corei9box画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i9-9900Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介。2018年10月に第九世代のCPUが登場しました。その中で最も注目されているのがこのCore i9-9900Kでしょう。

AMD Ryzenの第二世代の成功によって8コア16スレッドのCPUのリリースを強いられたことになります。今回から初めてCore i9がメインストリーム製品になったのも注目です。この気になる点が盛りだくさんのCore i9-9900Kについて詳しく見ていきましょう。

(+) 8コア16スレッドのフラグシップモデル
(+) 初のCore i9シリーズのメインストリーム入り
(-) $530と高額なCPUとなっている

Core i9-9900Kの性能スペック

 i9-9900Ki7-9700K7 2700K
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RZen
コア/スレッド8/168/88/16
ベースクロック3.6Ghz3.6Ghz3.7Ghz
ターボクロック5.0Ghz4.9GHz4.3Ghz
L3キャッシュ16MB12MB16MB
TDP95W95W105W
価格$580$420$305
Core i9-9900Kのスペックをまとめています。比較対象として適切なのはRyzen 7 2700Kだと思います。このRyzenに対抗するために登場したモデルと言っても過言ではありません。スペックを比較すると非常によく似ていることがわかります。コアやスレッド数、L3キャッシュは同じです。ベースクロックはRyzen 7の方がわずかに高く、ターボクロック時は16%高い5.0GHzとなっています。省電力性もi9の方が優れています。ただし、価格は90%高い$580に設定されています。

Core i9-9900Kの特徴まとめ

Intel初めての一般向け8コア16スレッドCPU

第九世代Core i9-9900Kで初めて一般消費者向けの8コア16スレッドが実現しました。ハイエンドデスクトップ向けだったi9がメインストリームになったというのは注目すべき点です。この新しい製品によって一般消費者だけではなく株主をも満足させてたと言えます。

IntelにとってAMDよりも優れたCPUを作り出すことはとても重要です。少なくともAMDに匹敵するパフォーマンスを持つ必要があります。こうしないと株主たちは納得しませんよね。経営的な部分を置いておいても8コアがメインストリームになったのは興味深いですね。

アーキテクチャは基本的に変わっていない

Core i9-9900Kは、事実上第六世代のSkylakeからベースは変わっていません。4世代に渡って同じデザインを引きずっている一方で、コア数を増やすことと効率性を上げるための14nmプロセスの改善に力を入れています。性能は確かに上がっているものの、アーキテクチャの大きな変更はないためすでに第八世代のCore i7シリーズやRyzen 7シリーズを使用している方は買い替えで性能差を体感することは難しいかもしれません。それ以下のモデルあるいは第七世代より以前であればi7でも交換するメリットはあると思います。

$530と高額でターゲットはクリエイター!?

Core i9-9900Kは、i7-8700Kの純粋な後継モデルというわけではありません。なぜなら$530と$390から見ると大きく価格が上がっているからです。i7-9700Kがi7-8700Kの後継モデルといえるでしょう。ハイパースレッディングには対応していませんが、価格はほぼ同等で性能は上回っています。この$530という価格はこれまで一般消費者向けのCPUとしてはラインナップがなく新しいセグメントとなっています。

8コア16スレッドという性能を最大限に生かすには動画編集やRAW現像などクリエイターの方がメインターゲットとなるでしょう。動画視聴、オフィスソフト、ゲームなどの使用だけでは完全にオーバースペックとなります。オーバースペックだと思えば、下位のCore i7-9700KやCore i5-9600Kなどを選択肢に入れると良いですね。価格が下がるのでその分を他のパーツにお金を掛けることができます。

ベンチマークでわかるCore i9-9900Kの性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpui9-9900kcinebench

CPU性能を測るのに定番のベンチマークソフトです。レンダリングでCPUに負荷を掛けて掛かった時間などで性能を数値化できます。比較的スペックに忠実なスコアが出ます。最も利用されているベンチマークソフトの一つだと思います。マルチスレッド性能及びシングルスレッド性能共にずば抜けた性能を発揮しています。マルチスレッド性能ではi7-8700Kと比べて40%程度高く、Ryzen 7 2700Xと比べて5%程度高くなっています。シングルスレッド性能ではRyzenを圧倒しています。

Handbrake

dougahensyuui9-9900khandbrake

動画のエンコードにかかる時間を計測しています。ベンチマークソフトではなく実際のアプリケーションで性能差を測っています。x265でもx264でもCore i9-9900Kが圧倒しています。i7-8700KではRyzenに苦戦していましたが、i9では完全に上回っています。オーバークロックをすればより性能を引き上げることが可能です。動画のエンコードをメインに考えているならi9は最適だと思います。

