搭載が標準のためゲームをしない方は第八世代CPUを選択肢に入れたほうが良いでしょう。20万円オーバーが当たり前でかなり高価です。

GALLERIA ZV(ガレリア)

galleriaxj
価格:165,980円 155,980円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2060 Super
SSD:512GB NVMe
HDD:2TB



RTX2060 Superを搭載したミドルクラスのゲーミングPCです。FULL HD環境で快適なゲームプレイが可能です。最新のグラフィックボードの価格も落ち着きだいぶ手頃になってきました!レイトレーシングやDLSS機能も搭載されています。

CPUにはCore i7-9700Kを搭載し高いマルチスレッド性能をは構成面でもSSD 512GB、HDD 2TB、メモリDDR 16GBと完璧だと言えます。予算に余裕があるのであれば選択肢に入れても良いと思います。当然ゲームプレイが前提です。

NEXTGEAR i690GA5(G-Tune)

nextgearnew
価格:219,800円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2070 Super
SSD:NVMe対応 M2. 256GB
HDD:1TB



ハイクラスのRTX 2070 Superを搭載したゲーミングPCです。FULL HDやWQHD環境でのゲームプレイを得意としています。SSDには最高峰のNVMe対応M.2 256GBを搭載。価格が落ちてきているとは言え高価なモデルが標準搭載なのは魅力的です。SSDとHDDのダブルストレージもなかなか使い切ることは難しいでしょう。将来性抜群の一台だと言えます。

G-GEAR GA7J-F181/ZT(TSUKUMO)

G-GEAR
価格:184,800円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2070
SSD:240GB
HDD:1TB



税抜き20万円弱と比較手頃な価格設定となっています。「NEXTGEAR i690GA4」よりもストレージを抑えることで価格が安くなっています。Dropboxなどのクラウドサービスを利用している方にとっては魅力的なモデルでしょう。G-GEARはTSUKUMOのゲーミングブランドで、G-Tuneなどに比べると知名度は低いですが一定の層に支持されています。

当記事のまとめ

管理人管理人

2018年10月に登場したばかりの「Core i7-9700K」の性能スペック及びおすすめのBTOパソコンを紹介しました。Core i7-9700Kでは、8コアとi7-8700Kと比べて30%アップとなっています。今回からi7シリーズでもハイパースレッディングに非対応となっているものの物理コアがアップしたことで総合性能は高いです。総合性能でみるとCore i7-8700kやRyzen 7 2700Xよりも5%程度高くなっています。ただし、性能差はわずかなためこれらのCPUからの買い替えは意味がありません。

現在BTOパソコンのラインナップはゲーミングPCが中心となっています。そのため、グラフィックボードが搭載されていて価格が高価です。イチオシは、ドスパラの「GALLERIA ZV」です。ストレージが強力でパフォーマンスも抜群です。G-Tuneの「NEXTGEAR i690GA5」はRTX2070 Super搭載のゲーミングPCです。ストレージにはNVMe対応M.2を採用し他とは一線を画しています。価格を抑えたいのであればG-GEARの「G-GEAR GA7J-F181/ZT」が選択肢に入ります。ストレージを控えめにすることで税抜き20万円ちょっとと価格が抑えられています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:Intel Core i7-9700K Review (TECHPOWERUP)