ryzen5 3600-ark画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 5 3600の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。AMDから登場した7nmプロセス採用のRyzen第3世代は、性能の高さからコンピューターの世界に驚きを与えました。

特にこのRyzen 5 3600は、前モデルのRyzen 5 2600の人気が高かったことから期待も大きいです。Intel製のCPUと比較しながらその性能について検証していきます。BTOパソコンを含めて当該CPUの導入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

Ryzen 5 3600のおすすめ用途

RAW現像動画編集デザインDTM CAD マンガ ゲーム 
dougahaisinwebdesigncadgamedeveloper
Ryzen 5 3600は、前モデルと同様非常に万能なCPUとなっています。RAW現像、動画編集からWEBデザインやゲームまで幅広く対応することができます。マルチスレッド性能が高く世代ごとに進化していることは明白です。コストパフォーマンス重視でCPUを探している方必見です。

Ryzen 5 3600の基本スペック

Ryzen 5 3600の性能とスペック比較

 5 36007 3700X5 2600
世代第3世代第3世代第2世代
コードネームZen 2Zen 2Zen
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド6/128/166/12
ベースクロック3.6GHz3.6GHz3.4GHz
ターボクロック4.2GHz4.4GHz3.9GHz
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
L3キャッシュ32MB32MB16MB
TDP65W65W65W
単体価格26,200円~39,800円~18,000円~
搭載PC価格94,980円~139,980円~92,980円~
Ryzen 5 3600は、Ryzen 5 2600の後継モデルとなっています。スペック的にはプロセスが12nmから7nmへと縮小化されたのが大きいポイントです。コア数及びスレッド数に変化はありません。ベースクロックは6%、ターボクロックは8%アップとなっています。

ただし、1クロックあたりの処理性能が向上したことからスペック以上に性能は伸びています。L3キャッシュも倍増してより安定感が増しました。価格が$170から$200へと20%程度上がっているため性能アップは必然です。日本円換算でも高くなっていることは間違いありません。

第3世代上位のRyzen 7 3700Xと比較するとコア数及びスレッド数が33%アップとなっています。これは第2世代でも同様です。ベースクロックは同じでブーストクロックは5%高くなっています。消費電力も抑えられていて優秀ですね。物理的コアが伸びる効果は大きくマルチスレッド性能が大きく向上します。価格重視のRyzen 5か性能重視のRyzen 7かという形になります。

Intel製CPUとの比較

 5 3600i5-9400Fi5-9600K
コードネームZen 2Coffee Lake-RCoffee Lake-R
コア/スレッド6/126/66/6
ベースクロック3.6GHz2.9GHz3.7GHz
ターボクロック4.2GHz4.1GHz4.6GHz
オーバークロック×
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
L3キャッシュ32MB9MB9MB
TDP65W65W95W
単体価格26,200円~19,100円~31,120円~
搭載PC価格94,980円~62,980円~-
価格を比較するとCore i5-9400FとCore i5-9600Kとちょうど真ん中となっています。Core i5-9400Fと比べると明らかにRyzen 5 3600の方が性能が高くなっています。ベースクロックもベースクロックも高くなっています。さらに、オーバークロックに対応しているのも強みです。ただし、その分価格が高いため性能は妥当だと言えるかもしれません。

上位のCore i5-9600Kと比較するとスペック的に均衡します。スレッド数は12とRyzen 5 3600の方が30%高いもののターボクロックが10%高いです。もちろんどちらもオーバークロックに対応しています。消費電力も95Wと高くなっています。動画編集などはスレッド数が多いRyzen 5 3600が有利で、ゲームプレイではクロック周波数の高いCore i5-9600Kが有利です。動画編集などのマルチスレッドタスクにおいてはCore i5-9600Kの上位モデルであるCore i7-9700に匹敵するパフォーマンスを持っています。

さらに、第3世代Ryzenからはゲームプレイの適性も高くなってきました。これらはベンチマークを見れば一目瞭然です。Intel製のCPUとの比較においては価格帯が異なるため用途に合わせて選択すればいいと思います。ユーザーからすると選択肢が増えてメリットしかありません。

Ryzen 5 3600ってどんなCPUなの?

マルチスレッド性能が高く幅広い用途に応用できる

Ryzen 5 3600は、6コア12スレッドと競合(Core i5シリーズ)と比べてもスペックが優れているのが魅力です。価格的にはIntelのCore i5-9600KとCore i9-400Fの中間に位置しています。Zen 2アーキテクチャの進化によってスペック以上のパフォーマンス向上が見込めます。マルチスレッド性能の高さが影響を与える作業としては、動画編集(エンコード)・写真編集(RAW現像)、マンガ制作など一般的な作業よりも負荷の高いものです。

Adobe Premiere Pro CC、Lightroom、Clip Studioなどといった専門的なアプリケーションを使う場合が当てはまりますね。ネットサーフィンや少しオフィスソフトを使うぐらいでは高い性能を活かすことはできません。現在作業をしていて重いなと感じる方は検討する価値があると思います。何世代も前のCPUを使っている方であれば性能の高さに驚くことになるでしょう。

ゲーム適性の高いCPUの一つ

Ryzenシリーズも第3世代になってCPUとしての総合力が高くなっている印象を受けます。これはInstructions per cycle(1クロックあたりの命令数)が向上したことによる影響です。純粋にCPU性能の底上げが行われたと考えると良いでしょう。Intel製のCPUはゲーム側が最適化する際に第一に考えるためどうしても有利です。