7-zip

zipi9-9900k7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。数値が高いほうが高性能であるということになります。解凍に関してはRyzen 7がトップですが、基本的にはi9が優勢です。Core i7-8700Kと比べて30%-40%程度高速化しています。コア数が6→8コアに上がっているのがそのまま反映されていると言えます。ただ、コアを上げただけではなくクロック周波数も高いのが魅力ですね。

PCゲームのベンチマーク一覧

Full HD(1920×1080)でのゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。Core i9はゲームプレイではそれほどメリットがありません。性能差を感じることができないので、ゲーム目的だけで購入するべきではないと思います。価格が高いのでその分をグラフィックボードなどに費やすことを推奨します。

Hitman

hitmangtx1050tii9-9900khitman

Core i7-9700Kに劣る結果となっています。Core i7-8700Kとの差もそれほどないため第八世代移行のCPUならCPUよりもグラフィックボードにお金を掛ける方が良いですね。

Battlefield1

battlefieldgtx1050tii9-9900kbattle

Core i7-8700Kよりも3%高い性能を出しています。Ryzen 7 2700Xとは差がありますがそれでもゲームをプレイしていてその差を体感することは難しいですね。Core i7-9700Kとは0.5%程度しかフレームレートの差が出ていません。

Core i9-9900K搭載のおすすめBTOパソコン

現状グラフィックボード非搭載モデルはなく価格が高価です。ゲーミングPCがメインとなっていますので、一般向けモデルでの登場を待つのも良いと思います。

GALLERIA ZZ i9-9900K(ガレリア)

galleriaxj
価格:279,980円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
SSD:NVMe対応M.2 500GB
HDD:3TB



RTX 2080 Ti×i9-9900Kを搭載した2018年度最高峰のゲーミングPCだと言えます。驚くことに登場時から6万円も価格が下がりました。SSDにはNVMe対応M.2 500GB、HDD 3TBとストレージ面も抜群です。ゲーミングというカテゴリーに属するBTOパソコンですが、当然動画編集などクリエイター向けのパソコンとしても十分通用します。記事内で書いたようにCPU的にはむしろクリエイター向けの要素が強いと言えます。

G-GEAR GA9J-G181/ZT(TSUKUMO)

G-GEAR
価格:229,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080
SSD:500GB
HDD:2TB



GALLERIA ZZ i9-9900Kのグラフィックボードをワンランク落としてRTX2080としたモデルです。また、ストレージ面でも違いはあります。価格が50,000円落ちますのでより現実的なラインになっていると思います。ゲームでは4K解像度でのゲームプレイで本領を発揮する構成だと言えます。

NEXTGEAR i690PA3-SP2(G-Tune)

nextgearnew
価格:349,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080Ti
SSD:NVMe対応M.2 512GB
HDD:2TB



RTX2080Ti搭載のゲーミングPCです。SSDには高性能なNVMe対応M.2 512GBでOSやアプリケーションを保存しておけば起動の早さなどに驚くことになるでしょう。3Dアプリケーションの使用にも最適です。オールラウンドなパソコンだと言えますね。ハイエンドのモデルが欲しいという方向けです。さすがに税抜き35万円という価格は強気ですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、第九世代CPUのフラグシップモデルであるCore i9-9900Kの性能レビューとおすすめBTOパソコンを紹介しています。Core i9-9900KはIntelの一般向けモデルとして初めて8コア16スレッドを搭載した高性能CPUです。ただし、価格は高く$500を超えています。第八世代のフラグシップモデルCore i7-8700Kと比べて50%上がっているのは懸念点ですね。ゲーミング用途としてよりは動画編集などクリエイター向けのCPUだと思います。

搭載モデルは全てグラフィックボード標準搭載なので価格は高めです。最も高いのはG-Tuneの「NEXTGEAR i690PA3-SP2」がおすすめです。グラフィックボードにはハイクラスのRTX2080を搭載していて価格は349,800円となっています。今購入できる最もハイエンドなモデルを購入したいのであればドスパラの「GALLERIA ZZ i9-9900K」も選択肢に入ります。RTX2080Ti×i9-9900K搭載のハイエンドモデルです。4K解像度でのゲームプレイに最適です。コスパを考えるとドスパラのGALLERIA ZZの方が優秀です。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:Intel Core i7-9700K Review (TECHPOWERUP)