celerong4900

管理人管理人

当記事では、「Celeron G4900の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。低価格帯のパソコンを探していて、CPUにこのCeleron G4900が搭載されていることに気付いたという方も多いでしょう。5万円前後のパソコンとなるとCeleron搭載モデルがほとんどです

このCPUの性能はどのぐらいなのか、どういう用途に向いているのか、Core i3シリーズとの違いは何なのかを知りたいという方向けのコンテンツです。また、安くパソコンを組みたいと考えている方も参考になる部分があると思います。後継モデルは、「Celeron G4930」です。クロック周波数が少しだけ引き上げられたリフレッシュモデルです。

Celeron G4900の性能スペック&比較

 Celeron G4900Core i3-8100Celeron G3900
コードネームCoffee Lake-SCoffee Lake-SKaby Lake-S
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド2/24/42/2
ベースクロック3.1Ghz3.6Ghz2.8Ghz
ターボクロック---
キャッシュ2MB6MB2MB
メモリ規格DDR4-2400DDR4-2666DDR4-2133
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 610UHD Graphics 630HD Graphics 510
TDP54W65W51W
価格$42$117$42
発売日2018年4月3日2017年11月2日2016年1月29日
Celeron G4900の性能スペックを見ていきましょう。比較対象がある方が立ち位置がわかりやすくなると思いますので、前世代のCeleron G3930及び現行モデルのワンランク上のCPUであるCore i3-8100をピックアップしています。

まず前世代のCeleron G3900と比較をしていきます。実は、Celeronに関してはスペック的には第八世代になって大きな変更はありません。ベースクロックが0.2Ghz増えただけです。ただし、メモリの規格がDDR4-2133からDDR4-2400への変更となった恩恵が大きくおよそ10%の性能向上となっています。また、CPU内蔵グラフィックスもHD Graphics 510からUHD Graphics 610へと変わっています。TDPは3Wアップで54Wです。価格は$42と共通です。

次にCore iシリーズのエントリークラスであるCore i3-8100と比較します。今回の世代からコア数が4となり大きく性能がアップしています。Celeron G4900と比較してコア/スレッドそれぞれ倍増です。ベースクロックは0.5GHz高いです。キャッシュも3倍の6MBです。メモリ規格もDDR4-2666と上位規格に対応しています。

CPU内蔵グラフィックスもUHD Graphics 630となっています。TDPは20%アップで65Wです。価格差は$75と大きいです。Celeronとはしっかりと差別化ができています。どのような用途でパソコンを使用するのかをしっかりと考えると良いですね。

Celeron G4900ってどんなCPUなの?

廉価版CPUの決定版

celerong4900-benchmark

低価格パソコンを支えるCPUです。BTOパソコンでも5万円以下に限定するとCeleronだけに絞られます。ここ数年間のモデルで最も性能が低いCPUとなっています。後継モデルのCeleron G4930でも8%程度しか性能は伸びていません。Core i3-8100になると2.5倍の性能を得られます。ここに大きな壁があると考えて良いでしょう。現行モデルのCeleron G5905でも17%高いだけです。いずれにしても負荷の掛かる作業は苦手です。

文書作成、動画視聴など基本的な作業向き!

desktop

Celeronは、文書作成や動画視聴など気軽にパソコンを使用したいという方向けのCPUです。間違ってもRAW現像・動画編集・3D CADなど負荷の高いアプリケーション用に購入してはいけません。用途をしっかり決めておけば非常にお買い得だと思います。取引先への年賀状印刷で使いたいという友人にCeleron搭載のBTOパソコンを勧めたことがあります。特に問題なく使用できているということで軽いソフトであれば快適に作業を行えます。

Celeron G4900搭載のおすすめBTOパソコン

Knight AS(ドスパラ)

Knight AS
価格:49,980円
CPU:Celeron G4900
GPU:UHDグラフィックス610
メモリ:4GB
SSD:非搭載
HDD:1TB
電源:400W 80PLUS STANDARD

Celeron G4900搭載の最安値モデルです。安くBTOパソコンを購入したいという方に最適です。マザーボードも廉価なH310を採用して徹底的にコストカットをしています。H310はオンボードで最大2枚までしかモニターを利用できないので注意してください。Celeron自体エントリーモデルのCPUなので、このドスパラのやり方が正解だと思います。55,000円出せばCore i3-8100搭載モデルを選べるのでこの価格帯から選ぶのがベストです。それでも400Wの電源ユニットを搭載して十分過ぎるパワーを持っています。

STYLE-M1B6-C-UHS(パソコン工房)

pckoubou
価格:41,980円
CPU:Celeron G4900
GPU:UHDグラフィックス610
メモリ:4GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:350W 80PLUS BRONZE

Celeron搭載のBTOパソコンとしては珍しいSSDを採用しています。より快適なパソコン環境を作りたいという方におすすめです。すでにHDDを持っているか外付けHDDで対応できるのであれば購入するメリットはあると思います。中級者以上向けの一台です。STYLEシリーズはデザイン性の高いケースを採用しているのも高評価です。

LUV MACHINES Slim iHS410E2N-S2(マウスコンピューター)

luvslim
価格:49,800円
CPU:Celeron G4900
GPU:UHDグラフィックス610
メモリ:4GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:300W 80PLUS BRONZE

スリムタワーを探している方におすすめの一台です。省スペースなパソコンを探している方必見です。さらに、Knight ASよりもワンランク上のマザーボード「B360」を搭載しています。モニターを3枚搭載することができます。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Celeron G4900の性能スペック及び搭載パソコンを紹介しました。Celeronは低価格パソコンの主要CPUとなっています。ただし、あくまでもエントリークラスのCPUだと理解しておく必要があります。文書作成、動画視聴、ネット閲覧などライトユーザーの方向けです。ゲームやWEBデザインには最適とは言えないです。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等