それでも、今回のRyzen 5 3600では、Core i5-9600Kと比べても5%程度劣るぐらいで解像度がWQHDや4K解像度となるとその差は1%未満です。これはボトルネックとなる部分がCPUからGPUに移るからです。ゲーミングパフォーマンスは明らかに向上していると考えて良いと思います。

オーバークロックに対応しているがあまり期待できない

Ryzen 5シリーズはすべてオーバークロックに対応しています。Ryzen 5 3600に関しては常時ブーストクロックの4.2GHzに達します。熱の問題もあって現実的にはこれ以上クロック周波数を引き上げることは難しいです。すべてのコアが可動していても少しのコアが可動していても同じです。

自作派の方でオーバークロックをしたいと考えているならもう少し上のCPU(Ryzen 7シリーズ)を購入するか熱対策にお金を掛ける必要がありますね。なお、Ryzen 5 3600Xでも同様でなかなかオーバークロックでクロック周波数を高めることはできないです。

ベンチマークでわかるRyzen 5 3600の性能!

Cinebench R20

cpuryzen53600-cinebench

CPUのレンダリング性能を計測するベンチマークソフトです。Ryzen 5 2600と比較すると30%程度スコアが伸びています。IPCが改善したことによる恩恵です。Core i5-9600Kをも圧倒しています。シングルスレッド性能については誤差の範囲ですが、マルチスレッド性能の高さは圧巻です。

動画エンコード

dougahensyuuryzen53600-encoding

Ryzenシリーズが得意とする分野です。動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が小さいほど掛かった時間が短く高性能ということです。前世代のRyzen 5 2600よりも30%近く高速化されています。価格の高いCore i5-9600Kよりも20%近く早いのはさすがです。マルチスレッド性能の高さは本物です。

Battlefield Ⅴ

battlefield5ryzen53600-battlefield

定番のゲームにおけるフレームレートを計測しました。フレームレートでは絶対値を見るのではなく他のCPUと比較した相対的な数値を見ましょう。Ryzen 5 2600と比較すると18%もフレームレートが伸びています。Core i5-9600Kにはやや劣るもののほぼ同等と言えます。

Farcry 5

farcry5ryzen53600-farcry

Farcry5ではIntelが優勢です。Core i5-9400Fにも負けってしまっているのは気になります。それでもRyzen 5 2600と比べて12%程度スコアが伸びていることからRyzen第2世代から大きくゲーミングパフォーマンスが向上していると考えて良いでしょう。

Ryzen 5 3600の消費電力&温度

消費電力

ryzen53600powerconsumption

ゲームプレイ時、マルチスレッド(Cinebench)、アイドル時の消費電力を計測しています。Ryzen 5 2600よりもわずかに消費電力は下がっています。性能が大きく向上していることを考えると及第点でしょう。マルチスレッド性能が高いこともありやはりマルチスレッドを活かせている状況では消費電力は高いです。Intel製CPUの省電力製の高さが光ります。もっともこのぐらいであれば特に問題とはならないと思います。

温度

ryzen53600-tempareture

温度についてはやはりかなり高くなっています。熱対策は必須です。例えば、電源ユニットを高品質なものにしたり、エアフローに余裕があるミドルタワーケースを選択したりということが考えられます。

Ryzen 5 3600搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA RT5(ドスパラ)

galleriazv
価格:109,980円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



GTX 1660 Tiを搭載したゲーミングPCです。ゲーミングPC=グラフィックボード搭載のパソコンなので、3Dアプリケーションを使うクリエイターの方にもおすすめです。Ryzen 5 3600との相性も良好です。メモリ8GB、SSD 240GB、HDD 1TBと最低限の構成になっています。ドスパラのミニタワーはエアフローに優れミドルタワーに匹敵する発熱性能を持っています。

G-GEAR GA5A-C193/T(TSUKUMO)

G-GEAR
価格:94,980円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:非搭載



TSUKUMOのゲーミングPCです。グラフィックボードには、エントリークラスのGTX 1650を搭載しています。GALLERIA RT5よりもクリエイター寄りのパソコンです。動画の編集、RAW現像などでパソコンが欲しい方におすすめとなっています。メモリ16GBと大容量なのも魅力的です。ストレージは少なめなので外部ストレージやカスタマイズで対応しましょう。

LEVEL-M0B4-R53-RFS(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-TX
価格:94,980円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載



G-GEAR GA5A-C193/Tとほぼ同じですが、メモリが半減の8GBとなっています。基本的にはG-GEARを選択した方が良いでしょう。パソコン工房が好きな方でもこの差は厳しいですね。今後のキャンペーン待ちだと言えます。

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 5 3600の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。当該CPUは、6コア12スレッド搭載でマルチスレッド性能が高くなっています。主なターゲットは、動画編集・RAW現像・イラスト制作などを考えているクリエイターの方向けです。ゲームプレイを考えている方にも最適だと言えます。前世代のRyzen 5 2600とコアやスレッド数は同じですが、アーキテクチャが変わりスペック以上の性能差があります。およそ20%程度の性能アップを見込めます。前世代のRyzen 5 2400Gなどからの買い替えであれば性能差を体感できると思います。第7世代のi5シリーズでも同様です。

搭載モデルはこれから揃ってくると思います。現時点ではドスパラの「GALLERIA RT5」やTSUKUMOの「G-GEAR GA5A-C193/T」がおすすめです。エントリークラス~ミドルクラスのグラフィックボードを搭載しゲームプレイも快適です。Ryzenも第3世代になり熟成されてきました。Intelと対等に戦えるところまで来ています。市場の活性化には多くの企業が参入することが必須ですね。ユーザーからすると選択肢が増えて魅力的になったと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:AMD Ryzen 5 3600 Review (TECHPOWERUP)